ITライフハック

IoTデバイス

Nintendo Switch Lite搭載のファイルシステムを開発したイーソルによる自社製のスケーラブルリアルタイムOS「eMCOS(エムコス)」の新たな仮想化機能「eMCOS Hypervisor」が凄い

main

イーソルという会社名、あまり聞きなれていない人もいるかもしれないが、実は凄い会社なのだ。同社はNintendo Switch Liteに搭載されているファイルシステム「exFATファイルシステム『PrFILE2 exFAT』」を開発した会社である。高速な読み書きが可能な同社のファイルシステムがあるからこそ、快適にゲームをプレイすることができるというわけだ。Nintendo Switch Liteユーザーは、知らないうちにイーソルの凄い技術に触れているのである。

PrFILE2 exFATを筆頭に同社は縁の下の力持ち的存在の製品が多く、たとえば「eMCOS(エムコス)」という産業機器、IoT機器、自動車関連機器、精密医療機器といった様々な機器を制御することができるスケーラブルリアルタイムOSも、まさに縁の下の力持ち的な製品なのである。

前述した「PrFILE2 exFAT」に加え、自分の身近なところでひそかに使われているかもしれない組み込みOSが「eMCOS(エムコス)」というわけだ。

その「eMCOS(エムコス)」をベースに仮想化機能を組込んだ「eMCOS Hypervisor」が正式にリリースされた。その「eMCOS Hypervisor」が切り開くであろう大きな可能性について紹介しよう。

■eMCOS Hypervisorでできることが広がる
eMCOS Hypervisorを使うと1台のハードウェアプラットフォーム上でリアルタイムOS上の堅牢なリアルタイムアプリケーションと、汎用OS上のリッチアプリケーションを同時に実行し、両者の統合を図ることができる。

ミックスド・クリティカル(※1)な各システムにおいて、それぞれを空間/時間的に完全に分離できるので、eMCOS Hypervisorは、eMCOSに仮想化機能を組み込むことにより、RTOSとしての高いリアルタイム性や安全性を確保しながら、LinuxやAndroidなどの汎用OSも組み合わせた、より柔軟なミックスド・クリティカルシステムの構築が可能となる。
※1:求められる信頼度および安全性能が異なる機能が混在することを指す

■eMCOS Hypervisorの主なメリット
eMCOS Hypervisorの導入には様々なメリットがあるが、大きく見ると以下の4つとなる。

1)eMCOSの高度なスケジューリング機能を利用可能
eMCOS Hypervisorは、同社の商用フルPOSIX OS「eMCOS POSIX」に仮想化機能を組み込む形で実現されており、ロードバランシングや時間分離などといったスケジューリング機能を、同一ハードウェアプラットフォーム上のゲストOSでも活用することができる。

2)汎用OSのブートシーケンスを容易にカスタマイズ可能
ゲストOSはeMCOS POSIXプロセスとして起動されるため、ゲストOSのブートシーケンスを単なるプロセスの起動処理として記述できる。したがって、時間差によるシーケンシャルな起動、マルチコアを用いた並行起動などを容易にカスタマイズできる。しかも、確実なリアルタイム性や安全性の確保を犠牲にすることなく複数のゲストOSを協調させ、かつ必要に応じて負荷分散を行いながら実行することが可能。

3)ドライバを容易に移植可能
Linuxで標準対応されているVirtIOドライバがサポートされており、Linuxゲストを容易に移植できる。さらに、仮想マシンモニターがハードウェアアクセスをフィルタ処理またはパススルーすることが可能なため、SoCに密接に結合されているような固有のドライバも容易に移植できる。

4)誤動作および悪意のあるソフトウェアに対する堅牢性
eMCOS Hypervisorのシステムは、権限の大きいハイパーバイザーおよびカーネル空間に組み込む仮想化のための機構を最小限とし、ユーザー空間に配置される仮想マシンモニター上で大部分の処理を実行するように設計されている。これによりゲストOSおよび仮想マシンの異常によってシステム全体のクラッシュにつながるような致命的な故障が起こることがない。

