東葉高速鉄道の路線・駅構内および「ウィング新橋」でWiMAX 2+の利用が可能に

東葉高速

つい先日、「名古屋鉄道におけるWiMAX 2+の提供開始およびエリア整備完了について」という記事で現在、UQコミュニケーションズが各鉄道会社と共同で、下り最大110Mbps(春から最大220Mbps)の超高速モバイルインターネットWiMAX 2+サービス対応エリアを拡大していることをお伝えしたばかりだ。

今週は、本日もWiMAX 2+サービスのエリア整備完了情報をお伝えする。

UQコミュニケーションズ株式会社は、この度、東葉高速鉄道において超高速モバイルインターネットWiMAX 2+のサービスが利用できるようエリア整備が完了したことを発表した。

これまで、東葉高速鉄道については、屋外に設置した基地局により、地下駅等を除く駅構内において、すでにWiMAX 2+サービスが利用できていた。

このため従来利用しにくかった駅のエリア整備を順次行ってきており、この度、2015年3月27日(金)の飯山満駅のエリア整備をもってWiMAX 2+サービスのエリア整備を完了した。

これにより、WiMAX 2+対応のルーターやスマートフォンなどで、より高速なインターネット通信が利用できるようになった。

■京急ショッピングプラザ「ウィング新橋」でWiMAX 2+の利用が可能に!
また本日、京急ショッピングプラザ「ウィング新橋」(所在地:東京都港区新橋2丁目東口地下街1号)」においても超高速モバイルインターネットWiMAX 2+エリア整備を完了したことも発表。

この京急ショッピングプラザ「ウィング新橋」については、すでにWiMAXサービスに加え、WiMAX 2+対応のルーターやスマートフォンなどで、より高速なインターネット通信が利用できるようになっている。

このように着々とWiMAX 2+サービスエリアの拡大は進んでいるようで、4月から本格稼働を始める220Mbpsサービスの利用可能なエリアも広がって行くことになる。

同社はWiMAX 2+の下り最大速度を220Mbpsに高速化する「ヤ倍速」と、使い放題で月額4,380円(税抜)の「ギガ放題」による「ギガヤバ革命」を推進中だ。より一層のサービスエリア充実にむけ、今後も快適なインターネット通信を利用できるよう鋭意取り組んでいくとしている。

ここで使える!地下鉄・地下駅
ギガヤバ革命キャンペーン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

UQ WiMAXに関連した記事を読む
名古屋鉄道におけるWiMAX 2+の提供開始およびエリア整備完了について
京都市営地下鉄におけるWiMAX 2+の提供開始およびエリア拡大について
WiMAX 2+のモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W01」が下り最大220Mbpsに対応
横浜市営地下鉄の全駅構内や列車内においてWiMAX 2+の利用が可能に!
WiMAX 2+の220Mbps開始! 栃木県真岡市からWiMAX 2+用周波数帯の拡張を開始


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る