ITライフハック

周辺機器

プレゼント企画再始動!読者プレゼントが2倍の1TBモデルに大増量!外付け爆速SSD「Crucial X8 Portable SSD」をゲットできるチャンス!

e1ad759c

昨年末にプレゼント告知をした「Crucial X8 Portable SSD」。当初は500GBのプレゼントの予定でしたが、どうせなら容量が大きい方がいいのでは?と提案してみたところ、それならばと1TBモデルにパワーアップしました。本企画を知らない人もいたかもしれないので、容量の変更に伴い、再度プレゼント希望者の募集を行います(以前応募された方は、再応募の必要はありませんが、容量は1TBとなります))。

前回と同様に、本記事を読んだ人1名様にプレゼント!応募については以下の内容を記入の上「itlifehackあっとmediabank.jpn.com」にメールをお送りください。締切は2020年1月31日23時59分。当選の発表は、応募していただいた方へのメールでのご連絡をもって替えさせていただきます。

■応募メール概要
・件名「Crucial X8 Portableプレゼント応募の件」
※このままコピペしていただいてもかまいません。
※間違った件名の場合、受領できないことがあります。
・氏名:
・いま持っている外付けストレージ:(ない場合は「なし」)
・いま興味を持っているジャンル(スマホ、PC、タブレット、ゲームなど)
・ITライフハックのご感想
なお、お預かりした個人情報については本プレゼント企画のみに使用し、応募終了後は破棄いたします。


Crucial X8 Portable SSD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
PS4ゲームに加えPC向けサブディスプレイも向くコスパ抜群の20.7型ゲーミングモニターアイ・オー・データ機器「ギガクリライト」
パイオニアからBD-R最大16倍速記録に対応したWindows/Mac両対応の外付けBD/DVD/CDライター「BDR-X12J-UHD」「BDR-X12JBK」
リフレッシュレート360Hzで従来ディスプレイに対して実に6倍速!NVIDIAとASUSがCES2020にてeスポーツ向けの新G-SYNC対応ディスプレイを世界初公開!
小さくてもパワフル!アスクからGeForce RTX 2070を搭載するZOTAC製の省スペースモデル「MAGNUS EN72070V with Windows 10」登場
ポータブル外付けSSDの最右翼が登場!コスパに優れる爆速SSD「Crucial X8 Portable SSD」を試す!読者プレゼントもあるよ!




PS4ゲームに加えPC向けサブディスプレイも向くコスパ抜群の20.7型ゲーミングモニターアイ・オー・データ機器「ギガクリライト」

lcd-gl211xb_g

アイ・オー・データ機器は、PS4に最適な「5年保証」20.7型ゲーミングモニター「ギガクリライト」を2020年1月末から発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1万4,500円(税別)。

本製品は、オーバードライブ機能で応答速度0.8ms「GTG」を実現した20.7型ゲーミングモニター。暗いシーンもより鮮明に表示する「Night Clear Vision」や、コンテンツに適した設定がプリセットされた「画面モード」など、コンソールゲーム機に最適な機能を厳選して搭載した。コンパクトで求めやすいゲーミングモニターとなっている。すでに24インチ以上のディスプレイを持っている人であれば、PC向けのサブディスプレイとしての利用もおススメだ。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
パイオニアからBD-R最大16倍速記録に対応したWindows/Mac両対応の外付けBD/DVD/CDライター「BDR-X12J-UHD」「BDR-X12JBK」
リフレッシュレート360Hzで従来ディスプレイに対して実に6倍速!NVIDIAとASUSがCES2020にてeスポーツ向けの新G-SYNC対応ディスプレイを世界初公開!
小さくてもパワフル!アスクからGeForce RTX 2070を搭載するZOTAC製の省スペースモデル「MAGNUS EN72070V with Windows 10」登場
ベンキュージャパン、HDR10対応 IPSパネル・高音質スピーカー搭載でゲームも映画も楽しめる27型フルHDアイケアモニター「EW2780」を発売ポータブル外付けSSDの最右翼が登場!コスパに優れる爆速SSD「Crucial X8 Portable SSD」を試す!読者プレゼントもあるよ!






Synologyからクアッドコア搭載で4ベイオールインワンのホームユースに最適なNASキット「DiskStation DS420j」が登場

f-DS420j_right-45

アスクは、ホームユーザーに最適なSynologyの4ベイオールインワンNASキット「DiskStation DS420j」を発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は3万6,900円前後(税込)。

「DiskStation DS420j」は、3.5/2.5インチドライブ4台の取り付けに対応し、クアッドコアプロセッサ及び1GB DDR4メモリを備えたNASキット。DLNA準拠のデジタルメディアサーバーなど、家庭向けのマルチメディアセンター用途はもちろん、データ管理・バックアップ用途、クロスプラットフォームでのファイル共有、ネットワークカメラサーバーなどの幅広い用途に利用可能だ。

また、Synology独自のオペレーティングシステム「Disk Station Manager(DSM)」による多彩な管理オプションに加え、iOSやAndroidデバイス用の専用アプリや、ルーターのポート転送設定なしで外部アクセスを可能にするクイックコネクト機能をサポートしており、多彩なストレージソリューションを提供する。なお、ストレージは別途購入が必要なことに注意。

DiskStation DS420j

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
パイオニアからBD-R最大16倍速記録に対応したWindows/Mac両対応の外付けBD/DVD/CDライター「BDR-X12J-UHD」「BDR-X12JBK」
リフレッシュレート360Hzで従来ディスプレイに対して実に6倍速!NVIDIAとASUSがCES2020にてeスポーツ向けの新G-SYNC対応ディスプレイを世界初公開!
小さくてもパワフル!アスクからGeForce RTX 2070を搭載するZOTAC製の省スペースモデル「MAGNUS EN72070V with Windows 10」登場
ベンキュージャパン、HDR10対応 IPSパネル・高音質スピーカー搭載でゲームも映画も楽しめる27型フルHDアイケアモニター「EW2780」を発売ポータブル外付けSSDの最右翼が登場!コスパに優れる爆速SSD「Crucial X8 Portable SSD」を試す!読者プレゼントもあるよ!






パイオニアからBD-R最大16倍速記録に対応したWindows/Mac両対応の外付けBD/DVD/CDライター「BDR-X12J-UHD」「BDR-X12JBK」

0107-1-1

パイオニアは、BD-R16倍速記録に対応した、Windows/Mac用外付けBD/DVD/CDライター「BDR-X12J-UHD」「BDR-X12JBK」を1月中旬に発売する。“Ultra HD Blu-ray”の再生や、Android端末へのCDの直接取り込み・再生に対応する。

本製品はBD-Rディスク(1層:25 GB)への高精度な16倍速記録に対応。BDディスク(1層:25 GB/2層:50 GB)のほか、すべてのBDXLディスク(BD-R XL:3層100 GB/4層128 GB、BD-RE XL:3層100 GB)への記録と再生が可能だ。またフルハイビジョンよりも高精細な4K解像度(水平3,840×垂直2,160)で、色調も豊かな“Ultra HD Blu-ray”の再生に対応※1。PCで臨場感のある映像を楽しめる。

