ITライフハック

スマホ全般

楽天モバイルが5千人を対象に音声・データ通信サービスを無償で提供する「無料サポータープログラム」への受付を10月1日より開始 -

20190906New_logo

楽天モバイルは2019年10月1日(火)より携帯キャリア事業としてのサービスへの受付を開始し、まずは5,000名を対象に、音声・データ通信を無償で利用できる「無料サポータープログラム」を実施する。その後、対象者を順次数万名へ拡大する予定だ。

「楽天モバイル」は、世界初となるエンドツーエンドの完全仮想化クラウドネイティブネットワークを提供する。顧客への安定したネットワーク品質の提供を担保し、お客様からサービスやネットワークへの意見・要望をもとに迅速に改善を行うため、まずは5,000名を対象に「無料サポータープログラム」を実施する。

本プログラムは、2019年10月1日(火)より「楽天モバイル」Webサイトでの受付を開始し、2020年3月31日(火)まで提供する。なお、有料の正式なプランを2020年3月31日までに開始した場合には「無料サポータープログラム」自体は終了となるが、同プログラムを継続利用する人には、プランの切替後も2020年3月31日まで、アンケート等のモニター調査に協力する対価として、通信料金と同額程度のモニター報酬が支払われる。

■応募手順
2019年10月1日(火)午前0時00分から10月7日(月)午前9時59分までの間、「楽天モバイル」ウェブサイト内「無料サポータープログラム」申込ページより、申し込みを受け付け。

■申し込み後の手続き
申し込んだ人には、10月11日(金)より順次、案内のメールを送付する。申込者多数の場合には、抽選のうえ案内する。契約情報の登録および本人確認を完了した人から、専用SIMカードまたは専用SIMカードと購入製品のセットが順次発送される。

また2019年10月より、スマートフォン7機種、Wi-Fiルーター2機種を発売する。そのうち、Galaxyブランドの2製品はMVNOサービスを含む「楽天モバイル」で初めての取り扱いとなる。新製品は「無料サポータープログラム」、およびMVNOサービスのいずれも利用できる。

なお、本新製品および「楽天モバイル」が今後販売する機種は、すべてSIMロックのかかっていない「SIMロックフリー」となる。新製品情報は、「無料サポータープログラム」紹介ページにて確認可能だ。

「楽天モバイル」の携帯キャリアサービスは、2019年10月より全国で利用可能。自社ネットワークサービスエリアは「東京23区、名古屋市、大阪市および兵庫県の一部」となる。東京23区、名古屋市、大阪市以外の地域においてはKDDIおよび沖縄セルラー電話とのローミング協定に基づきネットワークの提供(トラヒック混雑エリアを除く)を受けることで、サービス開始時より日本全国でLTE通信サービスを提供する。ネットワーク対象地域の詳細は、2019年9月24日以降、「楽天モバイル」のサービスページより確認できる。

自社ネットワークの提供エリアは順次拡大していく予定だ。KDDIおよび沖縄セルラー電話とのローミング協定は、提供期間を2026年3月末までと定め、その期間内に「楽天モバイル」は自社で全国ネットワークの構築を着実に進め、完成した地域から順次、自社ネットワークへ切り替えを行っていく。

20190906概要

20190906schedule

20190906device_image_final
20190906製品表


無料サポータープログラム

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
青函トンネルの全区間で携帯電話サービスが利用可能に
NTTドコモ、「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」で5Gプレサービスを提供
G&Rジャパンからハイパーパフォーマンス時計ブランド「Gorilla」の夏モデル登場
「Galaxy S10/S10+」発売を記念して、えなこ×Galaxyコスチュームでツーショット撮影会実施
富士山頂の一部でWiMAX 2+が利用可能に






青函トンネルの全区間で携帯電話サービスが利用可能に

12c21bea92ce901d4097be79bf244924_m

ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIは、青函トンネル内における携帯電話のサービスエリア拡大や品質向上を目的に、北海道旅客鉄道と共同でエリア整備を進めているが、このたび「青函トンネル(青森県側入り口)~竜飛定点(旧竜飛海底駅)」間および「青函トンネル(北海道側入り口)~吉岡定点(旧吉岡海底駅)」間で、2019年9月5日から携帯電話サービスの提供が開始される。