上記の4点をまとめると、具体的には同一のハードウェア上で仮想マシンを用いて異なるOSを複数立ち上げる際に時間差を設けて立ち上げたり、より多くの処理が必要なケースでは、必要なだけ仮装マシンを立ち上げて負荷分散を行うといった柔軟な対応が可能だ。

ハードウェアを制御する際、仮装マシン上の仮想デバイスを使うとオーバーヘッドが大きくなって処理が遅くなってしまうことを防ぐVirtIOドライバをサポートしているのでハードウェアにアクセスするのが容易に行える。加えて仮想マシンからダイレクトにハードウェアにアクセスさせるパススルー機能も使える。用途に応じて使い分けることができる。

また、仮想マシン上のゲストOSがフリーズしてしまったり、エラーで止まったりしても、eMCOS Hypervisorを含めてクラッシュするようなことが起きないように設計されているため悪意のあるソフトウェアによって仮装マシンが乗っ取られるようなことがあっても、その仮想マシンだけを切り離すことができる。システム全体を停止させる必要なく、仮想マシンの起動と終了が行えるため停止できないサービスなどを長期間連続して運用する際にも安心して利用できる。

以上、eMCOS Hypervisor導入のメリットについて紹介した。たとえばドメイン制御の自動運転車およびコネクテッドカー、スマートファクトリーへの対応、産業用ロボットの自律制御システムなど、今後本格的な普及が見込まれる分野では、求められるシステム要件は年々複雑化、大規模化しており、そうした要件をeMCOS Hypervisorを導入することで解決できる。

また、従来からリアルタイム性が重視されてきた分野においても、他のシステムとの協調動作や統合といった機能がこれまで以上に重要になってきている。自動車分野、産業分野、医療分野など、そうした分野でもeMCOS Hypervisorは、高いリアルタイム性や信頼性、安全性が求められるアプリケーションに最適というわけだ。

今後も私たちの気が付かないところでイーソル製品は縁の下の力持ちとして活躍してくれることだろう。なお、複数の仮想マシンを用いた複雑な制御システム構築を検討しているのであれば、eMCOS Hypervisorを導入してみることを検討することをおススメしたい。

eMCOS Hypervisor
イーソル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
オンキヨー&パイオニア株式会社よりワークアウトを後押しするパワフルサウンドの完全ワイヤレスイヤホン「E9truly wireless」
350ml缶を最大9本セットしボタンを押すと缶が出てくるオシャレな保冷・保温庫「俺の自販機 HOT&COOL」
アンカー・ジャパンからDolby Atmos&2.1ch対応で立体感のあるサラウンドサウンドを実現したサウンドバー第3弾「Soundcore Infini Pro」
保冷&保温の両対応!ドリンクの温度を長時間維持!1本用の卓上温冷ホルダーデスクで使える「温冷ドリンクカプセル」
アイリスオーヤマから、より自然で鮮やかな映像を実現した4Kチューナー内蔵の液晶テレビ「LUCAシリーズ」4機種登場









SONYのIoTブロック「MESH」を活用した小学校向けプログラミング教育ガイドブック『MESHではじめるプログラミング教育 実践DVDブック 小学校理科編』登場

main

ソニービジネスソリューションは、同社の IoTブロック「MESH(メッシュ)」を活用した、小学校理科におけるプログラミング教育ガイドブック『MESHではじめるプログラミング教育 実践DVDブック 小学校理科編』を2020年6月25日(木)から発売する。価格は3,980円(税別)。

■系統立ててプログラミングが実践的に学べる「MESH(メッシュ)」
MESHは、人感センサーや温度センサーなどの機能ごとのブロックと、タブレット端末などを組み合わせながら「部屋に人が入ってきたら写真を撮影する」「気温の変化に応じて植木に水をやる」といった仕組みを手軽に作れるプログラミングツールだ。スタートアップの創出と事業運営を支援する「Sony Startup Acceleration Program(ソニー・スタートアップ・アクセラレーション・プログラム)」を通じて、 2015年より発売している。