ディスク表面の傷や汚れでオーディオCDのデータが読み取れないときに、独自のアルゴリズムで再度読み取りを行う機能、「PureRead 4+」(BDR-X12J-UHD)や、「PureRead 3+」(BDR-X12JBK)を搭載している。また「BDR-X12J-UHD」は、「ディスク表面の汚れや傷によるエラーデータ保管の発生頻度をリアルタイムで抑え、CD本来の音質で再生する「RealTime PureRead」も搭載している。

なお本機とAndroidスマートフォン用アプリケーション「Wireless Hi-Res Player~Stellanova~」(無償)をダウンロードしたAndroid端末をUSBケーブルで接続すれば、PCを介さずにAndroid端末へ直接、CDの楽曲を取り込み、再生することができる。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
リフレッシュレート360Hzで従来ディスプレイに対して実に6倍速!NVIDIAとASUSがCES2020にてeスポーツ向けの新G-SYNC対応ディスプレイを世界初公開!
小さくてもパワフル!アスクからGeForce RTX 2070を搭載するZOTAC製の省スペースモデル「MAGNUS EN72070V with Windows 10」登場
ベンキュージャパン、HDR10対応 IPSパネル・高音質スピーカー搭載でゲームも映画も楽しめる27型フルHDアイケアモニター「EW2780」を発売ポータブル外付けSSDの最右翼が登場!コスパに優れる爆速SSD「Crucial X8 Portable SSD」を試す!読者プレゼントもあるよ!
デルから5万円台のコスパに優れる薄型スリム14インチノートが爆誕!第2世代AMD Ryzen搭載の「New Inspiron 14 5000(5485/AMD)」


カロッツェリア(パイオニア) カーオーディオ 1DIN USB/Bluetooth MVH-5600
カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
2019-10-19




最大55インチまでの汎用モニターに対応し1万円以下の低コストで導入可能な「デジタルサイネージ用スタンド」

2_000000003471

サンコーは、「デジタルサイネージ用スタンド」を発売した。価格は9,800円(税込)。

本製品は、汎用のモニターを取り付けて手軽にデジタルサイネージとして活用できるデジタルサイネージ用スタンド。VESA規格、最大55インチまでのモニターに対応。耐荷重35kg。キャスター付きで本体裏側のハンドルを持って簡単に移動が可能だ。

使用しない時には折り畳むことが可能でコンパクトに収納したり、移動時にも便利。専用の機材を好大丹生するとかなりお金のかかるデジタルサイネージを低コストで気軽に導入が可能だ。

■製品仕様
・サイズ/幅523× 高さ1180× 奥行411(mm)
・重量/8.5kg
・対応モニタサイズ/32-55インチ
・対応VESA/100x100、200x100、200x200、 300x200、300x300、400x200、 400x400
・耐荷重/35kgまで
・内容品/スタンド、足×2、キャスター×2、モニタ固定支柱×2、ワッシャ×4、
     細ネジ×4、中ネジ×4、太ネジ×4、日本語取扱説明書
・パッケージサイズ/幅560×奥行き80×高さ1210(mm)
・パッケージ重量/10kg(内容品含む)
・保証期間/6か月


6_000000003471

1_000000003471


デジタルサイネージ用スタンド

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
リフレッシュレート360Hzで従来ディスプレイに対して実に6倍速!NVIDIAとASUSがCES2020にてeスポーツ向けの新G-SYNC対応ディスプレイを世界初公開!
小さくてもパワフル!アスクからGeForce RTX 2070を搭載するZOTAC製の省スペースモデル「MAGNUS EN72070V with Windows 10」登場
ベンキュージャパン、HDR10対応 IPSパネル・高音質スピーカー搭載でゲームも映画も楽しめる27型フルHDアイケアモニター「EW2780」を発売ポータブル外付けSSDの最右翼が登場!コスパに優れる爆速SSD「Crucial X8 Portable SSD」を試す!読者プレゼントもあるよ!
デルから5万円台のコスパに優れる薄型スリム14インチノートが爆誕!第2世代AMD Ryzen搭載の「New Inspiron 14 5000(5485/AMD)」






リフレッシュレート360Hzで従来ディスプレイに対して実に6倍速!NVIDIAとASUSがCES2020にてeスポーツ向けの新G-SYNC対応ディスプレイを世界初公開!

G-SYNC_360Hz_KV

NVIDIA とASUSは、今週ラスベガスで開催されるコンシューマー エレクトロニクス ショー(CES)において、世界初のG-SYNC 360Hz ディスプレイを公開する。今年発売予定のこのディスプレイは、ゲーミングGPUであるGeForce RTXと完璧な相性を持ち、対戦ゲームの体験を比類なきレベルに高めるとしている。

2013 年に初めて投入された NVIDIA G-SYNCは、ディスプレイのリフレッシュレートとGPUのフレーム レートを同期させることでテアリングをなくす、可変リフレッシュレート(VRR)テクノロジでよく知られている。それ以降、G-SYNC プロセッサが、プレイヤーの知覚を向上させるダイナミック オーバードライブ、画質の向上によってターゲットをより正確に狙えるようにするカスタム調整が可能なファームウェア、および反応時間を短縮できる今回の360Hzのリフレッシュ レートといった、eスポーツの映像品質を加速させる新しいディスプレイ テクノロジを発展してきた。

eスポーツのプロはこれまで、次のフレームがアップデートされるまでの待機時間を削減するために、ディスプレイでのフレームのテアリングを受け入れてきたが、G-SYNC の 360Hz のフレーム レートと VRR により、フレームが 3 ミリ秒以内にリフレッシュされるようになるため、e スポーツのプロはテアリングのないフレームと圧倒的に低いレイテンシの両方を得られるようになるという。

NVIDIA と共同で開発されたASUS ROG Swift 360 は e スポーツでの競技向けに設計されており、視野内で画面に映るすべてのピクセルを確認できる 24.5 インチのフォームファクターを特徴としている。ASUS ROG Swift 360 は、ASUS の新しいスマートなROG 仕上げが特徴で、あらゆる e スポーツ イベントの大舞台でも安心してプレイでき、以下の機能を備えている。

NVIDIA

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
小さくてもパワフル!アスクからGeForce RTX 2070を搭載するZOTAC製の省スペースモデル「MAGNUS EN72070V with Windows 10」登場
ベンキュージャパン、HDR10対応 IPSパネル・高音質スピーカー搭載でゲームも映画も楽しめる27型フルHDアイケアモニター「EW2780」を発売ポータブル外付けSSDの最右翼が登場!コスパに優れる爆速SSD「Crucial X8 Portable SSD」を試す!読者プレゼントもあるよ!
デルから5万円台のコスパに優れる薄型スリム14インチノートが爆誕!第2世代AMD Ryzen搭載の「New Inspiron 14 5000(5485/AMD)」
マウスコンピューター、Ryzen 5 3500Uを採用した軽量、長時間、スリムな15.6型ノート発売






ベンキュージャパン、HDR10対応 IPSパネル・高音質スピーカー搭載でゲームも映画も楽しめる27型フルHDアイケアモニター「EW2780」を発売

img_202001_1

ベンキュージャパンは、液晶ディスプレイの新製品として、HDR10対応、高音質スピーカーを搭載したゲーム・動画視聴向け27型フルHDアイケアモニター「EW2780」を、2020年1月10日より発売する。

