ITライフハック

スマホ全般

休校や休業延長で先の見えない新型コロナ感染被害!楽天モバイルが直営ショップを臨時休業にすることを決定

rakuten

4月に入っても、まったく先が見通せない状況が続いている。中には雇止めにあった人、新卒入社の内定が取り消された人、開店休業状態が続いている飲食店など、新型コロナウイルスの感染被害は、とどまるところを知らない。

楽天モバイルは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、本日2020年4月2日(木)より順次、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県内の楽天モバイルショップを臨時休業すると発表した。

対象店舗、臨時休業の詳細については同社のWebサイトで随時更新される。

店舗紹介ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
複数人利用や有償貸し出しも可能なステーション型モバイルバッテリー5台&充電器のセット「オウルテックOWL-LPB50SET」
モバイルバッテリーは“持ち歩く”から“借りる”時代へ!INFORICHのレンタルモバイルバッテリー「ChargeSPOT」が便利過ぎる
300万人が開通日から1年間プラン料金無料!楽天モバイルが月額2,980円の国内通話無制限プラン「Rakuten UN-LIMIT」の先行申し込み受付の開始を発表
NTTドコモが次世代高速通信「5G」の高速性を象徴的に表現したアンドロイドと人類が協奏する未来のオーケストラ動画「爆奏オーケストラ」を公開!
東京電力エナジーパートナーのモバイルバッテリーレンタルサービス「充レン」 がサービスエリアを拡大し全国展開へ






300万人が開通日から1年間プラン料金無料!楽天モバイルが月額2,980円の国内通話無制限プラン「Rakuten UN-LIMIT」の先行申し込み受付の開始を発表

20200303_MNO_01

楽天モバイルは、携帯キャリアサービスにおいて月々の料金が2,980円で、楽天回線エリア内のデータ通信と自社開発のスーパーコミュニケーションアプリ「Rakuten Link」を利用した国内通話が無制限で利用可能となる「Rakuten UN-LIMIT」を発表した。また300万名を対象に本プランの料金が開通日から1年間無料となるキャンペーンも実施する。

■サービス提供開始は4月8日より
このプランは、2020年3月3日(火)16時よりオンラインでの新規契約の先行申し込み受付を開始するとともに、店舗での受付を3月4日(水)より開始する。「無料サポータープログラム」の参加者や、すでにMVNOサービスの「楽天モバイル」を利用している顧客の移行手続きの受付と、他社からのMNPによるオンラインおよび店舗での契約受付、本プランのサービス提供は4月8日(水)より開始する。

本プランは、シンプルで分かりやすく、国内海外問わず自由に、誰でも使いやすい料金をコンセプトとしている。プラン料金は月々2,980円で、楽天回線エリア内におけるデータ通信は無制限に、国内外のパートナーエリアにおいてはデータ容量それぞれ1か月2GBを利用可能だ。また、「Rakuten Link」アプリを利用することで、国内は通話とSMSを、海外は国内への通話とSMSを無制限に利用することができる。さらに月々980円で日本から海外への通話と海外間の通話がかけ放題となるオプションサービス「国際通話かけ放題」も4月8日(水)より提供する。

先行申し込み受付ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
NTTドコモが次世代高速通信「5G」の高速性を象徴的に表現したアンドロイドと人類が協奏する未来のオーケストラ動画「爆奏オーケストラ」を公開!
東京電力エナジーパートナーのモバイルバッテリーレンタルサービス「充レン」 がサービスエリアを拡大し全国展開へ
シルバー輝くアルミ合金製!折りたたんで持ち運べる小型・軽量なスマホスタンド上海問屋の「DN-915958」
INFORICHのスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」が東京メトロ駅構内に導入。有楽町駅設置をスタートに2月5日から順次展開開始
Androidがじわじわ増加中!改正電気通信事業法が中古スマホ市場にも大きく影響「中古スマホ取引データの分析結果」~マーケットエンタープライズ調べ~






NTTドコモが次世代高速通信「5G」の高速性を象徴的に表現したアンドロイドと人類が協奏する未来のオーケストラ動画「爆奏オーケストラ」を公開!

main

NTTドコモ(以下、ドコモ)は、 2020年春の商用サービス開始を予定している第5世代移動通信システム「5G」の速さを象徴的に表現したスペシャル動画『爆奏オーケストラ』を公開した。

本動画の舞台は、コンサートホール。オーケストラをまとめる指揮者には、人工知能(AI)を搭載したアンドロイド指揮者「オルタ3」を起用。オーケストラが演奏するのは、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ作曲の名曲『G線上のアリア』。「オルタ3」とオーケストラは、 3G、 4G、そして5Gそれぞれをイメージした速さで演奏する。徐々に表現豊かになる「オルタ3」の指揮に、果たしてオーケストラのメンバーはついていけるのか。早送りやCGなどの加工は一切なしで臨んだ『爆奏オーケストラ』の模様を見てみてはいかがだろうか。



『爆奏オーケストラ』

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
東京電力エナジーパートナーのモバイルバッテリーレンタルサービス「充レン」 がサービスエリアを拡大し全国展開へ
シルバー輝くアルミ合金製!折りたたんで持ち運べる小型・軽量なスマホスタンド上海問屋の「DN-915958」
INFORICHのスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」が東京メトロ駅構内に導入。有楽町駅設置をスタートに2月5日から順次展開開始
Androidがじわじわ増加中!改正電気通信事業法が中古スマホ市場にも大きく影響「中古スマホ取引データの分析結果」~マーケットエンタープライズ調べ~
UQコミュニケーションズからAlexaやWiMAXハイパワー対応で下り最大440Mbps「WiMAX HOME 02」が登場

5Gビジネス
亀井卓也
日本経済新聞出版社
2019-06-21





東京電力エナジーパートナーのモバイルバッテリーレンタルサービス「充レン」 がサービスエリアを拡大し全国展開へ

充レン

東京電力エナジーパートナーが提供する「充レン」は、2018年7月のサービス開始以降、ゆりかもめ沿線のお台場エリアを中心にサービスを提供するとともに、ユーザーの利用ニーズや利便性を検証してきた。同社は、2020年度中に約10,000台の設置を目指し、このたび、「充レン」の設置エリアを全国へ拡大すると発表した。

■江東区内のセブンイレブンと西武鉄道沿線等を中心に展開開始
まずは、これまでのエリアに加えて、東京都江東区内の一部のセブン-イレブン、西武鉄道沿線のファミリーマートと西武鉄道株式会社で共同展開している駅ナカ・コンビニ「トモニー」を含み、さらには、東急電鉄線沿線全駅(世田谷線は三軒茶屋・上町・下高井戸を予定、こどもの国線を除く)への設置に向けて、まずは東急東横線の自由が丘駅、日吉駅、横浜駅の各駅でのサービスを2月27日から開始する。

これにより、すでに設置している場所を含めると、利用できる「充レン」は計101台となる。また、4月以降順次、北海道のコンビニエンスストア「セイコーマート」や、関西の「京阪電気鉄道」、株式会社カプコンが全国で展開するアミューズメント施設「プラサカプコン」他でもサービスを開始する予定だ。

充レン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
シルバー輝くアルミ合金製!折りたたんで持ち運べる小型・軽量なスマホスタンド上海問屋の「DN-915958」
INFORICHのスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」が東京メトロ駅構内に導入。有楽町駅設置をスタートに2月5日から順次展開開始
Androidがじわじわ増加中!改正電気通信事業法が中古スマホ市場にも大きく影響「中古スマホ取引データの分析結果」~マーケットエンタープライズ調べ~
UQコミュニケーションズからAlexaやWiMAXハイパワー対応で下り最大440Mbps「WiMAX HOME 02」が登場
2年分の通信料込みで販売!子どもの見守りや大切な物の位置検索がスマホで簡単にできるソフトバンクの「どこかなGPS」






