ITライフハック

マーケット

日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスの“FUNDINNO(ファンディーノ)”運営企業が企業における資金調達に関するセミナーに参加

d21941-63-352166-0

日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスのプラットフォーム“FUNDINNO(ファンディーノ)”を運営する日本クラウドキャピタルは、多様化する直接金融での企業の資金調達に関するセミナーへ参加し、講座を行ったことを明らかにした。

同セミナーは、日本証券業協会、第二種金融商品取引業協会、東京証券取引所が主催したものであり、セミナーのコンテンツ内容によっては、日本クラウドキャピタルを含め今後も多種多様な企業の参画も予定しているとのこと。

■セミナー開催の背景 ~多様化する直接金融での企業の資金調達~
同セミナーは、企業の成長過程に応じて必要となってくる資金調達手段の多様化について伝えることを目的に開催されているとのこと。

たとえば2017年から開始された株式投資型クラウドファンディングは、すでに40社を超える企業が資金調達の手段として活用し、その社会的注目度も急激に増しているという。

企業による資金調達のひとつの方法としてクラウドファンディング型の投資がある程度の地位を獲得しつつあり、それを受け入れる土壌が整ったということだ。

クラウドファンディングで資金調達を行った企業の中には、さらなる成長を目指し、証券取引所のベンチャー市場等への株式公開を視野に入れている企業も出てきたとのこと。

投資目的でのクラウドファンディングでは、どういった視点が必要なのか、どういった点に注意すればいいのか、といったことは、“FUNDINNO(ファンディーノ)”のように実際にクラウドファンディング型投資を行っているところにしか、そのノウハウはわからない。

2019年2月初旬に金沢、富山で開催された2つのセミナーでは、主催である日本証券業協会、第二種金融商品取引業協会、東京証券取引所の担当者の講演に加え、日本クラウドキャピタルも講演し、“株式投資型クラウドファンディング運営側”の観点から、“FUNDINNO“の業務を開始した経緯や、今後どういった成長が見込めるのかについてスピーチした。

また今後も、日本クラウドキャピタルは、同セミナーを『多くの企業が柔軟な資金調達の方法を知り、事業が活性化していくための場』として盛り上げていくとのことだ。

■セミナー実績
・開催地 :石川県金沢市
・日時  :2019年2月6日(水)
・会場  :TKP金沢新幹線口会議室
・主催  :日本証券業協会 / 第二種金融商品取引業協会/東京証券取引所/日本取引所グループ
・協力  :日本クラウドキャピタル/インデペンデンツクラブ/ミュージックセキュリティーズ/石川県産業創出支援機構

・開催地 :富山県富山市
・日時  :2019年2月7日(木)
・会場  :富山県総合情報センター4F
・主催  :日本証券業協会 / 第二種金融商品取引業協会/東京証券取引所/日本取引所グループ
・協力  :日本クラウドキャピタル/インデペンデンツクラブ/ミュージックセキュリティーズ/富山県新世紀産業機構


■株式投資型クラウドファンディング“FUNDINNO“概要
日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスのプラットフォームである“FUNDINNO”は、1口10万円前後の少額から、IPOやバイアウトを目指す企業の株式に投資することができ、投資後も投資先企業からのIR情報を定期的に確認することができるサービス。

株主になったことによるリターンはもちろんだが、未来あるベンチャー企業の事業成長を一緒に見守ることができるという新たな投資体験も可能だ。

利回り・返礼等の具体的内容は決められていないが、その代わり株主のメリットとして、株価上昇等による利益を長期的に狙えるのが他のクラウドファンディンサービスとの違いとなっている。

■“FUNDINNO“4つの特徴
1)多くの案件にプロの投資家が投資している

FUNDINNOで取り扱う案件には、プロの投資家が投資しているものも多く、厳正な審査が行われ選別された魅力ある企業が掲載されている。

2)資金調達後の企業フォロー
事業計画・実績の管理やサポート、ファイナンスのサポートとして追加の資金調達の提案などを行っている。また、ビジネスマッチングや、エグゼクティブ人材・技術者等の紹介なども個別にフォローアップを行っている。そして株主向けに、その会社が定期的に情報を発信していけるようなサポートも行っている。

3)応募企業の厳正な審査
個人投資家保護の観点から、詳細な調査とリスクの洗い出しを行うなど厳正な審査を行っている。将来的にスケールする可能性のある会社か、革新性があるか、独自性について等、明確な方針に基づいている。審査過程は、公認会計士・弁護士・税理士等の有識者を中心としたチームで行い、最終判断は全員一致でなければ通過できないという大変厳しい審査体制をとっている。

4)エンジェル税制の活用
ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して、税制上の優遇を行う制度のこと。FUNDINNOで紹介するベンチャー企業の中で、エンジェル税制の対象となる企業に投資した際には、投資した金額に応じて所得税の優遇措置が受けられる。

