ITライフハック

オーディオ

高感度アンテナとチューナー搭載、「OVER TIME 3.2インチ液晶搭載 ワンセグテレビラジオ OT-PT302

sub5

ダイアモンドヘッド株式会社「ブランド名:OVER TIME(オーバータイム)」は、「OVER TIME® 3.2インチ液晶搭載 ワンセグテレビラジオ OT-PT302K」を発売した。

■持ち運び便利なテレビラジオ
「OVER TIME 3.2インチ液晶搭載 ワンセグテレビラジオ OT-PT302K」は、手のひら&ポケットサイズのワンセグ放送・FM放送視聴できる持ち運び便利なテレビラジオだ。

sub5


●ワンセグ受信ができる
スキャンボタンを3秒長押しワンプッシュでワンセグ受信が可能だ。

sub6


●高感度アンテナ+チューナー搭載
高感度アンテナとチューナー搭載。電波をより良く受信し外出先でも楽しめる。

●ワイドFM対応
FM/76.0MHz-108MHz(0.1MHzステップ・ワイドFM対応)。

sub3


sub4


●ユニバーサルデザインの操作ボタン
テレビとラジオもボタン一つで切り替え可能。
ユニバーサルデザインの操作ボタンだから分かりやすく簡単に操作ができる。

●ステレオスピーカー搭載
※ステレオ出力はワンセグTV使用時のみ。FM/AM使用時はモノラル出力となる。

●本体裏側にコインスタンドポケット装備
本体の裏側にコインスタンドポケットが付いているので、手持ちの小銭などで簡単にスタンド仕様で使える。

●2電源対応(USB+単3乾電池)

sub2


製品仕様
品名:OVER TIME 3.2インチ液晶搭載 ワンセグテレビラジオ
品番:OT-PT302K
JANコード:4580050186917
商品カラー:ホワイト
商品サイズ:約(高さ)142mm×(幅)88mm×(奥行)19mm、アンテナ長:約220mm
商品重量:約132g ※電池を除く
受信チャンネル/周波数:TV/物理チャンネル13ch-62ch(UHF470-770Mhz)
            FM/76.0MHz-108MHz(0.1MHzステップ・ワイドFM対応)
            AM/522KHz-1701KHz(9KHzステップ)
液晶画面:3.2インチ液晶(解像度320×240)
スピーカー:8Ω/0.8W×2
出力端子:3.5mmステレオミニプラグ
入力端子:外部用電源USB端子(MicroBメス)
電源:単3乾電池(1.5V)×3、電源ケーブル接続時DC5V/0.5A
消費電力:1.5W
連続再生時間(h):【イヤホン使用時】
          TV/FM:画面オン24h/画面オフ32h  AM:画面オン20h/画面オフ48h         
          【本体スピーカー使用時】
          TV/FM:画面オン12h/画面オフ15h  AM:画面オン10h/画面オフ15h
付属品:
イヤフォン、ストラップ、取扱説明書(保証書付)
生産国:中国
販売元:ダイアモンドヘッド株式会社

「OVER TIME 3.2インチ液晶搭載 ワンセグテレビラジオ OT-PT302K」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
あおり運転から身を守る、3カメラ仕様ドライブレコーダー「OWL-DR803FG-3C」
加湿器+アロマ+ワイヤレス充電+照明、新発想のプロダクト 「eairpo trinity」
AC/DC出力・PD/QC急速充電・ソーラー充電対応、着脱バッテリー搭載の「超小型ポータブル電源TECHOSS」
背中スッキリ爽快!風量調整できるヘッドレストファン
声で家電をコントロール、スマートプラグ「Amazon Smart Plug」






新世代ラッパー「Rin音」とコラボ!Soundcore初のプロモ「#夏の願い2020」を始動

Soundcore 初のブランドプロモーション「#夏の願い2020」を始動

アンカー・ジャパンは、次世代アーティスト「Rin音」とコラボレーションし、オーディオブランド「Soundcore」初となるブランドプロモーション「#夏の願い2020」を2020年7月7日より開始した。

■みんなで、最高の夏に書きかえよう。
本プロモーションのテーマは、「みんなで、最高の夏に書きかえよう。」だ。
新型コロナウイルス感染症が猛威を振るうなか、今春から夏にかけて予定されていたライブやイベントの多くが中止となった。
友人や恋人と思うように会えない日々が続いているなかで積もっている「願い」を、本企画のために書き下ろされたオリジナル楽曲「夜明乃唄(よあけのうた)」とそのミュージックビデオを通じてカタチする。

また、Twitterキャンペーンで「この夏にしたいこと / したかったことを」をの募集を開始した。
集まった「願い」の一部は新進気鋭の5名のアニメクリエイターによってショートアニメ化され、「夜明乃唄」のフルミュージックビデオに描き込まれる予定だ。
キャンペーン概要

■キャンペーン概要
期間:2020年7月7日(火)〜8月4日(火)23:59
応募方法:1.TwitterでSoundcore公式アカウント「@DibbitSoundcore」をフォロー
     (Twitter URL:https://twitter.com/DibbitSoundcore)
     2.この夏にしたいこと / したかったことを「#夏の願い2020」をつけてツイート
賞品:【A賞】Soundcore Liberty 2 Pro:5名様
   【B賞】Soundcore Liberty Air 2:45名様
   【C賞】Anker SoundCore 2:50名様


特設ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
腕が回らなくても長い柄と電動ブラシで背中の隅々まで洗える超便利な電動回転ブラシ「孫の手ウォッシュFive」
サンワサプライからシンプルデザインながらラジオや時計、ワイヤレス充電までこなせる多機能充電器「400-WT001」が登場
シャープから自宅で立体音響を手軽に楽しめるシアターバーシステム「AQUOSオーディオ<8A-C22CX1>」
テレワーク応援特価で2万円以下!JAPANNEXTから27型でフルHD解像度75Hz駆動の液晶ディスプレイ「JN-IPS270FHD」登場
Nintendo Switch Lite搭載のファイルシステムを開発したイーソルによる自社製のスケーラブルリアルタイムOS「eMCOS(エムコス)」の新たな仮想化機能「eMCOS Hypervisor」が凄い






サンワサプライからシンプルデザインながらラジオや時計、ワイヤレス充電までこなせる多機能充電器「400-WT001」が登場

main

サンワサプライが運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、デスクやカウンター、枕元などにマルチに設置して使用でき、家事やデスクワーク時に使用できるワイヤレス充電器「400-WT001」を発売した。価格は5,891円(税別)。

本製品は、Qi規格に対応したiPhoneやスマートフォンを置くだけで充電ができるワイヤレス充電器。最大5Wまでのワイヤレス充電に対応しており、手軽に充電することができる。

