ITライフハック

モバイル

ほぼすべての9~10インチタブレットに対応するユニバーサル キーボード ケース「ロジクール UNIVERSAL FOLIO uK1050」

uK1050BK FOB v2 JP

ロジクールは、ほぼすべてのの9インチから10インチのタブレットに対応するユニバーサル キーボードケース「ロジクールUNIVERSAL FOLIO uK1050」を2017年5月18日(木)より発売する。価格はオープンプライスで、ロジクールオンラインストア価格は8,880円(税別)。

本製品は、iOS、Android、Windows搭載のほぼすべての 9-10インチタブレットに対応するユニバーサル キーボードケース。調節可能なホルダーて゛、しっかりとタブレットを固定してくれる。対応サイズは幅:158 mm~ 185 mm 高:229mm~261mm、厚さ:10 mm。

ゆったりとしたキーレイアウトで、ノートパソコンのようなタイピングのしやすさが特徴。アドバンスBluetooth3.0対応。簡単にペアリングしてすぐに使用することができる。またiOS、Android、Windows対応のホットキーも備えており、キーボードから手を離すことなく、検索や音量調節などを行うことができる。キーボードは78キー英語レイアウト。

また、電池交換の手間なしに、最大24か月間キーボードを使用可能。キーボード使用時は最適なタイピング角度のタイピングモードに、キーボードを使わない時は表示モードの角度にして動画を観たりすることもできる。

uK1050BK BTY

uK1050BK Closed


ロジクール

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
スマホに繋ぐだけ スピーカー付きマイクでカラオケを楽しめる「スマホでどこでもカラオケマイク」
スマートフォンでの音楽聴取 10代の約6割が「毎日」聴取、定額制音楽配信サービスの利用は9.1%
ASUS JAPAN、TangoとDaydreamの両方に対応したスマートフォン「ZenFone AR(ZS571KL)」を発表
LINEモバイル、のんを起用した第2弾TVCM「愛と革新。LINE MOBILE(交差点篇)」を公開
ソフトバンク、「学割ってるダンスノート」をプレゼントするキャンペーンを開始




高速カードリーダーとメモリカードケースが夢のコラボ。頑丈なメモリカードケース付カードリーダー

2017-0426-2801-3

上海問屋は、頑丈なメモリカードケースが付いたUSB3.0のカードリーダーの販売を開始した。価格は1,999円(税込)。

本製品は、頑丈なメモリカードケースが付いたUSB3.0のカードリーダー。USB Type Aは3.0規格、大量の重いデータも高速転送ができる。スマホのカメラやデジカメ、ビデオカメラがどんどん高画質になるにつれてデータ容量も大きくなるので、子供やペットの写真や動画を多く撮影される人におすすめ。また、Type-C/microUSBの変換コネクタも付属し、パソコンやスマホ、タブレットのOTGカードリーダーとしても使える。

また、大容量メモリカードケースが付属しており、ケースには、microSDカード9枚・SDカード7枚(1枚は変換アダプター)・コンパクトフラッシュ3枚の合計19枚が収納可能だ。外装はポリカーボネート(プラスチックの中では最高の耐衝撃性を発揮)素材で頑丈。多少の衝撃を受けても問題なく、通常の保管箱として、また旅行の際に大量に持ち運ぶときも大活躍する。内装はTPV素材で、ホコリや水分が入りにくい設計になっている。

■製品仕様
インターフェース・・・・・・USB3.0(TypeA)
              USB2.0(Type-C/microUSB ※変換アダプターです)
対応OS・・・・・・・・・・ Windows10/8.1/8/7、Mac OS、Android OS5.0以上
収納枚数・・・・・・・・・・microSDカード:9枚
              SDカード:7枚※内1枚は変換アダプター用
              コンパクトフラッシュ:3枚
              SIM PIN:1個※付属品
カードリーダースロット・・・microSDカード(SDHC/SDXC)
              SDカード(SDHC/SDXC)
              コンパクトフラッシュ(CF)
材質・・・・・・・・・・・・ABS、PC、TPV等
サイズ・・・・・・・・・・・縦82×横115×厚さ23mm
ケーブル長さ・・・・・・・・約40cm
重量・・・・・・・・・・・・約118g ※本体のみ
製品保証・・・・・・・・・・購入後 初期不良2週間

