ITライフハック

ITビジネス

Amazon「Amazonファーマシー」にて第1類医薬品の販売を開始

01+

総合オンラインストアAmazon.co.jpは、医薬品を取り扱う「Amazonファーマシー」において、第1類医薬品の販売を開始した。販売を開始した第1類医薬品は、大正製薬「リアップX5プラスローション 60mL」、第一三共ヘルスケア「ロキソニンS 12錠」、同社「ガスター10 S錠」など約80点。

現在、薬機法上、第1類医薬品の販売にあたっては使用者の状態等の確認と薬剤師による適正使用の判断・情報提供が義務づけられている。そのため、店舗で第1類医薬品を購入する際は、薬剤師が店舗にいることが必要となり、薬剤師が不在の場合は第1類医薬品を買うことができない。

Amazonファーマシーでは24時間いつでもご注文が可能で(商品の発送は薬剤師の適正使用の確認後)、また、9:00~18:00の時間内であれば薬剤師への問い合わせもいつでも可能とのこと。

さらに、今回販売を開始した第1類医薬品は最短で翌日着の配送が可能なため(地域や注文時間・注文内容等により配送時期が異なる)、忙しくてドラッグストアに行く時間のない人や、外出が難しい高齢の人、また、薬剤師が勤務しているドラッグストアが住んでいる場所の近くにないなど、第1類医薬品を購入するのが困難な人でも、Amazonでは時間や場所を選ばずに第1類医薬品を注文可能だ。

※薬剤師が適正使用でないと判断した場合には、注文はキャンセルとなる。
※提供した情報の内容によっては薬剤師より直接確認する場合がある。
※一定期間内に適正使用の確認が完了しない場合は、適正使用の確認が完了しない第1類医薬品を含む注文に含まれる全ての第1類医薬品の注文がキャンセルとなる。

Amazonファーマシー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
マルツエレック、電気通信大学UECアライアンスセンター内に西東京営業所を開設
「COMPUTEX 2017」の日本語公式サイトオープン
「COMPUTEX 2017」、ロボット&AIなど5つのメインテーマを発表
GlassViewのファウンダー兼CEOジェームズ・ブルックス・ジュニアが語るIoTやスマートウォッチへの広告戦略
国際産業技術、Synologyエンタープライズパートナー&カンファレンスを開催






マルツエレック、電気通信大学UECアライアンスセンター内に西東京営業所を開設

34425_zHsLuKGmAk

マルツエレックは2017年5月9日、東京都調布市の電気通信大学UECアライアンスセンター内に新たなサービス拠点としてマルツ西東京営業所を開設した。

西東京営業所「パーツポート」には半導体、電子部品約5000型番をはじめ、研究開発用の部材を豊富にストックしているとのこと。西東京地区、神奈川県北西部、中央線沿線、京王線沿線のユーザーは、秋葉原へ出かけなくても、調布市にて半導体、電子部品を購入することが可能となった。

西東京営業所は「パーツポート」および「マルツR&Dルーム」から構成される。

パーツポートには半導体、電子部品約5000型番をはじめ、研究開発用の部材を豊富にストック。電気通信大学学内の人や、マルツエレックと請求書取引のご契約をしている法人のユーザーは、パーツポートのストックを請求書払いにて持ち帰ることが可能だ。

R&Dルームには回路設計、基板製造、等価回路開発およびデバイスモデリングなど、大学の研究教育活動を支援するエンジニアリングサービスの窓口を開設する。また、オリジナルの教育研究用基板の開発や、大学生を対象とする、ものづくりワークショップやセミナーの開催を企画するとのことだ。

■マルツ西東京営業所の概要
名称:電気通信大学アライアンスセンター内 マルツ西東京営業所
営業時間:午前9時~午後7時(土日定休)
住所:〒182-0026 東京都調布市小島町1-1-1 UEC アライアンスセンター2階
 218号室 マルツ西東京営業所 パーツポート
 222号室 マルツ西東京営業所 R&Dルーム


34425_UsCTHRuyBq

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
「COMPUTEX 2017」の日本語公式サイトオープン
「COMPUTEX 2017」、ロボット&AIなど5つのメインテーマを発表
GlassViewのファウンダー兼CEOジェームズ・ブルックス・ジュニアが語るIoTやスマートウォッチへの広告戦略
国際産業技術、Synologyエンタープライズパートナー&カンファレンスを開催
グロービス、「グロービス学び放題」の個人向けサービスを開始。月額980円から






「COMPUTEX 2017」の日本語公式サイトオープン

IMG_6525

アジア最大級のICT展示会「COMPUTEX TAIPEI」は今年で37回目を迎え、2017年5月30日から6月3日まで開催される(スタートアップ企業のための特別な展示エリア「InnoVEX」は5月30日から6月1日まで開催)。日本の出展者と来場者向けにCOMPUTEX 2017日本語公式サイトが公開された。

台湾・台北市で開催されるCOMPUTEX 2017は、「グローバル・テクノロジー・エコシステムの構築」という新たな位置づけで、「AI &ロボティクス」、「イノベーション&スタートアップ」、「ビジネスソリューション」、「IoTアプリケーション」、「ゲーミング& VR」という5つのテーマにフォーカス。COMPUTEX 2017は1,600社以上の企業、 5,010以上のブースの出展が予定されている。