来店を促進したい!お店をもっと好きになってもらいたいなら、180万ダウンロードを突破した顧客管理・販売促進サービスアプリ「スタンプス(Stamps)」がいいかも

TOP

22Inc.が提供する顧客管理・販売促進サービス用のスマホアプリ「スタンプス(Stamps)」の累計ダウンロード数が、2020年1月で180万件を突破した。さらにより便利に活用してもらえるように同社は新機能の追加を含む大幅リニューアルを実施した。

このアプリは、様々な業種やブランド、ショップのスタンプカードやポイントカード、クーポンをスマートフォンで一元管理することができるアプリだ。サービス提供側は、来店促進やリピートにつながるスタンプカードやクーポンを同アプリ上で発行することができ、さらに店舗ごとの利用状況表示やリピート率の可視化、来店頻度や性別・年齢に応じたクーポン配布を自動で実施できる便利な機能を満載している。お店側、お客側共に使うメリットの大きなアプリと言えるだろう。

■有名飲食店にも導入が進む
近年、スマホアプリを使ったモバイルシフトが進む中、「スタンプス」は「ブロンコビリー」や「タパス&タパス」、「てけてけ」といった有名飲食店をはじめ、アパレルなどの小売店、美容室や宿泊施設といった幅広い企業に同アプリによるサービスを導入してもらえた結果、多くのユーザーたちに同アプリが利用されることとなった。相乗効果によって、アプリの累計ダウンロード数は急速に伸び、本年1月には180万件を突破することとなった。

001

アプリのダウンロードは、ダウンロードしただけで使わないユーザーではなく、実際にクーポンやスタンプ目当てのユーザーらによって行われており、これは実際に同アプリを利用しているユーザーが180万人以上存在していることを示している。

こうした実利用者数を考慮すれば、同アプリを自店舗に導入することで“お店のことをもっと好きになってもらえる”可能性が非常に高まる。もちろん顧客管理やスタンプサービスの拡充などを積極的に展開する必要はあるだろうがそうしたサービス展開も同アプリであれば、非常に楽に行えるようになっている。

■ITやモバイルへの投資が遅れている飲食・小売り業
1日当たりのモバイル利用時間が全世界平均で3時間40分にまで増加()してきており、企業やサービス提供者が消費者とのコミュニケーションにモバイルアプリを活用する必要性は年々高まってきている。

しかしその一方で独自アプリの開発やダウンロード促進施策、運用などにかかるコストは非常に大きく、リアル店舗が中心の飲食・小売業界では、まだまだ他業界に比べてITやモバイルへの投資や活用が遅れていると言われている。であるならば、すでに存在しているアプリ「スタンプス」を導入するほうが、導入のハードルは圧倒的に低くなる。そして、今回導入するメリットを高めるべく、新機能の追加を行っているので紹介しよう。
※:AppAnnie社のモバイル市場レポート「State of Mobile 2020」

■ 新機能①「店舗アプリ」
新機能としては、まずアプリ内で自社アプリのように独自のサービスページを持つことができるようになった。具体的には、同アプリを導入している企業が、面倒で手間のかかるプログラミングを一切行わずに同アプリ内に、あたかも自社アプリのような画面デザイン&独自コンテンツのサービスページを持つことができる「店舗アプリ」機能が実装された。

この機能では、従来のスタンプカードやクーポン、お店からのお知らせに加え、予約ページや店舗メニュー、各種SNSやブログ、採用情報に至るまで、ユーザーへ訴求したいあらゆる情報を集約し、これまで以上に自社ブランド力の向上や顧客ロイヤリティの醸成を支援することが可能となっている。

002

■ 新機能②「クーポン掲載」
実ユーザー数180万人以上を誇る同アプリユーザーに対してアプローチをする新たな手段として「クーポン掲載」の機能を搭載した。この機能では、アプリ内の「お得なクーポン」のマップやリストに自社のクーポンを表示し、新規集客や認知獲得につなげることができる。

すでに超有名店の「牛角」や「日高屋」をはじめとする大手飲食店を中心にクーポン掲載が進んできている。今後は企業側やユーザー側の要望に応じて、業種や規模を問わない多彩なクーポンの掲載を予定している。

003

以上のように新機能を実装した「スタンプス(Stamps)」。顧客管理に加え180万人超の新規顧客候補の開拓と獲得までを総合的にサポートしてくれるというのは、導入するメリットは非常に高いと言えるだろう。

“自分の店をもっと好きになってもらいたい”と考えている店舗、現在店舗の顧客管理・販売促進になるべく手間をかけたくない店舗、オープンを控えて何らかの施策を打ちたいと考えている店舗等に導入をおススメしたい。

Stamps(スタンプス)
Stamps(App Store)
Stamps(Google Play)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
INFORICHのスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」が東京メトロ駅構内に導入。有楽町駅設置をスタートに2月5日から順次展開開始
Androidがじわじわ増加中!改正電気通信事業法が中古スマホ市場にも大きく影響「中古スマホ取引データの分析結果」~マーケットエンタープライズ調べ~
UQコミュニケーションズからAlexaやWiMAXハイパワー対応で下り最大440Mbps「WiMAX HOME 02」が登場
2年分の通信料込みで販売!子どもの見守りや大切な物の位置検索がスマホで簡単にできるソフトバンクの「どこかなGPS」
デルの超絶タフなRuggedシリーズより軽量かつパワフルな12インチ モデル「New Latitude 7220 Rugged Extremeタブレット」










INFORICHのスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」が東京メトロ駅構内に導入。有楽町駅設置をスタートに2月5日から順次展開開始

main

INFORICH(インフォリッチ)は、東京地下鉄(以下、東京メトロ)、メトロコマースが運営する東京メトロ駅構内に、スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」を順次展開していくと発表した。

■どこでも借りれてどこでも返せる
「ChargeSPOT」は「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプトに2018年4月からサービスを開始し、全国の駅、空港、商業施設や飲食店、コンビニエンスストア、公共施設などを中心に設置場所を拡大している。今回、東京メトロ線内の有楽町線有楽町駅への設置を皮切りに順次設置駅を拡大していくとのこと。今後さらに高まることが予想される外出時の充電需要に応えるとともに、駅構内という、認性の高い場所に設置されることにより、ユーザーの利便性を高めることが期待できる。

■設置場所
有楽町線有楽町駅(D6 出入口付近)
銀座線三越前駅(A6 出入口付近)
有楽町線銀座一丁目駅(9 番出入口付近)
丸ノ内線後楽園駅(2 番出入口付近)
南北線後楽園駅(5 番出入口付近)
※利用可能時間:始発~終電まで
※設置駅は今後順次拡大していく

■「ChargeSPOT」ご利用料金
1時間未満150円、その後48時間未満300円、そのあと最大7日間(168時間)まで1日(24時間)150円で利用できる。
※レンタル開始後168時間を超えた場合、合計2,280円(利用料、違約金1,230円を含む)の支払い義務が発生する。
※全て税別価格

■バッテリーの仕様
容量:5,000mAh
対応規格:iOS、MicroUSB、 USB Type-C


sub1

sub3


INFORICH

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
Androidがじわじわ増加中!改正電気通信事業法が中古スマホ市場にも大きく影響「中古スマホ取引データの分析結果」~マーケットエンタープライズ調べ~
UQコミュニケーションズからAlexaやWiMAXハイパワー対応で下り最大440Mbps「WiMAX HOME 02」が登場
2年分の通信料込みで販売!子どもの見守りや大切な物の位置検索がスマホで簡単にできるソフトバンクの「どこかなGPS」
デルの超絶タフなRuggedシリーズより軽量かつパワフルな12インチ モデル「New Latitude 7220 Rugged Extremeタブレット」
安心かつ安全に!リユースモバイル関連ガイドライン検討会がスマホやタブレットの中古端末の品質に関するガイドラインを策定