「EW2780」は、HDR技術にBenQ独自の様々なアンビエント照明環境において、画面上のコンテンツを自動的に調整することで、ビデオや画像の表示を最適化。これによって、さまざまな室内の環境照明でも目の疲れを軽減するブライトネスインテリジェンスプラス(B.I.+)機能を融合した、従来のHDR技術より洗練された美しい映像を映し出す「HDRi」技術を採用している。ひとつひとつの動き、一枚一枚の画像たちによって刺激的な映画の世界へ引き込まれそうになる。これまでにない、視聴体験を楽しめる。

またFreeSync対応や2.5W × 2の高音質スピーカーの搭載、ゲームモードや3種類のサウンドモード(ライブ/ポップ、シネマ、トーク/ボーカル)もプリセットされており、GTG 5msの応答速度で、流暢な動画視聴やゲームプレイを実現した。

デザイン面では、3辺ウルトラスリムベゼルデザインを採用し、お部屋のインテリアにも調和する飽きのこないシンプルで美しいフォルムに仕上げた。HDMI 3系統搭載は、ホームエンターテインメント以外でも、幅広く快適に活用できるだろう。

■「EW2780」製品仕様表
製品名            :EW2780
サイズ / パネル / バックライト:27インチワイド / IPS / LED
筐体色            :メタリックグレー
JANコード           :4.54444E+12
解像度            :Full HD(1920 × 1080)
表示サイズ          :597.9 × 336. 3mm
表示色            :約1677万色
画素ピッチ / 画素密度     :0.311mm / 82ppi
アスペクト比         :16:09
コントラスト比        :1000:1(DCR 20,000,000:1)
輝度(cd / m2)         :250cd / m2
視野角(左右 / 上下)      :左右:178° / 178°
応答速度           :GTG 5ms
水平 / 垂直周波数       :30-83KHz / 48-75Hz
ティルト角度         :上下:-5° / 15°
VESA規格           :○(100 × 100mm)
電源             :アダプター
消費電力 最大 / 標準 / エコ :最大35W / 標準20W
スピーカー          :2.5W × 2
ヘッドホン出力端子      :〇
入出力端子          :HDMI 2.0 × 3
付属ケーブル         :電源ケーブル / HDMIケーブル /
                (各約1.5m)
その他付属品         :クィックスタートガイド /
                ドライバーCD / 保証書
本体サイズ(W × H × D)    :609.9 × 457.3 × 186.5mm
梱包状態サイズ(W × H × D)  :693 × 470 × 124mm
本体重量 / 梱包重量      :約4.4kg / 6.1kg
AMA              :○
ゲームモード         :○
超解像度           :○
HDRi             :○
フリッカーフリー       :○
ブルーライト軽減       :○
カラーユニバーサルモード   :〇
ブライトネスインテリジェンスプラス(B.I.+):○
保証期間           :3年保証(パネル、ライトは1年保証)


ベンキュージャパン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ポータブル外付けSSDの最右翼が登場!コスパに優れる爆速SSD「Crucial X8 Portable SSD」を試す!読者プレゼントもあるよ!
デルから5万円台のコスパに優れる薄型スリム14インチノートが爆誕!第2世代AMD Ryzen搭載の「New Inspiron 14 5000(5485/AMD)」
マウスコンピューター、Ryzen 5 3500Uを採用した軽量、長時間、スリムな15.6型ノート発売
メインPCとしておススメ!ASUSから第10世代のCore iプロセッサーを搭載する5色カラバリの15.6インチノート「ASUS VivoBook S15 S531FA」
マウスのG-Tuneから最上位CPUのRyzen 9 3950X & Intel Core i9-9900KSを搭載し大型ラジエーター搭載水冷システムを組み込んだゲーミングPC






ポータブル外付けSSDの最右翼が登場!コスパに優れる爆速SSD「Crucial X8 Portable SSD」を試す!読者プレゼントもあるよ!

01

昔からの使い古された言葉だが「データの大容量化はとどまるところを知らない」。そしておそらく今後もデータはどんどん大きくなっていくだろう。具体的にはデジタルカメラの画像データなんかがそうだ。デジカメの性能が向上し高画質化したことで写真1枚のデータが大きくなってしまった。動画に至っては、フルHDから4K、そして8K動画へと変わって行くことで超容量化とでも言えるくらいの容量になってきている。これに伴い持ち歩いて使う外付けストレージにもかなりの大容量が必要になってきている。

■大容量ストレージもHDDからSSDへと変わってきている
ちょっと前までは、持ち歩ける大容量ストレージといえば外付けHDDが主流だった。1GB当たりの単価も安く、USB接続でバスパワーによる駆動か可能なため、ケーブル1本とストレージ本体さえあれば、大容量データを容易に持ち運ぶことができた。しかし、HDDは、駆動部分を持っており、落下や衝撃といった物理的な負荷に弱いという弱点を持っている。アクセスしている最中に、誤って床に落としてしまうと、そのままデータが破損してしまう危険があるのだ。

対してメモリーモジュールを利用したストレージであるSSDは、電気信号のみのやり取りなので、HDDのようにモーターやディスク、ヘッドといった可動部分が存在しない。そのため読み書きしている最中にSSD本体を持ち上げたり、最悪落下してしまったとしても、データが破損してしまう危険はぐっと低いのだ。ただ、これまでSSD用のメモリーが高価だったため、HDDと比べて容量単価ではHDDのほうが優れているという点があった。しかし、SSDも1GB当たりの容量単価が下がってきており大容量のSSDでもコスパに優れる製品が登場してきている。今後は、外付けのストレージもHDDからSSDへと変える時が来たと言っていいだろう。

そこでITライフハック編集部では“外付けストレージもSSDで!”を推奨したいということで、今年の10月に発売されたCrucialの「Crucial X8 Portable SSD」(以下、X8)」を実際に入手できたのでその詳細を紹介しよう。

■ NVMe SSDやUSB 3.0対応メモリと比較してみた
X8には500Gバイトと1Tバイトの2モデルがあり、価格は1Tバイトが2万3千円前後、500Gバイトが1万6千円前後と、他社の外付けSSDとほぼ同じか若干安価に販売されている。今回試用したのは1Tバイトのモデルだ。X8はUSB3.2 Gen2に対応し。最大読込速度が1050MB/秒という高速さが自慢だ。電源いらずでUSBからのバスパワーで動くためケーブル1本あればいい。接続できるのはPCのほかiPad Pro、Androidに対応するほか、ゲーム機ではPS4とXbox Oneでの動作が確認されている。サイズも110(幅)×115(高さ)×53(奥行)ミリとコンパクトなので、ポケットに入れて手軽に持ち運べる。


X8本体のほか、USB Type-Cケーブル、USB Type-C/USB TypeA変換コネクタが付属する。本体はUSB Type-Cでの接続となる


USB Type-C/USB TypeA変換コネクタはマークが付いている側の端子に接続して利用する

■その高速性は本当か実際に計測してみた
このX8、公式サイトでは「ほとんどのポータブルSSDに対し最大1.8倍、ポータブルHDDに対して7.5倍、USBメモリーに対しては実に100倍という速さでファイルの読み込みが可能であり、シーケンシャルリード(読み込み速度)が1050Mバイト/秒」となっている。では実際に使ったときにその速度が出るのだろうか。今回は以下の条件で計測した値を比較する。