日本語公式サイトでは、 COMPUTEX 2017イベントスケジュールおよび2016年の実施実績の内容を参照できる。また、展示会の様子も動画で見ることができるほか、会期中のイベントやd&i賞に関する情報も参照可能。さらに、各エリアの出展者ブースの位置情報が会場平面図のページに表示されている。

事前来場登録は日本語公式サイトの「事前お申込み」バナーから行うことが可能だ。

COMPUTEX 2017日本語公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
「COMPUTEX 2017」、ロボット&AIなど5つのメインテーマを発表
GlassViewのファウンダー兼CEOジェームズ・ブルックス・ジュニアが語るIoTやスマートウォッチへの広告戦略
国際産業技術、Synologyエンタープライズパートナー&カンファレンスを開催
グロービス、「グロービス学び放題」の個人向けサービスを開始。月額980円から
国内有数のデジタルマーケティングの広告賞「コードアワード 2017」を開催


VR・AR・MRビジネス最前線
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング
日経BP社
2017-03-21




日本の製造業の最新情報がギュッと詰まったイベント「TECHNO-FRONTIER2017」開催中

tiltshift

日本の“モノづくり”は世界に誇れる日本の特徴のひとつだ。中でも製造業における“匠の技”は、外国では、ほぼ真似ができないほどの高い特殊技能と言える。

そんなモノづくりの最新情報に触れることができるイベント「TECHNO-FRONTIER2017」が4月19日(水)から4月21日(金)まで幕張メッセで開催されている。


■日本の各職種における製造業関連の最新情報がわかる貴重な展示会
TECHNO-FRONTIER2017は、日本が世界に誇る、エレクトロニクス・メカトロニクスを1か所に集めたイベントだ。

イベントの説明として「民生および産業用機器、装置メーカーの開発設計・研究者、生産技術者との情報交流の場」となっている。

エリアの構成内容は、以下の様々な展示会を集めた形となっている。

■展示会構成
「モーター技術展」
「電源システム展」
「モーション・エンジニアリング展」
「エコパワーソリューション展」
「メカトロニクス展」
「EMC・ノイズ対策技術展」
「機械部品・加工技術展」
「熱設計・対策技術展」


■フォーラム構成
・産学官交流技術移転フォーラム
・出展者によるセミナー(A会場)
・出展者によるセミナー(B会場)

■同時開催(併設展示会)
・国際ドローン展(HALL7)
・駅と空港の設備機器展(HALL7)


普通に見て回っても、十分に勉強になる展示内容となっている。また、製造業に関連する部署に勤務している人であれば最新情報を押さえるのにおススメだ。また、将来目指したい業種の情報収集の場として就活の一環として学生さんたちにもおススメできる展示会と言えるだろう。

一般入場では、有料(3,000円)となっているが、Webによる事前登録を行えば無料で入場することができる。

同時開催の併設イベントとして国際ドローン展および、駅と空港の設備機器展は、見ているだけでも楽しいので、メイン会場を回った後に訪れてみることをおススメしたい。特に最近注目を集めている産業用ドローンの実機を見ることができ、実際に飛ぶ姿を見ることもできる。

併設イベントの国際ドローン展


駅と空港の設備機器展


■イベント概要
イベント名:TECHNO-FRONTIER2017(テクノフロンティア2017)
会期:2017年4月19日~4月21日(金)10時~17時
開場:幕張メッセ
主催:JMA一般社団法人日本能率協会
後援:
総務省(EMC・ノイズ対策技術展、国際ドローン展)
国土交通省(国際ドローン展、駅と空港の設備機器展)
厚生労働省(EMC・ノイズ対策技術展)
千葉市(国際ドローン展)
経済産業省(モーション・エンジニアリング展、国際ドローン展)
入場料:3,000円(Web事前登録者は無料)


来場事前登録
TECHNO-FRONTIER2017
一般社団法人日本能率協会(JMA)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
「COMPUTEX 2017」、ロボット&AIなど5つのメインテーマを発表
GlassViewのファウンダー兼CEOジェームズ・ブルックス・ジュニアが語るIoTやスマートウォッチへの広告戦略
国際産業技術、Synologyエンタープライズパートナー&カンファレンスを開催
グロービス、「グロービス学び放題」の個人向けサービスを開始。月額980円から
国内有数のデジタルマーケティングの広告賞「コードアワード 2017」を開催





アイ・オー・データ機器、秋葉原でプライベートフェアを開催

2017-04-11 (5)

アイ・オー・データ機器は、ユーザー向けのイベント「I-ODATAフェア2017」を2017年4月15日(土)、16日(日)の2日間にわたり、東京・秋葉原にあるベルサール秋葉原で開催する。

当日は最新および注目商品の体験コーナーを始め、開発担当の生トークや商品のお悩み相談コーナー、プログラミング教室など、フェア限定のスペシャル企画が行われることになっている。

I-ODATAFAエア2017

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
「COMPUTEX 2017」、ロボット&AIなど5つのメインテーマを発表
GlassViewのファウンダー兼CEOジェームズ・ブルックス・ジュニアが語るIoTやスマートウォッチへの広告戦略
国際産業技術、Synologyエンタープライズパートナー&カンファレンスを開催
グロービス、「グロービス学び放題」の個人向けサービスを開始。月額980円から
国内有数のデジタルマーケティングの広告賞「コードアワード 2017」を開催






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