Androidがじわじわ増加中!改正電気通信事業法が中古スマホ市場にも大きく影響「中古スマホ取引データの分析結果」~マーケットエンタープライズ調べ~

8104bff29c84b4cebf54d08864171220_m

マーケットエンタープライズは、同社が運営するウェブメディア「iPhone 格安SIM 通信」にて提供している、フリーマーケットアプリやインターネットオークションなど主要4市場を総括した中古スマートフォン相場比較サービスより抽出した、中古スマホ取引データの分析結果を発表した。

■いまだにiPhone 7とiPhone 8がトップに君臨する中古スマホ市場
iPhone中古市場ランキングの上位は、第3四半期と同様iPhone 7とiPhone 8で占められる結果に。2016年に発表されたiPhone 7が未だランキングのトップを占めている理由は、2017年発売のiPhone Xは1年で販売中止になったことで市場流通量が少ないことと、2018年発売のXSシリーズと比較するとサイズが小さくホームボタンがあり、価格が安価であることが挙げられる。

前回より取引数が大幅に増加したのは、 Google Pixel 3a。ランクインしている多くの機種が2016年以前に発売されたが、本機種は2019年6月に発売された比較的新しい端末だ。十分な機能も備えているうえに、平均取引価格も4万円弱であることから人気が高まったと推測される。9月からランキングトップをキープしているXperia X Compactは2016年に発売されたが、昨年6月に同価格帯の機種が新品市場で充実してきたことから、徐々に買い換えが発生し中古流通量が増加したと考えられる。

main

sub1

■分析:中古モバイル市場アナリスト 菅野辰則氏
2019年10月、モバイル市場の競争の促進と利用者利益の保護のための改正電気通信事業法が施行され完全 分離プランが義務化 したことで端末割引に大きな変化がもたらされました。

高価格(ハイエンド)端末であるiPhoneは、微増ながら 中古取引数量が約5.4%上昇 しました。これは、法改正によって通信料金と端末代金が分離し、端末代金の割引が上限2万円に設定されたことにより、新品のiPhoneに機種変更する動きが鈍ったことが原因です。

また通常は、新機種が市場に投入されることで機種変更需要が進むと、一世代前の機種が徐々にランクインしていく動きが見られるのですが、 iPhone 11シリーズへの機種変更をかきたてるような機能のアップデートがないとユーザーに認識された結果、今期はランキングに大きな変化がありませんでした。今後も新機種に価格の大幅改善や新機能搭載がなければ同じ動きが生じると予想されます。

一方で、 Android市場は例年と比較すると新品価格8万円までのエントリーからミドルレンジのスマートフォンが比較的多く発表されました。家電量販店でのキャンペーンの後押しもあり、端末割引規制後も新作のAndroidへの機種変更の動きは衰えず、中古の取引数量は15%減少しました。新品市場の動きを追随し、今後のAndroid中古市場はエントリーモデル・ミドルレンジモデルの需要が高まり、取引数量が増加すると考えています。

3月は新生活の始まりとともに携帯電話の買い替え需要が高まる時期で多くのキャリアが割引キャンペーンを実施することで、中古モバイル市場も活況を呈します。しかし、 2020年は日本で5Gサービスの提供が開始されるため、 5G対応の夏モデルまで機種変更を控えるユーザーが増える可能性もあり、例年とは異なる動きをする可能性があります。 1月以降の中古スマホ市場の動向からも目が離せません。

iPhone 格安SIM通信

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
UQコミュニケーションズからAlexaやWiMAXハイパワー対応で下り最大440Mbps「WiMAX HOME 02」が登場
2年分の通信料込みで販売!子どもの見守りや大切な物の位置検索がスマホで簡単にできるソフトバンクの「どこかなGPS」
デルの超絶タフなRuggedシリーズより軽量かつパワフルな12インチ モデル「New Latitude 7220 Rugged Extremeタブレット」
安心かつ安全に!リユースモバイル関連ガイドライン検討会がスマホやタブレットの中古端末の品質に関するガイドラインを策定
ファーウェイ・ジャパンからオープンフィット型ノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンを発売







電波遮へい対策事業の進捗情報公開!九州新幹線のトンネル内での携帯電話のサービスエリアが拡大

37652ca786771fe9fbd8d6ed65a55af6_m

ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIは、九州新幹線の「出水駅~川内駅」間の全てのトンネル内で、2020年1月31日から携帯電話サービスの提供を開始する。これにより、九州新幹線の「博多駅~川内駅」間で携帯電話サービスを快適に利用できるようになる。

■広くあまねく携帯電波を利用者に届ける「電波遮へい対策事業」
トンネルなどの人工的な構築物により電波が遮へいされ、携帯電話などが利用できない地域において、移動通信用中継設備などを設置して携帯電話などが利用できるよう、電波の適正な利用を確保することを目的として実施されている「電波遮へい対策事業」に基づく国の補助金を活用して工事が行われている。

なお今後は、九州新幹線の終点「鹿児島中央駅」までの区間については、2020年夏までのサービスエリア化に向けて現在対策工事を実施中で、順次サービスの提供を開始する予定だ。

1. サービス開始日
2020年1月31日(金)始発列車からサービス開始予定
2. サービスエリア拡大区間
九州新幹線 「出水・川内駅間(途中)※1~川内駅」間(5トンネル、総延長約11.0km)
[注]※1 出水駅から約15km付近。



ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
UQコミュニケーションズからAlexaやWiMAXハイパワー対応で下り最大440Mbps「WiMAX HOME 02」が登場
2年分の通信料込みで販売!子どもの見守りや大切な物の位置検索がスマホで簡単にできるソフトバンクの「どこかなGPS」
デルの超絶タフなRuggedシリーズより軽量かつパワフルな12インチ モデル「New Latitude 7220 Rugged Extremeタブレット」
安心かつ安全に!リユースモバイル関連ガイドライン検討会がスマホやタブレットの中古端末の品質に関するガイドラインを策定
ファーウェイ・ジャパンからオープンフィット型ノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンを発売






UQコミュニケーションズからAlexaやWiMAXハイパワー対応で下り最大440Mbps「WiMAX HOME 02」が登場

製品画像

UQコミュニケーションズは、下り最大440Mbpsの高速通信を実現するホームルーター「WiMAX HOME 02」(製造元:NECプラットフォームズ)を、2020年1月下旬以降、UQ WiMAXオンラインショップ、機種変更受付ページ、およびMVNO各社にて順次取扱いを開始する。

「WiMAX HOME 02」は、屋内開通工事が不要で、コンセントにつなげばすぐに高速インターネットが利用できるコンパクトサイズのホームルーター。前モデルの「WiMAX HOME 01」と比較して、約40%もサイズダウンしたコンパクトな本体ながらも電波の広がりを強化したWi-Fi性能を搭載している。また、専用のアプリを使うことで、データ通信量や電波状態をスマホで確認することが可能だ。

さらに、Alexa対応のスマートスピーカーと連携し、データ通信量などを音声で確認することも可能。Wi-Fi通信での最大同時接続数は20台まで対応しており、家族全員が快適にインターネットを楽しめる仕様だ。

■「WiMAX HOME 02」の主な特徴
(1)電波の広がりを強化したWi-Fi性能
内部のアンテナの性能を強化することで、水平方向のWi-Fiエリアは前モデルの「WiMAX HOME 01」よりも最大約25%拡大した。さらに、2.4GHzと5GHzのWi-Fi周波数を同時に利用し、端末ごとに自動で最適な接続先を選択するバンドステアリング機能搭載により、安定した通信を実現した。

(2)データ通信量や電波状態をスマホアプリで確認が可能
スマホアプリ「NEC WiMAX 2+ Tool」のご利用により、「WiMAX HOME 02」で使用したデータ通信量の確認ができる。さらに、データ通信量が設定値を超えるとポップアップで知らせてくれる。また、最適な置き場所を探すための電波レベルの確認も可能だ。