DN-914805 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
最小限の視線の動きでスピードを確認できる車載 OBD2接続 ヘッドアップディスプレイ
立体3Dサウンドを体感できるHDSS技術搭載 3Dイヤホン
スマホをワンタッチ装着できる車載用強力吸盤 ワンタッチスマホホルダー
鍵と一緒に持ち歩くMFi認証ライトニングケーブル・マイクロUSBケーブル
デスク周りを美しくするディスプレイスタンド。MacBookにも似合う2カラー






スマホに繋ぐだけ スピーカー付きマイクでカラオケを楽しめる「スマホでどこでもカラオケマイク」

1_000000002786

サンコーは、「スマホでどこでもカラオケマイク」を発売した。価格は2,980円(税込)。

本製品はスマホに繋いでアプリで簡単にカラオケが楽しめるスピーカー付きマイク。スピーカー内蔵なので、まるでカラオケルームのような臨場感を味わえる。

バッテリー内蔵で連続稼働時間は4~5時間。また自分の歌声のボリュームやエコーの量などを調節可能だ。1人でも大人数でも楽しめるカラオケマイクとなっている。

■製品仕様
・サイズ:幅73×高さ250×奥行73(mm)
・重量:424g
・充電用ケーブル長:180(mm)※コネクタ含まず
・接続用ケーブル長:750(mm)※コネクタ含まず
・電源:USBより充電 (充電時間:約2時間)
・内蔵バッテリー:2600mAh
・連続稼働時間:約4~5時間 ※使用状況により、異なります。
・内蔵スピーカー:ステレオ
・対応機種:3.5mmイヤフォンジャック搭載スマートフォン
・内容品:本体、充電用ケーブル、接続用ケーブル、専用ケース、日本語取扱説明書
・パッケージサイズ:幅110×奥行28×高さ185(mm)
・パッケージ重量:597g(内容品含む)
・保証期間:6か月


9_000000002786


スマホでどこでもカラオケマイク

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
スマートフォンでの音楽聴取 10代の約6割が「毎日」聴取、定額制音楽配信サービスの利用は9.1%
ASUS JAPAN、TangoとDaydreamの両方に対応したスマートフォン「ZenFone AR(ZS571KL)」を発表
LINEモバイル、のんを起用した第2弾TVCM「愛と革新。LINE MOBILE(交差点篇)」を公開
ソフトバンク、「学割ってるダンスノート」をプレゼントするキャンペーンを開始
格安SIM利用率上位15サービスの満足度は76.9%、総合満足度1位はmineo。MMD研究所調べ





スマートフォンでの音楽聴取 10代の約6割が「毎日」聴取、定額制音楽配信サービスの利用は9.1%

a640b25363240ac862160498bbbf527c_s

MMDLaboは、同社が運営するMMD研究所とコロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」にて共同調査を行い、第14弾として「2017年3月スマートフォンでの音楽視聴に関する調査」を実施した。

■ スマートフォンでの音楽聴取 10代の約6割が「毎日」聴取
スマートフォンを所有する1,671人を対象に普段よく利用する音楽再生機器について聞いた(複数回答)ところ、「スマートフォン」が76.8%で最多、次いで「パソコン」が37.2%、「デジタルオーディオプレーヤー」が26.5%となった。なお、スマートフォンのみを選択した人は26.8%だった。
20170414-1


