ITライフハック

カルチャー

LINE LIVE」、新たにPCからの配信に対応。LINE GAMEを始め、ゲーム配信の取り組みを強化

LINE LIVE_0622_News1

LINEが運営するライブ配信サービス「LINE LIVE(ラインライブ)」において、2017年6月14日(水)より、PC Webブラウザ版から、配信ソフトウェアを使用し、ライブ配信することが可能となった。

これまでLINE LIVEでは、アプリからのみ配信が可能だったが、PC WEBブラウザ版のメニューに「PCから配信」という項目を追加し、配信ソフトウェアを使って、ライブ動画配信を行えるように改善したとのこと。これにより、配信ソフトウェアを使うことで、様々な配信ができるようになる。

例えば、ゲームの実況において、プレイ画面も同時に映すことや画面上にグラフィックを組み込むこと、複数プラットフォームからの同時配信ライブも可能となる。また、横型・縦型を選択して、ライブ配信を行うことができる。そして、配信時間は、PC Webブラウザ版からの場合は最長3時間となり、最長1時間のアプリからの配信に比べると、長時間の配信が可能だ。

今回の機能追加にあたり、ゲーム配信が行いやすくなったことから、LINE LIVEでは、社内外でのゲーム配信を強化していくとのこと。その一例として、6月19日(月)には、でんぱ組.incの古川未鈴さんがLINE GAMEから配信中の「LINE レンジャー」の実況に初挑戦し、LINE GAME、LINE レンジャー、でんぱ組.incの三つの公式アカウントから生配信を実施した。配信では、視聴者から寄せられるコメントのアドバイスを受けながら難関ステージをクリアし、一体感ある実況配信となった。

LINE LIVE_0622_News3


LINE LIVE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
LINEバイト、オファーでつくる海の家「OFFER HOUSE by LINEバイト」を三浦海岸にオープン
元ジャイアンツ宮本も惚れ込むリアルに野球を楽しめる「レジェンドベースボール」
PlayStation4の累計販売台数が6000万台を突破
「ファイナルファンタジー30周年×横浜」夢のコラボレーション企画を開催
賞金総額1,000万円!マンガコンテスト「comicoチャレンジGP 2017」開催






東京都議会議員選挙投開票日に向けたネット選挙企画をニコ生で実施

都議選

ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」で、2017年東京都議会議員選挙の投開票に向けて、生放送を中心としたネット選挙企画を実施する。

告示日が迫る、2017年東京都議会議員選挙。niconicoでは、投開票前の取り組みとして、各党の政策担当者・候補者が出演する「政策発表番組」や「ネット演説」をお届けするほか、「豊洲新市場内部公開番組」などの都議選オリジナル番組を放送し、選挙活動が可能な7月1日(土)24時まで、より多くの情報収集の機会を提供していく。

投開票日にあたる7月2日(日)19時45分からは、「開票特番~都議会は東京を滅ぼすか?~」と題し、開票速報のほか、ジャーナリストの津田大介氏(司会進行)や現役都議の塩村あやか氏、作家の猪瀬直樹氏らが「都議会は必要か?」をテーマに討論を行う開票番組を生放送する。なお、本企画の放送はすべて、タイムシフト予約なしで何度でもアーカイブを視聴することができる。

■東京都議会議員選挙2017に関するniconicoの取り組み
(放送日 / 開始時間 / 内容 / 番組ページURL)

・6月22日(木)22:00 豊洲新市場内部公開番組 
豊洲新市場の内部映像を解説とともに放送。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv300631506

・6月23日(金)※特設サイト参照 【街頭演説】第一声・生中継
※特設サイト参照

・6月25日(日)20:55 各党政策発表特番
7党の代表者が15分間、政策を発表
http://live.nicovideo.jp/watch/lv300184476

・6月26日(月)~7月1日(土)※特設サイト参照 立候補者一挙見127時間放送
都議選全候補者の選挙公報画像を、都議会の議席数"127"にちなみ127時間放送。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv300495609

・6月28日(水)21:00 「都議選候補への公開質問状」大発表
~表現の自由・ビッグサイト問題をさぐる~
http://live.nicovideo.jp/watch/lv301087473