(3)接続機器をひと目で確認「見えて安心ネット」
家庭内のWi-Fiを「見える化」するサービス「見えて安心ネット」は、接続された端末の情報を表示したり、不審な接続をブロックする。さらに、子供の使い過ぎを防止できる「こども安心ネットタイマー」機能により、ゲームなどの接続時間制限の設定も可能だ。

(4)スマートスピーカー(Alexa対応)と連携
Alexa対応のスマートスピーカーに話しかけることで、設定情報や状態を確認できる。また、データ通信量を確認したり、モード切替などの設定変更も可能だ。

■「WiMAX HOME 02」の主なスペック
通信方式:WiMAX 2+、au 4G LTE
最大通信速度:ハイスピードモード 下り最大440Mbps/上り最大30Mbps、ハイスピードプラスエリアモード 下り最大440Mbps/上り最大75Mbps
Wi-Fi規格:IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)、11n/11g/11b(2.4GHz帯)
寸法:約50(W)×118(H)×100(D)mm
質量:約218g
最大同時接続数:Wi-Fi :20台/LAN:1台
対応OS(日本版に限ります):Windows 10、Windows 8.1、macOSX 10.15、10.14、10.13、10.12、OS X 10.11、10.10、10.9
インターフェイス:1000BASE-T/100BASE-TX×1ポート
LED:アンテナ×4、Update×1、Mode×1、Status×1
ボタン:Updateボタン×1、RESETボタン×1、WPSボタン×1、Modeボタン×1
同梱物:ACアダプタ
UQ WiMAXオンラインショップ販売価格:1万5,000円(税別)


プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
2年分の通信料込みで販売!子どもの見守りや大切な物の位置検索がスマホで簡単にできるソフトバンクの「どこかなGPS」
デルの超絶タフなRuggedシリーズより軽量かつパワフルな12インチ モデル「New Latitude 7220 Rugged Extremeタブレット」
安心かつ安全に!リユースモバイル関連ガイドライン検討会がスマホやタブレットの中古端末の品質に関するガイドラインを策定
ファーウェイ・ジャパンからオープンフィット型ノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンを発売
高橋真麻と英樹パパの仲良し親子が次世代のモバイル集音器を体験!「Olive Smart Ear」発売イベント






山形新幹線のトンネル内における携帯電話のサービスエリアが拡大

61965ccf34b06a02c7a5035ebb8cca16_s

ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIは、山形新幹線(奥羽本線)のトンネル内における携帯電話のサービスエリア拡大や品質向上を目的に、東日本旅客鉄道と共同でエリア整備を進めているが、「赤岩駅~板谷駅」間のトンネル内で、携帯電話サービスの提供を開始する。これにより、山形新幹線(奥羽本線)は、「福島駅~庭坂駅」間および「赤岩駅~峠駅」間で携帯電話が利用できる。

1. サービス開始日
2020年1月24日(金)始発列車からサービス開始予定

2. サービスエリア拡大区間
山形新幹線(奥羽本線) 「赤岩駅~板谷駅」間(6トンネル、総延長約5.9km)

プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
2年分の通信料込みで販売!子どもの見守りや大切な物の位置検索がスマホで簡単にできるソフトバンクの「どこかなGPS」
デルの超絶タフなRuggedシリーズより軽量かつパワフルな12インチ モデル「New Latitude 7220 Rugged Extremeタブレット」
安心かつ安全に!リユースモバイル関連ガイドライン検討会がスマホやタブレットの中古端末の品質に関するガイドラインを策定
ファーウェイ・ジャパンからオープンフィット型ノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンを発売
高橋真麻と英樹パパの仲良し親子が次世代のモバイル集音器を体験!「Olive Smart Ear」発売イベント






2年分の通信料込みで販売!子どもの見守りや大切な物の位置検索がスマホで簡単にできるソフトバンクの「どこかなGPS」

どこかなGPS_dl_800

ソフトバンクは、子どもの見守りや大切な物の位置検索ができる「どこかなGPS」(ZTE製)を、2020年2月下旬以降に発売する。

■2年分の通信料込みでの販売
「どこかなGPS」は、本体と2年間の通信料金をセットにして販売する予定で、ソフトバンク以外のユーザーも使用可能だ。

「どこかなGPS」は、衛星測位システムの信号を受信する機能(GPS機能)を搭載した正方形の小型デバイスで、スマートフォン(スマホ)の専用アプリを通して、離れた場所から位置を検索できる。

本体は約4.7センチメートル四方の薄型軽量なデザインになっており、かばんなどに入れてもかさばることがない仕様。また、防水(IPX7)と防じん(IP6X)に対応している。例えば一人で通学する子どものランドセルのポケットなどに入れておくだけで、保護者はいつでも簡単に子どもの位置情報を把握することができる。

「どこかなGPS」は、GPSに加え、GLONASSや準天頂衛星「みちびき」に対応している。Wi-Fiや携帯電話基地局を組み合わせて利用することで、高い精度で測位が可能だ。「どこかなGPS」の中央のボタンを押すと、その時点の位置情報がスマホに通知されるほか、どこにいるかがその場ですぐに検索できる機能「いまどこ検索」や、あらかじめ指定したエリアから出入りしたことを通知する機能「ついたよ通知(GPS)」などに対応している。さらに、3分間隔などで自動的に測位をしたり、3日分の移動履歴を残したりなど、保護者が安心して子どもの見守りができる便利な機能が充実している。

■主な仕様
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ:約47×47×15.5mm/約34g
通信方式:LTE Cat. M1(900MHz/2.1GHz)
測位方式:GPS、QZSS(準天頂衛星システム)、GLONASS、Wi-Fi、携帯電話基地局
防水/防じん:IPX7/IP6X
バッテリー容量:397mAh
カラー:ホワイト
発売時期:2020年2月下旬以降


ソフトバンク

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
デルの超絶タフなRuggedシリーズより軽量かつパワフルな12インチ モデル「New Latitude 7220 Rugged Extremeタブレット」
安心かつ安全に!リユースモバイル関連ガイドライン検討会がスマホやタブレットの中古端末の品質に関するガイドラインを策定
ファーウェイ・ジャパンからオープンフィット型ノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンを発売
高橋真麻と英樹パパの仲良し親子が次世代のモバイル集音器を体験!「Olive Smart Ear」発売イベント
両手でスマホゲームがプレイできる便利グッズ!最大6本の指で操作可能なスマホ用ゲームコントローラー






デルの超絶タフなRuggedシリーズより軽量かつパワフルな12インチ モデル「New Latitude 7220 Rugged Extremeタブレット」

la7220t_xtb_00000ff090_bk-1280x1280

デルは、同社製品の中でも特に堅牢性に優れたRuggedシリーズから12インチの軽量でパワフルな新製品「New Latitude 7220 Rugged Extremeタブレット」を発売した。価格は199,980円~(税別、送料込み)。

■Ruggedは「頑丈な」という意味
最小重量1.33 kgと市場で最も軽量でパワフルな12インチのフルRuggedタブレットである「New Latitude 7220 Rugged Extremeタブレット」は、インテル第8世代CPU搭載により優れたパフォーマンスを誇る。直射日光下でも確認可能な1000ニット、FHDの手袋着用に対応したマルチタッチ スクリーンを搭載している。また、赤外線カメラとWindows Helloを組み合わせた顔認証ベースのセキュアなデバイス アクセスや、次世代型指紋認証リーダーによるデバイス アクセス認証も提供している(オプション)。

