ITライフハック

お年玉

LINE、最大100万円が当たる2018年の“お年玉つき年賀スタンプ”人気キャラクターをはじめとする全25種類のデザインを公開

top

LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」において、対象のスタンプを買うと友だちに“お年玉”を送ることができる「お年玉つき年賀スタンプ」を2017年12月26日(火)から販売するにあたり、今年の対象スタンプ一覧を公開した。

ポケモンやリラックマ、おそ松さんといった人気キャラクターをはじめ、LINE CreatorsStamp AWARD 2017のグランプリに輝いた「うさまる」や「ぶたた」といった人気クリエイターの作品など、全25種類(公式スタンプ17種類・クリエイターズスタンプ8種類)のスタンプが新年挨拶として登場する。

また、販売価格は各120円(または50コイン)となっており、ユーザーはスタンプを購入すると「LINEのお年玉」公式アカウントからスタンプ1セットにつき10コの“お年玉”を受け取ることができる。受け取った“お年玉”は、2018年1月1日(月)~1月3日(水)の3日間、「LINE」アプリ上から友だちに送ることができ、受け取ったユーザーはその場でお年玉くじの抽選に参加することができる。

今回のキャンペーンでは、お年玉1回の抽選で最大100万円(1等)が当たるほか、LINE Pay残高10,000円分(2等)、LINE Pay残高1,000円分(3等)などが総勢1,000万人に当たるチャンスもある。

■お年玉つき年賀スタンプ販売期間
2017年12月26日(火)11:00~2018年1月3日(水)23:59  
※お年玉送信期間 2018年1月1日(月)0:30?2018年1月3日(水)23:59

■お年玉金額
1等     1,000,000円 100本  
2等     LINE Pay残高10,000円分 1,000本  
3等     LINE Pay残高1,000円分 10,000本  
4等     1ポイント 1,000万本  
スタンプ賞 120ポイント 70万本

■対象スタンプ
合計25種類(公式スタンプ17種類・クリエイターズスタンプ8種類)  
販売開始日 2017年12月26日(火)11:00予定  
個数 1セット 16個  
価格 各120円(税込)または50コイン  
場所 LINEアプリ内のスタンプショップおよび公式ウェブサイトLINE STORE


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「ぷよぷよ」×「駅メモ!」コラボイベント開催決定。ぷよぷよコラボでんこも登場
OPENREC.tv、「ジャンプフェスタ2018」における任天堂ブースのステージイベントを配信
TENGA、女帝杉本彩&川崎貴子が悩める女性の相談に本気アドバイスするイベントを開催
2017年最新の帰省みやげはこれだ!「東京みやげランキング」トップ10を発表
「メルカリトレンドワード2017」を発表






お年玉つき年賀スタンプを発売。総額5億円、最大100万円が当たる「LINEのお年玉」

【画像4】スタンプ一覧

LINEが運営するコミュニケーションアプリ「LINE」にて開催する、総額5億円、最大100万円のお年玉が当たる「LINEのお年玉」キャンペーンにおいて、本日よりLINEアプリ内のスタンプショップおよびLINE STOREで「お年玉つき年賀スタンプ」(全23種類・各120円(税込)または50コイン)を発売した。

本日より販売開始した「お年玉つき年賀スタンプ」は、幅広い世代に人気のキャラクターを揃えた公式スタンプ13種類と、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」で人気のクリエイター10名が参加したクリエイターズスタンプ10種類の合計23種類のラインナップを揃えている。公式スタンプは通常240円(税込)で販売しているが、今回の「お年玉つき年賀スタンプ」では、1セット(スタンプ16個)で120円(税込)で販売する(クリエイターズスタンプは、通常120円(税込)~)。

「お年玉つき年賀スタンプ」を購入したユーザーには、1セット購入につき「LINEのお年玉」公式アカウントから”お年玉袋” 10枚を送付。受け取った”お年玉袋”は、2017年1月1日(日)0:30~1月3日(火)23:59の3日間、「LINE」アプリ上から友だちに送ることができ、受け取ったユーザーはその場でお年玉くじの抽選に参加することができる。お年玉の総額は5億円。一回の抽選で最大100万円が当たるほか、1,000円、100円、10円が当たるチャンスもありる(合計11,900,003本)。当たったお年玉は、「LINE」アプリに標準で
搭載されているスマホのおサイフサービス「LINE Pay」の残高にチャージされる。

「LINEのお年玉」キャンペーンサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ついついハンコをなでなでしそう!?柴犬好きのためのはんこ「しばずかん」
「Ameba」が2016年「ブログ流行語」ランキングTOP10を発表。1位「広島」 2位「熊本地震」 3位「不倫」
あのペンパイナッポーアッポーペンが、ついにゲーム化!「LINE:PPAP The Game」配信開始
フレーベル館とソフトバンクロボティクスのコラボで「Pepper」の絵本が登場
LINE、複数人で相手の顔を見ながら会話ができるグループビデオ通話機能を追加







ネスレ日本「おとし玉キットカット(ポチ袋付き)」を郵便局で発売

29919322223_e0892aafd0_o

ネスレ日本は、「おとし玉キットカット(ポチ袋付き)」を、2016年11月1日(火)より全国の郵便局(一部の郵便局と一部の簡易郵便局を除く)で販売する。価格は140円(税込)。


日本郵便とネスレが販売する「おとし玉キットカット」は、チョコレート「キットカット」とおとし玉袋(ポチ袋)が一体になった商品。一年の始まりに、“今年も勉強やスポーツをがんばろう”と意気込む子供たちに対して、おとし玉と一緒に、「キット、願いかなう。」の応援の気持ちを伝えることができる。2009年の発売以降、累計500万個の販売を突破するなど、お正月の風物詩として毎年好評を得ているという。

今年のパッケージは、2017年の干支である酉年(とり)と一富士二鷹三茄子にちなんだ縁起の良いデザインに。また、パッケージ裏面のポチ袋には、メッセージ欄をデザインし、応援や激励の想いを記入することができる。さらに、全4種類ある個包装には、大吉のおみくじをデザインし、年始から福をお届け。 親御さんからお子さんへ、祖父母からお孫さんへといった需要に加え、近年はビジネスシーンでのご挨拶の品として利用されるなど、企業における需要も増えてきているようだ。

-_30516818636_o

-_29922155794_o

29922162574_da70036719_o


ネスレ日本

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「アプリ甲子園R2016」決勝大会を開催
「ボス ラテベース 焦がしキャラメル」期間限定で発売へ
日本ワインとシャトー・メルシャンの魅力に触れるイベントを開催
ソニー・エクスプローラサイエンス、ブロック形状の電子タグ「MESHワークショップ」を開催
JRAと「ダビスタ」の史上初のコラボが遂に実現







新年の運試し!パソコンショップで豪華賞品をゲットしよう【福袋特集】



新しい年が始まった。インターネットや秋葉原のパソコンショップでは、昨日の「新年はラッキーな1日から!初夢をゲットしよう」で紹介したように、1月1日から早くも営業を開始しているところもある。ここでは、1月2日以降に営業を開始するショップを中心に、福袋情報を紹介しよう。

続きを読む

新年はラッキーな1日から!初夢をゲットしよう【福袋特集】

今日で今年も終わりとなり、明日から新しい年の幕開けとなる。新年のお楽しみといえば、やはり福袋だろう。パソコンショップでは、インターネットや店舗で数量限定の福袋を用意している。お正月は何かと忙しいが、新春セールのお買い得品もたくさんある。新年のラッキーな1日に、初夢をゲットしてみては如何だろうか。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