・6月29日(木)19:20 ネット演説
注目区の候補者によるネット演説。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv300631372

・7月1日(土)※特設サイト参照 【街頭演説】最後の訴え・生中継
※特設サイト参照

・7月2日(日)19:45 開票特番~都議会は東京を滅ぼすか?~
開票速報の他、「都議会は必要か?」をテーマに討論。
出演:司会・津田大介(ジャーナリスト)、
      山口一臣(THE POWER NEWS編集長)
      塩村あやか(東京都議会議員)
ゲスト出演:猪瀬直樹(作家)
      山田太郎(前参議院議員)
中継リポーター:畠山理仁(フリーランスライター)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv300632126


東京都議選2017特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
GACKTによる究極の学園祭エンターテインメントショーをニコ生で独占生中継
「今月のいきもの」×「けものフレンズ」企画!2頭のコツメカワウソを56時間観察生中継
プーチン露大統領が国民の質問に答える「プーチン・ホットライン」同時通訳付き全編生中継が決定
“魔女の花”に似た「サマームスカリ」さんを育成。毎日9時間観察生中継
大家志津香、小栗有以、久保怜音、谷口めぐ、松岡はなが速報発表直前にニコ生に生出演



東京の大問題! (マイナビ新書)
佐々木 信夫
マイナビ出版
2016-12-26


LINE MUSIC、京急電鉄「みうら海水浴きっぷ」とコラボレーション

みうら海水浴きっぷ

LINE MUSICは、同社が運営する定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」において、京浜急行電鉄が2017年6月30日(金)~9月10日(日)まで発売する「みうら海水浴きっぷ」とコラボレーションすると発表した。

京急電鉄が6月30日(金)から9月10日(日)まで発売する「みうら海水浴きっぷ」は、三浦海岸海水浴場へ多くのユーザーに来てもらうことを目的に、発売駅から三浦海岸駅までの京急線往復割引乗車券、LINEバイトが運営する海の家「OFFER HOUSE by LINEバイト」をはじめとする7つの海の家から選んで利用できる施設利用券がセットになった企画乗車券だ。

「LINE MUSIC」では、三浦海岸のビーチで音楽を聴きながら楽しむことはもちろん、帰りの電車でも音楽とともに思い出を残してほしいという想いも込めて、「みうら海水浴きっぷ」とコラボレーションを実施することになったとのこと。

「みうら海水浴きっぷ」には往復割引乗車券、「海の家」施設利用券に加えて、LINE MUSICを30日間無料で利用できる「LINE MUSICクーポンチケット」と引き換えることができる引換券*1*2も付いており、そのまますぐに「LINE MUSIC」を楽しむことができる。

■みうら海水浴きっぷ 詳細
名称:みうら海水浴きっぷ
内容:
(1)A券 発売駅から三浦海岸駅までの京急線往復割引乗車券
(2)B券 三浦海岸7つの海の家から選べる施設利用券
   ※施設利用券で受けられるサービスは、更衣室利用、休憩スペース利用、
    シャワー利用、荷物預かりとなります。
(3)C券 コカ・コーラ、LINE MUSICクーポンチケット引換券
   コカ・コーラ(300mlペットボトル)1本
   30日間無料で利用できるLINE MUSICクーポンチケット
   ※ご利用の海の家でお引き換え
(4)三浦海岸ウォーターパーク利用料の特別割引
   (大人1,500円/1時間→1,000円※500円引き)※大人のみ
発売期間:2017年6月30日(金)~9月10日(日)
      ※荒天時など、発売を中止する場合がございます。
発売駅 :京急線全線各駅の自動券売機
     (泉岳寺駅、羽田空港国際線ターミナル駅、羽田空港国内線ターミナル駅、
      三浦海岸駅を除く)
有効期間:2日間有効(乗車券下車前途無効)
      ※前売り発売は行いません。
      ※最終日9月10日(日)の発売分については翌日11日の海の家施設利用は不可
発売金額:【大人・主要駅から】
      品川駅:1,800円 京急蒲田駅:1,800円 京急川崎駅:1,800円
      横浜駅:1,600円
      上大岡駅:1,500円 金沢文庫駅:1,500円
     【子ども・主要駅から】
      品川駅:900円 京急蒲田駅:900円 京急川崎駅:900円 横浜駅:800円
      上大岡駅:750円 金沢文庫駅:750円