※ FUNDINNOでご紹介する企業がすべてエンジェル税制の対象となる訳ではない点に注意。

<手数料等及びリスク情報について>

同社のサービスにおける取扱商品の手数料及びリスク等は、同社のホームページで表示している「重要事項説明書(https://fundinno.com/disclosure )」の内容と、プロジェクト毎の契約締結前交付書面の内容を、必ず確認してください。

投資にあたっては、お客様ご自身の判断で投資いただきますようお願いします。

注意:本記事は、FUNDINNOのサービスや実績を一般に公表するために作成された記事であり、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。

日本クラウドキャピタル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
日本オリジナルテイスト!日本の“コーラ好き”が「うまい!」と唸る味わいを追求した「ペプシ ジャパンコーラ」爆誕
京都・嵐山「法輪寺」でコロナ片手に古都の絶景と最高の音楽を。「CORONA SUNSETS SESSIONS KYOTO」開催
もしあの地震が6時間ずれていたら。自宅から参加できる、「夜の避難訓練」を福島で実施
磯野家の傑作選でございま~す!アニメ「サザエさん」で2005年~2008年放送の登場人物別・傑作選50作を配信
災害発生時に非被災者らがインターネットへ“つながない6時間”が被災者を救う!?「ソニーのネット ソネット 防災マニュアル」





SBI証券の「HYPER 株アプリ」が『Apple Watch』に発売日当日より対応

株式会社SBI証券は、同社が提供しているスマホアプリの1つである「HYPER株アプリ」が、間もなく発売されるApple Watchに対応したことを発表した。なお、Apple Watch対応版「HYPER 株アプリ(ver3.7.00)」は、App Storeにて4月21日よりすでにダウンロード可能となっている。

今回のHYPER 株アプリのApple Watch対応では、日経平均株価や個別銘柄の株価・チャートをリアルタイムにApple Watch上に表示できる仕組みを搭載した。これにより、ユーザーは腕時計を見るのと同じ感覚でタイムリーに相場動向を確認することができるようになる。これにより快適かつスピーディな取引環境を提供できるようになる。売買のタイミングを、今まで以上に適切につかむことができるようになるわけだ。

■Apple Watch対応アプリで若い人たちに訴求
同社では、2014年1月よりスタートした少額投資非課税制度“NISA”を、若年層の資産形成に活用してもらうべく、投資未経験の20~30代の顧客獲得を強化してきている。

Apple Watchは、スマホ利用率の高い若年層から高い注目を集める革新的な新商品であり、投資未経験の20~30代へのアプローチに有効であると考え、本サービスの提供を決定したという。

同社では、今後もさまざまな取引チャネルにおいて、「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を提供するべくさらなる改善を実施し、顧客へより良い投資環境の提供に努めて行くとしている。

■HYPER 株アプリのApple Watch対応版の主な特長

1)日経平均・登録銘柄の株価情報・チャート
日経平均や個別銘柄の高値・安値等の確認や、スワイプで画面を切り替えることで、チャートがチェックできる。

2)HYPER 株アプリと連動
HYPER 株アプリで取得した株価データをApple Watchに連携。また、HYPER 株アプリで設定した登柄銘柄リストが連携されるため、見たい個別銘柄の上位10銘柄を設定できるため利便性が向上する。

■SBIのHYPERアプリシリーズとは?
株取引の「HYPER 株アプリ」、先物・オプション取引の「HYPER 先物・オプションアプリ」、FX取引の「HYPER FX アプリ」から成るSBI証券が提供するスマートフォンアプリシリーズ。

※アプリ利用にあたっては、事前にSBI証券の総合口座を開き、HYPER 株アプリの自動ログイン設定を有効にしておく必要がある。
※ Apple Watchに連携される登録銘柄は、HYPER株アプリの登録銘柄リストの最上位10銘柄となる。


HYPER 株アプリ(AppStore)
SBI証券

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

■株式・投資に関連した記事読む
証券業界初!SBI証券がLINEを活用した“株式発注”サービスの提供を開始
ネット証券界にイノベーションを起こし続けてきた、楽天証券に新たなる展開か!
ETFに特化した運用商品が日本に初登場! お金のデザイン「ETFラップ」の取り扱いを開始
明日へのモチベーションは? 投資家アンケートで全体の7割が自己投資を行うと回答
相場の福の神が語る今年注目のキーワード「ガラケーさようなら、スマホこんにちは」


Apple Watchを購入する? MMD研究所による調査で購入意欲が明らかに

MMD研究所は20歳以上の男女2169人を対象に「Apple Watchに関する認知度および購入意向調査」を実施し、その集計結果を発表した。Apple Watchの認知度は65.2%で、購入意向が最も多かったのは「Apple Watchコレクション」で18.1%。Apple Watch購入意向者の興味があるサイズは「Apple Watch SPORT 42mm」が最多という結果になったという。

続きを読む

MMD研究所の定点調査、タブレット所有率は33.0%で昨年より 8.1ポイント増

MMDLaboが運営するMID研究所は、「2015年タブレット端末に関する定点調査」とした調査結果を2015年3月12日に発表した。

続きを読む

オペレーションズ・リサーチを活用!南山大学の鈴木敦夫教授による最適レイアウトの算出方法とは?

