ITライフハック

デジタル家電 を含む記事

フォーカルポイントから騒がしい場所でも使いやすいウェアラブル翻訳機「WT2 Plus」を発売

tkt-ot-000001_02

フォーカルポイントは、 Timekettle(タイムケトル)製で世界の主要な36言語に対応した、 高精度なウェアラブル翻訳機「Timekettle WT2 Plus(タイムケトル ダブリューティーツー プラス) 」を発売した。価格は2万5,815円(税別)。

WT2 Plusは、 世界の主要な36言語に対応した高精度で、 ワイヤレスイヤホン型のウェアラブル翻訳機。 専用イヤホンとアプリの連携で、 相手の顔を見ながらお互いの言語を話すだけでリアルタイムに翻訳され、 ハンズフリーでスムーズな自然な会話を実現した。

本製品はどんな騒がしい環境でも、インテリジェントアルゴリズムによりノイズを軽減し、自動音声検出とピックアップ機能で相手の声をハッキリ拾い、またデュアルノイズリダクションで、最大95%の翻訳精度を可能にした。

また片耳用のイヤホンを二人の話者それぞれが装着することでリアルタイムに双方音声翻訳ができ、相手の顔を見ながらお互いの言語を話すだけで、スムーズに自然な会話を実現する。またリピート再生も可能だ。

重量わずか約10gの軽さで、長時間着けていても耳への負担も少なく、ケーブルレスで煩わしさもない。

■対応言語
日本語、英語、中国語、広東語、韓国語、アラビア語、イタリア語、インドネシア語、オランダ語、カタロニア語、ギリシャ語、クロアチア語、スウェーデン語、スペイン語、スロバキア語、スロベニア語、タイ語、Tailugu、タミル語、チェコ語、デンマーク語、ドイツ語、トルコ語、ノルウェー語、ハンガリー語、ヒンディー語、フィンランド語、フランス語、ブルガリア語、ベトナム語、ヘブライ語、ポーランド語、ポルトガル語、マレー語、ルーマニア語、およびロシア語。

■製品仕様
対応機種:iOS 11以上もしくはAndroid 7.0以上、Bluetooth 4.2以上のスマートフォン
対応言語:36種類の言語
充電時間:約1.5時間(充電ケースを含む)
連続動作時間:[充電ケース使用]約15時間 [本体のみ]5時間
連続待ち受け時間:約720時間
音声入力:両耳マイク
会話モード:同時通訳モード、 タッチモード、 スピーカーモード
保証期間:1年
イヤホンサイズ:約53(W)× 12(H)× 28(D)mm
イヤホン重量:約10g × 2
充電ケースサイズ:約71(W)× 71(H)× 33.5(D)mm
充電ケース重量:約72g
パッケージサイズ:約108(W)× 213(H)× 52(D)mm(フック込み)
パッケージ重量:約300g
同梱物:WT2 Plus Wearable Translator 本体(ホスト、ゲスト × 1)、充電ケース、充電ケーブル、イヤーフック、イヤーピース、取扱説明書(保証書)




製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
紫外線と温風乾燥の専用除菌スタンドでいつでも清潔に使える「超高速振動音波電動歯ブラシ」
ヤマハから一体型のフロントサラウンドシステム「YAS-109」
パナソニックから動画の視聴が可能なディスプレイ付きワイヤレススピーカー「SC-VA1」を発売
Sonos JapanからスマートホームエンターテイメントにつなぐSonos Ampが登場
ロジクールのゲーミングブランド「ASTRO Gaming」からヘッドセットの新製品「A40 TR」と「A50+BASE STATION」最新モデルが登場






紫外線と温風乾燥の専用除菌スタンドでいつでも清潔に使える「超高速振動音波電動歯ブラシ」

5_000000003327

サンコーは、「ドライ&UV除菌スタンド付き音波電動歯ブラシ」を発売する。価格は6,980円(税込)。

本製品は、除菌ができる専用スタンド付きの音波電動歯ブラシ。電動歯ブラシは毎分約31,000回の超高速振動により歯についた汚れのお手入れが可能。3種類のモード(高速、低速、高速低速交互)を搭載。すべてのモードで30秒ごとにお知らせする機能付きで磨き残しを防いでくれる。

使用後には専用除菌スタンドでブラシを差し込んで除菌が可能。ブラシを差し込むと自動的にUV(紫外線)照射と温風乾燥(約65℃)を行い、ブラシに付着した菌を99%以上減らしてくれる(第三者機関による試験結果)。

スタンドの電源はUSBで給電。歯ブラシはスタンドに置くだけで自動的に充電され、約12時間の充電で約3時間動作する。歯ブラシ部はIPX7等級の防水仕様でまるごと水洗いが可能だ。