LINE MUSIC

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
LINEバイト、オファーでつくる海の家「OFFER HOUSE by LINEバイト」を三浦海岸にオープン
元ジャイアンツ宮本も惚れ込むリアルに野球を楽しめる「レジェンドベースボール」
PlayStation4の累計販売台数が6000万台を突破
「ファイナルファンタジー30周年×横浜」夢のコラボレーション企画を開催
賞金総額1,000万円!マンガコンテスト「comicoチャレンジGP 2017」開催







NETFLIXオリジナル作品として「リラックマ」初のこま撮りアニメーションシリーズが登場

main

Netflixとサンエックス、ティー・ワイ・オーのドワーフ スタジオの3社は、サンエックス保有のキャラクター「リラックマ」初のこま撮りアニメーションシリーズを制作、 Netflixオリジナル作品として全世界同時配信することを決定した。リラックマは2018年に 15周年を迎える。

「リラックマ」は、サンエックスより2003年に第1号グッズが販売されて以降、大人の女性を中心にまたたく間に人気に火が付き、その後数々の商品や企業のキャンペーンなどにも採用され、今や国内外の幅広い層から支持されるキャラクターとなった。このたび「リラックマ」が15周年を迎えるにあたり、「リラックマ」では初めてとなるアニメーション シリーズを、世界最高水準のストップモーション(こま撮り)技術を有するドワーフ スタジオが制作する。

制作スタッフおよび配信スケジュール等の詳細は、決まり次第発表される予定だ。

■作品概要
タイトル:日本語:リラックマ シリーズ (仮)
英語:Rilakkuma Series (tent)
製作・著作:サンエックス
配信元:Netflix 全世界190カ国に独占配信
制作/プロデュース:ドワーフ
シリーズ情報:全13話 (1話 11分作品 予定)

プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
元ジャイアンツ宮本も惚れ込むリアルに野球を楽しめる「レジェンドベースボール」
PlayStation4の累計販売台数が6000万台を突破
「ファイナルファンタジー30周年×横浜」夢のコラボレーション企画を開催
賞金総額1,000万円!マンガコンテスト「comicoチャレンジGP 2017」開催
「LINEギフト」で、“肩たたき券”を贈ろう






「リアルダービースタリオン」即戦力となる2歳馬「オリミツキネン15」の定点放送を開始

Image uploaded from iOS

ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて“みんなの競走馬“を育てていく「リアルダービースタリオン」企画の即戦力となる2歳馬「オリミツキネン15」の定点放送を2017年6月24日(土)16時より正式に開始する。

5月23日(火)に、JRA札幌競馬場で開催された「2017北海道市場トレーニングセール」にて購入した、即戦力の2歳馬「オリミツキネン15」。本番組では、これまでテスト放送でお届けしてきた「オリミツキネン15」の様子を、6月24日(土)より、放送時間を16時00分~21時00分に変更して、北海道むかわ町の育成牧場エクワインレーシングの馬房より、正式に毎日定点放送でお届けする。

■番組詳細
タイトル:【馬房定点】今日のオリミツキネン15 6月24日
放送日時:6月24日(土)16時00分~21時00分
視聴URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv300038272
※6月24日(土)以降の定点放送のURLは特設サイトよりご確認ください。

■2歳馬詳細
オリミツキネン15
性別:牡
父:パイロ
母:オリミツキネン
(母父:ジャッジアンジェルーチ)


リアルダービースタリオン特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
GACKTによる究極の学園祭エンターテインメントショーをニコ生で独占生中継
「今月のいきもの」×「けものフレンズ」企画!2頭のコツメカワウソを56時間観察生中継
プーチン露大統領が国民の質問に答える「プーチン・ホットライン」同時通訳付き全編生中継が決定
“魔女の花”に似た「サマームスカリ」さんを育成。毎日9時間観察生中継
大家志津香、小栗有以、久保怜音、谷口めぐ、松岡はなが速報発表直前にニコ生に生出演






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