上位10チャンネルの平均収益額は約4,460万円!ニコニコチャンネルの有料登録者数が30万人を突破

ニコニコチャンネル有料登録者数推移

株式会社ドワンゴ及び株式会社ニワンゴは、両社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコチャンネル」にて「ブロマガ」を配信しているチャンネルの有料登録者数が、4月14日(火)に合計30万人を突破したと発表した。

上位10チャンネルの平均収益受取額は何と4,458万1,797円、さらにユーザチャンネルの上位3名は4,909万6,152円になったという。

2014年8月に20万人を突破して以降、劇団四季やゲーム実況者によるチャンネルなど、ジャンルを問わず新たに約200チャンネルが開設されたことで、さまざまな分野で登録者数が増加し、30万突破につながった。

また、一般ユーザーが開設している「ユーザーチャンネル」の登録者数も、他のプロのチャンネルと同様に登録者数を伸ばし、一般ユーザーがコンテンツ配信によって収益を得られるプラットフォームとして定着してきている。生主(配信者)が職業として成立したことを意味している。

有料登録による平均収益受取額(年間)は、会員数が10位以上のチャンネルは4,458万1,797円、30位以上は2,610万1,696円、50位以上は1,929万5,582円、100位以上は1,222万9,607円となっている。

そのうち、ユーザーチャンネル上位5チャンネルの平均収益受取額は3,380万458円、上位3チャンネルは4,909万6,152円となり、それぞれ20万人突破時と比較すると、1チャンネルごとの収益性も高くなっている。
※年間平均受取額は現在の月額会員数から割り出した予測

■「ニコニコチャンネル」有料登録者数の推移
2012年8月に月額有料チャンネルの提供を開始。2013年10月に10万人、2014年8月に20万人を突破。その後、約8か月で有料会員数は30万チャンネルを突破。

■上位100チャンネルの平均収益受取額(年間)
有料ニコニコチャンネルの平均収益受取額(年間)は、有料登録会員数が上位10チャンネル以上は4,458万1,797円、上位30チャンネル以上は2,610万1,696円、上位50チャンネル以上は1,929万5,582円、上位100チャンネル以上は1,222万9,607円となっている。
上位100チャンネルの平均収益受取額_年間

■上位100チャンネルのうち、ユーザーチャンネルの平均収益受取額(年間)
一般ユーザーが開設できる「ユーザーチャンネル」の平均収益受取額(年間)は、上位3チャンネルが4,909万6,152円、上位5チャンネルが3,380万458円、上位10チャンネルが1,985万7,247円となった。
ユーザーチャンネルの平均収益受取額(年間)

■ユーザーチャンネルとは?
一般ユーザーが開設できるチャンネル。一般ユーザーもブロマガや動画・生放送投稿によって課金できる仕組みを提供している。現在55チャンネルが開設。

■ブロマガ有料登録者数 上位30チャンネル
(五十音順)(2015年4月15日時点)

animeloLIVE!(月額1,100円)
アールの部屋 (月額540円)
アイドルマスター ミリオンラジオ! (月額540円)
アイドルマスターステーション (月額540円)
いい大人達が本気でチャンネルを開設してみた(月額540円)
M.S.S Projectチャンネル (月額540円)
OH!! MY!! GACKT!! (月額864円)
岡田斗司夫ブロマガチャンネル(月額540円)
キャストサイズチャンネル (月額648円)
キヨの人生あまちゃんネル (月額540円)
ゲーム実況ブロマガ「ゲキマガ」 (月額108円)
CINDERELLA PARTY! (月額540円)
週刊文春デジタル (月額864円)
孫崎享チャンネル (月額108円)
竹田恒泰チャンネル (月額864円)
トリプル・ゾーン (月額540円)
鳥海浩輔・安元洋貴の禁断生ラジオ(月額540円)
ニコナナ (月額540円)
ニコニコゲーム実況チャンネル (月額540円)
ニコプロ -ニコニコプロレスチャンネル(月額540円)
ニコレトチャンネル (月額540円)
西川貴教のウラノミ!! (月額648円)
パチンコ/パチスロ ジャンバリ.TV (月額540円)
ファミ通ゲーマーズDXチャンネル (月額540円)
堀江貴文 ブログでは言えないチャンネル (月額864円)
マックスむらい部 (月額540円)
めいこいファンクラブ (月額540円)
やまだひさしの やまちゃんねる (月額540円)
『ライフログ』生主ブロマガ (月額108円)
Lady Go!!ホワイトちゃんねる (月額540円)

■ニコニコチャンネルとは?
「ニコニコチャンネル」は、企業・団体が動画や生放送の配信ができるプラットフォームとして2008年にサービスを開始、現在、6800チャンネル(うち月額有料チャンネル758チャンネル)が開設されている。2012年8月からは、記事コンテンツ「ブロマガ」の配信機能も提供開始。

その他、2013年12月からは、企業や団体だけでなく一般ユーザーが開設できる「ユーザーチャンネル」を開始し、現在55チャンネルを開設。一般ユーザーもブロマガや動画・生放送投稿によって課金できる仕組みを提供している。

niconico

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
・「「YOUは何しに日本へ?」等、テレ東で人気の5番組をniconicoで無料配信
ニコニコチャンネルが大幅に進化、トップページの超軽量化に成功(4月1日特集)
niconicoが「音声入力システム」を新開発!~ソレは人間の感情を最も理解する ~
これを待ってた!ニコ動の音楽再生に特化したアプリ「NicoBox」Android版リリース
「ニコニコ超会議2015」超発表会開催、SUMOUにプロレス、お化け屋敷、体感ゲームにメシテロブースまで


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る