歯磨き後の歯ブラシの汚れ、菌が気になる。USBで充電できる手軽な電動歯ブラシが欲しい。そんな方にお勧めの専用除菌スタンド付きの音波電動歯ブラシだ。

■製品仕様
・サイズ/使用時:直径1050×高さ610(mm)
   収納時:直径60×高さ320(mm)
・重量/427g
・タイプ/自動開閉折りたたみ傘
・内容品/本体、カバー、日本語説明書
・パッケージサイズ/直径60×高さ320(mm)
・パッケージ込み重量/約450g
・保証期間/6カ月


3_000000003327


ドライ&UV除菌スタンド付き音波電動歯ブラシ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ヤマハから一体型のフロントサラウンドシステム「YAS-109」
パナソニックから動画の視聴が可能なディスプレイ付きワイヤレススピーカー「SC-VA1」を発売
Sonos JapanからスマートホームエンターテイメントにつなぐSonos Ampが登場
ロジクールのゲーミングブランド「ASTRO Gaming」からヘッドセットの新製品「A40 TR」と「A50+BASE STATION」最新モデルが登場
月の裏側の景色を自宅で鑑賞できるセガトイズ「HOMESTAR Classic Satellite MOON」






ヤマハから一体型のフロントサラウンドシステム「YAS-109」

sub5

ヤマハは、「クリアボイス」「DTS Virtual:X」の対応により映像の世界に深く没入でき、「Amazon Alexa」の音声コントロール、「Spotify」「Amazon Music」といった音楽配信サービスにも新たに対応したワンボディタイプのフロントサラウンドシステム「YAS-109」を、7月上旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2万7,000円前後。

今回発売する「YAS-109」は、手軽に設置するだけでテレビ番組や映画などがより聴きやすく、迫力ある音で楽しめ、「Amazon Alexa」による音声コントロールや「Spotify」「Amazon Music」といった音楽配信サービスにも対応したワンボディタイプのフロントサラウンドシステム。新たにネットワーク機能・音声操作用マイクを内蔵することにより、専用アプリ「Sound Bar Controller」での操作だけでなく、音声での本体操作にも対応した。さらに、スマートフォンやネットワーク上(NAS等)にある音楽コンテンツもワイヤレスで再生することが可能だ。

また、人の声やナレーションの音声をより聴きやすくする「クリアボイス」をはじめ、バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」にも対応することで、前方・左右・後方に加え、高さ方向の音場も再現することができる。映画や音楽への没入感をより一層高め、ワンランク上の音場体験ができるだろう。

sub4


ヤマハ フロントサラウンドシステム「YAS-109」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
パナソニックから動画の視聴が可能なディスプレイ付きワイヤレススピーカー「SC-VA1」を発売
Sonos JapanからスマートホームエンターテイメントにつなぐSonos Ampが登場
ロジクールのゲーミングブランド「ASTRO Gaming」からヘッドセットの新製品「A40 TR」と「A50+BASE STATION」最新モデルが登場
月の裏側の景色を自宅で鑑賞できるセガトイズ「HOMESTAR Classic Satellite MOON」
77インチの迫力に北川景子さんも感嘆!ソニーの4Kテレビ「ブラビア」の新テレビCM、スペシャルサイトにて6月3日より公開中






JBLからトゥルー・ワイヤレスイヤホンのエントリー向け新モデル「TUNE120TWS」が登場

sub8

ハーマンインターナショナルはオーディオブランド「JBL」から、「JBL TUNE120TWS(チューン120トゥルーワイヤレス)」を2019年6月28日(金)より発売する。

■「JBL TUNE」シリーズ初の左右独立型ワイヤレスイヤホン
「JBL TUNE120TWS」は、大迫力のJBLサウンドとファッション性を兼ね備えたエントリーライン「TUNE」シリーズ初となる左右独立型のトゥルー・ワイヤレスイヤホン(左右がケーブル等で接続されておらず、右と左が個別に機能するイヤホンのこと)。

トゥルー・ワイヤレスイヤホンのベーシックなスペックをすべて搭載し、ファッション性に富んだカラーバリエーションとデザインを兼ね備えているため、トゥルー・ワイヤレスイヤホンの入門モデルとして、初心者の方にも最適だ。JBLの入門モデルながらJBLらしいサウンドにもこだわり、5.8mm径ドライバーを採用。プレイリストを圧巻のJBLサウンドで再生してくれる。

イヤホン本体は、約2時間の充電で最大約4時間の長時間ワイヤレス再生が可能。さらに、付属の充電ケースにイヤホンを収納すれば最大約12時間分の充電をすることができ、合計で最大約16時間の音楽再生が可能だ。時間がないときにも便利な急速充電機能に対応しているため、外出先での急な充電切れの際でも安心して使える。長時間の使用でも快適にお使いいただけるよう、人間工学に基づいた、耳にフィットしやすい形状と装着感を実現した。

また、通勤や通学など、日常のライフスタイルの中で音楽もおしゃれも本格的に楽しめる豊富なカラーバリエーションを用意。ブラック、ホワイト、グリーン、ピンクの全4色の中から好みのカラーを選ぶことができる。

