ITライフハック

カルチャー

2月28日は「バカヤローの日」。怒りの実態を丸裸に!(マクロミル調べ)

227ffb16a3c84f3a291fe7d892a04b89_s

2月28日はバカヤローの日。 1953年のこの日、当時の吉田茂首相が、衆議院予算委員会で「バカヤロー」と発言(バカヤロー解散)したことに由来しているとか。この「バカヤローの日」にちなんで、マクロミルは現代人の怒りの実態を探るべく全国1,000名にアンケートを実施。最近何に怒った? 怒り度が高い世代や性別は? 実際に「バカヤロー」と声に出したことは?!

【1】 2017年冬、 “バカヤロー”と思った経験率は64%、1番怒っているのは40代男性
最近「バカヤロー!」と怒ったこと、怒りたくなったこと、怒っていることがあると回答した割合は64%、実に3人に2人が最近“バカヤロー級の怒り”を経験しているようだ。 性別差や世代差はあるのか探ったところ、それぞれ集計してみると、2017年冬、“バカヤロー”と思った経験率が1番高いのは、 40代の男性であることが分かった。

【図】 2017年冬、 “バカヤロー”と思った経験率
<ベース:全体 / n=1,000>
sub1


【図】 2017年冬、 “バカヤロー”と思った経験率(性年代別)
<ベース:全体 / n=1,000>
sub4


【2】 何に怒った?1位「職場や学校」48%、2位「プライベートでの人間関係」42%

では、どのようなことに「バカヤロー」と怒ったり、怒りたくなったりしたのだろうか。最多は「職場や学校での生活の中で」48%、次いで「恋愛や家族・友人・知人などの人間関係で」とプライベートでの人間関係が42%となり、普段から関わりの深い場所や関係の中で、という回答が上位2つを占めた。

【図】 何にバカヤローと怒ったか
<ベース:最近「バカヤロー」と怒った人 / n=635>
sub3


☆最近の“バカヤロー”エピソード(自由回答結果から抜粋)
「職場・学校」編
・ 仕事が忙しいのに、 1人ぶらぶらとトイレばかり行ってなかなか帰ってこない人に腹が立つ!(女性30代)
・ 自分の考えをパクられた!それ私のアイディアじゃんか、バカヤロー!(女性30代)
・ 愚痴しか言わず、お礼が言えない人がいる!(男性30代)

「世の中の出来事、時事」編
・ 幼児や乳児へ虐待する親に。(男性30代)
・ 運転中に携帯を触っている人が多い!(女性60代)

【3】 「バカヤロー」と実際に声に出してしまった……。50代男性が61%でトップ
「バカヤロー」と心の中で怒っても、言葉に出すか出さないかでは大違い。「バカヤロー」と実際に声に出してしまったことがある人は全体の42%だった。特に40代以上の男性に多く、中でも50代男性が最多の61%となった。

【図】 「バカヤロー」と声に出してしまった経験(性年代別)
<ベース:最近「バカヤロー」と怒った人 / n=635>
sub5


【4】 「バカヤローと叫びたい!!」65%、また、4人に1人は“バカヤローを溜め込み中”!?
「バカヤロー」と叫んでもいい場があったとしたら叫びたいかたずねると、 65%が「はい」と回答した。

総じて、最近怒り体験をしたが、「バカヤロー」と口にはせず、叫べる場所があるなら叫びたい!という人は全体の24%、つまり4人に1人は、 “バカヤローを溜め込み中”である、と言えるようだ。

【図】バカヤローと叫んでも良い場があったら叫びたいか
<ベース:全体 / n=1,000>
sub2


調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「ストリートファイターII」とトヨタの「C-HR」がコラボ
NTTドコモ、人気のアプリ「SNOW」とタイアップして「NTTドコモ×SNOW presents 卒業“盛ルバム”」を実施
「テイルズ オブ アスタリア」をメインテーマにした生放送番組をニコ生とYou Tube Liveで放送
東日本大震災からまもなく6年。防災意識と備えの実態を調査。マクロミル調べ


怒り Blu-ray 豪華版
渡辺謙
東宝
2017-04-12



キンキンの「氷結」とアツアツおでん、あのリアクション芸人が登場するアンバサダー発足?!