本ガイドブックでは、小学校の理科の授業でプログラミング教育を実施する教員向けに、「MESH」を活用した実践事例や授業のポイントなどをわかりやすく解説している。「MESH」を活用した授業を初めて行う教員でもすぐに授業に取り入れられるよう、実際の授業の様子を収録したDVDと、 DVDの内容やその他のプログラミング例、「MESH」活用のポイントなどを豊富な図表や板書例とともに解説したテキストで構成している。

ガイドブック第二弾となる今回は、 2020年4月から採択された小学校6年生理科の主要教科書に「MESH」が掲載されたことを受け、小学校理科の授業で活用できる実践事例を掲載している。なお、教科書に掲載された単元(電気の利用)での実践事例に加えて、その他の単元での「MESH」の活用方法も豊富に掲載しており、プログラミング教育を無理なく授業に取り入れることができる。

本ガイドブックは、東北大学大学院情報科学研究科 堀田龍也教授および、信州大学学術研究院 教育学系 佐藤和紀助教の監修のもと、NHKエデュケーショナルが制作協力をして製作された。ガイドブック第一弾や、「MESH」を活用した授業を通じて寄せられた専門家や現場の声を反映し、より、授業に取り入れやすい内容とした。

■商品概要
・書籍名:『MESHではじめるプログラミング教育 実践DVDブック 小学校理科編』
・監修:東北大学大学院情報科学研究科 堀田龍也教授
    信州大学学術研究院 教育学系 佐藤和紀助教
・企画・制作:ソニービジネスソリューション株式会社
・制作協力:株式会社NHKエデュケーショナル
・発売日:2020年6月25日(木)
・版型:A4サイズ(71ページ)/DVD(78分)
・価格(税別):3,980円

■主な内容
・実践事例(6例)
 -6年 理科 「電気を効率よく使うためには?」
 -6年 理科 「学校省エネ化計画」
 -6年 理科 「蒸散を数値化しよう」
 -4年 理科 「空気の温まり方を調べよう」
 -3年 理科 「ゴムで動く車の判定機をつくろう」
 -3年 理科 「光のまとあてゲームをしよう」
・理科の授業で役立つ簡単アイデア集
・「MESH」の操作概要
・演習問題
・MESHブロックカード
・ワークシート
・実践DVD(5例)


sub2


「MESH」公式サイト
『MESHではじめるプログラミング教育 実践DVDブック』紹介ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
リアルタイム通話で管理者とドライバーがつながる!双方向で通話ができるドライブレコーダー「BlackVue」が新登場!
オンライン学習が本格普及へ!日本マイクロソフトが東京都教育委員会と都立学校における学習支援サービスの活用に向けた協定を締結
富士通がJAXAの新スーパーコンピュータシステムを受注!19.4ペタフロップスの超速スーパーコンピュータが登場する見込み
あずさ監査法人が一橋大学との共同研究により機械学習を活用しAIによる会計不正リスク検知モデルに関する特許を取得
コロナ感染防止のためにリモートワークを始めたい企業向けにソフトイーサがシンクライアント型リモートデスクトップサービス「DesktopVPN」無償開放を実施






最大65Wで超安定稼働!ASUSからRockchip NPU採用、ARM big.LITTLEアーキテクチャのAIアプリケーション用シングルボードコンピューター「Tinker Edge R」が登場

main

ASUSは2020年5月15日から、 AIアプリケーション用に特別に設計されたシングルボードコンピューター(SBC)「Tinker Edge R」の発売すると発表した。