カウンターや書斎、枕元など様々なシーンで活躍できるアイテムで、シンプルなデザインでどこに置いてもなじむ。また、多機能で充電機能のほかに、FMラジオ、デジタル時計の機能が付いている。

時計は大きく見やすいデジタル表示で12H/24Hの表示設定が可能で、アラーム機能やスヌーズ機能も付いているので目覚まし時計代わりにも使える。FMラジオも聴いたり流したりできるので、 BGM代わり使用することができる。

sub4

sub7


400-WT001

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
テレワーク応援特価で2万円以下!JAPANNEXTから27型でフルHD解像度75Hz駆動の液晶ディスプレイ「JN-IPS270FHD」登場
Nintendo Switch Lite搭載のファイルシステムを開発したイーソルによる自社製のスケーラブルリアルタイムOS「eMCOS(エムコス)」の新たな仮想化機能「eMCOS Hypervisor」が凄い
オンキヨー&パイオニア株式会社よりワークアウトを後押しするパワフルサウンドの完全ワイヤレスイヤホン「E9truly wireless」
350ml缶を最大9本セットしボタンを押すと缶が出てくるオシャレな保冷・保温庫「俺の自販機 HOT&COOL」
アンカー・ジャパンからDolby Atmos&2.1ch対応で立体感のあるサラウンドサウンドを実現したサウンドバー第3弾「Soundcore Infini Pro」





<-- ldnews_ignore=1 -->

シャープから自宅で立体音響を手軽に楽しめるシアターバーシステム「AQUOSオーディオ<8A-C22CX1>」

main


シャープは、8K放送で採用されている音声フォーマット“MPEG-4 AAC”の「22.2ch音声入力」に対応し、臨場感あふれる立体音響を手軽に楽しめるシアターバーシステム『AQUOSオーディオ』<8A-C22CX1>を発売する。液晶テレビ『AQUOS 8K』<CX1ライン>と組み合わせることで、 8K放送の22.2ch音声信号を最大限に活かした立体音響が体験できる。

■まるでその場にいるような臨場感を味わえる22.2マルチチャンネル音響
8K放送で採用されている22.2マルチチャンネル音響は、前後左右に加え、上下方向にもチャンネルを配置することにより、まるでその場にいるような臨場感を味わうことができる3次元音響方式だ。

本機は、音楽ホールやスタジオなどの建築音響分野で豊富な実績を持つ鹿島建設技術研究所(以下、鹿島建設)と、音響技術分野で著名な英国サウサンプトン大学音響振動研究所(以下、サウサンプトン大学)が共同開発した立体音響再生技術「OPSODIS(オプソーディス)」を採用した。視聴者の前方に設置する本機のみで音を全方位に届け、前後・左右・上下の音場を創出する。

8K放送の22.2ch音声信号のみならず、地上デジタル放送や4K放送の2ch/5.1ch音声信号などでも、独自の音声処理によって立体音響を実現。全身が音で包み込まれるような体験ができる。また、ドルビーラボラトリーズが開発した立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」に対応。さらに、 3Wayスピーカーシステムと、各スピーカーを独立駆動する6chデジタルアンプを採用したことで、きめ細かな音場再生を実現した。

なお『AQUOS 8K』のリモコンで本機の操作ができる便利な「AQUOSファミリンク」にも対応している。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
テレワーク応援特価で2万円以下!JAPANNEXTから27型でフルHD解像度75Hz駆動の液晶ディスプレイ「JN-IPS270FHD」登場
Nintendo Switch Lite搭載のファイルシステムを開発したイーソルによる自社製のスケーラブルリアルタイムOS「eMCOS(エムコス)」の新たな仮想化機能「eMCOS Hypervisor」が凄い
オンキヨー&パイオニア株式会社よりワークアウトを後押しするパワフルサウンドの完全ワイヤレスイヤホン「E9truly wireless」
350ml缶を最大9本セットしボタンを押すと缶が出てくるオシャレな保冷・保温庫「俺の自販機 HOT&COOL」
アンカー・ジャパンからDolby Atmos&2.1ch対応で立体感のあるサラウンドサウンドを実現したサウンドバー第3弾「Soundcore Infini Pro」





<-- ldnews_ignore=1 -->

オンキヨー&パイオニア株式会社よりワークアウトを後押しするパワフルサウンドの完全ワイヤレスイヤホン「E9truly wireless」

main

オンキヨー&パイオニア株式会社は「ワークアウトを後押しするパワフルサウンド」のコンセプトのもと、激しい動きを伴うスポーツ時にも外れにくいパイオニアブランドヘッドホンEnergetic Style seriesから完全ワイヤレスイヤホン「E9truly wireless」を2020年6月下旬に発売する。

本製品は、左右のイヤホンを結ぶケーブルのない完全ワイヤレスイヤホンのため、トレーニングやランニングなどのスポーツシーンだけでなく、通勤時でも、快適なリスニングスタイルを実現できる。

音の解像度を高めクリアな中高音と、重厚でパワフルな低音を再生する強磁力希土類マグネットを採用した、高感度φ6mmドライバーを搭載。そのドライバーの音が減衰なくダイレクトに届くよう、耳穴に対しノズル角度を実現した「イヤーダイレクトマウント構造」設計により、高音質と高い装着感を実現した。また、高音質コーデックの AACにも対応している。

1回の充電で最大5時間の連続再生が可能。スリットにより周囲の音を聞き取れる「アンビエントアウェアネスイヤホンチップ」やイヤホン内蔵マイクから周囲の音を聞き取れる外音取り込み機能を搭載している。

商品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
350ml缶を最大9本セットしボタンを押すと缶が出てくるオシャレな保冷・保温庫「俺の自販機 HOT&COOL」
アンカー・ジャパンからDolby Atmos&2.1ch対応で立体感のあるサラウンドサウンドを実現したサウンドバー第3弾「Soundcore Infini Pro」
保冷&保温の両対応!ドリンクの温度を長時間維持!1本用の卓上温冷ホルダーデスクで使える「温冷ドリンクカプセル」
アイリスオーヤマから、より自然で鮮やかな映像を実現した4Kチューナー内蔵の液晶テレビ「LUCAシリーズ」4機種登場
大画面ディスプレイを 6月8日(月)までお手頃価格で提供!JAPANNEXTから大きな75型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS7500TUHD」






ソニーが新開発の「X-Balanced Speaker Unit」でスマートフォンの音楽も楽しめるEXTRA BASSシリーズのワイヤレススピーカーを発売

SONY

ソニーは、迫力の重低音を実現したEXTRA BASS(エクストラベース)シリーズから、新開発の「X-Balanced Speaker Unit(エックスバランスドスピーカーユニット)搭載により、ワイヤレス接続したスマートフォンの音楽などをさらなる高音質と重低音で楽しめるBluetooth対応ワイヤレススピーカー『SRS-XB43』、『SRS-XB33』、『SRS-XB23』の3機種を発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は『SRS-XB43』が2万3,000円前後、『SRS-XB33』が1万8,000円前後、『SRS-XB23』が1万2,000円前後(いずれも税別)。