・X8(1Tバイト)
・NVMe Gen4 SSD
・NVMe Gen3 SSD
・SATA SSD(M.2)
・SATA SSD(USB接続)
・SATA HDD(USB接続)
・USBメモリ(USB 3.0対応)

NVMe SSDを含めたM.2 SSDについてはマザーボード上に差しての利用、そのほかはUSB 3.0ポートを利用しての計測となっている。

計測した結果は下の図の通りだ。この値のうち、シーケンシャルリード(データ読み込み速度)を比較したグラフを示しておく。これを見て驚いたのだが、公称値の通りの速度が出ており、なおかつマザーボードに直接差すM.2 SATA SSDよりも速い。さすがにGen3/Gen4のNVMe SSDの速度は出ないが、十分高速といっていいだろう。外付けストレージとしてはオーバースペック気味といっていい。


CrystalDiskMarkによるベンチマークテスト結果


06
X8


06
NVMe Gen4 SSD


06
NVMe Gen3 SSD


06
M.2 SATA SSD


06
SATA SSD(USB接続)


06
HDD(USB接続)


06
USB3.0メモリ


■ 外付けストレージならX8がおススメ
検証の結果X8は、外付けストレージとしての速度に優れ、容量とパフォーマンスを考えれば、コストに見合う製品と言っていいだろう。持ち歩いて、外出先での使用も十分耐える。これから外付けストレージを購入しようと考えている人、外付けHDDからの乗り換えを検討している人には、ぜひともオススメしたいモデルだ。

■ X8の500Gバイトモデルをプレゼント
本記事を読んだという人に、X8の500Gバイトモデルを1名様にプレゼントいたします。応募については以下の内容をご記入の上「itlifehackあっとmediabank.jpn.com」にメールをお送りください。締切は2019年12月31日23時59分です。当選の発表は、応募していただいた方へのメールでのご連絡をもって替えさせていただきます。

■応募メール概要
・件名「Crucial X8 Portableプレゼント応募の件」

※このままコピペしていただいてもかまいません。
※間違った件名の場合、受領できないことがあります。
・氏名:
・いま持っている外付けストレージ:(ない場合は「なし」)
・いま興味を持っているジャンル(スマホ、PC、タブレット、ゲームなど)
・ITライフハックのご感想

なお、お預かりした個人情報については本プレゼント企画のみに使用し、応募終了後は破棄いたします。

04


Crucial X8 Portable SSD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
デルから5万円台のコスパに優れる薄型スリム14インチノートが爆誕!第2世代AMD Ryzen搭載の「New Inspiron 14 5000(5485/AMD)」
マウスコンピューター、Ryzen 5 3500Uを採用した軽量、長時間、スリムな15.6型ノート発売
メインPCとしておススメ!ASUSから第10世代のCore iプロセッサーを搭載する5色カラバリの15.6インチノート「ASUS VivoBook S15 S531FA」
マウスのG-Tuneから最上位CPUのRyzen 9 3950X & Intel Core i9-9900KSを搭載し大型ラジエーター搭載水冷システムを組み込んだゲーミングPC
来店者や購入者に限定プレゼントも!!本日よりデルのゲーミング向けPC「ALIENWARE」の旗艦店「ALIENWARE STORE AKIBA」開店3周年記念イベントを開催



360度空間のすべてが見渡せる天井設置型のフルHD高画質カメラ、プラネックス「スマカメ360 天井タイプ (CS-QV360C)」登場

cs-qv360c_07

プラネックスコミュニケーションズは、スマートフォンで簡単に設定できる、かんたんネットワークカメラ「スマカメ」シリーズの新ラインアップとして、天井や壁に1台設置するだけで、360度 空間のすべてを見渡すことができ、防犯や見守りの最適な「スマカメ360 天井タイプ(型番:CS-QV360C)」を12月16日より発売する。

いずれも価格はオープンプライスで、店頭予想価格は「CS-QV360C」単体が2万4,800円。「CS-QV360C」とPoE対応スイッチ「SWE-0008F5」をセットにした「CS-QV360C-IMP」が4万7,000円、PoEインジェクター「ING-ADE3AT2」をセットにした「CS-QV360C-ING」が3万2,000円(いずれjも税込)。

また、LANケーブル1本でネットワーク接続と電源供給が可能となるPoEに対応したスイッチ「SWE-0008F5」をセットにした「CS-QV360C-IMP」、および既存のネットワークに組み込むことでLANケーブル経由の電源供給が可能となるPoEインジェクター「ING-ADE3AT2」をセットにした「CS-QV360C-ING」も合わせて発売する。

「スマカメ360 天井タイプ」は、フルHDの高画質で360度の全方位撮影が可能。1台設置するだけで極めて死角の少ない映像を記録することができる。また、360度映像だけでなく、2分割、4分割した映像を見ることができ、魚眼レンズの360度映像を補正して表示する「歪み補正機能」により違和感の少ない映像が表示できる。

外部からスマートフォンなどでいつでも映像を見ることができるので、夜間、休日のオフィスや留守中の自宅の様子をどこからでも見ることが可能となる。

Sony製の高感度CMOSセンサー「IMX323」を搭載し、月明かりほどの光でのカラー撮影が可能。ほんのわずかな照明があれば、赤外線照射なしで夜間のカラー映像の撮影ができる。

映像圧縮技術には最新規格の「H.265」を採用。業界スタンダードである「H.264」の約2倍の圧縮率により、フルHDの高画質映像を低容量で記録することができる。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
メインPCとしておススメ!ASUSから第10世代のCore iプロセッサーを搭載する5色カラバリの15.6インチノート「ASUS VivoBook S15 S531FA」
マウスのG-Tuneから最上位CPUのRyzen 9 3950X & Intel Core i9-9900KSを搭載し大型ラジエーター搭載水冷システムを組み込んだゲーミングPC
来店者や購入者に限定プレゼントも!!本日よりデルのゲーミング向けPC「ALIENWARE」の旗艦店「ALIENWARE STORE AKIBA」開店3周年記念イベントを開催
ストレージを256GBのSSDにアップデートした最新モデルGPD Pocket 2Sの予約販売をAmazon.co.jpおよびGPDダイレクトで開始
ウエスタンデジタルからゲーム機用の大容量ストレージ「WD_Black Game Drive」の新型を発売


Planex 防犯カメラ スマカメ360 天井タイプ CS-QV360C
プラネックスコミュニケーションズ
2019-12-16





ウエスタンデジタルからゲーム機用の大容量ストレージ「WD_Black Game Drive」の新型を発売

01

ウエスタンデジタルは、PCおよびコンソールゲーマー向けにWD BLACKの外付けストレージソリューション「WD_BLACK」の日本市場での販売を発表した。これらの製品によって、ゲームストレージ容量を拡大し、新しい魅力的なゲーム体験ができる。また、ゲーム業界では初めてのSuperSpeed USB(20Gb/s)、USB 3.2 gen 2x2ポートを搭載したストレージソリューションを提供する。

今日のゲーム市場は、最新のグラフィックステクノロジーを駆使して拡張現実や仮想現実などの没入型環境をフルに生かしている。これらの最新アプリケーションは、より高いパフォーマンスとファイルサイズを必要としており、一部のゲームではファイルサイズが100GBにも達している。これにより、新発売のゲームを試したいものの、所有しているストレージの容量不足により断念せざるを得ないゲーマーが増えていると同社。

