レノボ・ジャパンは2015年4月22日、同社が発売しているノートパソコン「ThinkPad」シリーズの一部に搭載されているリチウム・イオンバッテリーおよびオプション製品のバッテリーについて、自主回収(無償交換)を実施すると発表した。日本国内において事故等の事象は報告されていないが、ごくまれに安全上の問題が発生する可能性があるため。



該当するバッテリー・パックの確認方法と交換の申し込み方法等の詳細については同社のWebサイトで確認できる(ページが開いたら「日本語」を選択)。

なお、自主回収の対象となったバッテリー・パックを利用している場合は、直ちにシステムの電源を切り、バッテリーを取り外して、ACアダプターと電源コードだけを接続してThinkPadに電力を供給してほしいとのことだ。

■対象製品と部品番号
日本国内で販売され、無償交換の対象となる可能性のあるバッテリー・パックは、2010年2月から2012年6月までの期間に出荷された以下のThinkPadに搭載されたものか、またはオプション製品として単体で販売されたものか、修理交換されたもの。

 Edge 11, Edge 13シリーズ
 E120, E125, E420, E425, E430, E520, E525, E530シリーズ
 T410, T420, T510, T520, W510, W520, L412, L420, L520シリーズ
 X100e, X120e, X121e, X130e, X131e, X200, X201, X201i, X201s, X220,
 X220i シリーズ
 X220 Tablet, X220i Tablet シリーズ



無償交換の対象となる可能性のあるバッテリー・パックには、以下の部品番号(ASM P/N)が印字されている。

 42T4695 42T4711 42T4798 42T4804 42T4812 42T4816
 42T4828 42T4834 42T4840 42T4862 42T4868 42T880
 42T4890 42T4944 42T4948 42T4954 42T4958 45N1050


■本件に関するユーザーからの問い合わせ先
レノボ・スマートセンター特設窓口(電話:0120-988-819)
その際には「ThinkPadバッテリー」に関するお問い合せである事をお伝えください。


レノボ・ジャパン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

Lenovoに関連した記事をもっと見る
鉛筆やペン、ニンジンでもペン代わりに使えるレノボのタブレット「YOGA Tablet 2 with Windows」
LaVie ZやThinkPadだけじゃない! CESレノボブースで注目すべき数々の製品
CESのLenovoブースでNECのLaVie Zの実機をチェックした
レノボがCESにおいてNEC開発の超軽量なLenovo LaVie Zの2モデルを発表
レノボ・ジャパンから「ThinkVision Tシリーズ」のワイドモニター7機種登場

Lenovo タブレット YOGA Tablet 2 with Windows キーボード付き(Windows 8.1 with Bing 32bit/OffieHome & Business 2013 2013/10.1型ワイド/Atom Z3745)59428422 [Personal Computers]