音質やデザインに加え、ハンズフリー通話、 GoogleNow やSiriにも対応し、機能面も充実。左右のイヤホンに配置されたボタンをワンタッチするだけで、音楽の再生から通話や音声アシスタント機能へ切り替えることができる。

ハーマンインターナショナル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
パナソニックから動画の視聴が可能なディスプレイ付きワイヤレススピーカー「SC-VA1」を発売
Sonos JapanからスマートホームエンターテイメントにつなぐSonos Ampが登場
ロジクールのゲーミングブランド「ASTRO Gaming」からヘッドセットの新製品「A40 TR」と「A50+BASE STATION」最新モデルが登場
月の裏側の景色を自宅で鑑賞できるセガトイズ「HOMESTAR Classic Satellite MOON」
77インチの迫力に北川景子さんも感嘆!ソニーの4Kテレビ「ブラビア」の新テレビCM、スペシャルサイトにて6月3日より公開中






パナソニックから動画の視聴が可能なディスプレイ付きワイヤレススピーカー「SC-VA1」を発売

01

パナソニックは、Bluetoothでの音楽再生に加え、10V型ディスプレイ搭載でYouTubeなどの動画配信サービスを楽しめるディスプレイ付きワイヤレススピーカー「SC-VA1」を2019年7月19日より発売する。

■スマホはそのままで動画や音楽を楽しみたい
近年、スマートフォンを使いYouTubeの映像付き音楽コンテンツを楽しむ人が増えているが、動画を視聴中にSNSやゲームアプリなどを同時に使えないことや、画面サイズ、音に不満を感じる人も多い。本製品は10V型のモニターを搭載しており、手持ちのスマートフォンと連携してYouTubeの動画を簡単にキャストして再生できるので、自分のスマートフォンは自由に使えるほか、スマートフォンよりも大きな画面で映像と音楽を楽しめる。

スピーカー部は独自形状のディフューザーにより360゜部屋中に音を広げ、ロング・バスレフポートにより豊かな低音再生を実現。また本機はBluetoothスピーカーとして使える。再生時には関連したYouTube動画を自動的に検索しておすすめする機能を搭載したので、好きな音楽を思う存分楽しめる。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
Sonos JapanからスマートホームエンターテイメントにつなぐSonos Ampが登場
ロジクールのゲーミングブランド「ASTRO Gaming」からヘッドセットの新製品「A40 TR」と「A50+BASE STATION」最新モデルが登場
月の裏側の景色を自宅で鑑賞できるセガトイズ「HOMESTAR Classic Satellite MOON」
77インチの迫力に北川景子さんも感嘆!ソニーの4Kテレビ「ブラビア」の新テレビCM、スペシャルサイトにて6月3日より公開中
車内をより快適に!3つのファンで強力吸気、お尻も背中も超快適な車用「トリプルファン爽快シート」






Sonos JapanからスマートホームエンターテイメントにつなぐSonos Ampが登場

sub2_サイズ変更

インテリア家電やスマートデバイスを開発・販売するSonosは、新たにパワフルかつ多用途に使えるホームオーディオハブ「Sonos Amp」を発表した。

■既存の有線オーディオシステムからストリーミングまであらゆる音源を一体化できる
Sonos Ampは、従来の有線スピーカーからあらゆる音源のサウンドを再生し、Sonosワイヤレスホームサウンドシステムと一体化させることができる。前モデルより2倍もパワフルになった新しいSonos Ampは、 AppleのAirPlay 2と日本国内において50以上のストリーミングサービスに対応。テレビ用のHDMI ARCポートも備えている。

Sonos Ampは、日本では2019年6月14日よりSonos公式オンラインショップ、二子玉川 蔦屋家電にてプレオーダーを開始する。7月から順次開始予定。

Sonos Ampは、業務用標準規格のAVラックにすっきり納まる設計で、各チャンネル125ワットの出力を備え、最大4台までのスピーカーを接続でき、あらゆるセットアップに対応する。また、HDMIとライン入力ポートを搭載しているため、テレビ、ターンテーブル、CDチェンジャー、その他のオーディオ機器を簡単に接続でき、Sonosシステムとして統合できる。

細部にまでこだわって設計された多用途なこのハードウェアは、 Sonosのソフトウェアプラットフォームを強化するよう開発され、スマート照明や集中管理システムなどのスマートホームシステムに簡単に統合することができる。AirPlay2にも対応し、iOSデバイスからのあらゆる音楽やその他のオーディオをワイヤレスで再生できる。

