ITライフハック

モバイル

置くだけでiPhoneを充電できるバッテリーケース

mophie-juicepack-7-series

フォーカルポイントは、mophieの「おくだけで充電」を実現するバッテリーケース「mophie juice pack air for iPhone 7」と「mophie juice pack air for iPhone 7 Plus」、「mophie charge force ワイヤレス充電ベース」を2017年2月より発売する。価格は12,800円(税別)。

本ケースは、ワイヤレス充電機能を搭載したiPhone 7/iPhone 7 Plus用バッテリーケース。mophieから発売されている「CHARGE FORCE」規格対応してワイヤレス充電器、またはQiワイヤレス充電器を使ったワイヤレス充電が可能だ。「MFi」認定製品なので、アップデートにも万全対応している。

mophie-wireless-chage-base


mophie juice pack air for iPhone 7
mophie juice pack air for iPhone 7 Plus
ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ソフトバンクの広告新キャラクターにジャスティン・ビーバーを起用
ユピテル「霧島レイ」シリーズに腕時計型ウェアラブル「Lei Watch」が登場
東京電力、停電・雨雲・地震情報などを配信するアプリ「TEPCO速報」のサービスを開始
頑丈に固定でき取り付けも簡単な360°回転式バイクマウントホルダー「A250」
ソフトバンク、防水・防じんに対応し、耐衝撃性能を備えたコンパクトサイズの衛星電話を発売






冷却ファン+モバイルバッテリー+スタンドにもなるグリップ

pclpdgr4-001

サンコーは、スマゲー快適グリップ「スマクール」を2017年1月17日より発売する。価格は1,980円(税込)。

本製品はスマホゲームを快適にプレイできる冷却ファン機能とモバイルバッテリー機能を搭載した多機能グリップ。

スマートフォンでできるゲームってたくさんあって夢中になってしまいがち。でもすぐにスマホが発熱して熱くなってしまったり、バッテリーがなくなってしまう。長時間プレイしていると、手が疲れるし、ちょっと持ちづらいなあと感じることも。熱暴走でアプリが落ちてしまったり、故障の原因にもなることもあるので心配だ。

そんなヘビーユーザーの方におすすめなのがスマゲー快適グリップ「スマクール」。冷却ファン・モバイルバッテリー・スタンドにもなるグリップがひとつになったスマホ用多機能グリップだ。

スマートフォンの取り付けはとても簡単で、ホルダー部にはめ込むだけ。そして、ホルダー部の2つのファンでスマホを冷却。バッテリーが少なくなった時は手持ちの充電ケーブルを接続して充電が可能だ。

またゲーム用コントローラーのような持ちやすいグリップで快適にプレイできる。スタンド付きなので、動画を見る時にはスタンドとしても使える。より快適にスマホゲームがプレイできる、スマホゲームユーザーのための多機能グリップだ。

■製品仕様
・サイズ/幅155×高さ30×奥行120(mm)
・重量/155g
・ケーブル長/755(mm)※コネクタ含まず
・電源/USBより充電
・充電時間/約2時間(環境により異なります)
・稼働時間/ファンのみの使用で約8時間(※環境により異なります)
・内蔵バッテリー/2000mAh(iPhone 6を約2時間で35%→100%充電)
・出力/5V/1A
・内容品/本体、USBケーブル、日本語取扱説明書
・パッケージサイズ/幅180×奥行140×高さ40(mm)
・パッケージ重量/240g(内容品含む)
・保証期間/6か月


pclpdgr4-007


スマゲー快適グリップ「スマクール」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ソフトバンクの広告新キャラクターにジャスティン・ビーバーを起用
ユピテル「霧島レイ」シリーズに腕時計型ウェアラブル「Lei Watch」が登場
東京電力、停電・雨雲・地震情報などを配信するアプリ「TEPCO速報」のサービスを開始
頑丈に固定でき取り付けも簡単な360°回転式バイクマウントホルダー「A250」
ソフトバンク、防水・防じんに対応し、耐衝撃性能を備えたコンパクトサイズの衛星電話を発売





フォーカルポイント、Apple AirPodsやBluetoothイヤホンに対応したキャリングケースを発売

mophie power capsule

フォーカルポイントは、Apple AirPodsや各種のBluetoothイヤホンに対応したmophieのバッテリー内蔵イヤホン用キャリングケース「mophie Power Capsule」を2017年2月下旬より発売する。価格は4,980円(税抜)。

mophie Power Capsule バッテリー内蔵イヤホン用キャリングケースは、小型でありながら1,400mAhのバッテリーを内蔵したイヤホン用キャリングケース。キャリングケース内部にUSB Aコネクタを搭載しており、イヤホンなどをケースに収納しながら充電することができるので、Bluetoothイヤホンの再生時間を延長させることが可能だ。

mophie Power Capsuleは、モバイルバッテリーとキャリングケースが一体型になっており、モバイルバッテリーとしての充電機能とキャリングケースとしての保護機能を併せ持ったアクセサリ。mophie Power Capsuleがあれば、カバンの中でも充電ケーブルとイヤホンの絡まりなどを気にすることなく、確実に効率よく充電することができる。

mophie Power Capsuleは、1Aの高出力によりBluetoothイヤホンなどの充電が可能。急速充電などに対応したBluetoothイヤホンであれば、わずかな時間でも効率的な充電が行える。

mophie Power Capsuleは、製品内蔵のバッテリーを充電するためのmicro USB ポートを搭載している。Bluetoothイヤホンを接続したままでも、イヤホンとケースの両方を充電することが可能。イヤホンを確実に充電するために、はじめにイヤホンへの充電を行い、イヤホンの充電完了後にケースへの充電を行う設計になっている。

12.6×8.4×4.5cmのコンパクトな設計により、どんなカバンなどにもしっかりとフィットして持ち運ぶことができる。重量もわずか120グラム程度なので、巨大なモバイルバッテリーを運ぶよりも簡単に携行できる。収納物の紛失がないように、ジッパーでしっかりと閉じることができる。

ケースのバッテリー残量がひと目で分かる4段階のLEDバッテリーインジケータを搭載。ボタンを押すだけで、バッテリー残量をすばやく確認できる。

ケース本体には、ラバーコーティングによる滑らかな手触りの衝撃緩衝性に優れたソフト素材を採用。イヤホンなどを傷や汚れから保護して安全な持ち運びが可能だ。

Apple AirPods、Bluetoothイヤホンだけでなく、USB充電に対応したライフログバンドなどの充電も可能。USB充電対応機器であれば、ほとんど全ての機器への充電が可能なので、使い方次第で色々な機器の充電と持ち運びが可能だ。

■製品仕様
USB出力:USB A ポート ? 1(1A出力)
USB入力:micro USB ポート ? 1(1A入力)
製品サイズ:約126(W)×84(H)×45(D)mm
重量:約128g
パッケージサイズ:約107(W)×200(H)×42(D)mm
パッケージ重量:約160g


mophie Power Capsule

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ソフトバンクの広告新キャラクターにジャスティン・ビーバーを起用
ユピテル「霧島レイ」シリーズに腕時計型ウェアラブル「Lei Watch」が登場
東京電力、停電・雨雲・地震情報などを配信するアプリ「TEPCO速報」のサービスを開始
頑丈に固定でき取り付けも簡単な360°回転式バイクマウントホルダー「A250」
ソフトバンク、防水・防じんに対応し、耐衝撃性能を備えたコンパクトサイズの衛星電話を発売




ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