ITライフハック

たき火

冬キャンの醍醐味は焚き火!火の粉に強いロースタイル仕様!DODの「タキビチェア」登場

_prw_PI1im_DB7a5le5

ビーズは、同社のアウトドア用品ブランド「DOD(ディーオーディー)」より、焚き火専用のアウトドアチェア「タキビチェア」を発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は5,600円(税別)。

■シーズンオフ最高な冬到来!
これから閉鎖してしまうキャンプ場もぼちぼち出てくる時期、キャンプと言うと春夏に楽しむイメージをもたれがちだが、ガチ勢キャンパーにとっては、寒くなるこれからの季節に行く冬キャンプもまた一興だ。人も虫もいないし、フリーサイトなら、ほぼほぼ独占できる。周囲に誰もいない冬のソロキャンは、壮大な景色を独占できるので、冬キャンプのほうが好きだという人もいる。

唯一の難点は、寒いこと。しかし、寒いなら焚き火をすればいい。真冬の寒空の下、人のまばらなキャンプ場にテントやタープを設営。温かい食事をしつつ暖を取るための焚き火を眺めながらリラックスして過ごす時間は、何物にも代えがたい。中には焚き火をメインに楽しむ目的で、ソロで冬キャンプに行く人も見受けられるほどだ。自宅に戻るとテントやタープに染みた煙の匂いでキャンプ場に戻りたくなるなんて人もいるんじゃないだろうか。

■焚火の火の粉で椅子に穴が・・・
しかし、焚き火の近くでアウトドア用のチェアを使ったら、火の粉が飛んで布地に穴があいてしまいトホホな気分になったことないだろうか。または、難燃性の高いチェアを選びたいが、通販サイトでは、燃えにくいのか穴が開きやすいのか不明という商品説明だったりすることも多い。焚き火の近くで使うチェアにこそ気を使いたい。いや、気を使うべきなのだ。

そこでDODでは、焚き火周りでの使用に特化した製品の開発を決定。 焚き火をじっくりと楽しめるよう様々な工夫を凝らしたアウトドアチェア「タキビチェア」を完成させた。文字通り焚火のための椅子である(やっぱり、製品名まんまやないかい!)。

「タキビチェア」は、火の粉が当たっても穴が空きにくい綿100%の帆布生地を採用した。 さらに二重に縫い合わせることで、万一穴があいてしまってもわかりにくいよう配慮している。多少焦げてたり、片側に穴あいてたりしても、無骨キャンプっぽくて味があるかもしれない。

ロースタイル設計なので、 座っても焚き火から上方にたなびく煙に巻かれにくくなっている。また、強風に煽られても飛ばされず、倒れないよう、重量感のあるスチールパイプで支えているため体重の軽い、小さな子どもでも安心して使える。

大柄な人でもゆったり座れるよう、広い座面にデザインされており、 胡座を組んで座ることもできる。重みがかかる座面部分には補強テープをあてがい、耐荷重約100kgとなっている。これからの寒い時期に必須のアイテムと言えるだろう。

■製品概要
サイズ:(約)W60×D55×H55cm
収納サイズ:(約)W60×D7.5×H80cm
重量(付属品含む):(約)3.4kg
静止耐荷重:(約)100kg
材質:生地:帆布(コットン)、フレーム:スチール


製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

アウトドアに関連した記事を読む
ビーズのDODブランドからクリアな大型窓を持つオールインワン薪ストーブ「メラテレビ」登場
女子キャンパーのためのWebサイト「なちゅガール」まもなくオープン
ペットボトル等の丸い筒状のものなら中に入れて保温できる「いつでもあったか『USB丸ごと保温ケース』」
大自然で一枚の布を活用せよ!ビーズからDODブランドのパップテント「ヌノイチ」登場
ビーズから移動や撤収が素早くできる!わずかペットボトル1本分のサンシェードテントが登場





火起こし不要!10秒で「キャンプファイヤー」!一瞬で着火&消火できる「持ち運べる焚き火」

668d499d15

スマートライフ研究所は2018年7月30日、缶を開けて点火すればすぐに焚き火が始まり、フタを閉めることで消火し即撤収ができる、におわない・風が吹いても消えない、どこででもキャンプファイヤーが楽しめる「持ち運べる焚き火」【炎の缶詰】を、クラウドファンディングサービスにて出資募集開始した。

期間は7月26日(木)~8月30日(木)。Makuake支援価格は4,170円(税込)から。販売予定価格はノーマルタイプが4,980円(税込)、虫よけタイプが5,480円(税込)。

■準備不要で手軽に着火
【炎の缶詰】は準備に時間をかけることなく、缶を開けて燃料に引火すれば、すぐにキャンプファイヤーを始めることができる。一瞬で着火できるほか煙がほとんど出ないので、目が痛くなったり匂いがついたりしない、火がパチパチはじけない、水分が非常に少ないので、湿気による不完全燃焼(煙)、および水蒸気爆発(火花)が起こりにくいといった特徴を持つ。

また強風が吹いても消えないほか、火を消す際は、フタを閉めるだけ。火を消した後、また再利用ができる。燃焼時間は、約4~5時間。

【炎の缶詰】には、においのない「ノーマルタイプ」と、ユーカリオイルを含んだ「虫よけタイプ」の2種類を用意。「虫よけタイプ」には、天然のユーカリ・レモン・大豆油を配合しており、虫除けとしての効果があるとのことだ。

e91667cb54


出資募集サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

アウトドアに関連した記事を読む
アウトドアに!屋外フェスに!あると便利な「アウトドアグッズ」売れ筋商品紹介
スノーピークとの共同開発商品第4弾「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」
アウトドアで大活躍するUSB充電式のコンパクトエアポンプ
湘南アロハフェス supported by 「HONEY」 「Blue.」でVRとキャンピングカーを体験
BBQやキャンプ利用に最適!軽量・コンパクトで手軽に持ち運べる「折り畳み式アルミフレームテーブル」





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