また、Sonos OneやSonos BeamなどAmazon Alexa搭載の機器にワイヤレス接続すれば、音声コマンドによるコントロールが可能になる。さらに、他のSonos機器と同様、定期的なソフトウェアアップデートにより、新たな機能やサービスを追加できるため、常に最新かつ最大限のシステムを使用することができる。

sub3_サイズ変更


Sonos公式オンラインショップ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ロジクールのゲーミングブランド「ASTRO Gaming」からヘッドセットの新製品「A40 TR」と「A50+BASE STATION」最新モデルが登場
月の裏側の景色を自宅で鑑賞できるセガトイズ「HOMESTAR Classic Satellite MOON」
77インチの迫力に北川景子さんも感嘆!ソニーの4Kテレビ「ブラビア」の新テレビCM、スペシャルサイトにて6月3日より公開中
車内をより快適に!3つのファンで強力吸気、お尻も背中も超快適な車用「トリプルファン爽快シート」
組み合わせ自由自在、1,600万色を自由に選べるIoTインテリアの「Nanoleaf Light Panel」





富士フイルムから音が残せるチェキ登場!音声メッセージ付きのチェキプリントが可能な「instax mini LiPlay(リプレイ)」

img_186246_1

富士フイルムは、撮ったその場ですぐにプリントが楽しめるインスタントカメラ instax(インスタックス)シリーズの新たなラインアップとして、カードサイズのフィルムに対応したハイブリッドインスタントカメラ「instax mini LiPlay(リプレイ)」(以下「LiPlay」)を2019年6月21日より発売する。

■静止画に加えて音声も残せる
シリーズ史上最小・最軽量の携帯性に優れたカメラ本体には、伝えたいメッセージなどの音声をQRコード化して写真とともにプリントできる「サウンド機能」や、スマホの画像もチェキフィルムにプリントできる便利な「ダイレクトプリント機能」など、魅力的な新機能を搭載し、さまざまなシーンで楽しめる。

今回発売する「LiPlay」は、カメラ背面のLCDモニターを見ながら撮影した画像の中から、好きな画像を選んでプリントすることができるハイブリッドインスタントカメラ。カメラに備えた録音機能により最大10秒間音声を録音することができ、その録音データをQRコード化して、撮影画像と一緒にチェキフィルムにプリントできる「サウンド機能」を新たに搭載した。プリントされたQRコードをスマホで読み取ると音声を再生することができる。写真とともにその写真に込めた想いも音声メッセージとして届けることができる。

また、スマホで撮影した画像をLiPlayに送信してプリントできる「ダイレクトプリント」機能も搭載。スマホで撮影したお気に入りの画像も気軽にチェキフィルムにプリントして友達と共有することができる。さらに、大人数の集合写真などを簡単に撮影できるよう、カメラから離れた場所でスマホの操作によってシャッターを切ることができる「リモート機能」も新たに搭載した。

カメラ本体は、シンプルでスタイリッシュなデザインを採用。小型軽量で気軽に持ち運ぶことができ、シャッターボタンや「サウンド機能」ボタンなど基本操作を簡単に行えるようにボタン・ダイヤルを配置した。手に取ったときの感触にもこだわり、カメラの表面には凹凸がはっきりしたものや、滑らかなものなど3色ごとに異なる加工を施した。

また、光沢のあるフレームで写真を華やかに見せるミニフィルム「CONFETTI(コンフェッティ)」と、スクエアフィルム「Star-illumination(スターイルミネーション)」も6月21日より順次発売する。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ロジクールのゲーミングブランド「ASTRO Gaming」からヘッドセットの新製品「A40 TR」と「A50+BASE STATION」最新モデルが登場
月の裏側の景色を自宅で鑑賞できるセガトイズ「HOMESTAR Classic Satellite MOON」
77インチの迫力に北川景子さんも感嘆!ソニーの4Kテレビ「ブラビア」の新テレビCM、スペシャルサイトにて6月3日より公開中
車内をより快適に!3つのファンで強力吸気、お尻も背中も超快適な車用「トリプルファン爽快シート」
組み合わせ自由自在、1,600万色を自由に選べるIoTインテリアの「Nanoleaf Light Panel」




上海問屋から256GBの大容量で4Kなどの高画質な動画の保存に最適なマイクロSDXCカード

czMjYXJ0aWNsZSMyMjk1MiMyMjI3OTgjMjI5NTJfU2RPd0pTdmJhai5qcGc

上海問屋は、4K(ウルトラHD)撮影にも最適な高速U3モデルのmicroSDXCカードを発売した。価格は3,686円(税別)。

本製品は、UHSスピードクラス3、ビデオスピードクラスV30、アプリケーションパフォーマンスクラスA1に対応したコストパフォーマンスに優れたmicroSDXCカード。やたらと小難しい用語が並ぶが、
「256GBという大容量で4Kなどの高画質な動画の保存に最適なやつ」と理解しておけばいいだろう。