現在販売中の内蔵SSD「WD_Black SN750 NVMe SSD」の最高レベルのパフォーマンスの経験を活かして構築した新しいソリューションは、定評のあるウエスタンデジタルの品質と信頼性に基づいて、ストレージの課題に対応するように設計されている。優れたパフォーマンス、容量、および信頼性を提供することで、PCおよびコンソールゲーマーは限界を感じることなくプレイできるようになる。WD_Black SSDを使用すれば、ゲームのローディング時間を短縮できます。その結果、ゲーマーはスムーズに戦いを進めることができるとしている。

今回発売されるWD_Blackゲーミング製品ポートフォリオは次のとおり。

・ WD_Black P10ゲームドライブ:
o 最大5TB2のポータブルHDD – 125のゲームタイトルを保存可能
o USB 3.2 Gen 1ポートを備えたポータブルサイズ
o コンソールまたはPCゲーム体験を最適化する優れたパフォーマンス
o 3年間の製品保証

・ WD_Black P50ゲームドライブ:
o 業界初の最大転送速度2000MB/秒のUSB 3.2 gen 2x2ポートを備えたポータブルSSD
o 所有のゲームに加え新しいゲームも格納できる最大2TBの大容量ストレージ
o 5年間の製品保証

・ WD_Black D10ゲームドライブ:
o 最大8TBのデスクトップHDD – 200のゲームタイトルを保存可能
o 最大転送速度250MB/秒。アクティブ冷却テクノロジー搭載。回転数7200RPM
o 3年間の製品保証

※トレードマーク(TM)アイコン省略

価格と提供時期について
WD_Black P10、WD_Black D10およびWD_Black P50の価格はオープンプライス。 P10およびD10は12月下旬、P50ゲームドライブは来年1月下旬の発売を予定している。

Western Digita

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
クリエイター&デベロッパーといった本格パワーユーザー向け!ユニットコムからiiyama PCブランドの第3世代AMD Ryzen Threadripperを積んだ高級BTOモデル
ソケットAM4対応で16コアで32スレッドの爆速CPUとなるAMDのRyzen 9 3950Xを搭載したハイエンドゲーミング向けパソコン『GALLERIA AXZ 3950X搭載』がサードウェーブから登場
インバースネット、10000番台インテル Core X搭載デスクトップパソコン3機種発売
90mmの大型2連ファンで冷却性能をアップ!CFD販売よりGIGABYTEのNVIDIA GTX 1650 Super搭載グラフィックボード「GV-N165SWF2OC-4GD」登場
MacOSとWindowsに対応!レトロチックなキーボード「AZIO Retro Classic」の日本語キーボードの発売開始!






薄くて高級感のあるデザインのBDマルチ!パイオニアからWindows/Mac用ポータブルBD/DVD/CDライター「BDR-XS07JL」

1126-1-1

パイオニアは、ディスクをスムーズに出し入れできるスロットローディング方式を採用し、薄型で質感のあるシルバーボディのWindows/Mac用ポータブルBD/DVD/CDライター「BDR-XS07JL」を12月上旬に発売する。

本製品は、PCを介さずにCDの楽曲を直接Android端末に取り込み・再生できるほか、傷や汚れで読み込みが難しくなったCDを独自の技術で原音再生する「PureRead4+」など、PCで音楽や映像を楽しむための独自機能を搭載している。また、USB3.1 Gen1対応Type-Cコネクタを装備し、耐久性が高くデータの長期保存が可能なアーカイブ用光学メディア「M-DISC」への記録・再生にも対応しているほか、別売のワイヤレスドック「APS-WF01J-2」と組み合わせてPC/携帯端末にワイヤレス接続することも可能だ。

プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
クリエイター&デベロッパーといった本格パワーユーザー向け!ユニットコムからiiyama PCブランドの第3世代AMD Ryzen Threadripperを積んだ高級BTOモデル
ソケットAM4対応で16コアで32スレッドの爆速CPUとなるAMDのRyzen 9 3950Xを搭載したハイエンドゲーミング向けパソコン『GALLERIA AXZ 3950X搭載』がサードウェーブから登場
インバースネット、10000番台インテル Core X搭載デスクトップパソコン3機種発売
90mmの大型2連ファンで冷却性能をアップ!CFD販売よりGIGABYTEのNVIDIA GTX 1650 Super搭載グラフィックボード「GV-N165SWF2OC-4GD」登場
MacOSとWindowsに対応!レトロチックなキーボード「AZIO Retro Classic」の日本語キーボードの発売開始!






より入力しやすい角度に設置できるシンプルデザインでスタイリッシュなノートPC・タブレット向けのアルミ合金製スタンド

462554-8

上海問屋は、美しくシンプルなアルミ合金製ノートPCスタンドを発売した。価格は1,180円(税別)。

本製品は、スティック状のシンプルな形状をしたノートPC・タブレット用スタンド。アルミ合金製の本体は高級感があり、様々なインテリアにマッチする。

また、本製品の使用により、ノートパソコンのキーボードや、タブレットのスクリーンキーボードが適切な傾斜角になり、よりタイピングがしやすくなる。

オフィシャルな場での使用時でも羨望の目を集める、シンプルで美しいデザイン。ケーブルマネジメント機能がつきで、デスクの上がスッキリする。

使用時、PCやタブレットが滑り落ちないよう、滑り止めのゴムパッドが4枚付属している。ノートPCやタブレットの接地面に合わせて利用しよう。

■製品仕様
対応・・・・・・・12~15インチサイズ程度の大きさのノートPC、タブレット
サイズ・・・・・・約230mm(横幅) × 約29mm(奥行き) × 約32mm(高さ)
重量・・・・・・・約199g
材質・・・・・・・アルミ合金
付属品・・・・・・滑り止めゴムパッド x 4枚
製品保証・・・・・購入後 初期不良2週間


462554-6

462554-7


アルミ合金製シンプルノートPC・タブレットスタンド

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
タブレットでも高速射撃がしたい人向けのコントローラ!連射モード機能付タブレット用ショットボタン
先手必勝の自己防衛!読み取られてからじゃ遅い!キャッシュレス時代の必需品スキミング防止機能つきカードケース
拡大してよく見える!基盤へのはんだ付け、電子工作やプラモ制作などに超便利なクリップ固定式フレキシブルアームルーペ
両手でスマホゲームがプレイできる便利グッズ!最大6本の指で操作可能なスマホ用ゲームコントローラー
音の方向や距離感が把握でき、臨場感のある大迫力のサウンドを楽しめるゲーミングイヤホン






90mmの大型2連ファンで冷却性能をアップ!CFD販売よりGIGABYTEのNVIDIA GTX 1650 Super搭載グラフィックボード「GV-N165SWF2OC-4GD」登場

main

シー・エフ・デー販売は、同社が扱っているGIGABYTEブランドからNVIDIA GeForce GTX 1650 Superを搭載するミドルレンジのグラフィックボード「GV-N165SWF2OC-4GD」の発売を開始した。実売価格は、22,980円前後。

■大判2連ファン搭載で冷却性能を向上
GIGABYTE GV-N165SWF2OC-4GDは、90mmという大型のファンを2連積む「WINDFORCE 2X」搭載モデルとなる。2つのファンは、互いに回転方向が異なる「ALTERNATE SPINNING」仕様となっており、ファンの気流を安定させ、冷却性能を向上させている。