スマートフォンで音楽を再生すると回答した人(n= 1,283)を対象に音楽を聴取する頻度を聞いたところ、「毎日・ほぼ毎日」と回答した人は10代では57.7%、20代前半が44.6%、20代後半29.5%、30代前半29.2%、30代後半14.6%だった。OS別でみると、「ほぼ毎日」と回答した人はiOSで41.2%、Androidで30.6%となった。「2015年10月スマートフォンでの音楽視聴に関する調査」の結果と比較すると、iOSでは5.6ポイント、Androidでは0.9ポイント増加する結果となった。
20170414-4

20170414-4-2


■ 定額制音楽配信サービスの利用は9.1% 2015年から1.6ポイント増
スマートフォンで音楽を再生すると回答した人(n= 1,283)を対象に、どのような方法で音楽を聴くのかについて聞いた(複数回答)ところ、「YouTubeなどの動画サイトで音楽を聴いている」が60.9%、「購入したCDからスマートフォンに取り込んで聴いている」が34.5%、「無料音楽配信サービスまたはアプリから聴いている」が31.3%となった。

これを「2015年10月スマートフォンでの音楽視聴に関する調査」の結果と比較すると、増えているのは「YouTubeなどの動画サイト」が60.9%で4.5ポイント増加、「定額制音楽配信サービス」が9.1%で1.6ポイント増えていることがわかった。
年代別で見ると、「定額制音楽配信サービス」の利用で増加傾向にあるのが20代後半の12.4%で2015年より4.6ポイント増えている結果となった。
20170414-7

20170414-7-2


OS別で見ると、どちらも「YouTubeなどの動画サイトで音楽を聴いている」が最多で半数を超え、「定額制音楽配信サービスで音楽を聴いている」はiOSで7.4%、Androidで11.0%となった。
20170414-7os


■ 定額制音楽配信サービスの利用状況の上位は「Amazon Prime Music、Apple Music、Google Play Music」、メインで利用している定額制音楽配信サービスの上位は「Amazon Prime Music、Apple Music、AWA Music」
定額制音楽配信サービスで音楽を聴くと回答した人(n=117)を対象に、利用しているサービス(複数回答)を聞いたところ「Amazon Prime Music」が33.3%、「Apple Music」が23.9%、「Google Play Music」が21.4%となった。
20170414-10


続いて、現在利用している音楽配信サービスのうち、メインで利用しているサービスを聞いたところ、「Amazon Prime Music」が26.6%、「Apple Music」が16.5%、「AWA Music」が11.9%となった。
20170414-11


■ 利用している定額制音楽配信サービスで満足している項目の上位は「価格、曲数、音質」
定額制音楽配信サービスで音楽を聴くと回答した人(n=117)を対象に、メインで利用しているサービスで満足している項目(複数回答)を聞いたところ、「価格」が45.9%と最も多く、次いで「曲数」が45.0%、「音質」が39.4%となった。

次に、メインのサービスを利用している理由(複数回答)を聞いたところ、「使いやすい」が44.0%と最も多く、次いで「曲数が多い」が38.5%、「好きなアーティストの曲がある」が35.8%となった。
20170414-14


続いて、オフライン再生機能の利用について聞いたところ、76.1%の人が利用経験があることがわかった。
年代別で見ると、利用すると回答したのは10代の48.0%、20代前半が32.0%、20代後半が26.9%、30代前半が38.9%、30代後半が40.0%となった。
20170414-16


調査結果

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ASUS JAPAN、TangoとDaydreamの両方に対応したスマートフォン「ZenFone AR(ZS571KL)」を発表
LINEモバイル、のんを起用した第2弾TVCM「愛と革新。LINE MOBILE(交差点篇)」を公開
ソフトバンク、「学割ってるダンスノート」をプレゼントするキャンペーンを開始
格安SIM利用率上位15サービスの満足度は76.9%、総合満足度1位はmineo。MMD研究所調べ
スマホユーザーの59.2%が端末代金を「とても高いと思う」。MMD研究所調べ





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