ITライフハック

IoTデバイス

スマホで窓を自動開閉!外出先からでも操作が可能な『後付け自動窓開け閉め装置「ムーブウィンドウ」』

9_large

サンコーは、『後付け自動窓開け閉め装置「ムーブウィンドウ」』を発売した。価格は2万9,800円(税込)。

本製品は、自宅の窓に簡単に後付けできる自動窓開け閉め装置。工具不要で突っ張り棒のように簡単に取り付け。ねじを止める必要もない。

専用アプリでスマートフォンから操作。窓の開閉をスマホから行えるようになる。タイマーを設定して指定した時間に窓を自動で開けて、目覚ましのようにも使える。ロック機能で施錠が可能。力を入れても窓が開けられないようにできる。さらに外出先からでもスマホで窓を操作が可能。帰宅前に窓を開けて空気を入れ替えて新鮮な空気で帰宅することも可能だ。

窓開け装置を設置したいが金額や工事費用が高い。窓の開閉を遠くから行いたい。高い位
置の窓をワイヤレスで操作したい。決まった時間に窓を開けて空気を入れ替えたい。そんな人にお勧めの簡単に後付けできる窓開け装置だ。

■製品仕様
・サイズ/本体:横165cm×縦4cm×奥行き3cm
     電動部:横12cm×縦5cm×奥行き4.5cm
・重量/本体:950g、電動部:320g、ACアダプタ:180g
・ACアダプタ/入力:100-240V、50/60Hz、0.8A Max
       出力:24V、1.5A
・付属品/ブラケット(本体)、延長ブラケットx2、モーター、AC アダプター、エンドケットx2、延長コード、シリコンゴムx4、レールフック大・小、ウィンチカバー、日本語説明書
・保証期間/12か月


1_large


後付け自動窓開け閉め装置「ムーブウィンドウ」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ワイシャツなら10枚洗え、使わない時は折りたたんで棚にしまえる!容量3kgの洗濯機
自宅を映画館に変える!ハイセンスジャパンの「シアターサウンドシステム」2機種が10月に登場
たった1週間で爆売れした大人気コラボ商品「真空管アンプ・キット」の追加予約を開始
作ったらそのまま冷蔵!手作りヨーグルトが作れる「ヨーグルト冷蔵庫」
iPhoneで熱中症対策!タニタからBluetooth接続の熱中症指数計






ぺっこり45度って? アノ人だったの!?ライオンが開発したIoTデバイス「スマートハレタ」の声の主が判明!

TOP

ライオン株式会社は、子どもがお父さんと一緒にはじめてのお洗濯に挑戦する様子を描いたWeb動画「ハレタ親子ランドリー」の第2弾となるWeb動画「ハレタ親子ランドリー ハレタくんの正体!?篇」を公開中だ。

■スマートハレタの声の主が判明!
本動画では、スマートハレタの声の主がお笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹さんであったことが明かされている。このほかに飯尾さんのギャグも多数披露されており、クセになる内容となっている。

■Web動画概要
動画タイトル:「ハレタ親子ランドリー ハレタくんの正体!?」
動画URL:https://youtu.be/aBjapdSsWAs





■第1弾Web動画も引き続き公開中
ライオンが衣料用洗剤史上初となるIoTデバイス「スマートハレタ」を結構本気で開発したことを記念し、現在公開中のWeb動画が第1弾だ。子どもが父親と一緒にはじめての洗濯に挑戦し、「ハレタ」がつなぐ「家族の笑顔」を表現している。

■Web動画概要
動画タイトル:「ハレタ親子ランドリー~親子でお洗濯にチャレンジ!篇~」
動画URL:https://youtu.be/AB96O_Gzrgk




ずん飯尾和樹さん_プロフィール写真

■Web動画出演者プロフィール
飯尾和樹(いいお かずき)
1968年12月22日生まれ。東京都出身。
1991年にデビューし、2000年にお笑いコンビ「ずん」を相方・やすと結成し、現在に至る。
2014年には、“日本一の大喜利決定戦”と言われる「ダイナマイト関西 2014」で優勝。バラエティ、ドラマ、映画、舞台と幅広く活動中。初めての一人暮らしで洗濯に失敗した経験から洗濯が大好きであることが今回の撮影で判明。


■飯尾さんに今回の動画撮影についてのインタビュー

―撮影で苦労したポイントは?