■WINDFORCE 2X COOLING SYSTEMとは?
WINDFORCE 2X冷却システムとは、90mmのオリジナルブレードファンを2つ使用し、オルタネイトスピニング(交互回転)させることに加え、搭載している3Dアクティブファン機能によって、発熱を抑え、高負荷時でもより高い性能を発揮できる冷却システムのこと。純銅製のヒートパイプがGPUに直接の接触することで、高い排熱効果を発揮するのに加え、メタルバックプレートを搭載。見た目の美しさだけでなく、グラフィックボードの構造を強化し基板保護の役目も担っている。

sub3

sub2

sub1


GIGABYTE GV-N165SWF2OC-4GD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
MacOSとWindowsに対応!レトロチックなキーボード「AZIO Retro Classic」の日本語キーボードの発売開始!
リンクスより7.1chバーチャルサラウンド対応で50mmネオジウムドライバー採用のワイヤレスゲーミングヘッドセット「CORSAIR Gaming HS70 PRO WIRELESS」
スマッシュコア エンターテインメントの声優オリジナルパソコンに小岩井ことりさんが登場
小さいけどCoffee Lake-S R搭載!ユニットコムの「iiyama PC」ブランドから小さくてスリム、しかも超パワフルなコンパクトPCが登場
ベンキュージャパンからIPSパネルの高画質と144Hzのリフレッシュレート、DisplayHDR400に対応した27型ゲーミングモニター「EX2780Q」









MacOSとWindowsに対応!レトロチックなキーボード「AZIO Retro Classic」の日本語キーボードの発売開始!

sub4

質感のあるウッディなボード、シルバーに縁取りされた白く光り輝くキースイッチ。優しい打感と耳に届くクラシカルなタイプ音が楽しめる「AZIO Retro Classic」。英語キーモデルしかなかったが、いよいよ日本語キーボードモデルが登場した。またデザインが統一されたマウスも同時リリースとなっている。価格は実売でキーボードが3万5千円前後、マウスが1万5千円前後となっている。

■タイプライターのようなレトロ感かつスタイリッシュなデザイン
本製品はスタイリッシュな外観が魅力なのはもちろん、最大の特徴は、近未来風でレトロチックなタイプライターのような優しい打感と音だ。

■AZIO3つのこだわりポイント
本製品のポイントは以下の3つ

1)タイプライターをモチーフにした高級感のあるデザイン
2)長時間使ってもストレスフリー
3)OSの環境に左右されず、誰でも使用可能


日本語キーボード版は、天然の木材とメタリックフレーム仕様で、高級感演出。また、タイプ音は、タイプライターをイメージして研究・チューニングされた音となっている。キーボードにはライトが内蔵されており、暗い場所でも美しく光るよう計算されている。明るいところでも、暗いところでも、どちらでも映えるキーボードというわけだ。

sub5


なお、長時間のデスクワークでも疲れにくいよう、研究が重ねられたパームレストが付属しているのに加え、人体工学に基づいて作られたキーボードスタンド(2つ、同梱)は、どちらも快適なタイピング姿勢を保つことができるように設定されている。

sub9

また、長時間使用できるように内蔵バッテリーの容量は5000mAh(リチウムイオンバッテリー)と大容量。バックライトオフの状態で約9か月の連続間使用が可能だ。バックライトオンの状態でも、輝度に応じて約1~2か月使用できる。

■長寿命を考えた製品作り
こうしたスタイリッシュなキーボードは、デザインを優先するために製品寿命が短いものも多い。本製品は、キースイッチにも特徴があり、打感はもちろんのこと、寿命も通常の約6倍長持ちする特別設計となっている。もっとも消耗が激しいキースイッチを丈夫な設計にすることで交換の手間なく、より長く使えるようになっている。キーボードが長寿命であることを考慮すると7年程度使って年間5千円程度となるのでそう考えると高い買い物ではないだろう。

■OSを選ばないマルチOS対応
本製品は、MacOSとWindowsの両方で使える仕様になっている。MacOS用とWindows用のレイアウト両方に対応した26個のキーキャップが同梱されているので、使っているOSに合わせてキーキャップを交換できるのがうれしい。またケーブルによるUSB接続および、ワイヤレスのBluetooth接続もサポートするデュアルインターフェイス仕様だ。

sub8


■キーボードに合わせたマウス&マウスパッドも同時発売
今回、キーボードに合わせ「AZIOレトロクラシックマウス」も同時にリリースされた。デザインも統一感のあるものとなっており、さらに左右対称設計なので右手、左手のいずれでも使用できる。クリックのレスポンスも程よく調整されているのでセットで購入することをおススメしたい。決して安い買い物ではないので、最初にキーボード、次にマウスといった具合に順番でそろえて行くという方法もアリだと思う。

sub11


AZIOJAPAN

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
リンクスより7.1chバーチャルサラウンド対応で50mmネオジウムドライバー採用のワイヤレスゲーミングヘッドセット「CORSAIR Gaming HS70 PRO WIRELESS」
スマッシュコア エンターテインメントの声優オリジナルパソコンに小岩井ことりさんが登場
小さいけどCoffee Lake-S R搭載!ユニットコムの「iiyama PC」ブランドから小さくてスリム、しかも超パワフルなコンパクトPCが登場
ベンキュージャパンからIPSパネルの高画質と144Hzのリフレッシュレート、DisplayHDR400に対応した27型ゲーミングモニター「EX2780Q」
日本エイサーからHDR10対応のフルHDゲーミング対応IPS液晶ディスプレイ














リンクスより7.1chバーチャルサラウンド対応で50mmネオジウムドライバー採用のワイヤレスゲーミングヘッドセット「CORSAIR Gaming HS70 PRO WIRELESS」

HS70_PRO_WIRELESS

リンクスインターナショナルは、最大12mの無線通信距離を実現する低遅延2.4GHzワイヤレス、50mmネオジウムドライバ採用ワイヤレスゲーミングヘッドセット「CORSAIR Gaming HS70 PRO WIRELESS」を2019年11月30日より発売する。価格は1万4,000円(税別)。

HS70 PRO WIRELESS は、50mmネオジウムドライバを採用したワイヤレスゲーミングヘッドセット。最大12mの無線通信距離を実現する低遅延2.4GHzワイヤレス接続、迫力の7.1chバーチャルサラウンドに対応、SONY PlayStation 4にプラグアンドプレイで接続することができる。

インテリジェントコントロールシステム iCUE対応、形状記憶イヤーカップとアルミニウム製ヨークにより優れた装着性と耐久性を実現、単一指向性ノイズキャンセリングマイクは取り外しに対応、人気チャットツール「Discord」の認定を取得、最新のチャットツールで高品質なボイスチャットを楽しめる。カーボン、クリームの2カラーをラインアップ。

