ph042_resize

テックウインドは、法人向けモデルとして開発されたWindows 10搭載の10.1インチ タブレット「CLIDE W10A」の後継機種である、「CLIDE W10C」を2016年12月15日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は3万3,800円(税抜)。

「CLIDEW10C」は、好評だった従来モデルの特長的な機能を継承しつつ、バッテリー、メモリをさらに強化し、最新のインテル社製CPUを採用した。このほか、従来モデルでも好評だった、タブレットには非常に珍しい「背面タッチパッド」(実用新案登録済)を搭載。接客や商談時に画面操作を行う場合でも、「背面タッチパッド」を利用することで、画面を隠さずにお客様に説明することができる。また両手でしっかり持って操作できるようになり、作業現場での操作も安定して行える。背面タッチパッドを使うと、ポインターが表示されるので、指では操作しづらいプルダウンなどの細かいカーソル操作も快適だ。プロジェクターや大型ディスプレイへの投影時などで、2画面拡張モニター環境でも、タブレット単体で操作できる。

また、フルサイズ(TypeA)のUSB3.0ポートとUSB2.0ポートを搭載。外付けHDDやフラッシュメモリーなどをそのまま接続できるほか、PDF閲覧やExcelなどビジネス用途をはじめ、写真や動画再生などあらゆるシーンで使える、10.1インチサイズを採用。1920×1200の高画質IPS液晶パネル搭載となっており、170°の広い視野角で、動画再生や電子書籍の閲覧も快適に楽しめる。Wi-Fiは2.4GHzはもちろんのこと、電波干渉が起きにくく安定した通信が可能な5GHzにも対応している。専用日本語キーボードとドッキングさせると、ノートパソコンのスタイルに。用途にあわせてタブレットスタイルと使い分けて高い機能性を実現する。バッテリー容量も6,000mAh→7,500mAhに容量アップ。HD動画再生最大約7時間を実現した。

■CLIDER W10C製品概要
プロセッサー:インテル Atom プロセッサー X5-Z8300
ディスプレイ:10.1インチ カラータッチスクリーン IPS液晶 LEDバックライト
液晶解像度:1920×1200ドット
タッチパネル:10点タッチ入力対応 静電容量方式
ストレージ容量:64GB
I/Oポート:カードリーダー microSD、microSDHC、microSDXC (最大128GB)
USB:フルサイズUSB3.0×1(TypeA) / フルサイズUSB2.0×1(TypeA)、microUSB2.0 x1(充電コネクター共用)
オーディオ:マイクロホン / ヘッドホン・3.5mm 4極コンボジャック ×1
HDMI:miniHDMI出力×1
システムメモリ:4GB(DDR3L)
無線LAN:IEEE 802.11a/b/g/n準拠
Bluetooth:あり(Bluetooth 4.0) Class2
センサー:加速度センサー(3軸)、GPS
カメラ:フロントカメラ 2Mピクセル、背面カメラ 2Mピクセル
スピーカー:ステレオスピーカー内蔵
消費電力:15W(最大)
バッテリー:容量7,500mAh
OS:Windows 10 Home
色:ブラック
タブレット本体重量:約620g
タブレット本体サイズ:約260mm(幅) × 172mm(奥行) × 12mm(厚み)
キーボード装着時:263㎜(幅)×185㎜(奥行)×24㎜(厚み)


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント
サードウェーブデジノス、GeForce GTX 10シリーズを搭載する「フィギュアヘッズ」推奨PCを発売
デル、「ALIENWARE」のオウンドメディア「ALIENWARE ZONE」を開設
Steam公式ハードウェアの日本国内販売を開始
ドスパラ、Windows 10 の新しい機能が十分に生かせる2in1パソコン「Diginnos DGM-S12Y」を発売