『SRS-XB43』、『SRS-XB33』、『SRS-XB23』は、スピーカー本体のコンパクトさはそのままに、振動板の面積を拡大させたソニー独自の「X-Balanced Speaker Unit」を搭載し、高音質かつ迫力ある音圧を実現した。これに加え、低域を増強するパッシブラジエーターを本体側面に配置し、面積を拡大。よりクリアで迫力の重低音を体験できる。

また、『SRS-XB43』は、「X-Balanced Speaker Unit」のウーファーに最適な新設計のトゥイーターを搭載することで、音の解像度が向上した。透明度の高いボーカルだけでなく、低音から中高域もバランスよく楽しめる。

さらに、3機種ともに音楽配信サービスなどの圧縮された音源の高音域を効果的に補完し、原音により近い広がりのある音で再生する「DSEE」を搭載。スマートフォンなどで楽しんでいる音楽を高音質で再生できるコーデックLDAC/AACにも対応している。

『SRS-XB43』、『SRS-XB33』は、ライブ会場のような臨場感を体験できる「ライブサウンド」モードを搭載している。ソニー独自のアルゴリズムの進化により、ボーカルの明瞭度を維持しながら、さらなる音の広がりを実現した本モードを起動させることで、より一層の臨場感を伴った音楽を味わえる。

3機種ともに従来機種と同様に、IP67の防水・防塵※2性能に加えて防錆(ぼうせい)性能に対応。さびにも強く、浴室やキッチンに加え、海などのアウトドアシーンでも使える。
また、3機種とも従来機種と同様にステレオ再生ができるので、コンパクトでも広がりのある高音質が楽しめる。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
350ml缶を最大9本セットしボタンを押すと缶が出てくるオシャレな保冷・保温庫「俺の自販機 HOT&COOL」
アンカー・ジャパンからDolby Atmos&2.1ch対応で立体感のあるサラウンドサウンドを実現したサウンドバー第3弾「Soundcore Infini Pro」
保冷&保温の両対応!ドリンクの温度を長時間維持!1本用の卓上温冷ホルダーデスクで使える「温冷ドリンクカプセル」
アイリスオーヤマから、より自然で鮮やかな映像を実現した4Kチューナー内蔵の液晶テレビ「LUCAシリーズ」4機種登場
大画面ディスプレイを 6月8日(月)までお手頃価格で提供!JAPANNEXTから大きな75型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS7500TUHD」







外部の声も聴ける集音機能を搭載したBluetooth骨伝導ヘッドフォン「FUKU MIMI KOTUDEN」

04

日本トラストテクノロジーは集音機能付骨伝導 福耳ボーンヘッドフォン「FUKU MIMI KOTUDEN」を発売した。価格は9,800円(税込)。

■音楽用だけでなく外の音も聞ける集音器としても使える
FUKU MIMI KOTUDENは、Bluetooth接続の骨伝導ヘッドフォンと外部の音声を聞くことのできる集音器が合体したマルチヘッドフォン。通常は耳孔を塞がない開放感のある骨伝導ヘッドフォンとして音楽を楽しむことができる。

また、会話をよく聞きたい時やテレビの音が聞こえにくい時は、モードを切り替えて周りの音を拾って聞こえをアシストしてくれる集音器に早変わりする。

「福耳ボーンヘッドフォン」は、耳に入った音を鼓膜が震えて認識するのではなく、耳の
近くの骨を振動させ聴覚神経に直接音を伝える骨伝導タイプ。耳を塞がないので耳孔内に圧迫感が無く、音楽を聴きながらでも周囲の環境音をしっかり聞き取れる。

直接肌に触れる部分には柔らかいシリコン素材を採用し、耳への負担を最小限にしている。ヘッドバンド部分は動いても外れにくい設計になっている。

■ 製品仕様
サイズ:約 奥行130mm × 高さ45mm × 厚み19mm
重 量:約35.5g
充電方式:パソコン等のUSB充端子により充電
電 源:内蔵Li-ionバッテリー
接続方式:Bluetooth 5.0
防水機能:IPX5
動作時間:約 4時間(使用環境により変動)
充電時間:約 1.5時間
付属品:ヘッドフォン集音器、充電用USBケーブル、耳栓、取扱説明書(保証書付)


08


Amazon販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
350ml缶を最大9本セットしボタンを押すと缶が出てくるオシャレな保冷・保温庫「俺の自販機 HOT&COOL」
アンカー・ジャパンからDolby Atmos&2.1ch対応で立体感のあるサラウンドサウンドを実現したサウンドバー第3弾「Soundcore Infini Pro」
保冷&保温の両対応!ドリンクの温度を長時間維持!1本用の卓上温冷ホルダーデスクで使える「温冷ドリンクカプセル」
アイリスオーヤマから、より自然で鮮やかな映像を実現した4Kチューナー内蔵の液晶テレビ「LUCAシリーズ」4機種登場
大画面ディスプレイを 6月8日(月)までお手頃価格で提供!JAPANNEXTから大きな75型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS7500TUHD」






アンカー・ジャパンからDolby Atmos&2.1ch対応で立体感のあるサラウンドサウンドを実現したサウンドバー第3弾「Soundcore Infini Pro」

main

アンカー・ジャパンは、オールインワンタイプのDolby Atmos対応サウンドバー「Soundcore Infini Pro」を発売した。Anker公式オンラインストアでの価格は22,990円(税込)。

サウンドバー第3弾となる本製品は、 2019年5月に発売された「Soundcore Infini」のアップグレードモデル。最大の魅力は、没入型サウンドの代表的な音声フォーマットのひとつと評されるDolby Atmosに対応していること。これにより、水平方向のみではなく高さも含めた立体感のあるサラウンドサウンドを楽しめる。

また、ツイーター、サブウーファー、バスレフポートを2個ずつ搭載したオールインワンタイプになっており、 120Wの迫力サウンドを実現した。

映画の中にいるような臨場感を出すムービーモード、サウンドに奥行きを出す音楽モード、会話が聞き取りやすい音声モードの3つのサウンドモードを搭載しており、再生コンテンツに合わせて選択することができる。