本製品は、処理効率の向上や低消費電力を実現し、接続デバイスやインテリジェントアプリケーションの構築を容易にする機械学習 (ML) アクセラレータRockchip NPUを採用し、最大3TOPS (Tera Operations per Second) の演算を実現した。また、最適化されたニューラルネットワーク(NN)アーキテクチャを備えた「Tinker Edge R」は、多様なMLフレームワークに対応しており、一般的なMLモデルを多数コンパイルし、簡単に実行することができる。

SBCマザーボードの多くは15W (5V/3A)の電源設計にのみ対応しており、複数のデバイスを接続するとデバイスとシステムが不安定になったり、 I/O ポートの性能が低下してしまう。「Tinker Edge R」は、 DCジャックまたは4ピンヘッダーのいずれかで最大65Wの電力供給を可能にする電源設計を備えており、複数のデバイスを接続した場合でも安定したシステム動作を実現し、 I/O性能を最大限引き出すことができる。また、過電流や過電圧が発生した場合でも、専用の電源保護機能が自動的に作動し、基板やすべての接続デバイスを効率的に保護する。

Arm big.LITTLE A72+A53テクノロジー搭載のパワフルで最新のヘキサコアプロセッサーRockchip RK3399Proを備えた「Tinker Edge R」は、グラフィックス、マシンビジョン、動画、オーディオ、音声、セーフティクリティカルなアプリケーション向けに強力なソリューションを提供する。「Tinker Edge R」は、4GBのデュアルチャネルLPDDR4システムメモリ、低消費電力の第4世代DDR DRAMを搭載しており、高速かつ低消費電力でシステムのパフォーマンスを効率的に向上。また、 NPU用の2GBのスタンドアロンメモリが、より高速でより安定した高効率のML推論を実現している。

「Tinker Edge R」には、 OS、アプリケーション、ファイルストレージの読み取り/書き込み速度を大幅に高速化するオンボードの16GB eMMCおよびSD 3.0 インターフェイスも搭載されている。

「Tinker Edge R」は、フルサイズHDMIポート、 USB Type-A、 USB Type-C、インターネットおよびネットワーク接続用にGigabit LAN、 WiFi、 Bluetooth、 4G / LTEエクステンションカード用Mini PCI ExpressMiniスロットを搭載している。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ソニーから大画面テレビに合わせてサラウンド音場を拡大し、より没入感のある立体音響を再現する3.1チャンネルサウンドバー『HT-G700』が登場
アナログレコードの良さを再認識したいならオーディオテクニカのベルトドライブターンテーブル『AT-LPW50PB』はいかが?
パナソニックからお風呂やキッチンなどの水場でもテレビが楽しめるお役立ち防水テレビプライベート・ビエラ「UN-10E10」を発売
ドライブ中でも背中やお尻の汗をす早く乾かし快適にしてくれる8ファン搭載で快適な「爽快空冷シートカバー」
ニキシー管風LEDを使ったアナログ風時計のDIYキット上海問屋の「DN-915964」






スマホで窓を自動開閉!外出先からでも操作が可能な『後付け自動窓開け閉め装置「ムーブウィンドウ」』

9_large

サンコーは、『後付け自動窓開け閉め装置「ムーブウィンドウ」』を発売した。価格は2万9,800円(税込)。

本製品は、自宅の窓に簡単に後付けできる自動窓開け閉め装置。工具不要で突っ張り棒のように簡単に取り付け。ねじを止める必要もない。

専用アプリでスマートフォンから操作。窓の開閉をスマホから行えるようになる。タイマーを設定して指定した時間に窓を自動で開けて、目覚ましのようにも使える。ロック機能で施錠が可能。力を入れても窓が開けられないようにできる。さらに外出先からでもスマホで窓を操作が可能。帰宅前に窓を開けて空気を入れ替えて新鮮な空気で帰宅することも可能だ。

窓開け装置を設置したいが金額や工事費用が高い。窓の開閉を遠くから行いたい。高い位
置の窓をワイヤレスで操作したい。決まった時間に窓を開けて空気を入れ替えたい。そんな人にお勧めの簡単に後付けできる窓開け装置だ。