スマホやタブレットの普及が進むと同時期に盛り上がってきている市場がある。それがeコマース(EC、電子商取引)市場だ。経済産業省が今年8月に発表した『電子商取引に関する市場調査』によると、2020年までに市場規模は20兆円台まで成長すると予測されている。

仮に国内小売市場がこのまま横ばいで推移するとした場合、マクロ的な観点からみれば、eコマース市場の拡大は、すなわちリアル店舗の売上減に直結することになる。このようにネット通販(eコマース)の台頭によりリアル店舗の存在が危ぶまれる今日、その生き残りの方法はあるのかが気になる。

“オペレーションズ・リサーチ教授”の異名を持つ南山大学の鈴木敦夫教授の研究から、興味深い結果が明らかとなったので紹介しよう。

続きを読む

明日へのモチベーションは? 投資家アンケートで全体の7割が自己投資を行うと回答

消費税8%化増税前の駆け込み需要で一時的にモノが売れ、にわか景気に沸いたが、いざ消費税が8%以降、急激に販売が停滞したように、今一歩日本経済が完全回復といったことにはならなかった。この景気の閉そく感により日常生活でも、ストレスを感じているというビジネスパーソンは多いだろう。

この冬のボーナスで自分を元気づけるためにも、自分が喜べるようなことにボーナスを使いたいと考えている人もいるだろう。それを示すような興味深いアンケート結果が出たので紹介しよう。

株式会社SBI証券は、同社の口座を保有する全国の利用者(個人投資家)に「投資に関する意識調査」を実施し、11,431人より回答を得た。先述したように自分に対する投資、いわゆる自己投資に関する結果が非常に興味深い内容だったので紹介しよう。

続きを読む

2014年アドテクは運用フェーズに! ジーニーの工藤社長が語る“アドテクの使命”とアドテクの業界予測~後編~

2014年アドテクは運用フェーズに! ジーニーの工藤社長が語る“アドテクの使命”とアドテクの業界予測~前編~」でお伝えしたように、株式会社ジーニーが手がけるアドテク「Geniee SSP」は、広告を打つスペースを提供する媒体社向けのSSPを提供している。

同製品は、国内最大の広告主を内包し、他社ではできないスマホ向けの動画配信に対応、そして専門のコンサルタントによる、懇切丁寧なアドバイスと、アドネットワークの導入から収益化まで、丸ごと面倒を見てくれるサービスである。

前回は、工藤社長が大学時代からリクルートに入社し、株式会社ジーニーを立ち上げるまでについて話を聞くことができた。後編となる今回は、アドテクについて、より詳しい話を紹介したいと思う。

続きを読む

2014年アドテクは運用フェーズに! ジーニーの工藤社長が語る“アドテクの使命”とアドテクの業界予測~前編~

アドテク、アドテクとお題目のように言われる昨今であるが、デジタルマーケティングにアドテクは切っても切れない技術だと言える。注目されるアドテクサービスを出した会社は一気に注目を浴び、業績を急激に伸ばし企業価値を高めてきている。

それを証明するかのようにフリークアウトが本年5月19日に上場したことを皮切りに、企業価値を高めたアドテク各社の上場が相次いでいる。7月2日にはVOYAGE GROUPがIPO。さらにデジタル広告のカウリも来年春の上場を検討しているという。

このように「アドテク」はキーワードとしての目新しさに加え、デジタルマーケティングにおける従来の広告体系に革新を与える技術として注目されているのだ。

続きを読む

システムは整った! 次は効果的な利用方法だ!マクロミルの「Questant」がセカンドタームに移行

ITライフハックでは、これまで『便利なのはアンケート作成だけじゃない!データ集計も便利な「Questant(クエスタント)」』『より便利に進化し続けるマクロミルのセルフアンケートASP「Questant(クエスタント)」』や『スマホで! PCで! 無料でセルフアンケートが作成できる「Questant(クエスタント)」』といった記事で、マクロミルが新たに展開しているセルフアンケートASP「Questant(クエスタント)」の便利さを紹介してきた。

そのQuestantが新サービスを展開するということで、マクロミル本社にて発表会を開催した。昨年のQuestantのローンチ以降、UIの細かなアップデートや新機能追加といった「かゆいところに手の届く」進化をしてきたQuestant。いったいどんな新サービスを行うのか非常に気になったので発表会に参加してきたのでその内容を紹介しよう。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