お気に入りの映画やゲームの世界観にじっくりと浸り、家でのエンターテイメントの時間をさらにパワーアップさせたい方にオススメだ。

■製品仕様
入力 100-240V 50 / 60Hz 0.5A オーディオ出力 最大120W(フロントスピーカー30W ×2、サブウーファー60W)
サイズ 約930×120×61mm 重さ 約3.3kg
無線通信方式 Bluetooth 5 Bluetooth動作範囲 約10m
パッケージ内容 Soundcore Infini Pro、電源コード、リモコン、単4形電池×2、 HDMIケーブル、壁取り付け用ブラケット×2、壁取り付け用ネジ ×4、壁取り付用テンプレート、安全マニュアル、取扱説明書
※注意事項 - ご使用のテレビがHDMI ARC対応でない場合、光デジタルケーブル(別売り)を利用のこと。
- Dolby AtmosはHDMIケーブル経由でのみ使用可能。
- Dolby Atmosを再生するには、再生コンテンツと使用機器(Blu-rayプレーヤー等)の両方がDolby Atmosに対応している必要がある。


sub1


Anker公式オンラインストア

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
保冷&保温の両対応!ドリンクの温度を長時間維持!1本用の卓上温冷ホルダーデスクで使える「温冷ドリンクカプセル」
アイリスオーヤマから、より自然で鮮やかな映像を実現した4Kチューナー内蔵の液晶テレビ「LUCAシリーズ」4機種登場
大画面ディスプレイを 6月8日(月)までお手頃価格で提供!JAPANNEXTから大きな75型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS7500TUHD」
専用アプリでJBLサウンドを簡単にベストチューニングできる高音質完全ワイヤレスイヤホン「JBL LIVE300TWS」
6月4日まで4万円以下の特価中、デジタルサイネージ利用も可能なJAPANNEXTの43型4K液晶ディスプレイ「JN-VT4302UHD」






淡く華やかなイルミネーションに際立つデザイン!360度全方位に広がる高音質サウンドを実現したJBLのポータブルBluetoothスピーカー「JBL PULSE4」

PULSE4

ハーマンインターナショナルは、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」より、LEDライティングによる躍動感のあるイルミネーションと高音質サウンドが360度全方位に広がるプロダクトデザインを採用した、ポータブルBluetoothスピーカー「JBL PULSE4(パルス4)」を2020年6月19日(金)に発売する。価格はオープンプライスで、JBLオンラインストア販売価格は1万9,800円(税別)。

「JBL PULSE4(パルス4)」は、華やかなイルミネーションが特徴の「JBL PULSE」シリーズの機能を継承しつつ、筐体デザインをより美しく進化させたポータブルBluetoothスピーカー。

ボディ全体に搭載されたLEDライティングにより、美しく躍動感のあるイルミネーションを演出。リビングやベッドルームはもちろん、防水(IPX7)対応により、バスルームでのリラックスタイムをはじめ、屋内外の水濡れが気になる場所でも安心して利用できる。

また、本体からイルミネーションのテーマを切り替えでき、JBL Connectアプリ(無料)を使えば、好みに合わせてライティングをカスタマイズすることも可能だ。さらに複数台のPULSE4を利用するときは、スピーカー本体をシェイクすることでテーマを同期させることができる。

音質面では、本体上部に大口径57mmドライバーユニット、底面にパッシブラジエーターを搭載。その筐体デザインと合わせて、 360度に広がる高音質サウンドを実現した。JBLならではの迫力のある豊かな低音とクリアな中高域を、部屋中どこからでも楽しめる。

再生時間は最大約12時間を確保。加えて前モデルに搭載の「JBLコネクトプラス」が、新世代技術を採用した「JBL PARTYBOOST」へと進化した。 PULSE4同士を2台接続したステレオ再生や、同機能を搭載したスピーカーを同時に複数台接続できる使い勝手はそのままに、より安定したBluetooth接続を実現している。



■主な仕様
製品名:JBL PULSE4
タイプ:ポータブルBluetooth スピーカー
カラー:全2色 (ブラック、ホワイト)
連続使用時間:最大約12時間再生※3
防水機能:IPX7
充電時間:約3.5時間充電(5V/3A時)※5
サイズ(幅×高さ×奥行き):96×207×96(mm)
重量:約1260g
Bluetooth:バージョン 4.2(Class 2)
対応プロファイル:A2DP、 AVRCP
周波数特性:70Hz - 20kHz
スピーカー構成:57mm 径ドライバー×1、パッシブラジエーター×1
アンプ出力:最大20W
付属品:充電用USB Type-Cケーブル(1.2m、 5V3A対応)

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
保冷&保温の両対応!ドリンクの温度を長時間維持!1本用の卓上温冷ホルダーデスクで使える「温冷ドリンクカプセル」
アイリスオーヤマから、より自然で鮮やかな映像を実現した4Kチューナー内蔵の液晶テレビ「LUCAシリーズ」4機種登場
大画面ディスプレイを 6月8日(月)までお手頃価格で提供!JAPANNEXTから大きな75型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS7500TUHD」
専用アプリでJBLサウンドを簡単にベストチューニングできる高音質完全ワイヤレスイヤホン「JBL LIVE300TWS」
6月4日まで4万円以下の特価中、デジタルサイネージ利用も可能なJAPANNEXTの43型4K液晶ディスプレイ「JN-VT4302UHD」






上海問屋からコンパクトながら迫力の重低音でゲームもボイスチャットも快適なモバイルゲーミングイヤホン「 DN-915983」登場

466560-7

上海問屋は、モバイルゲーミングイヤホン(ブラック)「 DN-915983」を発売した。価格は1,599円(税別)。

■マイクは取り外し可能、重低音もきっちり再生
本製品は、ボイスチャット用に着脱式ブームマイクを搭載したゲーミングイヤホン。イヤホンタイプのヘッドセットは軽い付け心地で汗で蒸れにくいのがメリットで、スマホだけでなくPCでの利用にも適している。

サウンドはFPSやバトルロイヤルゲーム向けに低音重視のチューニングがされており、銃声や爆発の地響きなどはかなりの迫力。足音や銃声などがしっかり聞こえて、音の方向や敵との距離感を正確に把握することができるので、スピーカーで音を聴くよりもプレイを有利に進められる。

手元で音量調節やマイクのオン/オフができるリモコンも使い勝手がよく、またケーブル類など付属品も充実しており、家でも外でも快適なゲームプレイをサポートしてくれる汎用性の高い製品となっている。

■製品仕様
ドライバー・・・ダイナミック(10mm)
再生周波数帯域・・・20Hz~20kHz
イヤホン感度・・・105dB
インピーダンス・・・16Ω
マイク感度・・・-45dB
周波数特性(マイク)・・・100Hz~10kHz
ケーブル長さ・・・約150cm
重さ・・・約29g
内容物・・・3.5mmミニピン延長ケーブル(約60cm)、PC接続用マイク・オーディオ分岐ケーブル(約14cm)、シリコンイヤーピース(S/M/L ※Mは装着済み)、ウレタンイヤーピース(1種)、スタビライザー(S/M/L ※Mは装着済み)、コードクランプ、スライドワイヤーバックル、イヤホンケース、マニュアル


