dec800858bfc394f4fa29c082215037e_s

LINEは、同社が保有する445万人という国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」による2018年の「クリスマスの過ごし方」に関する調査を実施し、その結果を公表した。

■「いつも通り自宅で過ごす」「仕事やアルバイト」など普段と変わらない過ごし方が約7割を占める
10歳以上の男女を対象に今年のクリスマス期間(24日?25日)の予定を調査したところ、「いつも通り自宅で過ごす」が51%、「仕事やアルバイト」が19%でクリスマスもいつもと変わらず過ごすという方が約7割を占める結果になった。

また、「ホームパーティをする」が25%、「イルミネーションやツリーを見に行く」が8%、「飲みに行く/ファミレスに行く」が6%で、約4割はアクティブにクリスマスを楽しむ層も一定数みられた。

01


■年代が上がるにつれ、「いつも通り自宅で過ごす」が増加
年代別で見ると、「いつも通り自宅で過ごす」は50代は30代に比べて+12pt高く、「ホームパーティをする」は逆に50代は30代に比べて-14pt下がる結果に。ライフステージが上がるにつれ、クリスマスの過ごし方にも変化がみられた。

02


■20代独身では、男女ともに仕事や一人で過ごす「クリぼっち」が最多。20代独身男性では約4割が「クリぼっち」
2016年に実施した、20代独身男女への「クリスマスの過ごし方」に関する調査と同様の内容で聴取したところ、男女ともに仕事や一人で過ごす「クリぼっち」が最多という結果に。今年のクリスマスは平日であることが影響したのか、2016年と比べ男性では+6pt、女性では+4ptという結果になった。

03


調査結果

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
48本の500mlボトルを、わずか15cmの隙間に一括収納できるボトル収納ラック
日本初!「荒野行動」公式グッズショップが渋谷に期間限定でオープン
大掃除いつする?お掃除グッズの買い物は?掃除に関する意識調査(マクロミル調べ)
福山雅治が念願の島々をついに訪問!島旅ドキュメンタリー動画「もっと長崎の島々に、なる!」を公開
「星プロ」シリーズが仮面ライダーと一緒に平成を振り返るWebコンテンツを公開

LINEマーケティング
株式会社オプト
秀和システム
2018-12-21