■HS70 PRO WIRELESS製品概要
カラー:クリーム、カーボン
ヘッドホン部 ドライバユニット:50mmネオジウムドライバ
感度:111dB (+/-3dB)
周波数特性:20Hz-20kHz
インピーダンス:32Ohms@1kHz
マイク部 感度:‐40dB (±3dB)
周波数特性:100Hz-10kHz
インピーダンス:2.0kOhms
インターフェース:ワイヤレス2.4GHz
無線通信距離:約12m
バッテリー:最大16時間
ボリュームコントロール:後端ダイヤルを前後
マイクミュートボタン:後端スイッチON/OFF
保証:2年
付属品:1×ワイヤレスUSBトランスミッター、1×USB充電用ケーブル (1.8m)、1×クイックスタートガイド
本体サイズ:160mm x 100mm x 205mm
本体重量:約330g
パッケージサイズ:210.0(L) x 108.0(W) x 233.0(H) mm
パッケージ重量:約570g


製品情報ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
スマッシュコア エンターテインメントの声優オリジナルパソコンに小岩井ことりさんが登場
小さいけどCoffee Lake-S R搭載!ユニットコムの「iiyama PC」ブランドから小さくてスリム、しかも超パワフルなコンパクトPCが登場
ベンキュージャパンからIPSパネルの高画質と144Hzのリフレッシュレート、DisplayHDR400に対応した27型ゲーミングモニター「EX2780Q」
日本エイサーからHDR10対応のフルHDゲーミング対応IPS液晶ディスプレイ
前世代より性能1.5倍速い!インバースネットからGeForce GTX 1660 SUPER搭載デスクトップ6機種






自治会、理事会、PTA活動の必須ソフト!便利な新聞作成ソフト「パーソナル編集長 Ver.14」発売

パーソナル編集長 Ver.14

ソースネクストは、2019年11月21日(木)に、新聞作成ソフトの最新版「パーソナル編集長 Ver.14」(1万7,900円)と1つ前のバージョンから機能を厳選した「パーソナル編集長 Ver.13 Select」(5,400円)を同社サイト上で発売する(いずれも税別)。

■誰でも簡単に新聞やチラシ、会報が作れる
縦組みの美しい文字組みが特長の本シリーズは、誰でも簡単に、本格的な新聞やチラシ、冊子、会報などが作れるソフト。本バージョンでは、スマートフォンなどで読み取れるQRコードを作成できる機能のほか、月間スケジュールが作れる便利な機能などを多数搭載した。なお、「パーソナル編集長 Ver.14」のパッケージ版は、2020年1月24日(金)に発売される。

本製品は、誰でも簡単に、本格的な新聞やチラシ、冊子、会報などが作れるソフトで、横組みはもちろん、縦組みの美しい文字組みが特長だ。豊富なサンプル、テンプレートとプロも納得の多彩な機能を搭載している。はじめてでもテンプレートを選んで、文字・画像を選んで入れるだけの簡単3ステップで完成。また、目的のサイズでの印刷や用途に合わせた様々なデータ形式への出力が可能だ。

■「パーソナル編集長」シリーズ製品概要
製品名        : 「パーソナル編集長 Ver.14」
価格         : 17,900円(税別)
発売日        : ダウンロード版 2019年11月21日(木)/パッケージ版 2020年1月24日(金)

製品名        : 「パーソナル編集長 Ver.13 Select」
価格         : 5,400円(税別)
発売日        : ダウンロード版 2019年11月21日(木) ※ダウンロード版のみです。

製品内容       : DTPソフト

■「パーソナル編集長」シリーズ動作環境
対応OS      : WindowsR10/8.1/7 (いずれも32ビット/64ビット版)
         ※各日本語版のみ。64bitOSではWOW64モードで動作します。
メモリ      : 各OSが推奨する容量
インストール容量 : 「パーソナル編集長 Ver.14」 約750MB/ 「パーソナル編集長 Ver.13 Select」 約650MB
※Windowsがインストールされているドライブに、50MB以上の空き容量が必要。
※利用環境、使用するデータによってはさらに多くのディスク領域が必要。
解像度 : 1024×768以上、色数:16ビットカラー以上必要
※ディスプレイの設定で96DPI、120DPI以外は、動作保証外。


image1

image2

image3

image4

image5

image6


©SOURCENEXT CORPORATION

「パーソナル編集長 Ver.14」シリーズ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
着たままコンビニも行けちゃう恥ずかしくないダメ着!自然な見た目のポンチョ型ゲーミング着る毛布「ダメ着4G LITE(フォージーライト)」登場
きさまら全員刀の錆にしてやるぜ!『ゆるキャン△』リンちゃんの鉈(なた)が日野浦刃物工房「味方屋作」から登場
2020年のライブツアーも決定!岸洋佑プレゼンツ「THE ONEMEN’S LIVE TOUR」ファイナルツアー鑑賞レポート
よりアグレッシブに楽しさ満載!スポーツから音楽番組までスカパー!が変わる「スカパー! メディアラウンドテーブル 2019・秋」開催
全国高等学校eスポーツ連盟、北米教育eスポ―ツ連盟と活動連携に向けて基本合意。教育的視点から、eスポーツを通じた国際交流を推進






その姿スタイリッシュ!リンクスからフルアルミシャーシ採用ボディにハンドメイドの木製スタンドが付くMini-ITX対応PCケース

Taku

リンクスインターナショナルは、フルアルミシャーシ採用ボディにハンドメイドの木製スタンド、モニタースタンド型Mini-ITX対応PCケース「CRYORIG Taku」をリンクスインターナショナル直販サイトにて2019年11月15日より発売する。価格は4万5,252円(税込)。

Takuは、モニタースタンド型のMini-ITX対応PCケース。フルアルミシャーシとハンドメイドの木製スタンドの組み合わせにより、インテリアと調和したデザインを実現した。天板には15kgまでのモニターを設置でき、下部には460mmまでのキーボードを収納することでデスクトップスペースを最大限に活用することが可能だ。最大280mmを確保した拡張カードスペース、高さ48mmまでのCPUクーラーに対応し、1つの3.5インチシャドウベイ、2つの2.5インチ専用シャドウベイを備えている。

■製品概要
カラー:シルバー
3.5 インチシャドウベイ:1
2.5 インチ専用シャドウベイ:2
拡張スロット:2
拡張カードスペース:最大280mm
対応CPUクーラー高さ:最大48mm
対応電源:SFX / SFX-L 規格電源 ※45cm 以上のSATA 電源ケーブル推奨
対応マザーボード:Mini-ITX
標準搭載ファン:1×92mm システムファン
フロントポート:2×USB 3.0、1×Audio in/out
保証期間:2年
本体サイズ:310mm x 570mm x 142mm(DxWxH)
本体重量:約5.3kg
パッケージサイズ:450mm x 708mm x 207mm(DxWxH)
パッケージ重量:約7.6kg


製品情報ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
小さいけどCoffee Lake-S R搭載!ユニットコムの「iiyama PC」ブランドから小さくてスリム、しかも超パワフルなコンパクトPCが登場
ベンキュージャパンからIPSパネルの高画質と144Hzのリフレッシュレート、DisplayHDR400に対応した27型ゲーミングモニター「EX2780Q」
日本エイサーからHDR10対応のフルHDゲーミング対応IPS液晶ディスプレイ
前世代より性能1.5倍速い!インバースネットからGeForce GTX 1660 SUPER搭載デスクトップ6機種
1億回の打鍵に耐える!RAZERから新方式のスイッチを採用したゲーミングキーボード「Huntsman Tournament Edition- Linear Optical Switch」