重低音モバイルゲーミングイヤホン(ブラック) DN-915983

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
保冷&保温の両対応!ドリンクの温度を長時間維持!1本用の卓上温冷ホルダーデスクで使える「温冷ドリンクカプセル」
アイリスオーヤマから、より自然で鮮やかな映像を実現した4Kチューナー内蔵の液晶テレビ「LUCAシリーズ」4機種登場
大画面ディスプレイを 6月8日(月)までお手頃価格で提供!JAPANNEXTから大きな75型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS7500TUHD」
専用アプリでJBLサウンドを簡単にベストチューニングできる高音質完全ワイヤレスイヤホン「JBL LIVE300TWS」
6月4日まで4万円以下の特価中、デジタルサイネージ利用も可能なJAPANNEXTの43型4K液晶ディスプレイ「JN-VT4302UHD」






6月20日まで特化セール中!JAPANNEXTからVAパネル採用で4K UHD解像度を実現した58型液晶ディスプレイ「JN-VT5800UHD」

01

JAPANNEXTは、VAパネル採用で4K UHD(3840×2160ピクセル)解像度を実現した4K対応58型ディスプレイ「JN-VT5800UHD」を発売した。なお2020年6月4日(木)~ 6月20日(土)は発売記念特価セールを実施する(価格は7万4,970円 税込)。

本製品は、4K解像度に対応した大型液晶ディスプレイ。10Wx2のステレオスピーカーを搭載し、HDCP2.2対応で4K配信動画も堪能できる。

インターフェイスはHDMI2.0を4ポートに加えUSBポートも搭載。パソコンや映像機器がなくても、USBに保存した画像や映像を表示することができ、デジタルサイネージとしても利用できる。

またVAパネルを搭載し、高コントラストに加え広視野角上下左右178°を実現した。10bitカラーパネルを採用し、画像をより鮮やかに、美しく、どんな場面でも忠実に色再現できる。60Hzのリフレッシュレートで、動きの速い描写の映像をなめらかに表現することが可能だ。筐体はブラックの1色。

■「JN-VT5800UHD」概要
モニター(ディスプレイ)サイズ:58インチ
パネル種類:VA
外形サイズ:1300×820×263ミリ
重量:約18.5キロ
コントラスト:5000:1
視野角(上下/左右):178/178度
画素ピッチ:0.33(H)×0.33(V)
解像度:3840×2160ピクセル
入力端子:HDMI 2.0×4、USB×1、イヤホン×1


JN-VT5800UHD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
アイリスオーヤマから、より自然で鮮やかな映像を実現した4Kチューナー内蔵の液晶テレビ「LUCAシリーズ」4機種登場
大画面ディスプレイを 6月8日(月)までお手頃価格で提供!JAPANNEXTから大きな75型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS7500TUHD」
専用アプリでJBLサウンドを簡単にベストチューニングできる高音質完全ワイヤレスイヤホン「JBL LIVE300TWS」
6月4日まで4万円以下の特価中、デジタルサイネージ利用も可能なJAPANNEXTの43型4K液晶ディスプレイ「JN-VT4302UHD」
サンワサプライからおしゃれでスッキリしたデザインの壁寄せ設置テレビスタンド「100-PL019」






アイリスオーヤマから、より自然で鮮やかな映像を実現した4Kチューナー内蔵の液晶テレビ「LUCAシリーズ」4機種登場

main

アイリスオーヤマは、液晶テレビLUCAシリーズの新モデルとして「4Kチューナー内蔵モデル」4機種を2020年6月18日より順次発売する。

4Kチューナー内蔵モデルは同社独自のチューニングにより、美しく自然で、過度な鮮やかさを抑え、目に優しい映像を実現している。従来モデルでは、 4K放送を視聴するのに、外付けの4K放送受信機が必要だが、新モデルは4Kチューナー内蔵のため受信機が不要だ。

また、チューナーを3つ搭載しているため、番組を見ながら別チャンネルのドラマや映画、バラエティなどを同時に2番組裏録画できる。また、リモコンのデザインを変更しており、従来と比較して、より簡単に操作できる。

sub10

sub9


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
大画面ディスプレイを 6月8日(月)までお手頃価格で提供!JAPANNEXTから大きな75型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS7500TUHD」
専用アプリでJBLサウンドを簡単にベストチューニングできる高音質完全ワイヤレスイヤホン「JBL LIVE300TWS」
6月4日まで4万円以下の特価中、デジタルサイネージ利用も可能なJAPANNEXTの43型4K液晶ディスプレイ「JN-VT4302UHD」
サンワサプライからおしゃれでスッキリしたデザインの壁寄せ設置テレビスタンド「100-PL019」
約2人に1人がテレビ音声の“聞き逃し”経験あり!パナソニックがリビングの隠れストレス自宅のテレビの“音事情”をガッツリ調査






大画面ディスプレイを 6月8日(月)までお手頃価格で提供!JAPANNEXTから大きな75型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS7500TUHD」

01

JAPANNEXTは、IPSパネル採用で4K UHD(3840×2160ピクセル)解像度を実現した4K対応75型ディスプレイ「JN-IPS7500TUHD」を発売した。5月25日(月)~ 6月8日(月)は発売記念特価セールとして17万9,800円(税込)で発売される。

4KはフルHD(1920×1080ドット)の4倍の作業領域を実現する3840x2160ドットの解像度。一般的なフルHD液晶ディスプレイより作業領域は圧倒的に広く、フルHD動画を同時に4つ表示可能だ。4K対応の解像度を誇り、広域表示に対応することで作業効率が大幅に向上する。

大型グラフィックスを扱うDTPやCADソフトなどの作業パレットを配置したり、複数ドキュメントを扱うオフィスワークや、Webページの同時表示や、フルHD動画を楽しみながらスカイプやその他のSNSアプリを同時に表示することができ、様々な作業をよりよくサポートする。

また本製品は、パソコンのみならず、ひかりTV 4K、NETFLIX、スカパー、AMAZONビデオなどの4K対応メディア配信サービスが楽しめる。HDMI2.0ポート搭載でレコーダーやゲーム機、Amazon Fire TVまたはGoogle Chromeなどなどに繋いで4K映像を大画面で楽しめる。

加えて画数ピッチ(画素と画素の距離)を約0.43ミリまでに縮めることで、75型モニターでも58PPIという高画数密度を実現できる4K解像度。細部まで精確にくっきりと再現し、今までにない精確性と鮮やかさを体験できる。