これにより青函トンネルの全区間で、携帯電話サービスを快適に利用できるようになる。

1. サービス開始日
2019年9月5日(木) 始発列車からサービス開始予定

2. サービスエリア拡大区間
青函トンネル(青森県側入り口)~竜飛定点(旧竜飛海底駅)間(約13.6km)
青函トンネル(北海道側入り口)~吉岡定点(旧吉岡海底駅)間(約17.0km)

[注]青函トンネル 「竜飛定点(旧竜飛海底駅)~吉岡定点(旧吉岡海底駅)」間では、すでに2019年4月17日から携帯電話サービスを利用できる。

3. サービス提供事業者
ソフトバンク(ワイモバイル)
NTTドコモ
KDDI


プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
NTTドコモ、「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」で5Gプレサービスを提供
G&Rジャパンからハイパーパフォーマンス時計ブランド「Gorilla」の夏モデル登場
「Galaxy S10/S10+」発売を記念して、えなこ×Galaxyコスチュームでツーショット撮影会実施
富士山頂の一部でWiMAX 2+が利用可能に
阪神タイガース承認済オリジナルデザインのモバイルバッテリー



プロジェクトX 挑戦者たち 友の死を越えて ~青函トンネル・24年の大工事~ [DVD]
国井雅比古、久保純子、膳場貴子 ほか
NHKエンタープライズ
2011-01-21



NTTドコモ、「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」で5Gプレサービスを提供

名称未設定-1

NTTドコモ(以下、ドコモ)は、「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」が開催される全国8会場のスタジアムおよび、ドコモが主催するライブビューイング会場で、試合を多視点で同時視聴できる「マルチアングル視聴」や「ライブビューイング」などの新たな観戦スタイルと報道・中継スタイルを、5Gプレサービスの一環として2019年9月20日(金)から提供する予定だ。

商用サービス開始時と同等の5Gネットワーク環境を一般のユーザーに提供するのは日本で初めて。

■スタジアムでの取り組み
全国8会場のスタジアムを5Gエリア化して実施する。

○マルチアングル視聴
概要;スタジアムで観戦しながら、ドコモが用意する5G端末5で試合を多視点でリアルタイムに視聴できる。
実施場所:8会場のスタジアム(客席)

○報道写真のアップロード
概要:スタジアムで撮影した報道写真を、5G端末5を利用してアップロードすることで報道業務の自由度と即時性を向上する。
実施場所:2会場のスタジアム

■ライブビューイング会場での取り組み
一般のユーザーにも5Gサービスを体験できる環境を用意する。参加者はドコモの特設サイトにて募集する。

○ライブビューイング
概要:複数の高精細映像や音声などの情報を5G通信で伝送し、スタジアム外においても迫力ある試合観戦を楽しめる。
実施場所:ベルサール汐留

○マルチアングル視聴
概要:ライブビューイングで試合観戦をしながら、ドコモが用意する5G端末で試合を多視点でリアルタイムに視聴できる。
実施場所:ベルサール汐留

その他、マルチアングル視聴など、5Gを疑似体験できるブースを全国16か所の試合会場および「ファンゾーン」に開設する。

NTTドコモ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
G&Rジャパンからハイパーパフォーマンス時計ブランド「Gorilla」の夏モデル登場
「Galaxy S10/S10+」発売を記念して、えなこ×Galaxyコスチュームでツーショット撮影会実施
富士山頂の一部でWiMAX 2+が利用可能に
阪神タイガース承認済オリジナルデザインのモバイルバッテリー
これからの季節に最適!癒しと快適さがコラボした手動扇風機つきのiPhoneX用ケース

5Gビジネス (日経文庫)
亀井 卓也
日本経済新聞出版社
2019-06-15





富士山頂の一部でWiMAX 2+が利用可能に

富士山2019

UQコミュニケーションズは、富士山の登山客がインターネット通信を利用できるよう、富士山頂の一部において、期間限定でWiMAX 2+サービスの提供エリアを拡大する。

■WiMAX 2+サービスの提供場所および提供期間
提供中:富士宮口ルート登山道、富士宮口ルート五合目(8月下旬終了予定)
提供開始予定
富士宮口ルート六合目:6月下旬予定
吉田口・須走口ルート 頂上付近:7月上旬予定
富士山頂:7月上旬予定