■製品仕様
・サイズ/本体:横165cm×縦4cm×奥行き3cm
     電動部:横12cm×縦5cm×奥行き4.5cm
・重量/本体:950g、電動部:320g、ACアダプタ:180g
・ACアダプタ/入力:100-240V、50/60Hz、0.8A Max
       出力:24V、1.5A
・付属品/ブラケット(本体)、延長ブラケットx2、モーター、AC アダプター、エンドケットx2、延長コード、シリコンゴムx4、レールフック大・小、ウィンチカバー、日本語説明書
・保証期間/12か月


1_large


後付け自動窓開け閉め装置「ムーブウィンドウ」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ワイシャツなら10枚洗え、使わない時は折りたたんで棚にしまえる!容量3kgの洗濯機
自宅を映画館に変える!ハイセンスジャパンの「シアターサウンドシステム」2機種が10月に登場
たった1週間で爆売れした大人気コラボ商品「真空管アンプ・キット」の追加予約を開始
作ったらそのまま冷蔵!手作りヨーグルトが作れる「ヨーグルト冷蔵庫」
iPhoneで熱中症対策!タニタからBluetooth接続の熱中症指数計






ぺっこり45度って? アノ人だったの!?ライオンが開発したIoTデバイス「スマートハレタ」の声の主が判明!

TOP

ライオン株式会社は、子どもがお父さんと一緒にはじめてのお洗濯に挑戦する様子を描いたWeb動画「ハレタ親子ランドリー」の第2弾となるWeb動画「ハレタ親子ランドリー ハレタくんの正体!?篇」を公開中だ。

■スマートハレタの声の主が判明!
本動画では、スマートハレタの声の主がお笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹さんであったことが明かされている。このほかに飯尾さんのギャグも多数披露されており、クセになる内容となっている。

■Web動画概要
動画タイトル:「ハレタ親子ランドリー ハレタくんの正体!?」
動画URL:https://youtu.be/aBjapdSsWAs





■第1弾Web動画も引き続き公開中
ライオンが衣料用洗剤史上初となるIoTデバイス「スマートハレタ」を結構本気で開発したことを記念し、現在公開中のWeb動画が第1弾だ。子どもが父親と一緒にはじめての洗濯に挑戦し、「ハレタ」がつなぐ「家族の笑顔」を表現している。

■Web動画概要
動画タイトル:「ハレタ親子ランドリー~親子でお洗濯にチャレンジ!篇~」
動画URL:https://youtu.be/AB96O_Gzrgk




ずん飯尾和樹さん_プロフィール写真

■Web動画出演者プロフィール
飯尾和樹(いいお かずき)
1968年12月22日生まれ。東京都出身。
1991年にデビューし、2000年にお笑いコンビ「ずん」を相方・やすと結成し、現在に至る。
2014年には、“日本一の大喜利決定戦”と言われる「ダイナマイト関西 2014」で優勝。バラエティ、ドラマ、映画、舞台と幅広く活動中。初めての一人暮らしで洗濯に失敗した経験から洗濯が大好きであることが今回の撮影で判明。


■飯尾さんに今回の動画撮影についてのインタビュー

―撮影で苦労したポイントは?

飯尾さん(以下、敬称略):第1弾の動画では正体がばれないようにお願いされていたので、声を変えるのが難しかったです。頑張ってはいたのですが、撮影の間にマネージャーから「声がだんだん戻ってきています」と3回も注意されてしまいました。あとは、最初のハレタで顔を隠すシーンがあるのですが、私の顔がかなり大きい方ですので、カメラさんにずいぶん迷惑をかけてしまいました。

―今回、ご家族と共演していかがでしたか?