■「JN-IPS7500TUHD」商品概要
モニター(ディスプレイ)サイズ:75インチ
パネル種類:IPS
外形サイズ:1689×1027×321ミリ
重量:約30.5キロ
コントラスト:800:1
視野角(上下/左右):178/178度
画素ピッチ:0.43(H)×0.43(V)
解像度:3840×2160ピクセル
入力端子:HDMI 2.0×4、USB×1、イヤホン×1


「JN-IPS7500TUHD」商品販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
専用アプリでJBLサウンドを簡単にベストチューニングできる高音質完全ワイヤレスイヤホン「JBL LIVE300TWS」
6月4日まで4万円以下の特価中、デジタルサイネージ利用も可能なJAPANNEXTの43型4K液晶ディスプレイ「JN-VT4302UHD」
サンワサプライからおしゃれでスッキリしたデザインの壁寄せ設置テレビスタンド「100-PL019」
約2人に1人がテレビ音声の“聞き逃し”経験あり!パナソニックがリビングの隠れストレス自宅のテレビの“音事情”をガッツリ調査
MMCX対応でケーブルを様々に交換して音の変化を楽しめるダイナミックイヤホン「QZX-R8 DN-915963」






専用アプリでJBLサウンドを簡単にベストチューニングできる高音質完全ワイヤレスイヤホン「JBL LIVE300TWS」

①

ハーマンインターナショナルは、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」から、専用アプリでJBLサウンドを簡単にベストチューニングできる高音質完全ワイヤレスイヤホン「JBL LIVE300TWS(ライブ 300 トゥルーワイヤレス)を2020年5月29日(金)より発売する。予約は5月21日(木)より開始中。JBLオンラインストア販売価格は1万4,800円(税別)。

■アプリを使って好みのサウンドにチューニングできる
高音質完全ワイヤレスイヤホン「JBL LIVE300TWS」は、好みに応じた設定を可能にする専用アプリに対応するとともに、70年以上に及ぶ研究開発の成果でもある、豊かでクリアなJBLシグネチャーサウンドを実現したJBLの完全ワイヤレスイヤホン。

必要な際に瞬時に周囲の環境音を取り込むことができるアンビエントアウェア機能や、イヤホンを耳から取り外すことなく会話をすることができるトークスルー機能、運動による汗や突然の降雨の際も安心な防水性能(IPX5)など、音楽と過ごす毎日に心強い多彩な機能を備えている。

また、テレワークにおける長時間のビデオ会議の際にも、耳が痛くなることなく、着けていることを忘れるほどの快適な装着感も、特長のひとつだ(4サイズのウイング付きスタビライザーを同梱)。

また合計最大約20時間の長時間ワイヤレス再生が可能(イヤホン本体は約6時間再生可能、充電ケースはフル充電でイヤホンに14時間分の充電が可能)なほか、時間がないときにも便利な急速充電機能を装備。わずか10分の充電で約1時間の再生ができるので、急な充電切れの際でも安心して使うことができる。

「JBL LIVE300TWS」は、専用アプリとの連動により、好みのJBLサウンドにカスタマイズ可能。これまでにない自分だけのJBLサウンドを楽しむことができる。さらに、 Google アシスタント、 Amazon Alexaといったボイスアシスタント機能の活用も可能だ。

■主な仕様
製品名:JBL LIVE300TWS
タイプ:Bluetooth完全ワイヤレスイヤホン
カラー:ブラック、ブルー
Bluetooth:バージョン5.0 ※伝送範囲:Class2
対応プロファイル:A2DP v1.3、 AVRCP v1.5、 HFP v1.6
ユニット:5.6mm径ドライバー
周波数特性:20Hz-20kHz
対応コーデック:SBC、 AAC
重量:イヤホン本体:各約6g、充電ケース:約55g
連続使用時間:
・電池(イヤホン):充電: 約2時間、音楽再生: 最大約6時間
・電池(ケース):イヤホン充電可能時間:最大約14時間
・急速充電対応:充電時間10分で約1時間の再生が可能
※充電・再生時間は使用環境により異なります。
防水規格:IPX5(ヘッドホン本体のみ)
付属品:USB Type-C充電ケーブル、イヤチップ(S / M / L) 、ウイング付きスタビライザー(SS / S / M / L)
価格:オープン価格 ※JBLオンラインストア販売価格 1万4,800円(税抜)
発売日:2020年5月29 日(金)発売予定 ※5月21日(木)より予約販売開始


life


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
6月4日まで4万円以下の特価中、デジタルサイネージ利用も可能なJAPANNEXTの43型4K液晶ディスプレイ「JN-VT4302UHD」
サンワサプライからおしゃれでスッキリしたデザインの壁寄せ設置テレビスタンド「100-PL019」
約2人に1人がテレビ音声の“聞き逃し”経験あり!パナソニックがリビングの隠れストレス自宅のテレビの“音事情”をガッツリ調査
MMCX対応でケーブルを様々に交換して音の変化を楽しめるダイナミックイヤホン「QZX-R8 DN-915963」
ソニーから大画面テレビに合わせてサラウンド音場を拡大し、より没入感のある立体音響を再現する3.1チャンネルサウンドバー『HT-G700』が登場






サンワサプライからおしゃれでスッキリしたデザインの壁寄せ設置テレビスタンド「100-PL019」

main

サンワサプライが運営している直販サイト『サンワダイレクト』では、フラットでスリムなL字型筐体で、HDD収納ホルダーや棚板を搭載したおしゃれでスッキリしたデザインのテレビスタンド「100-PL019」を発売した。価格は1万6,182円(税別)。

本製品は、スッキリと壁寄せして使用できるテレビスタンド。おしゃれなデザインでリビングや寝室におすすめだ。脚部分はフラットなL字型のテレビスタンドなので、お部屋のスペースを有効活用できる。

壁寄せ設置であれば、賃貸住宅で壁に穴を開けることができない人でも使える。取り外し可能な棚板付きで、レコーダーやサウンドバースピーカーを設置できる。また、棚板はケーブル隠しのパネルとして利用可能だ。

そのほか、ブラケットの両サイドに録画用HDDを収納できるホルダーが付いているので、裏面に設置すれば、見た目もきれいとなるほか、テレビ裏面のスペースを有効活用できる。

対応サイズは、 32型から55型まで。VESA規格対応の汎用タイプになる。設置高さも10cmピッチで3段階調整することができ、見やすい位置に設置することができる。サイズは、約W690×D400×H999~1199mm(録画用HDDホルダーあり)、重量は約20kgだ。

sub1

sub2


100-PL019

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
約2人に1人がテレビ音声の“聞き逃し”経験あり!パナソニックがリビングの隠れストレス自宅のテレビの“音事情”をガッツリ調査
MMCX対応でケーブルを様々に交換して音の変化を楽しめるダイナミックイヤホン「QZX-R8 DN-915963」
ソニーから大画面テレビに合わせてサラウンド音場を拡大し、より没入感のある立体音響を再現する3.1チャンネルサウンドバー『HT-G700』が登場
アナログレコードの良さを再認識したいならオーディオテクニカのベルトドライブターンテーブル『AT-LPW50PB』はいかが?
パナソニックからお風呂やキッチンなどの水場でもテレビが楽しめるお役立ち防水テレビプライベート・ビエラ「UN-10E10」を発売