なお、この上海問屋オリジナルフラッシュメモリシリーズ「DONYA フラッシュ」は5年間の長期保証が標準で付いてくる。

上海問屋 マイクロSDXCカード 256GB UHS-1 U3 V30 4K A1対応

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ロジクールのゲーミングブランド「ASTRO Gaming」からヘッドセットの新製品「A40 TR」と「A50+BASE STATION」最新モデルが登場
月の裏側の景色を自宅で鑑賞できるセガトイズ「HOMESTAR Classic Satellite MOON」
77インチの迫力に北川景子さんも感嘆!ソニーの4Kテレビ「ブラビア」の新テレビCM、スペシャルサイトにて6月3日より公開中
車内をより快適に!3つのファンで強力吸気、お尻も背中も超快適な車用「トリプルファン爽快シート」
組み合わせ自由自在、1,600万色を自由に選べるIoTインテリアの「Nanoleaf Light Panel」






電源はUSBから、白色から暖色まで3段階の色合い変更も可能な撮影用LEDリングライト

czMjYXJ0aWNsZSMyMjk1MiMyMjI3NjIjMjI5NTJfd09lSFJZdGpZaC5qcGc

上海問屋は、USB給電で使えて色合い変更も可能なLEDリングライトを発売した。価格は1,203円(税別))。

本製品は、USB給電で使用できるLEDリングライト。USB電源アダプターやモバイルバッテリーなどで、様々な場所で撮影時の光環境を整えることが可能だ。

リングサイズは直径16cm。持ち運びにも便利な大きさ。さらに発光色の変更は3種類。Cold、Mix、Wormと、ボタン操作で変えることができ、撮影の際に被写体のイメージに合わせた調整が可能だ。

1/4ネジに対応しているので通常の三脚やスタンドに接続することも可能だ。

■製品仕様
サイズ 横16 × 縦21cm
重量 約250g
電源 USB 5V 0.3A~2.3A(LEDの明るさによって変化)
素材 プラスチック、メタル
製品保証 購入後 初期不良2週間


czMjYXJ0aWNsZSMyMjk1MiMyMjI3NjIjMjI5NTJfQ0JLS1RUSWtoWi5qcGc


LEDリングライト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ロジクールのゲーミングブランド「ASTRO Gaming」からヘッドセットの新製品「A40 TR」と「A50+BASE STATION」最新モデルが登場
月の裏側の景色を自宅で鑑賞できるセガトイズ「HOMESTAR Classic Satellite MOON」
77インチの迫力に北川景子さんも感嘆!ソニーの4Kテレビ「ブラビア」の新テレビCM、スペシャルサイトにて6月3日より公開中
車内をより快適に!3つのファンで強力吸気、お尻も背中も超快適な車用「トリプルファン爽快シート」
組み合わせ自由自在、1,600万色を自由に選べるIoTインテリアの「Nanoleaf Light Panel」






350ml缶を最大10本収納可能!ボタンを押して飲み物を取り出す自販機型保冷庫

1_000000003322

サンコーは、「インテリアにもなる自動販売機型保冷庫『俺の自販機』」を発売した。価格は1万4,800円(税込)。

本製品は、ボタンを押すと飲み物が出てくる自動販売機型の保冷庫。本体サイズは幅415×高さ650×奥行235mmで部屋に置けるサイズ。350ml缶を最大10本収納可能。5段構造になっており、それぞれのボタンを押すと好きな飲み物が取り出し口から取り出せるようになっている。

庫内の温度は約5度(周囲温度25度、周囲温度により変動)で、飲み物を冷やすことができる。家庭用コンセント及び車のシガーソケット電源に対応。シンプルなデザインでインテリアとしても楽しめる。

冷蔵庫に行かなくても冷たい飲み物を飲みたい。自分の部屋に置くならおしゃれなデザインのモノが良いなんていう人におススメだ。

■製品仕様
・サイズ/幅415×高さ650×奥行235(mm)
・重量/約7.9kg
・収納数/350ml缶10本(直径66mm缶のみ対応)
・電源/コンセントまたはシガーソケットより給電
・定格電圧/AC100V / DC12V(6A以上)
・定格周波数/50/60Hz
・定格消費電力/AC 60W/50W
・冷却方式/ペルチェ式
・保冷目安温度/庫内:最低温度約5度(周囲温度25度) ※周囲温度により変動します。
・内容品/本体、シガーケーブル(195cm)、両面テープ3枚 電源ケーブル(195cm)、緩衝材、日本語説明書
注意事項
・パッケージサイズ/幅450×高さ700×奥行285(mm)
・パッケージ込み重量/約9.0kg
・保証期間/12か月


2_000000003322

6_000000003322


インテリアにもなる自動販売機型保冷庫「俺の自販機」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ロジクールのゲーミングブランド「ASTRO Gaming」からヘッドセットの新製品「A40 TR」と「A50+BASE STATION」最新モデルが登場
月の裏側の景色を自宅で鑑賞できるセガトイズ「HOMESTAR Classic Satellite MOON」
77インチの迫力に北川景子さんも感嘆!ソニーの4Kテレビ「ブラビア」の新テレビCM、スペシャルサイトにて6月3日より公開中
車内をより快適に!3つのファンで強力吸気、お尻も背中も超快適な車用「トリプルファン爽快シート」
組み合わせ自由自在、1,600万色を自由に選べるIoTインテリアの「Nanoleaf Light Panel」