飯尾さん(以下、敬称略):第1弾の動画では正体がばれないようにお願いされていたので、声を変えるのが難しかったです。頑張ってはいたのですが、撮影の間にマネージャーから「声がだんだん戻ってきています」と3回も注意されてしまいました。あとは、最初のハレタで顔を隠すシーンがあるのですが、私の顔がかなり大きい方ですので、カメラさんにずいぶん迷惑をかけてしまいました。

―今回、ご家族と共演していかがでしたか?

飯尾:家族の会話の多さに安心しました。今は会話がないという家族も多いと聞きますが、洗濯だけでここまでも会話が盛り上がっている様子を見て本当にいいなと思いました。

―寒い時期にも毎日頑張ってお洗濯している皆さんへ一言

飯尾:当たり前のように周りは洗濯物を出していますけど、この冷たい時期、それ以降の作業が一番大変。ぺっこり45度、ありがとうございます。


■Web動画に登場するIoTデバイス「スマートハレタ」とは?
「毎日のお洗濯をちょっとハッピーに!」をコンセプトに開発されたIoTデバイス。天気が悪い日も、気分が沈みがちな日も、日常にちょっとしたハッピーを届けてくれる。

開発の背景として「日頃あまり重視されない毎日の洗濯を少しでも楽しくしたい」との想いから、ハレタのパッケージにもデザインされているスマイルをテーマに開発されたという。

スマートハレタ3


■「スマートハレタ」の特長
「スマートハレタ」は、ライオンの超コンパクト衣料用液体洗剤「トップ ハレタ」の本体ボトルに装着して使用するIoTデバイスだ。家庭のWi-Fiを通して自宅エリアのリアルタイムの天気予報と連動する。洗濯の時にボトルを持ち上げると「外干し」、「部屋干し(降水確率10%以上)」を即座に判断し、アイコン、光、音声で知らせてくれる。さらに、季節に応じた洗濯の豆知識を専用アプリを通して教えてくれる。
スマートハレタ2


■洗剤の残量まで管理
トップ ハレタの本体ボトルを装着したIoTデバイスが残量を自動的に計量。一定量の残量を切ると、専用アプリにプッシュ通知がくるので買い忘れを防止してくれる。
スマートハレタ1


■今後の展開予定
ライオンは、スマートハレタを通じて洗濯習慣に関する生の情報をリアルなユーザーの生活から取得することで、実際の日常行動と連携した新しいサービスの開発を視野に入れ、様々な活動に生かされる。この便利なIoTデバイスのプレゼントキャンペーンも2月末まで開催中だ。概要は以下

■「スマートハレタ」プレゼントキャンペーン概要
募集期間:2019年1月15日(火)12:00~2月28日(木)23:59まで
商品:IoTデバイス「スマートハレタ」
当選人数:1000名
当選発表:抽選の結果、当選者には事務局よりメールにて連絡
商品発送:2019年3月下旬予定
応募方法:「ハレタ」キャンペーンサイトから応募フォームにアクセスし、必要事項を記入


■雨や寒い日の部屋干しだって、いつでも晴れ干し触感!「トップ ハレタ」
そもそもトップ ハレタとは何なのか知らない人もいるかもしれないので紹介しておこう。ライオンが2018年に発売した衣料用液体洗剤が「トップ ハレタ」だ。少量でも十分に洗えるのでボトルも超コンパクトなのが特長。

晴れた日の「乾き上がり」に着目し、晴れた日はもちろん、雨や寒い日の部屋干しでも、洗濯物がカラッと乾いてふっくら仕上がるのがポイント。汚れを落としながら「カラふわ成分」がセンイを根元からふっくら立ち上げてくれる。

たとえばタオルを洗濯すると、パイル(毛房)が立ち上がり、晴れた日に屋外で干したタオルのように、「カラっと」乾いている感じや、「ふっくら」厚みがある心地よい肌触りに仕上がる。

ハレタ


毎日の退屈な洗濯が変わる体験が可能なIoTデバイス「スマートハレタ」。キャンペーンに応募して入手してみることをおススメしたい。

キャンペーンサイト
「トップ ハレタ」公式ホームページ
ライオン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
バックカメラも搭載で駐車時も安心の「ルームミラーがリアモニターになる!前後撮影ドライブレコーダー2」
USB DAC & USB3.0ハブ機能を搭載しPS4にも対応した「スッキリ片付くUSBハブ付きヘッドホンスタンド」
料理動画などでおなじみの真俯瞰撮影が可能な「真上から撮れる『俯瞰三脚』」
グリーンハウス、素材本来の旨味を家庭で味わえる低温調理器
タカラトミー、電動最小の「ロビ」が誕生!「こっちむいて!ロビ」を発売










ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