czMjYXJ0aWNsZSM1OTc5NiMyMTMzOTEjNTk3OTZfbENyRWxYZHFQUi5wbmc

海外の消防署や救急病院・ヨーロッパのイケアなど大手マーケット・スクール・レストラン・老人ホームなど窒息事故の可能性のある場所で使用されている窒息予防装置「ライフバック」が、日本での販売開始を決定した。

本製品は、世界の消防署や救急病院・ヨーロッパのイケアなど大手マーケット・スクール・レストラン・老人ホームなど、窒息事故の可能性のある場所で多く使用されている。

年末年始にかけて特に問題となっているのが、お正月に発生するお餅の死亡事故。毎年1月は1300人の窒息死亡者がいると言われている。そのため、お正月になると恐る恐るお餅を食べている老人が大勢いるのが現状だ。

しかし世界には、この窒息死亡事故問題を解決し始めている国が多数あるのだという。救急車内やスクール・老人ホームやレストランなど窒息事故の多い場所に、AED(自動体外式除細動器)と一緒に常備されている窒息予防装置がある。それが、窒息予防装置であるライフバックだ。

ライフバックは、喉に詰まった食品や玩具など異物を吸引して引き出すことが可能だ。日本販売開始は、2019年2月からとなるが、それ以前に、お正月など、なんらかの事情で緊急に購入を希望する人は、日本開設準備ホームページから、個人輸入でのアメリカからの輸入が可能だ。

czMjYXJ0aWNsZSM1OTc5NiMyMTMzOTEjNTk3OTZfc3ROTWd0YW1may5KUEc

ライフバック ジャパン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
授乳中に眠った赤ちゃんをそのままベッドへ!ママの腕に装着できるベビー枕
薄い本の保管に最適!スクリーンで「隠せる」大容量ラック
子供の英語教育に!英語と日本語、2カ国語でおしゃべりするプラレールが登場
NEXCO東日本、高齢ドライバーの運転能力のチェックを呼びかけるWeb動画「年末年始は運転能力チェック!」を公開
徳島新聞連載「第九永遠なり~鳴門初演100年」が書籍に