MMCX対応でケーブルを様々に交換して音の変化を楽しめるダイナミックイヤホン「QZX-R8 DN-915963」

464232-6

上海問屋は、ボーカルの息遣いを感じられるMMCX対応ダイナミックイヤホン「QZX-R8 DN-915963」を発売した。価格は5,890円(税別)。

本製品は、音質面での評価が高い「QZX-A1」と同じ製造元の製品。同様の構造を持ちながら、より繊細な表現力を持つ10mmダイナミック型ドライバーを搭載している。

5Hz~40kHzの広い再生帯域に対応しており、楽曲のより細かなディテールを再現可能だ。伸びやかな高域と張りのある低域が特徴で、ボーカルの音像がしっかりしていながらも音場感は広く、気持ち良く音楽が聴ける。

ドライバーユニットが配置されるキャビネット部に純銅素材を使用し、この構造が共振を抑えて音を正確に制御する。また、好みのケーブルに付け替えることが可能で、音の変化を楽しめる。

■製品仕様
ハウジング材質・・・・・・・樹脂
ドライバーユニット・・・・・ダイナミック(10mm)
再生周波数帯域・・・・・・・5Hz - 40kHz
音圧感度・・・・・・・・・・113dB
インピーダンス・・・・・・・32Ω
リモコン・マイク・・・・・・無し
ピンタイプ・・・・・・・・・MMCX
プラグ形状・・・・・・・・・3.5mm 3極ミニプラグ
ケーブル長・・・・・・・・・約125cm
重さ・・・・・・・・・・・・約7g(片側)
付属品・・・・・・・・・・・イヤーピース(S/M/L)


464232-8


DN-915963 MMCXコネクタ対応ダイナミックイヤホン QZX-R8

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ソニーから大画面テレビに合わせてサラウンド音場を拡大し、より没入感のある立体音響を再現する3.1チャンネルサウンドバー『HT-G700』が登場
アナログレコードの良さを再認識したいならオーディオテクニカのベルトドライブターンテーブル『AT-LPW50PB』はいかが?
パナソニックからお風呂やキッチンなどの水場でもテレビが楽しめるお役立ち防水テレビプライベート・ビエラ「UN-10E10」を発売
ドライブ中でも背中やお尻の汗をす早く乾かし快適にしてくれる8ファン搭載で快適な「爽快空冷シートカバー」
ニキシー管風LEDを使ったアナログ風時計のDIYキット上海問屋の「DN-915964」






お手頃価格でPCでもPlayStation 4でも使えるディラックのSharkoon製 USB Type-C接続のDAC 2モデル「 MOBILE DAC」「 MOBILE DAC PD」

無題

ディラックはSharkoon Technologies製 USB Type-C接続のWindows/Android対応 DAC「 MOBILE DAC」「MOBILE DAC PD」を2020年5月19日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はMOBILE DACが2,280円、MOBILE DAC PDが3,280円(いずれも税別)。

本製品は、3.5mm TRRSステレオジャックを備えたヘッドセットを、PCやスマートフォン/タブレット、PlayStation 4に接続可能なモバイルDAC。Japan Audio Society (JAS) の認定を受けており、高いサンプリング周波数と高いビット深度が、明瞭な音声伝送と没入型サウンドを実現する。また、製品サイズがコンパクトのため、USBやTRRSプラグを介して、PC、ゲーム機、ヘッドフォン、ヘッドセットに容易に接続できるほか、簡単に持ち運びも可能だ。既存のサウンド環境を強力かつ簡単にパワーアップさせたい人にオススメだ。

MOBILE DAC PD
MOBILE DAC PD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
スマホ充電もでき洗練されたデザインと機能性でこだわりのスタイルで音楽を楽しめるヤマハのデスクトップオーディオシステム 「TSX-B237」
ソニーから大画面テレビに合わせてサラウンド音場を拡大し、より没入感のある立体音響を再現する3.1チャンネルサウンドバー『HT-G700』が登場
アナログレコードの良さを再認識したいならオーディオテクニカのベルトドライブターンテーブル『AT-LPW50PB』はいかが?
パナソニックからお風呂やキッチンなどの水場でもテレビが楽しめるお役立ち防水テレビプライベート・ビエラ「UN-10E10」を発売
ドライブ中でも背中やお尻の汗をす早く乾かし快適にしてくれる8ファン搭載で快適な「爽快空冷シートカバー」






Fiio JapanからシンプルデザインでパワフルなエントリークラスのUSB DAC内蔵ヘッドホンアンプ「K5 PRO」

1957028

Fiio Japanは、高性能 DACチップ「AK4493」を搭載した、768kHz/32bitおよびDSD512対応のエントリークラスUSB DAC内蔵ヘッドホンアンプ「K5 PRO」を発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2万4,000円前後(税別)。

K5 PROは、32bitプロセッシングとVELVET SOUNDテクノロジーを備えた旭化成エレクトロニクス製高性能DAC チップ「AK4493」と、768kHzおよびネイティブDSD入力を備えたXMOS USBデコーディングチップにより、新たな次元の高音質を実現している。

AK4493EQは、回路設計のみならず製造プロセスにまでこだわり、AKMのフラッグシップ AK4497EQ で新たに開発した自社オーディオ専用LSIプロセスを採用。これにより、電気的な余裕度と低域ノイズを大幅に改善、情報量や力強さに感じられる音の鮮度をさらに向上させている。ダイナミックレンジ、SN比はモノモード時で126dB、歪み特性は低歪テクノロジーにより-113dBを実現。また、OSRD (Over Sampling Ratio Doubler) テクノロジーで帯域外ノイズを大幅に低減している。

K5 PROはクロックマネジメントが改善され、非常に優れた包括的なデコード性能を実現した。異例とも言える最大768kHzのサンプリングレートのPCMデコードとハードウェアによる最大DSD512(22MHz DSD)のネイティブDSDデコード対応を備え、まったく新しいクロックマッチング管理システムを採用したXMOS製USBデコードチップ「XUF208」がその心臓部となっている。