ロジクールのゲーミングブランド「ASTRO Gaming」からヘッドセットの新製品「A40 TR」と「A50+BASE STATION」最新モデルが登場

Image2

ロジクールは2019年6月11日、ゲーミングブランド「ASTRO Gaming」より「ASTRO A50 Wireless ゲーミングヘッドセット + BASE STATION」と「ASTRO A40 TR ゲーミングヘッドセット」、「ASTRO MixAmp Pro TR」を発表した。「A50」は8月1日に発売予定で、価格は3万7,750円(税別)、「A40」は1万8,880円、「MixAmp」は1万8,750円で6月27日に発売予定となっている(いずれも税別)。

「A50」はワイヤレスヘッドセット。これまで「ASTRO Gaming」で人気だったMixAmpの機能が充電スタンドであるBASE STATIONに集約されている。ヘッドセット右側面のボタンでマイク音とゲーム音のバランスを調整でき、Dolby サラウンドサウンドに対応している。バッテリーは15時間の連続使用が可能で、バッテリー残量はBASE STATIONのインジケータで確認できる。

また遮音性の高いイヤーカップとヘッドバンドをセットにした「Modkit」を発売予定。発売時期は未定だが、価格は税別5,130円。

一方「A40+MixAmp」は、現在販売され多くの大会でも使用されている「A40」と「MixAmp」のリニューアル版だ。「A40」に大きな変更は加えられていないが、「MixAmp」のツマミが横配置に変更。ツマミにLEDを搭載することでLANパーティや大会などの暗いシーンでも視認性が上がったほか、ケーブルの入力端子を背面に集約することで邪魔になりにくいデザインとなっている。

なお「A40」は「ASTRO Gaming」10周年を記念したアニバーサリーモデルを同時発売予定。MixAmpとのセット販売も予定されていて、単体が1万8,880円、MixAmpとのセットが3万1,250円(いずれも税別)。

IMG_7999 のコピー

IMG_8002 のコピー


ASTRO Gaming

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
月の裏側の景色を自宅で鑑賞できるセガトイズ「HOMESTAR Classic Satellite MOON」
77インチの迫力に北川景子さんも感嘆!ソニーの4Kテレビ「ブラビア」の新テレビCM、スペシャルサイトにて6月3日より公開中
車内をより快適に!3つのファンで強力吸気、お尻も背中も超快適な車用「トリプルファン爽快シート」
組み合わせ自由自在、1,600万色を自由に選べるIoTインテリアの「Nanoleaf Light Panel」
暑さ対策に最適!足をのせるだけで心地よい風で足もとから涼しい「ファン内蔵足もと爽快フットレスト」




月の裏側の景色を自宅で鑑賞できるセガトイズ「HOMESTAR Classic Satellite MOON」

sub2

セガトイズは、家庭用プラネタリウム「HOMESTAR」から、月の神秘さ美しさを精密に再現した「HOMESTAR Classic Satellite MOON」を2019年9月13日(金)に発売する。価格は1万1,000円(税別)。

■家庭用プラネタリウムとして大人気のシリーズ
「HOMESTAR」は、世界屈指のプラネタリウム・クリエーター大平貴之氏が監修した最高峰の家庭用プラネタリウム。星空を凝縮した原板と光学式の投影方法を採用することより、鮮明な星の輪郭と、圧倒的な星数を映し出すことを可能にした。未知への探究心を刺激する世界初の光学式プラネタリウムは、世界で120万台以上の累計販売台数を誇るシリーズに成長している。

■月の裏側の景色を自宅で見れる
「HOMESTAR Classic Satellite MOON」は、人類が未だ見ぬ、月の裏側の景色を自宅の天井に投影することができる。今回再現する月の裏側の南半球の星空には、濃い南天の天の川やマゼラン星雲が見え、壮大な眺めを楽しめる。周囲の地形も可能な限り忠実に再現しているほか、周囲の地形も可能な限り忠実に再現している。月面探査機が見上げているであろう、肉眼では見ることのできない未知の世界を堪能してみてはいかがだろうか。

また本製品では、太陽の光によって見え方が変わる月の変化を、日周運動機能を用いて再現した。 1年で最も美しいとされる中秋の名月でおなじみの「満月とススキ」と、どこか寂し気で気分を落ち着かせる「三日月と雲」を、カラー恒星原板で楽しめる。心奪われる6万個の星々と共に投影される幻想的な月の夜空を堪能してみよう。