飯尾:家族の会話の多さに安心しました。今は会話がないという家族も多いと聞きますが、洗濯だけでここまでも会話が盛り上がっている様子を見て本当にいいなと思いました。

―寒い時期にも毎日頑張ってお洗濯している皆さんへ一言

飯尾:当たり前のように周りは洗濯物を出していますけど、この冷たい時期、それ以降の作業が一番大変。ぺっこり45度、ありがとうございます。


■Web動画に登場するIoTデバイス「スマートハレタ」とは?
「毎日のお洗濯をちょっとハッピーに!」をコンセプトに開発されたIoTデバイス。天気が悪い日も、気分が沈みがちな日も、日常にちょっとしたハッピーを届けてくれる。

開発の背景として「日頃あまり重視されない毎日の洗濯を少しでも楽しくしたい」との想いから、ハレタのパッケージにもデザインされているスマイルをテーマに開発されたという。

スマートハレタ3


■「スマートハレタ」の特長
「スマートハレタ」は、ライオンの超コンパクト衣料用液体洗剤「トップ ハレタ」の本体ボトルに装着して使用するIoTデバイスだ。家庭のWi-Fiを通して自宅エリアのリアルタイムの天気予報と連動する。洗濯の時にボトルを持ち上げると「外干し」、「部屋干し(降水確率10%以上)」を即座に判断し、アイコン、光、音声で知らせてくれる。さらに、季節に応じた洗濯の豆知識を専用アプリを通して教えてくれる。
スマートハレタ2


■洗剤の残量まで管理
トップ ハレタの本体ボトルを装着したIoTデバイスが残量を自動的に計量。一定量の残量を切ると、専用アプリにプッシュ通知がくるので買い忘れを防止してくれる。
スマートハレタ1


■今後の展開予定
ライオンは、スマートハレタを通じて洗濯習慣に関する生の情報をリアルなユーザーの生活から取得することで、実際の日常行動と連携した新しいサービスの開発を視野に入れ、様々な活動に生かされる。この便利なIoTデバイスのプレゼントキャンペーンも2月末まで開催中だ。概要は以下

■「スマートハレタ」プレゼントキャンペーン概要
募集期間:2019年1月15日(火)12:00~2月28日(木)23:59まで
商品:IoTデバイス「スマートハレタ」
当選人数:1000名
当選発表:抽選の結果、当選者には事務局よりメールにて連絡
商品発送:2019年3月下旬予定
応募方法:「ハレタ」キャンペーンサイトから応募フォームにアクセスし、必要事項を記入


■雨や寒い日の部屋干しだって、いつでも晴れ干し触感!「トップ ハレタ」
そもそもトップ ハレタとは何なのか知らない人もいるかもしれないので紹介しておこう。ライオンが2018年に発売した衣料用液体洗剤が「トップ ハレタ」だ。少量でも十分に洗えるのでボトルも超コンパクトなのが特長。

晴れた日の「乾き上がり」に着目し、晴れた日はもちろん、雨や寒い日の部屋干しでも、洗濯物がカラッと乾いてふっくら仕上がるのがポイント。汚れを落としながら「カラふわ成分」がセンイを根元からふっくら立ち上げてくれる。

たとえばタオルを洗濯すると、パイル(毛房)が立ち上がり、晴れた日に屋外で干したタオルのように、「カラっと」乾いている感じや、「ふっくら」厚みがある心地よい肌触りに仕上がる。

ハレタ


毎日の退屈な洗濯が変わる体験が可能なIoTデバイス「スマートハレタ」。キャンペーンに応募して入手してみることをおススメしたい。

キャンペーンサイト
「トップ ハレタ」公式ホームページ
ライオン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
バックカメラも搭載で駐車時も安心の「ルームミラーがリアモニターになる!前後撮影ドライブレコーダー2」
USB DAC & USB3.0ハブ機能を搭載しPS4にも対応した「スッキリ片付くUSBハブ付きヘッドホンスタンド」
料理動画などでおなじみの真俯瞰撮影が可能な「真上から撮れる『俯瞰三脚』」
グリーンハウス、素材本来の旨味を家庭で味わえる低温調理器
タカラトミー、電動最小の「ロビ」が誕生!「こっちむいて!ロビ」を発売










ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