TOP2

キリンビールは、 「氷結専用おでん」当たる!キャンペーン及び「氷結」とおでんの抜群の組み合わせを啓蒙するアンバサダーとして、出川哲朗さんとでんぱ組.incから相沢梨紗さん、古川未鈴さん、夢眠ねむさんを起用した期間限定ユニット「おでんパ組」を結成した。ヒップでポップなミュージックビデオ「ODEN-PA」は2017年2月22日(水)より公開される。

今回公開されるおでんパ組によるミュージックビデオ「ODEN-PA」は、「氷結」がこの冬オススメをする、キンキンの「氷結」と一緒に食べてほしいアツアツの「おでん」をモチーフに、「おでんパ(=おでんパーティ)」の楽しみと、氷結×おでんの抜群の組み合わせを表現した1曲。

ミュージックビデオでは、出川哲朗さんが一人二役を演じ、MCに扮した弟のDega Wild(デガワイルド)、そしてメタリックに輝く兄・テッチャン・オデン=パとして登場する。

Dega Wildは、出川さんとは思えない流暢な英語のラップやダンスをする脱力系MCとして、いつもと違う“あたらしい”出川さんの姿を垣間見ることができる。また、シュールな全身タイツに身を包んだテッチャン・オデン=パとして、十八番リアクション芸の定番“アツアツおでん”も披露されるとか。

でんぱ組.incのメンバーは、おでんの形をイメージした個性的な衣装で、おでんパシスターズとして登場する。3人一緒に可愛く踊ると「氷結」を口にし、ミリン・ダ=イーコンは大根、リサ・ハン=ペインははんぺん、ネム・トゥーフーは揚げ豆腐と、モチーフとなったおでんをバックにソロパフォーマンスを披露する。おでん串のようにつながった3人のキュートな動作と、時折入るかわいい“合いの手”に注目しよう。

新世代アーティストとしてシーンを牽引するトラックメーカー・Seihoが作曲した、何度も繰り返し聞きたくなる音楽に合わせ、おでんの幾何学模様やターンテーブルを回るおでん鍋などが登場。また、「氷結」から成るスペースコロニーや宇宙を泳ぐおでんなど、通常のおでんとは異なる、アートなおでんのビジュアルも目を引く作品となっている。

おでんパ組「ODEN-PA」 WEBムービー
おでんパ組 特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「ストリートファイターII」とトヨタの「C-HR」がコラボ
NTTドコモ、人気のアプリ「SNOW」とタイアップして「NTTドコモ×SNOW presents 卒業“盛ルバム”」を実施
「テイルズ オブ アスタリア」をメインテーマにした生放送番組をニコ生とYou Tube Liveで放送
東日本大震災からまもなく6年。防災意識と備えの実態を調査。マクロミル調べ

WWDBEST ~電波良好! ~(初回限定盤)(CD3枚組+DVD)
でんぱ組.inc
トイズファクトリー
2016-12-21

でんぱの神神DVD 神BOXビリエイト
でんぱ組.inc
ポニーキャニオン
2017-03-02

LIVE Blu-ray 「GOGO DEMPA TOUR2016」
でんぱ組.inc
トイズファクトリー
2016-06-22



Amazon.co.jpで「ホワイトデー特集2017」をオープン

図2

Amazon.co.jpは、2017年3月14日のホワイトデーに向けて特設ページ「ホワイトデー特集2017」をオープンした。

バレンタインと同じく年々多様化するホワイトデー需要にお応えできるよう、Amazon「ホワイトデー特集」では、スイ―ツはもちろんジュエリーや美容家電、おもしろグッズまで幅広い商品を取り揃えているとのこと。

さらに、特集ページ内では“本命”、“目上の人へ”、また“同僚”、“友人へ”など贈る人別のおすすめ商品をまとめたページをご用意しており、プレゼント選びに悩んでいる方でもお求めの商品を見つけやすいページ作りとなっている。

また今回は、「バチェラー・ジャパン」のバチェラー第1号の久保裕丈さん、スタジオトーク進行役、総合プロデューサーを務める今田耕司さん、番組進行役の坂東工さんにホワイトデーに“本命に贈りたいプレゼント”、“友人に贈りたいプレゼント”、“目上の人に贈りたいプレゼント” 、“会社の同僚に贈りたいもの”についてインタビューを実施。ホワイトデー特集では、それぞれのホワイトデーの思い出エピソードも公開中だ。

ホワイトデー特集2017

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「ストリートファイターII」とトヨタの「C-HR」がコラボ
NTTドコモ、人気のアプリ「SNOW」とタイアップして「NTTドコモ×SNOW presents 卒業“盛ルバム”」を実施
「テイルズ オブ アスタリア」をメインテーマにした生放送番組をニコ生とYou Tube Liveで放送
東日本大震災からまもなく6年。防災意識と備えの実態を調査。マクロミル調べ






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