■過酷なトーチャーテストを難なくクリア
また、過酷な環境下での使用を可能にする堅牢性を備えているかを調べる拷問級のトーチャーテスト、1.22mからの落下と-29℃~63℃の温度での動作をクリア、IP-65規格に準拠し、ほこり、汚れ、水の侵入に対する最大限の保護を実現している。また、ホット スワップ対応のデュアル バッテリーと強化された熱管理機能を備えており、最高のパフォーマンスを維持しながら、米軍規格の耐久性を提供するとしている。

la7220t_xtd_shot05_bk-1280x1280


New Latitude 7220 Rugged Extremeタブレット

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
安心かつ安全に!リユースモバイル関連ガイドライン検討会がスマホやタブレットの中古端末の品質に関するガイドラインを策定
ファーウェイ・ジャパンからオープンフィット型ノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンを発売
高橋真麻と英樹パパの仲良し親子が次世代のモバイル集音器を体験!「Olive Smart Ear」発売イベント
両手でスマホゲームがプレイできる便利グッズ!最大6本の指で操作可能なスマホ用ゲームコントローラー
植えるだけで何もしない土壌機能回復術!ソニーコンピュータサイエンス研究所が六本木ヒルズで協生農法に関する実証実験を開始






安心かつ安全に!リユースモバイル関連ガイドライン検討会がスマホやタブレットの中古端末の品質に関するガイドラインを策定

IMG_1741

現在、スマートフォンやタブレットといった中古端末は2019年3月に、おおまかなガイドラインが発表されたばかりで、それまでは中古端末の販売店の独自基準による取り扱いであり、基準が統一されておらず、品質に関してのバラつきが大きかった。

中には、使えないことはないが常用に耐える状態ではないといった端末なども一部存在しており、統一されたガイドラインの策定が待たれていた。今回、スマートフォンやタブレットの中古端末(リユースモバイル)の品質に関する新たなガイドラインを、リユースモバイル関連ガイドライン検討会が策定し、それに関する発表会を行った。

■ユーザーが安心して商品を選択できるガイドランがまとまる
リユースモバイルガイドラインの初版は2019年3月に発表しているが、大手キャリアの新プランが開始するなど、リユースモバイルは今後需要の高まりが予想されている。そのような状況の中で、ユーザーが安心してリユースモバイルを選べるようにするガイドラインの改定版を2019年12月1日より施行し、認証制度も開始する。

このガイドラインは、リユースモバイル・ジャパン(以下、RMJ)と、一般社団法人携帯端末登録修理協議会(MRR)内の理事企業を中心とした有志により「リユースモバイル関連ガイドライン検討会」が立ち上げられ、同検討会により策定されたものだ。

iPhoneの上位モデルなどで端末価格が10万円を軽く超えるようになり、おいそれと端末を購入できる状況ではなくなりつつある。Android端末も上位機種では10万円を超える価格となっており、割賦販売時の与信審査に通らない学生や未成年などでは、高価格帯の端末を入手しずらくなりつつある。

そうした背景もあり、中古端末(リユースモバイル)を選択するユーザーは年々増加してきており、総務省の調査では、すでに中古端末の購入経験があるユーザーは8.7%、今後リユース品を購入したいというユーザーは19.9%、合わせて約3割程度がリユースモバイルの利用に関心を持っていることが判明しているそうだ。

IMG_1682

■格安SIM提供業者の台頭で2020年以降もリユース市場の成長が期待される
2019年10月には改正電気通信事業法施行による影響もあり、格安SIM市場は、今後も市場の成長が期待でき、2020年度は格安SIM市場が300万台を超えると予想されており、端末も安い端末としてリユースモバイルを選択肢として選ぶことが増えると予想されている。しかし、中古端末、いわゆるリユース品やリファービッシュ端末の品質基準が統一されていないことによるユーザーたちの不安がある。

今年3月のリユースモバイルの品質に関する新たなガイドライン初版では、

・リユースモバイルの格付基準
・端末内の利用者情報の処理方法
・法令遵守


などが規定されていた。もちろんRMJ会員企業は外装評価以外はすでにガイドラインに準拠済みだ。現在は各社異なる基準で行っている外装評価についても、2020年4月まで全てのRMJ会員企業が対応する予定になっている。

IMG_1703


今回の改定版のポイントは以下

・バッテリーの状態確認と結果の表示
・赤ロム等のネットワーク制限に対する保証
・リファービッシュ品に関する説明
・事業者間取引の基準


となっている。

これらの中で、ユーザーの関心もが最も高く、外観からはわからないのがバッテリーの状態だ。それが購入時に状態が表示されるようになるため、現在のように購入してみたら、劣化しており、端末が短時間しか使えない代物だったということが防げる。

赤ロムによるネットワーク利用制限に対する保証についても購入時には使えたのが、しばらくしたら使えなくなってしまった際に購入店から同等品との交換などといった保証が受けられるようになる。

こうした改正により、リユースモバイルに対する消費者の不安を取り除こうというのがガイドライン策定の取り組みというわけだ。このガイドラインは、RMJの会員企業だけでなく、会員ではない外部企業へも働きかけを行っており、すでに楽天市場やラクマ、IIJもこのガイドラインを採用することが決まっているという。

RMJ認証マーク

■RMJ認証制度で安心できる事業者の判別が可能に
さらに、ガイドラインへの取り組みをしている事業者に対する認証制度もスタートする。リユースモバイルガイドラインに準拠しているか、経営状態、社内の管理体制などが審査され、安心して購入・売却できる事業者であることがRMJ認証マークによってユーザーにも簡単にわかるようになる。ユーザーたちは、この認証マークを目安にして中古端末を購入・売却すれば、リユースモバイル市場の安全性が飛躍的に高まるだろう。

上倉賢 @kamikura

リユースモバイルジャパン
一般社団法人携帯端末登録修理協議会(MRR)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ファーウェイ・ジャパンからオープンフィット型ノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンを発売
高橋真麻と英樹パパの仲良し親子が次世代のモバイル集音器を体験!「Olive Smart Ear」発売イベント
両手でスマホゲームがプレイできる便利グッズ!最大6本の指で操作可能なスマホ用ゲームコントローラー
植えるだけで何もしない土壌機能回復術!ソニーコンピュータサイエンス研究所が六本木ヒルズで協生農法に関する実証実験を開始
残高などの情報が手軽に読み取れるiPhoneアプリ「Edyカード用楽天Edyアプリ」の提供を開始











ゲオ、「格安SIMエントリーパッケージ1円セール」実施。対象は『OCNモバイルONE』『LINE モバイル』『UQ mobile』

名称未設定-1

ゲオは、全国のゲオモバイルおよびゲオショップの対象店舗約1,000店舗で、2019年11月1日(金)から2019年12月1日(日)までの間、「OCNモバイルONE」、「LINEモバイル」、「UQ mobile」の格安SIMカードのエントリーパッケージを特別割引価格の1円で販売する「格安SIMエントリーパッケージ 1 円セール」を実施する。

10月から施行されている「電気通信事業法の一部を改正する法律」に伴い、大手通信キャリア各社が「分離プラン」を開始したことで、高額なスマートフォン端末の大幅な割引がされなくなったことにより、新品端末より安価に手に入る中古端末の需要増が見込まれる。

ゲオはこれを機に、大手通信キャリアよりも通信料を大幅に抑えることができる「格安SIM」と、きれいで安全・安心な「中古スマートフォン」のセットを利用することで、より安価で手軽な携帯電話の利用を提案するために、「格安SIMのエントリーパッケージ」をセール期間限定の割引価格で販売する。

本セールは期間限定で、2019年11月1日(金)から2019年12月1日(日)までの間、通常900 円~3,000 円で販売している「OCNモバイル ONE」、「LINEモバイル」、「UQ mobile」の「格安SIMのエントリーパッケージ」を特別割引価格の1円で販売するセールとなる。

別途、月額基本料金・ユニバーサルサービス料、一部SIMカード発行手数料(400円、税抜)などが発生する。

ゲオは今後も、ユーザーが中古携帯端末を利用しやすいさまざまなプランやサービスを提

■「格安SIMカード 1 円セール」概要
実施期間:2019 年11 月1 日(金)~12 月1 日(日)
実施店舗:全国のゲオショップおよびゲオモバイル約1,000 店舗
実施内容:店頭で「OCN モバイル ONE」、「LINEモバイル」、「UQ mobile」のエントリーパッケージを1 円(税抜)で販売