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
阪神タイガース承認済オリジナルデザインのモバイルバッテリー
九州新幹線のトンネル内における携帯電話のサービスエリアが拡大
iPhoneを充電しながら大切なデータを簡単にバックアップできる「Qubii」
ドッキングステーション並みの高性能!ベルキンから薄さ約1.5cm、重さ135g、手のひらサイズの万能Type-Cマルチハブ
JAPANNEXT、15.6型フルHD Type-C モバイルディスプレイ「JN-MD-IPS1506FHDR」を発売






九州新幹線のトンネル内における携帯電話のサービスエリアが拡大

4513817b20095b101411078dd12f79e9_s

ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIは、九州新幹線 「新八代駅~新水俣駅」間のトンネル内で、2019年7月16日から携帯電話サービスの提供を開始する。

すでに九州新幹線 「新八代駅~新水俣駅」間の5トンネル内(総延長約12.7km)は、2018年11月1日(木)から携帯電話サービスの提供を開始しており、今回のサービス拡大区間とあわせることで「博多駅~新水俣駅」間で携帯電話サービスが利用可能となる。今後も、サービスエリア拡大や品質向上と利用しやすい環境の整備を進めていくとしている。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
iPhoneを充電しながら大切なデータを簡単にバックアップできる「Qubii」
ドッキングステーション並みの高性能!ベルキンから薄さ約1.5cm、重さ135g、手のひらサイズの万能Type-Cマルチハブ
JAPANNEXT、15.6型フルHD Type-C モバイルディスプレイ「JN-MD-IPS1506FHDR」を発売
リンクスよりCORSAIRブランドの最大解像度12000dpiで超軽量85gを実現した超軽量コンパクトゲーミングマウス
かまってちゃん&お節介好きにたまらない!姿勢チェックや休憩を促すお節介なPCスタンド「nocnoc base」






海外でWi-Fiレンタル不要!世界100か国以上でデータ通信が使えるクラウドSIM搭載スマートフォン「jetfon P6 / FREETEL P6」

main

MAYA SYSTEMは、海外ローミングや海外Wi-Fiレンタルに変わる新しい海外での通信手段として、1日380円から世界100か国以上でデータ通信が利用できるスマートフォン「jetfon P6」、「FREETEL P6」を発表した。

jetfon P6、 FREETEL P6はどちらも製品仕様は同一だが、 jetfon P6は主にローミングや海外Wi-Fiレンタルといった、既存の海外でのデータ通信手段を置き換えるアウトバウンド向けのトラベルフォンブランドとして、またFREETEL P6は日本で格安SIMなどを組み合わせて利用するSIMフリーブランドとして、異なる2ブランドで展開される。

jetfon P6は2019年5月14日(火)に全国の販売店やMAYA SYSTEMの法人直販、公式オンラインショップで発売開始。 FREETEL P6は公式オンラインショップ限定商品として5月下旬から6月上旬に発売開始予定だ。どちらの製品も販売価格はオープンプライスだが、公式オンラインショップでの参考価格は1万6,800円(税抜)となっている。

クラウドSIMテクノロジーとは、クラウド上に世界各国のSIMを格納し、その中から最適なSIMを読み込むことでデータ通信を可能にする技術だ。データ通信を専用アプリから利用できるため、海外Wi-Fiレンタルのように、事前申込や空港で受取・返却をする手間がないのが特徴だ。

価格も安く抑える事ができ、一般的な海外ローミング980円/日、海外Wi-Fiレンタル680円/日に比べ、クラウドSIMは380円/日から利用できる。

jetfon P6を5月14日(火)から6月13日(木)の期間に購入した人には、2020台限定で、世界100か国以上で30日間使える海外データ通信2GBまたは国内20GBのチャージコードをプレゼント。チャージコードは2020年5月末まで入力できるため、30日間の利用開始タイミングは1年間の間に任意に選択できる。

またプレゼントのデータ容量を利用後は128kbpsの低速モードで30日間利用できるので、旅先で容量不足になっても完全にネットから遮断される事はない。1日380円からの低料金で高速なデータ通信をいつでも追加で購入できる。