AC-54K Black AC-54K Black
リンクスインターナショナル
2017-07-01



デルのプロフェッショナルシリーズモニターに27インチワイドの「P2720D」と「P2720DC」が登場

bc682114-e99f-4637-84e6-fddfa0a813be

デルは、表示の改善と生産性の向上を実現する「Dell プロフェッショナルシリーズ P2720D 27インチワイドモニタ-(以下P2720D)」、「Dell プロフェッショナルシリーズ P2720DC 27インチワイド USB-Cモニター(以下P2720DC)」を発売した。価格はP2720Dが5万1,800円(税抜、送料込み)、P2720DCが5万6,800円(税抜、送料込み)。

「P2720D」は、作業スペースが広がり、すべての重要なタスクがさらに見やすくなった27インチQHDモニターとして、表示の改善と生産性の向上を実現する。「P2720DC」は、作業スペースを拡張する27インチQHD USB Type-Cモニターとして、さらに多くの作業を行うことができる。また、ケーブルが散乱することなく、すべての重要なタスクをより的確に表示できるため、生産性の変革をもたらすとしている。

6cfdbb50-59ff-45a7-af18-3dd7de26e047


デル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ベンキュージャパンからIPSパネルの高画質と144Hzのリフレッシュレート、DisplayHDR400に対応した27型ゲーミングモニター「EX2780Q」
日本エイサーからHDR10対応のフルHDゲーミング対応IPS液晶ディスプレイ
前世代より性能1.5倍速い!インバースネットからGeForce GTX 1660 SUPER搭載デスクトップ6機種
1億回の打鍵に耐える!RAZERから新方式のスイッチを採用したゲーミングキーボード「Huntsman Tournament Edition- Linear Optical Switch」
ロジクールから同社初のキースイッチ交換に対応するテンキーレスキーボード「PRO Xゲーミングキーボード」






CherryMXスイッチユーザー必須のメンテキット!メンテナンスに超便利な「メカニカルスイッチメンテナンスキット」

459636-6

上海問屋は、メカニカルスイッチメンテナンスキットを発売した。価格は690円(税別)。

本製品は、CherryMX互換メカニカルスイッチを搭載したキーボードのメンテナンスで使用するツール類のセットだ。キーキャップの引き抜き工具2種、掃除用ブラシ、静音化リング、スイッチ引き抜き工具などよく使うツールがひと揃えになっているので手元に置いておくと役に立つかも。

■製品仕様
対応・・・・CherryMX互換キーボード
内容物・・・・キーキャップ抜き(プラタイプ)
キーキャップ抜き(メタルタイプ)
スイッチ抜き
ブラシ
静音化リング(※数量にばらつきがあります。入数は約100個前後です。)
製品保証・・・・購入後 初期不良2週間


メカニカルスイッチメンテナンスキット

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
日本エイサーからHDR10対応のフルHDゲーミング対応IPS液晶ディスプレイ
前世代より性能1.5倍速い!インバースネットからGeForce GTX 1660 SUPER搭載デスクトップ6機種
1億回の打鍵に耐える!RAZERから新方式のスイッチを採用したゲーミングキーボード「Huntsman Tournament Edition- Linear Optical Switch」
ロジクールから同社初のキースイッチ交換に対応するテンキーレスキーボード「PRO Xゲーミングキーボード」
サードウェーブ、令和元年台風第19号被災地を対象とした、PC無料修理および無償レンタルサービスの提供を開始






ベンキュージャパンからIPSパネルの高画質と144Hzのリフレッシュレート、DisplayHDR400に対応した27型ゲーミングモニター「EX2780Q」

LL_img_197859_1

ベンキュージャパンは、ゲーム向け液晶ディスプレイの新製品として、IPSパネル採用、144Hzのリフレッシュレート、DisplayHDR400対応の27型 WQHD(2560x1440)ゲーミングモニター「EX2780Q」を、2019年11月22日より発売する。

「EX2780Q」は、WQHD高解像度とIPSパネルを備え、驚くほど鮮明な映像とともに、144Hzのリフレッシュレート対応や、暗い場面での視認性を高めるBlack eQualizer、色の鮮明さを調整するColor Vibranceを搭載する。

さらにDisplayHDR400対応、それによりsRGB色空間カバー率100%、DCI-P3色空間カバー率95%となっており、広色域及び10-bit色深度による美麗画質を楽しめる。また本機には、BenQ初となる2.1チャンネルのスピーカーを搭載。2W×2+5W サブウーファーにより、幅広い臨場感とパワフルな音に没入しながら最高のHDRゲーム品質を体感できる。すべての設定にアクセスできるリモコンも付属。

DisplayPort1.4、HDMI 2.0×2やUSB Type-Cを搭載することで、ゲームだけでなく自宅での映画や動画視聴などホームエンターテインメントも快適に楽しめる仕様となっている。

■「EX2780Q」製品仕様表
製品名            :EX2780Q
サイズ / パネル / バックライト:27インチワイド / IPS / LED
筐体色            :メタリックグレー×ブラウン
JANコード           :4544438015145
解像度            :WQHD(2560×1440)
表示サイズ          :596.7×335.7mm
表示色            :約10億7000万色
画素ピッチ / 画素密度     :0.233 mm / 109ppi
アスペクト比         :16:9
コントラスト比        :1000:1(DCR 20,000,000:1)
輝度(cd / m2)         :350cd / m2(HDR再生時は最大400cd / m2)
視野角(左右 / 上下)     :左右:178° / 178°
応答速度           :GTG 5ms
水平 / 垂直周波数       :30~222KHz/40-144Hz
ティルト角度         :上下:-5°/15°
VESA規格           :○(100×100mm)
電源             :内蔵
消費電力 最大 / 標準 / エコ :最大70W / 標準30W /エコ―なし
スピーカー          :2.1ch(2W×2+5W サブウーファー)
ヘッドホン出力端子      :○
入出力端子          :HDMI 2.0×2 /Display Port 1.4 /
                USB Type-C
付属ケーブル         :電源ケーブル / HDMIケーブル / (各約1.8m)
                USB Type-Cケーブル(約1.0m)
その他付属品         :クィックスタートガイド /
                ドライバーCD / 保証書 /リモコン
本体サイズ(W×H×D)       :614×459.7×196mm
梱包状態サイズ(W×H×D)     :730×469×148mm
本体重量/梱包重量       :約5.9Kg / 7.7kg
AMA                   :○
Black eQualizer             :○
Color Vibrance              :○
フリッカーフリー             :○
ブルーライト軽減             :○
ブルーライト軽減プラス          :―
ブライトネスインテリジェンス(B.I.)    :―
ブライトネスインテリジェンスプラス(B.I.+):○
保証期間                 :3年保証(パネル、ライトは1年保証)


ベンキュー ジャパン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
日本エイサーからHDR10対応のフルHDゲーミング対応IPS液晶ディスプレイ
前世代より性能1.5倍速い!インバースネットからGeForce GTX 1660 SUPER搭載デスクトップ6機種
1億回の打鍵に耐える!RAZERから新方式のスイッチを採用したゲーミングキーボード「Huntsman Tournament Edition- Linear Optical Switch」
ロジクールから同社初のキースイッチ交換に対応するテンキーレスキーボード「PRO Xゲーミングキーボード」
サードウェーブ、令和元年台風第19号被災地を対象とした、PC無料修理および無償レンタルサービスの提供を開始




7

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