■製品仕様
USBデコーディングチップ:XMOS XUF208
DACチップ: AK4493
出力: 1.5W以上 (32Ω負荷時)
出力インピーダンス: 1.2 Ω(ヘッドホン出力)
THD+N: 0.004%未満
ノイズフロア: 8uV
SN比: 115dB以上(A-weighted)
チャンネルセパレーション: 75dB以上
出力端子: RCA出力/ 6.35mmヘッドホン出力/ 3.5mmヘッドホン出力
入力端子: USB-B/光デジタル/同軸デジタル/RCA
DSD: 64/128/256/512, ネイティブDSDデコード
重量: 約436g
外形寸法: 120.5mm x 130mm x 55mm


1957029

1957030


K5 PRO

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
スマホ充電もでき洗練されたデザインと機能性でこだわりのスタイルで音楽を楽しめるヤマハのデスクトップオーディオシステム 「TSX-B237」
ソニーから大画面テレビに合わせてサラウンド音場を拡大し、より没入感のある立体音響を再現する3.1チャンネルサウンドバー『HT-G700』が登場
アナログレコードの良さを再認識したいならオーディオテクニカのベルトドライブターンテーブル『AT-LPW50PB』はいかが?
パナソニックからお風呂やキッチンなどの水場でもテレビが楽しめるお役立ち防水テレビプライベート・ビエラ「UN-10E10」を発売
ドライブ中でも背中やお尻の汗をす早く乾かし快適にしてくれる8ファン搭載で快適な「爽快空冷シートカバー」






サンワサプライからテレビの音を手元で聴くことができる超ロング全長5mの有線テレビスピーカー「400-SP087」

main

サンワサプライが運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、聞き取りにくいテレビの音声を手元・耳元ではっきりと聴くことができるテレビ用スピーカー「400-SP087」を発売した。価格は3,618円(税別)。

■音の出口を自分に近づけるロングケーブルスピーカー
本製品は、テレビの音量を上げることなく、手元のみで音声出力しテレビを楽しむことができるテレビスピーカー。家族みんなが使うテレビでは普段の音量ではニュースなどが聞き取れないが音量を上げると近所に迷惑をかけるといった状況で非常に便利だ。

5mの超ロングケーブル仕様で、少し距離の離れたキッチンなどテレビ音声を手元で聞きたいときにも便利だ。

電源は、電池駆動、 USB給電での2WAYに対応。電池駆動であればどこにでも持ち運びでき、リビングからキッチン、就寝前のベッドサイドなど幅広く利用できる。USB給電での動作の場合、別売りのUSB-AC変換アダプタを使用することで電池残量を気にすることなく長時間の連続使用も可能だ。背面には簡単にケーブルを巻き取れるケーブルホルダー付きで余剰ケーブルをすっきりと収納できる。央にはリモコンなどを置くことができる簡易スタンド機能付きだ。

アンプ内蔵なので、コンパクトでも明瞭で迫力のあるサウンドを再生できる。大型のボリュームコントロールを採用しており、音量調整が容易だ。また電源とボリュームコントロールを分けているため電源を入れるだけでいつもの音量で聞くことが可能だ。3.5mmステレオミニプラグ接続なので多くのテレビで使用できる。

sub11

sub8

sub4


サンワサプライ直営ショップサンワダイレクト(本店)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ソニーから大画面テレビに合わせてサラウンド音場を拡大し、より没入感のある立体音響を再現する3.1チャンネルサウンドバー『HT-G700』が登場
アナログレコードの良さを再認識したいならオーディオテクニカのベルトドライブターンテーブル『AT-LPW50PB』はいかが?
パナソニックからお風呂やキッチンなどの水場でもテレビが楽しめるお役立ち防水テレビプライベート・ビエラ「UN-10E10」を発売
ドライブ中でも背中やお尻の汗をす早く乾かし快適にしてくれる8ファン搭載で快適な「爽快空冷シートカバー」
ニキシー管風LEDを使ったアナログ風時計のDIYキット上海問屋の「DN-915964」






スマホ充電もでき洗練されたデザインと機能性でこだわりのスタイルで音楽を楽しめるヤマハのデスクトップオーディオシステム 「TSX-B237」

sub1

ヤマハは、スマートフォンや小物などを置くことができる木目調トップテーブル、ワイヤレス充電が可能なQi(チー)対応などの新機能を搭載するデスクトップオーディオシステム『TSX-B237』を、2020年5月28日(木)より発売する。

今回発売する『TSX-B237』は、高い質感とやさしい雰囲気を兼ね備えたレトロモダンなデザイン、スマートフォンや小物などを置くことができる木目調トップテーブルを採用することで、インテリア感のあるデスクトップオーディオシステム。今回新たに、スマートフォンなどの対応機器をワイヤレスで充電できるQi(チー)対応をはじめ、ワンタッチでよく聴く音楽をお好みの音質で楽しめるSCENEキーを搭載した。

さらにこれ一台で、スマートフォンの音楽(Bluetoothによるワイヤレス再生)をはじめ、 CDやUSBメモリーの音楽、ラジオも楽しむことができる。

また部屋に手軽に設置できるコンパクトな一体型ボディながら、キャビネット容積を十分に確保したうえ、総合出力50Wのアンプ、8cmフルレンジスピーカーを搭載した。さらにヤマハならではのアコースティックチューニングにより、自然かつ豊かなサウンドと繊細な音の表現を実現し、小音量でもバランスのとれた心地よい音で音楽を楽しむことができる。

さらにUSB接続では、 WAVやFLACなども含めた様々な音声フォーマットの再生に対応。 Bluetooth送信機能も搭載しているので本機で再生している音楽を、 Bluetooth対応のヘッドホンなどで聴くことも可能だ。

本体のセンターに、 LEDバックライトを採用した、大きく見やすいクロックを搭載。さらに、朝、優しく起こしてくれるヤマハ独自のインテリアラームや、スヌーズやスリープタイマーなど毎日の暮らしにうれしい機能を搭載している。さらに操作も、ボタンの押しやすい大型リモコンをはじめ、専用アプリ「Multimedia Music Controller」を用意している。本体の基本操作をはじめ、アラームの設定などもスマートフォンの画面を見ながら、より細かく設定することができる。さらにアプリを使えば、再生しているCDのアルバムジャケットや曲情報などをスマートフォンで見ることが可能だ。

main

sub2

sub4

sub5


製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ソニーから大画面テレビに合わせてサラウンド音場を拡大し、より没入感のある立体音響を再現する3.1チャンネルサウンドバー『HT-G700』が登場
アナログレコードの良さを再認識したいならオーディオテクニカのベルトドライブターンテーブル『AT-LPW50PB』はいかが?
パナソニックからお風呂やキッチンなどの水場でもテレビが楽しめるお役立ち防水テレビプライベート・ビエラ「UN-10E10」を発売
ドライブ中でも背中やお尻の汗をす早く乾かし快適にしてくれる8ファン搭載で快適な「爽快空冷シートカバー」
ニキシー管風LEDを使ったアナログ風時計のDIYキット上海問屋の「DN-915964」






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