旅先にもよるが、一般的な海外Wi-Fiでは複数国で利用する際には料金が上がるため、渡航先また利用するデータ量によってはjetfon P6の本体価格を含んでも海外Wi- Fiレンタル1回の利用料よりもお得に利用できる。

■(例)A社 海外Wi-Fiを1日600MBのヨーロッパ周遊プランで10日間レンタルした場合。 1日1880円×10日間で1万8,800円(同社調べ)

なおjetfonの場合、レンタルサービスと異なり2回目以降は本体の価格が不要。安価なデータ通信料金のみで海外で利用できるため、生涯2回以上海外に渡航予定がある人や、長期での旅行や出張、短期留学時にデータ通信費用を節約できる。

■―代表的な渡航先での30日間のデータ料金例
2か国以上で利用の場合
ヨーロッパ周遊 3GBデータパック30日間:3,980円
アジア周遊 3GBデータパック30日間:3,980円
1か国でご利用の場合
アメリカ 3GBデータパック30日間:2,980円
中国、韓国、台湾はそれぞれ3GBデータパック30日間:1,880円

累積でのデータ通信費用(ヨーロッパに5回周遊した際。同社調べ)

FREETEL P6を、発売日前の5月13日(月)から事前購入すると、500台の台数限定で、通常価格1万6,800円(税抜)のところを、1万4,800円(税抜)で購入できる。また格安SIMとセットで購入したい人には、OCNモバイルONEとのSIMセット商品を本体価格980円(税抜)で提供する予定だ。こちらも台数または期間限定で5月下旬に提供予定となる。

■jetfon P6 / FREETEL P6製品の特徴
1.世界でつながる通信技術、「クラウドSIMテクノロジー」が進化
 ― 海外渡航時にWi-Fi環境が無くてもアプリからつながるように
 ― ネットワーク切り替えボタンを追加。電波状況の良いSIMに切り替え可能に
2.臨場感あふれる映像を楽しめる5.7インチ 18:9のワイドディスプレイ搭載
3.Wi-Fiの代わりとしても使える3,400mAhの長持ちバッテリー搭載
 連続テザリング時間:27時間(1台接続時)、連続通話時間:26時間
4.テザリング最大接続台数5台。 1日380円からのデータ通信を5人でシェアすれば、 1日76円から利用できる
5.デュアルカメラを搭載し、多彩な撮影モードに対応
 オート撮影、ぼかし撮影、美顔モード、パノラマモード
6.DSDV機能搭載で、高音質通話のVoLTEで同時待ち受けが可能に

sub4

sub5

sub6

sub7

sub8


jetfon P6 / FREETEL P6

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
選手とつながるラグビーアプリ「RUGGERS」提供開始
インスタ映えしまくりの真上からの俯瞰(ふかん)写真が手軽に撮れるスマホ用アームスタンド
藤倉コンポジットからコップ一杯の水で充電できる非常用モバイル充電器「アクアチャージ」
青函トンネル内での携帯電話サービスを開始
iPhone/iPadを有線LAN化してネットの速度と不安定さを改善!「iPhone用lightning有線LAN充電アダプタ」






選手とつながるラグビーアプリ「RUGGERS」提供開始

201904251303005cc13174dad0d

日本ラグビーフットボール選手会は、選手とファンがつながるコミュニケーションアプリ「RUGGERS」の提供を開始した。アプリの開発・運用はTHReee entertainmentが行う。

「RUGGERS」は、ラグビー選手会が運営主体を務め、ファンと選手がつながる新しいラグビーアプリ(メディア)。

主な機能としては以下4つがある。

(1)タイムライン選手からのラグビー情報や、日常のつぶやきをチェック。好きな選手をフォローして、コメントを投稿すれば、直接やり取りすることも!

(2)記事ピックラグビーやその周辺ニュースを、選手自身がコメントと共にピックアップ。選手ならではの視点で、ラグビーをもっと楽しめる!

(3)選手プロフィール選手たちが自ら書いたプロフィールを公開。趣味や特技をはじめ、ここにしかないファン垂涎のマニアックな情報も見ることができるかも?