※1:格安SIM 取り扱いの店舗が対象です。取り扱いの有無についてはゲオモバイルのHPおよび各店舗で確認してください
※2:ユーザーが自身で申し込みを行うことで初期費用が抑えられる格安SIMカードです。詳細については各店舗へ問い合わせてください
※3:総務省が定めるユニバーサルサービス制度(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/universalservice/index.html)の趣旨に鑑み、対象サービスの利用番号数に応じて、1 番号あたり1か月3円(税込 3.3円)が毎月請求されます


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
残高などの情報が手軽に読み取れるiPhoneアプリ「Edyカード用楽天Edyアプリ」の提供を開始
ウォークマンとワイヤレスヘッドホン、Xperia Ear Duoが劇場版『冴えない彼女の育てかた Fine』とコラボ
各企業によるアプリデータの分析と活用事例がダイレクトに理解できたApp Annie開催の「Mobile Leaders Summit 2019」
期間限定でFOXが銀座三越に最新のIoT商品やセレブなファッションスマホケースを集めたセレクトショップをオープン
有終の美を飾る“ワイモバイル”のPHSと『こちら葛飾区亀有公園前派出所』がコラボ!「ありがとうPHS×こち亀」特設サイトを公開






各企業によるアプリデータの分析と活用事例がダイレクトに理解できたApp Annie開催の「Mobile Leaders Summit 2019」

IMG_0089

モバイルアプリ市場のデータ解析プラットフォーム「App Annie Intelligence」を提供するApp Annieが「モバイルのチカラを全ての方に」をテーマに「Mobile Leaders Summit 2019」を10月11日に開催した。同社が2020年以降をどのように見据えているのかなどについての説明に加え、App Annie Intelligenceを使ってデータを分析することによるメリットを、同ツールを実際に使っているユーザー企業による発表があったので紹介しよう。

■日本の企業を元気にする!
まず始めにApp Annie Japanの日本代表ディレクターの向井俊介氏が登壇。「2020年以降、App Annieが見据えている世界とは」としてApp Annieの状況を説明した。App Annieのミッションステートメントが「The Mobile Performance Standard」になったことを紹介。

このステートメントは前述したように「モバイルの力を全ての企業に」という意味で「日本の企業の方々が、卓越したビジネスの成功を支援していく」として、日本の企業をサポートするのがApp Annieの役割だと説明。

IMG_0097

IMG_0104

App Annieは2010年にアプリのダウンロードと課金額を提供することからビジネスをスタートさせ、モバイルアプリの利用データの提供を始め、マーケティングデータの提供をするまでに成長。

2021年にはモバイルを活用している全ての企業にとってよいパートナーになるようなプロダクト開発を目指しており、それに向けてLibringという会社を買収したことを紹介した。

■今後は吸い上げたデータをどう使うのかにまで踏み込んでいく
従来はモバイルアプリや課金マーケットを対象としていたが、それらから吸い上げたデータをどう使うかはユーザーに依存していた。

今回、Libringというデジタル広告に関する技術を持つ会社を買収したことで、アプリ市場や課金マーケットに加え、広告市場までを含めたビジネスへと拡大し、アウトプットを自動化できる分析サービスを提供していくことが可能になるという。

これは、同社がモバイル市場が持つすべての要素を包括的にまとめた提案ができる企業へと進化することを意味している。

向井氏の現時点におけるテーマは「日本をいかに元気にするか」だという。現状は良いが、自分たちの子ども世代らが成長して大人になったときに、日本がいまより良くなっているとは限らないと考えているという。

IMG_0109

IMG_0117

■外資系アプリによる日本侵食
たとえば、日本でTikTokや荒野行動が伸びているように、外資のコンテンツプロバイダーアプリの人気が広がっていることは、データを見るとわかる。

スマートフォンから吸い上げられるデータは、その人の生活をむき出しにできる類のデーターが多くを占める。つまり、外資系アプリが日本人のデータを吸い上げることで外資が日本のデータを持ち始めているのである。

日本企業を元気にするためには、外資系以上のデータを集めないと太刀打ちできない。重要なのは目先の利益ではなく、次の将来的な戦略のためのデータを持つことで、それをしないと「今後の日本企業の成長における阻害要因になる」と危機感を感じていることを強調した。

IMG_0141

■ニチレイのモバイル戦略とは?
基調講演として、株式会社ニチレイ経営企画部事業開発グループの関屋英理子氏が登壇した。ニチレイは冷凍食品メーカーのイメージが強いが、冷凍食品は売上げの1割ほどで、それ以外の事業の方が大きいとのこと。実は日本では最大、世界では第5位に入る低温物流会社であると紹介。そんなニチレイがモバイルで何をしようとしているのを講演した。

関屋氏が2017年にこのグループに異動した時に、日本の食品業界は、2040年には総体として赤字になるという予測データを見て衝撃を受けたという。

■末端の消費者の顔が見えてこない
現状の問題点としてニチレイは食品を取り扱っているが最終的に商品が届く消費者の顔が見えていないという状況になっているという。このままだと、経営判断のためのデータも得られず、それが、様々な遅れにつながっているという。

これまでの常識では解決できない状況にまでなっており、それを打破するために、顧客との接点を持つアプリ「conomeal」(コノミル)を開発したとのこと。

こうして得られたデータを元にインドで肉の流通をeコマースで展開するスタートアップ「Licious」に17億円を出資した。こうした投資判断にもデータが活用されているわけだ。

IMG_0146

IMG_0151

■アプリ開発できないならできる奴を連れてくる
同社のアプリ開発に関しては、まったくといっていいほど経験が無かったとのこと。であるなら、アプリ開発のプロを連れてくればいいということで株式会社スペックホルダーに相談して開発を進めたという。

このアプリ開発については、スペックホルダー代表取締役の大野泰敬氏がパネルディスカッションに加わり説明した。

スペックホルダーは大企業の新規事業をサポートする会社で、プロジェクトごとに大手のコンサルティング会社に負けない人材を集めたクラウド型のチームを作っている。

ニチレイとしては、今回のプロジェクトは、独立した個人や小さな会社のチームをとりまとめる必要があり大変だったが、そのアウトプットが半端なく高い結果、非常にうまく行ったとのこと。

IMG_0156

IMG_0162

■App Annieユーザー企業によるセッション
続いて、ユーザー企業によるセッションが行われた。タクシー事業者とソニーのジョイントベンチャーでタクシー配車アプリ「S.RIDE」を提供しているみんなのタクシー株式会社モビリティサービス部長の橋本洋平氏が登壇し、S.RIDEのこだわりを説明した。

東京のタクシー市場は週1回以上利用しているユーザーは、全体の8%だが、金額ベースでは売り上げの80%となっていて、一部のヘビーユーザーがタクシーを利用している状況になっているという。

当初S.RIDEは、このヘビーユーザーをターゲットにした。こうしたユーザーは時間や効率の意識が高い傾向にある。そのため、ステップやタップミスを減らしてスライド1回でタクシーが呼べるインターフェイスにこだわった。その結果、ユーザーがストレスなく、効率よく利用できるUIが完成したという。

さらに、ネット決済の導入も進んでおり事業としても順調に成長していることを紹介した。

橋本氏は「将来はタクシーのような乗り物は、人だけではなく、品物も運んでいくのではないだろうか。これにソニーのセンシング技術を使えば、事故や渋滞を避けて最適な場所を走れ、タクシーだけでなく、将来の自動運転含めて、世の中の移動の効率が良くなっていく。移動手段が一元サービスで決済までシームレス利用されることで人と物流の移動が効率化し、交通問題が解決するのでは」とまとめた。