■商品概要
商品名:HOMESTAR Classic Satellite MOON ホームスタークラシック サテライトムーン)
内容物:本体、原板2枚(カラー1枚 白黒1枚)、 ACアダプター、取扱説明書(保証書)
商品サイズ:幅159×高167×180mm
素材:本体:ABS、 PC、鉄、ガラス、 PE 原板:アクリル ACアダプター:PC、 ABS、 PVC
対象年齢:15才以上
発売予定日:2019年7月18日(木)


main

sub1


©SEGATOYS

セガトイズ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
77インチの迫力に北川景子さんも感嘆!ソニーの4Kテレビ「ブラビア」の新テレビCM、スペシャルサイトにて6月3日より公開中
車内をより快適に!3つのファンで強力吸気、お尻も背中も超快適な車用「トリプルファン爽快シート」
組み合わせ自由自在、1,600万色を自由に選べるIoTインテリアの「Nanoleaf Light Panel」
暑さ対策に最適!足をのせるだけで心地よい風で足もとから涼しい「ファン内蔵足もと爽快フットレスト」
JAPANNEXT、55型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS5500TUHD」を発売







これはビールが進む!自分好みの味付けビーフジャーキーやドライフルーツも作れる『自家製ジャーキーメーカー』

13_000000003083

サンコーは、「ドライフルーツも作れる『自家製ジャーキーメーカー』」を発売した。価格は3,980円(税込)。

■トレイに乗せてスイッチオンでOK
本製品は、自宅で自分で手軽に自家製ビーフジャーキーやドライフルーツが作れる食品乾燥機だ。材料をトレイに乗せ、電源を入れれば約8時間でビーフジャーキーやドライフルーツ、干し野菜が作れまる。

トレイは5枚付属、中に入れるものの厚みにより、それぞれ高さを変えて重ねて使用することが可能だ。温度は35度~70度に設定が可能、ダイヤルを回すだけで簡単に操作できる。

幅245×奥行き240×高さ227mmで卓上に置いても場所をとらないサイズ。ビールのおつまみにこだわった「俺のビーフジャーキー」を手作りしたい。フルーツや野菜の酵素を壊しにくいドライフルーツを手軽に手作りしたい。愛犬のおつまみに手作りジャーキーを作りたい。そんな方にお勧めだ。

■製品仕様
・サイズ/幅245×奥行き240×高さ227(mm)
・重量/1600g
・トレイサイズ(1個)/内側:幅235×奥行き215×高さ13~25(mm)
・定格電圧/100V
・定格周波数/50/60Hz
・消費電力/250W
・温度範囲(ヒーター温度)/35~70℃
・電源ケーブル長さ/1150mm
・内容品/本体(トレイ5段、蓋)、日本語取扱い説明書
・パッケージサイズ/幅265×奥行き265×高さ230(mm)
・パッケージ重量/1860g(内容品含む)
・保証期間/6ヶ月


2_000000003083

3_000000003083


ドライフルーツも作れる「自家製ジャーキーメーカー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
77インチの迫力に北川景子さんも感嘆!ソニーの4Kテレビ「ブラビア」の新テレビCM、スペシャルサイトにて6月3日より公開中
車内をより快適に!3つのファンで強力吸気、お尻も背中も超快適な車用「トリプルファン爽快シート」
組み合わせ自由自在、1,600万色を自由に選べるIoTインテリアの「Nanoleaf Light Panel」
暑さ対策に最適!足をのせるだけで心地よい風で足もとから涼しい「ファン内蔵足もと爽快フットレスト」
JAPANNEXT、55型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS5500TUHD」を発売






77インチの迫力に北川景子さんも感嘆!ソニーの4Kテレビ「ブラビア」の新テレビCM、スペシャルサイトにて6月3日より公開中

sub1

ソニーの4Kテレビ「ブラビア」の新たなプロモーションとして、女優の北川景子さんを起用した新しいCMが完成した。同CMの本映像はスペシャルサイトやネット広告で6月3日(月)より先行公開中だ。なおテレビへは、6月29日(土)より放映を開始する。

■テレビ市場の拡大とテレビの画面サイズの大型化
アナログ放送が停波し、地上波デジタル放送へと切り替わってはや9年が経過した。一般社団法人電子情報技術産業協会(以下、JEITA)の調査では「今後、2011年の地上デジタル移行期特需からの買い替えが本格化する」ことが見込まれるという()。
sub2

※:AV&IT機器世界需要動向2019年/JEITA

加えて10月1日から予定されている消費税の10%化に先駆けた駆け込み需要、テレビ放送やネット動画など4Kタイトルの増加なども、さらなるテレビ市場の拡大の後押しになると考えられる。そして2020年のオリンピックを4Kの大画面で楽しみたいと考える人々ももちろんいることは間違いない。

JEITAの予測では、2019年は、薄型テレビの需要は対前年137.8%となり、700万台突破を見越している。2018年の実績が対前年104.7%であったことからも、かなり大きな伸長であると考えられる。また、このうち4K対応テレビは約半数まで伸びていくとされている。