(4)ボーナス特典デイリーログインや試合会場でのチェックインなどでメダルをゲット。貯まったメダルで豪華特典が当たる(抽選)スクラッチにチャレンジ!


本アプリには、ラグビー選手会に所属する500名以上のトップリーガーが参加する予定だ。本アプリを通じた収益の一部は、ラグビー選手会によって今後のラグビー界の継続的な発展へと繋げていく予定となっている。

App Store
Google Play

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
インスタ映えしまくりの真上からの俯瞰(ふかん)写真が手軽に撮れるスマホ用アームスタンド
藤倉コンポジットからコップ一杯の水で充電できる非常用モバイル充電器「アクアチャージ」
青函トンネル内での携帯電話サービスを開始
iPhone/iPadを有線LAN化してネットの速度と不安定さを改善!「iPhone用lightning有線LAN充電アダプタ」
iPhoneがインスタントカメラに大変身!動く写真を印刷できるモバイルプリンタ「Lifeprint」に新モデルが登場






青函トンネル内での携帯電話サービスを開始

12c21bea92ce901d4097be79bf244924_s

ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIは、青函トンネル内における携帯電話のサービスエリア化や品質改善を目的に、北海道旅客鉄道株式会社と共同でエリア整備を進めているが、このたび青函トンネル 「竜飛定点(旧竜飛海底駅)~吉岡定点(旧吉岡海底駅)」間において、携帯電話サービスの提供を開始すると発表した。2019年4月17日(水)始発列車からサービス開始予定。

これにより、上記区間のトンネル内において、携帯電話サービスを快適に利用できるようになる。

なお「青函トンネル(青森県側入り口)~竜飛定点(旧竜飛海底駅)」間および「青函トンネル(北海道側入り口)~吉岡定点(旧吉岡海底駅)」間は、現在対策工事を実施中だ。

プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
iPhone/iPadを有線LAN化してネットの速度と不安定さを改善!「iPhone用lightning有線LAN充電アダプタ」
iPhoneがインスタントカメラに大変身!動く写真を印刷できるモバイルプリンタ「Lifeprint」に新モデルが登場
ノートPC・タブレット・スマホ これ一台でOKのスタンド
NTTドコモ、VR空間でスポーツ観戦できるサービス「docomo Sports VR powered by DAZN」のトライアル提供を開始
給電しながら多くのUSB機器を動かせるPD対応USB Type-Cドッキングステーション



海峡
高倉健
2013-11-26



NTTドコモ、VR空間でスポーツ観戦できるサービス「docomo Sports VR powered by DAZN」のトライアル提供を開始

_prw_PI1lg_7kVasSbA

NTTドコモは、2019年3月8日(金)から2019年3月31日(日)までの期間限定で、VR技術を活用したスポーツコンテンツ配信サービス「docomo Sports VR powered by DAZN」を提供する。

本サービスは、専用アプリ「docomo Sports VR powered by DAZN」をダウンロードしたスマートフォンやタブレット、VRデバイスを使用して、VR空間内のバーチャルVIPルームでスポーツ観戦のライブ・アーカイブを楽しめるサービス。ユーザーがマルチアングルで視聴できる機能や、リアルタイムに更新される試合情報(スタッツ)を閲覧しながら観戦できる機能をはじめとするさまざまな機能により、これまでにない新たなスポーツ観戦体験を提供する。

提供コンテンツとして、明治安田生命J1リーグの3試合を、DAZN Group、日本プロサッカーリーグおよびJリーグメディアプロモーションの協力を得て配信する。また、本アプリについては、ドコモと電通が共同開発した。

さらに、本サービスの提供を記念して、出前・フード宅配サービス「dデリバリー」とのコラボキャンペーン「docomo Sports VR × dデリバリーキャンペーン」を実施する。

■「docomo Sports VR powered by DAZN」サービス概要
サービス名称:docomo Sports VR powered by DAZN
サービス提供期間:2019年3月8日(金)午前10時~2019年3月31日(日)午後11時59分
サービスの利用方法:対応端末に記載の端末に本アプリをインストールすることで利用可能。映像の視聴に際しては無料のdアカウントでのログインが必要となる。dアカウントを持っていない人はdアカウンサイト (https://id.smt.docomo.ne.jp/)から登録。
サービス概要:まるでスタジアムのVIPルームから観戦しているかのようなVR体験を以下の4つの機能と共に提供する。
①ユーザーの好きなタイミングで複数の視点切り替えができる「マルチアングル視聴」
機能
②リアルタイムに更新されるプレー情報を閲覧しながら観戦できる「スタッツ表示」機