IMG_0185

IMG_0191

IMG_0201

■スマホでゲーム実況が配信できる「Mirrativ」
続いて、株式会社ミラティブ最高戦略責任者(CSO)の岩城農氏は「あつまる、つながる、一緒にあそぶスマホゲームのおともに」としてスマートフォンでゲームなどの実況ができる「Mirrativ」を紹介した。

Mirrativは、フォロワー100名以下のアカウントが8割弱を占めており、スモールコミュニティが多いとのこと。友達の家でゲームをやっているようなコンセプトで、ゲームを中心にしたコミュニティ空間になっているという。

Youtube、Twitch。niconico、ツイキャスなどの配信プラットフォームで現在ゲーム実況が盛んだ。PCを使った配信は1%程度だが、スマートフォンに特化して簡単に配信できるMirrativでは20%になっていて、日本1位となっている。エモモというアバターも人気になっており、プロダクトプレースメントの伸びも期待できるとした。

IMG_0223

IMG_0230

IMG_0232

■転職に欠かせないデータ活用
エン・ジャパン株式会社デジタルプロダクト開発本部プロモーション部部長田中奏真氏は「モバイルシフトの失敗から得た教訓」としてエン転職でのデータの活用の失敗を公開した。

エン転職は、20代向けの転職サービスで、競合より先行して2015年に提供を始めたという。しかし、求職者のターゲットを適正化したデータの取得が遅れたことで、多くのユーザーを失う結果となってしまったという。

アプリの提供を始める際に、App Annieは知っていたが、吸い上げたデータを使っていればライバルよりもっと早くアプリを提供できたかも知れなかったし、アプリの機能に生かせたかもしれないと後悔しているそうだ。

現在は、アプリ利用のユーザーの方が多いが、当時はモバイル版のWebの方が多く、アプリのユーザーが少なかったため、App Annieの有料サービスを利用していなかった。そのため、その期間はデータを有効に活用することができなかったという。

例えばニュース系アプリは、ビジネスパーソンに人気で転職アプリを使っているユーザーとの親和性が高いという。ところが転職アプリから吸い上げたデータの解釈ができていなかったことで、数多あるニュースアプリでどれに広告を出せば良かったかの判断を失敗したそうだ。

さらに、同じ社内でも部署によって注目しているデータが異なり、その結果、社内での意思決定が難しくなっていたとのこと。それを改善するために、まずはデータを中心に置き共通言語にすることで各部署との連携を改善していったことを紹介。データの取得も大事だが、注目する部分を統一すること、同じ目線を保つことが重要であるとまとめた。

IMG_0252

IMG_0259

IMG_0264

IMG_0270

■若年ユーザーを獲得するためのWOWOWの取り組み
株式会社WOWOWマーケティング局企画部リーダーの大原康明氏は「有料放送の未来」として同社の取り組みを紹介した。WOWOWは放送だけでなくネット同時配信、オンデマンドを始めている。現在、多くの配信サービスがある中で、課題となっているのが若いユーザーの獲得だという。

それには月額料金の2,300円がハードルになっているとのこと。しかし、若いユーザーが参加しているライブやフェスは確実に増えており、どこにお金を使うのか? といった考え方がこえまでとは変わってきているそうだ。

WOWOWで若いユーザーを獲得するためには、ユーザーの嗜好に合わせて有料放送以外の事業を増やすことが重要だと分析した。

そのために同社が持つ290万人の顧客情報を活用し、今後の成長のために、新しい活躍の場が必要な声優を起用し、気鋭クリエーターとのコラボレーション番組を展開したとのこと。

これをさらに伸ばすために、どの配信先を最適なのかをデータを活用して決め、WOWOWが持つデータも活用し、ファンと親和性の高い企業を発掘するなど、新事業を開拓することで、有料放送事業社から総合エンターテイメント企業へと変革していくとした。

IMG_0282

IMG_0296

IMG_0298

IMG_0323

IMG_0324

以上、App Annieを活用することで、データを集め、解析することで新商品や新サービスの開発、改善点の洗い出し、企業の方向性の決定など、重要な決定がたやすく可能になる事例を紹介した。アプリを出したけど、吸い上げたデータの扱い方がわからないという企業があれば、App Annieの活用を考えてみるといいだろう。

上倉賢 @kamikura

App Annie

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
期間限定でFOXが銀座三越に最新のIoT商品やセレブなファッションスマホケースを集めたセレクトショップをオープン
有終の美を飾る“ワイモバイル”のPHSと『こちら葛飾区亀有公園前派出所』がコラボ!「ありがとうPHS×こち亀」特設サイトを公開
九州新幹線のトンネル内で携帯電話のサービスエリアが拡大
青函トンネルの全区間で携帯電話サービスが利用可能に
NTTドコモ、「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」で5Gプレサービスを提供













有終の美を飾る“ワイモバイル”のPHSと『こちら葛飾区亀有公園前派出所』がコラボ!「ありがとうPHS×こち亀」特設サイトを公開

main

ソフトバンクは、ワイモバイル公式ホームページにて「ありがとうPHS×こち亀」特設サイトを2019年10月7日(月)に公開した。

■ありがとう25年!
PHSは2020年7月末をもってサービス終了、25年という長い歴史に幕を閉じようとしている。そこで今回、 PHSと同じく長きに渡り多くの人々から愛され、連載終了後も人々の心に残り続ける国民的漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」とのコラボが決定した。無類のガジェット好きとして知られ、こち亀内でも数度に渡りPHSにまつわるエピソードを披露している主人公・両津勘吉とともに、PHSの思い出や歴史を振り返る企画をスタートする。

今回のコラボではこれまでPHSが歩んだ歴史をこち亀のキャラクターたちとともに振り返る「こちらワイモバイルPHS歴史年表」や、 PHSサービスの終了を嘆く両さんが繰り広げるドタバタ劇を描いた、 PHSサービス終了特別漫画「ありがとうPHS!の巻」を公開する。さらに「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の単行本全200巻セットが抽選で当たるプレゼントキャンペーンを実施するなど、盛りだくさんの内容となっている。

©秋本治・アトリエびーだま/集英社

『ありがとうPHS×こち亀キャンペーン』特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
九州新幹線のトンネル内で携帯電話のサービスエリアが拡大
青函トンネルの全区間で携帯電話サービスが利用可能に
NTTドコモ、「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」で5Gプレサービスを提供
G&Rジャパンからハイパーパフォーマンス時計ブランド「Gorilla」の夏モデル登場
「Galaxy S10/S10+」発売を記念して、えなこ×Galaxyコスチュームでツーショット撮影会実施






九州新幹線のトンネル内で携帯電話のサービスエリアが拡大

6b4ea6fc35303d6133b9d0afb6e4435d_s

ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIは、九州新幹線の「新水俣駅~出水駅」間および「出水駅~川内駅手前」間のトンネル内で、2019年10月31日から携帯電話サービスの提供を開始する。

これにより、九州新幹線 「博多駅~川内駅手前」間で、携帯電話サービスを快適に利用できるようになる。

・サービス開始日
2019年10月31日(木)始発列車からサービス開始予定

・サービスエリア拡大区間
九州新幹線 「新水俣駅~出水駅」間および「出水駅~川内駅手前※1」間(12トンネル、総延長約18.0km)

・今後の予定
九州新幹線の終点「鹿児島中央駅」までの区間については、2020年までのサービスエリア化に向けて現在対策工事を実施中で、順次サービスの提供を開始する予定だ。

プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
青函トンネルの全区間で携帯電話サービスが利用可能に
NTTドコモ、「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」で5Gプレサービスを提供
G&Rジャパンからハイパーパフォーマンス時計ブランド「Gorilla」の夏モデル登場
「Galaxy S10/S10+」発売を記念して、えなこ×Galaxyコスチュームでツーショット撮影会実施
富士山頂の一部でWiMAX 2+が利用可能に