■50型以上の大画面モデルに注目が集まる
このように薄型テレビの需要が急速に伸びている中、特に50型(以下、50インチ)以上の大画面に消費者の注目が集まっている。
sub3


たとえば2010年は消費者の86.1%が49インチまでの大画面テレビに人気が集まり、50インチ以上に注目している消費者は、わずか5%であった。ところが2018年には、50インチ以上の薄型テレビに注目している消費者が全体の40.7%へと増えてきている。今後は、薄型テレビは50インチ以上というのがトレンドとなっていくことは容易に想像がつく。
補足


■大画面で見たい映像を存分に楽しめる4Kブラビア
このようにテレビ放送もネットでの配信動画も、ますます4K映像が増えていく今、50インチを超える大画面テレビで映像を美しく見るためには、高性能な画像処理技術が不可欠になってくる。

これに対応できるのがソニーの4Kブラビアだ。同シリーズには独自の高画質プロセッサー「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」が搭載されており、あらゆる4K映像を大画面に美麗に映し出す。

この4Kブラビアシリーズは、音にもこだわっており、独自のアコースティック技術により、映像と音が一体となった新たな視聴体験が楽しめるようになっている。

さらに、現在定額でコンテンツが見放題という形態が多い数々のネット動画配信サービスにも対応しているので、テレビ放送と同じように簡単に、見たいタイトルを迫力の大画面で楽しむことができる。

■4K大画面ブラビアの美しさの「差」に感嘆する北川景子さん
4Kブラビアの新CMは、同シリーズが映し出す美麗な映像を実際に見て感嘆する北川景子さんの様子を描くものとなっている。

白い抽象空間の中に並べられ、様々な4K映像を映し出すいくつものブラビア。そしてその中をゆっくりと歩く北川景子さん。ひときわ大きな77インチの大画面4Kブラビアに気づき、その美しさに引き込まれ、つい立ち止まり見入ってしまう。

main


北川景子さんの「テレビ放送も、ネット動画も。美しい大画面で見てこそ、価値がある」というコメントにも実感が溢れている。テレビがますます大型化する時代に、4K大画面ブラビアの美しさを象徴するCMとなっている。前述したようにテレビでの放映は6月29日(土)からとなっているのでスペシャルサイトでチェックしてみるといいだろう。



新CM『大画面で差が出る美しさ編:A9Gシリーズ【ソニー公式】』
「ブラビア」スペシャルサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
車内をより快適に!3つのファンで強力吸気、お尻も背中も超快適な車用「トリプルファン爽快シート」
組み合わせ自由自在、1,600万色を自由に選べるIoTインテリアの「Nanoleaf Light Panel」
暑さ対策に最適!足をのせるだけで心地よい風で足もとから涼しい「ファン内蔵足もと爽快フットレスト」
JAPANNEXT、55型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS5500TUHD」を発売
冷たい水が循環 着ているだけでひんやり上半身を冷やす水冷COOLベスト









車内をより快適に!3つのファンで強力吸気、お尻も背中も超快適な車用「トリプルファン爽快シート」

2_000000003318

サンコーは、「車用お尻も背中も蒸れない『トリプルファン爽快シート』」を発売した。価格は4,980円(税込)。

本製品は、ドライブ時のお尻や背中の蒸れを防止するファン内蔵カーシート。シートにベルトで固定しフックを座席下のスライドレバーに固定。ケーブルをシガーソケットにさせば準備完了。電源を入れると、ひざ裏部と腰部分の計3つのファンが回転し、空気を取り込み、お尻部分と背中部分にそれぞれ空気が排出されドライブ時蒸れを防止してくれる。

表面は通気性が良いメッシュ素材を採用。座面のボタンで3段階の風量調整が可能だ。

車を運転しているとお尻や背中部分が蒸れる。夏場の運転が不快。そんな方におすすめの「トリプルファン爽快シート」だ。

■製品仕様
・サイズ/高さ119×幅49×厚み1.5(cm)
・シガーケーブル長/約110cm
・重量/約800g
・電源/12V車/1.5A (24V 不可)
・付属品/本体、シガーケーブル、日本語説明書
・パッケージサイズ/高さ120×幅50×厚み2(cm)
・パッケージ込み重量/約900g
・保証期間/6か月


5_000000003318


車用お尻も背中も蒸れない「トリプルファン爽快シート」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
組み合わせ自由自在、1,600万色を自由に選べるIoTインテリアの「Nanoleaf Light Panel」
暑さ対策に最適!足をのせるだけで心地よい風で足もとから涼しい「ファン内蔵足もと爽快フットレスト」
JAPANNEXT、55型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS5500TUHD」を発売
冷たい水が循環 着ているだけでひんやり上半身を冷やす水冷COOLベスト
スティック扇風機や首振り扇風機としても使える2WAY USB扇風機






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