③アバターを使って友人と会話しながら観戦体験共有ができる「ソーシャル観戦」機能
※友人との観戦体験にはFacebookアカウントの保有、及び同アカウントのID及びパスワードの認証が必要。
④観戦の合間に出前注文や電子雑誌閲覧ができる「サービス連携」機能
放映試合:以下の3試合を予定している。
3月10日(日)午後2時~ ベガルタ仙台VSヴィッセル神戸(ユアテックスタジアム仙台)ライブ中継/アーカイブハイライト
3月17日(日)午後2時~ 北海道コンサドーレ札幌VS鹿島アントラーズ(札幌ドーム)ライブ中継/アーカイブハイライト
3月30日(土)午後7時~ 大分トリニータVSサンフレッチェ広島(昭和電工ドーム大分)ライブ中継
対応端末:
Android5.0以上に対応したスマートフォン・タブレット
※一部非対応機種がある。
iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、
iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、
iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XS、
iPhone XS MAX、iPhone XR、
iPad Air 2、iPad mini 4、12.9インチiPad Pro、
9.7インチiPad Pro、iPad(第5世代)、
12.9インチiPad Pro(第2世代)、
10.5インチiPad Pro、iPad(第6世代)、
iPad Pro(11インチ)、
iPad Pro(12.9インチ)(第3世代) iOS10.0以上 App Sto
re
Oculus Go/GalaxyS7以降ノGear VR Oculus Store
料金:本アプリはどなたでも無料で利用可能
※DAZN for docomoの契約は不要。アプリの利用にはパケット料金が必要。パケット料金が高額になる可能性があるので、Wi-Fi環境下で利用のこと。


docomo Sports VR powered by DAZN

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
iPhone Xを30分で半分まで充電できる高速充電が自慢な容量20000mAhのモバイルバッテリー
北陸新幹線トンネル内で携帯電話のサービスエリアが拡大
和の食材と洋菓子のアイデアを融合した「ホワイトデー スイーツ コレクション 2019」
いよいよ今週末に開催!「闘会議2019」見どころ満載の各ブース情報
1月24日は牛肉の日!吉野家では牛丼並のアタマが120%増し!

DAZN
DAZN
2019-02-27




北陸新幹線トンネル内で携帯電話のサービスエリアが拡大

e50240242e0e9efb9429a6a4098923c2_s

ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIは、北陸新幹線トンネル内における携帯電話のサービスエリア拡大や品質改善を目的に、西日本旅客鉄道と共同でエリア整備を進めている。このたび、「新親不知トンネル東側~糸魚川駅」間および「糸魚川駅~峰山トンネル西側」間においても携帯電話サービスの提供を開始する。

これにより、上記区間のトンネル内において、携帯電話サービスを快適に利用できるようになる。

■サービス概要
1.サービス開始時期
「新親不知トンネル東側~糸魚川駅」間 2019年2月22日(金) 始発列車からサービス開始予定
「糸魚川駅~峰山トンネル西側」間 2019年3月15日(金) 始発列車からサービス開始予定

2.サービス開始区間
「新親不知トンネル東側~糸魚川駅」間および「糸魚川駅~峰山トンネル西側」間(10トンネル、総延長約27km)

3.サービス提供事業者
ソフトバンク(※“ワイモバイル”の携帯電話も利用可能)
NTTドコモ
KDDI

プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
和の食材と洋菓子のアイデアを融合した「ホワイトデー スイーツ コレクション 2019」
いよいよ今週末に開催!「闘会議2019」見どころ満載の各ブース情報
1月24日は牛肉の日!吉野家では牛丼並のアタマが120%増し!
ポケモンラインナップは151種類!Original Stitchからオリジナルプリント生地使用の「ポケモンシャツ」
スパイダーマンのリアルな振動、衝撃が体験できる新感覚ムービーアトラクションが渋谷に登場






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