楽天モバイルが5千人を対象に音声・データ通信サービスを無償で提供する「無料サポータープログラム」への受付を10月1日より開始 -

20190906New_logo

楽天モバイルは2019年10月1日(火)より携帯キャリア事業としてのサービスへの受付を開始し、まずは5,000名を対象に、音声・データ通信を無償で利用できる「無料サポータープログラム」を実施する。その後、対象者を順次数万名へ拡大する予定だ。

「楽天モバイル」は、世界初となるエンドツーエンドの完全仮想化クラウドネイティブネットワークを提供する。顧客への安定したネットワーク品質の提供を担保し、お客様からサービスやネットワークへの意見・要望をもとに迅速に改善を行うため、まずは5,000名を対象に「無料サポータープログラム」を実施する。

本プログラムは、2019年10月1日(火)より「楽天モバイル」Webサイトでの受付を開始し、2020年3月31日(火)まで提供する。なお、有料の正式なプランを2020年3月31日までに開始した場合には「無料サポータープログラム」自体は終了となるが、同プログラムを継続利用する人には、プランの切替後も2020年3月31日まで、アンケート等のモニター調査に協力する対価として、通信料金と同額程度のモニター報酬が支払われる。

■応募手順
2019年10月1日(火)午前0時00分から10月7日(月)午前9時59分までの間、「楽天モバイル」ウェブサイト内「無料サポータープログラム」申込ページより、申し込みを受け付け。

■申し込み後の手続き
申し込んだ人には、10月11日(金)より順次、案内のメールを送付する。申込者多数の場合には、抽選のうえ案内する。契約情報の登録および本人確認を完了した人から、専用SIMカードまたは専用SIMカードと購入製品のセットが順次発送される。

また2019年10月より、スマートフォン7機種、Wi-Fiルーター2機種を発売する。そのうち、Galaxyブランドの2製品はMVNOサービスを含む「楽天モバイル」で初めての取り扱いとなる。新製品は「無料サポータープログラム」、およびMVNOサービスのいずれも利用できる。

なお、本新製品および「楽天モバイル」が今後販売する機種は、すべてSIMロックのかかっていない「SIMロックフリー」となる。新製品情報は、「無料サポータープログラム」紹介ページにて確認可能だ。

「楽天モバイル」の携帯キャリアサービスは、2019年10月より全国で利用可能。自社ネットワークサービスエリアは「東京23区、名古屋市、大阪市および兵庫県の一部」となる。東京23区、名古屋市、大阪市以外の地域においてはKDDIおよび沖縄セルラー電話とのローミング協定に基づきネットワークの提供(トラヒック混雑エリアを除く)を受けることで、サービス開始時より日本全国でLTE通信サービスを提供する。ネットワーク対象地域の詳細は、2019年9月24日以降、「楽天モバイル」のサービスページより確認できる。

自社ネットワークの提供エリアは順次拡大していく予定だ。KDDIおよび沖縄セルラー電話とのローミング協定は、提供期間を2026年3月末までと定め、その期間内に「楽天モバイル」は自社で全国ネットワークの構築を着実に進め、完成した地域から順次、自社ネットワークへ切り替えを行っていく。

20190906概要

20190906schedule

20190906device_image_final
20190906製品表


無料サポータープログラム

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
青函トンネルの全区間で携帯電話サービスが利用可能に
NTTドコモ、「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」で5Gプレサービスを提供
G&Rジャパンからハイパーパフォーマンス時計ブランド「Gorilla」の夏モデル登場
「Galaxy S10/S10+」発売を記念して、えなこ×Galaxyコスチュームでツーショット撮影会実施
富士山頂の一部でWiMAX 2+が利用可能に






青函トンネルの全区間で携帯電話サービスが利用可能に

12c21bea92ce901d4097be79bf244924_m

ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIは、青函トンネル内における携帯電話のサービスエリア拡大や品質向上を目的に、北海道旅客鉄道と共同でエリア整備を進めているが、このたび「青函トンネル(青森県側入り口)~竜飛定点(旧竜飛海底駅)」間および「青函トンネル(北海道側入り口)~吉岡定点(旧吉岡海底駅)」間で、2019年9月5日から携帯電話サービスの提供が開始される。

これにより青函トンネルの全区間で、携帯電話サービスを快適に利用できるようになる。

1. サービス開始日
2019年9月5日(木) 始発列車からサービス開始予定

2. サービスエリア拡大区間
青函トンネル(青森県側入り口)~竜飛定点(旧竜飛海底駅)間(約13.6km)
青函トンネル(北海道側入り口)~吉岡定点(旧吉岡海底駅)間(約17.0km)

[注]青函トンネル 「竜飛定点(旧竜飛海底駅)~吉岡定点(旧吉岡海底駅)」間では、すでに2019年4月17日から携帯電話サービスを利用できる。

3. サービス提供事業者
ソフトバンク(ワイモバイル)
NTTドコモ
KDDI


プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
NTTドコモ、「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」で5Gプレサービスを提供
G&Rジャパンからハイパーパフォーマンス時計ブランド「Gorilla」の夏モデル登場
「Galaxy S10/S10+」発売を記念して、えなこ×Galaxyコスチュームでツーショット撮影会実施
富士山頂の一部でWiMAX 2+が利用可能に
阪神タイガース承認済オリジナルデザインのモバイルバッテリー



プロジェクトX 挑戦者たち 友の死を越えて ~青函トンネル・24年の大工事~ [DVD]
国井雅比古、久保純子、膳場貴子 ほか
NHKエンタープライズ
2011-01-21



NTTドコモ、「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」で5Gプレサービスを提供

名称未設定-1

NTTドコモ(以下、ドコモ)は、「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」が開催される全国8会場のスタジアムおよび、ドコモが主催するライブビューイング会場で、試合を多視点で同時視聴できる「マルチアングル視聴」や「ライブビューイング」などの新たな観戦スタイルと報道・中継スタイルを、5Gプレサービスの一環として2019年9月20日(金)から提供する予定だ。

商用サービス開始時と同等の5Gネットワーク環境を一般のユーザーに提供するのは日本で初めて。

■スタジアムでの取り組み
全国8会場のスタジアムを5Gエリア化して実施する。

○マルチアングル視聴
概要;スタジアムで観戦しながら、ドコモが用意する5G端末5で試合を多視点でリアルタイムに視聴できる。
実施場所:8会場のスタジアム(客席)

○報道写真のアップロード
概要:スタジアムで撮影した報道写真を、5G端末5を利用してアップロードすることで報道業務の自由度と即時性を向上する。
実施場所:2会場のスタジアム

■ライブビューイング会場での取り組み
一般のユーザーにも5Gサービスを体験できる環境を用意する。参加者はドコモの特設サイトにて募集する。

○ライブビューイング
概要:複数の高精細映像や音声などの情報を5G通信で伝送し、スタジアム外においても迫力ある試合観戦を楽しめる。
実施場所:ベルサール汐留

○マルチアングル視聴
概要:ライブビューイングで試合観戦をしながら、ドコモが用意する5G端末で試合を多視点でリアルタイムに視聴できる。
実施場所:ベルサール汐留

その他、マルチアングル視聴など、5Gを疑似体験できるブースを全国16か所の試合会場および「ファンゾーン」に開設する。

NTTドコモ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
G&Rジャパンからハイパーパフォーマンス時計ブランド「Gorilla」の夏モデル登場
「Galaxy S10/S10+」発売を記念して、えなこ×Galaxyコスチュームでツーショット撮影会実施
富士山頂の一部でWiMAX 2+が利用可能に
阪神タイガース承認済オリジナルデザインのモバイルバッテリー
これからの季節に最適!癒しと快適さがコラボした手動扇風機つきのiPhoneX用ケース

5Gビジネス (日経文庫)
亀井 卓也
日本経済新聞出版社
2019-06-15





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