ITライフハック

アイ・オー・データ機器

障害が発生しても迅速に対応できるネットワーク管理ソフト「IO Navi」

ionavi_title

アイ・オー・データ機器は、LAN内のネットワーク機器を統合的に死活監視できるネットワーク管理ソフト「IO Navi」を発表した。提供価格は無料。

本製品は、LAN内のネットワーク機器を統合的に死活監視できるソフト。同社製商品はもちろんこと、他社製品も含めて死活監視(アライブチェック)できるうえ、異常時にはメールで通知してくれるので、障害が発生しても迅速に対応することができる。

LAN内に接続されているネットワーク機器をリスト表示し、機器の状態をアイコンで表示する。どの機器に障害が発生したのかが一目瞭然なので、ネットワークの死活監視(アライブチェック)に最適なツールだ。

また、グループ登録することで、より詳しい機器の状態を確認することができる(対応機器のみ)。

ネットワーク接続されている機器で、「http://IPアドレス」で設定管理画面を開くことができる機器は、IO Naviからアクセスが可能。他社製品でも、手動登録することで、ボタンひとつでアクセスできるようになるので、都度URLを入力する手間が解消される。

同社製のネットワーク機器なら、IO Navi上から接続機器の一括設定も可能。オフィスのフロアごとにグループを作り、フロア内にある機器を登録しておけば、グループ内の機器すべてに一括で設定反映ができる。オフィスやビル、ホテルなど、複数台のネットワーク機器を一括導入される際やメンテナンス時などに便利だろう。

また、各機器ごとに個別の設定変更も可能。使用頻度の多い設定メニューは、設定画面を開かずにIO Navi上から設定できる。本機能は2017年6月現在、当社アクセスポイント(WHG-AC1750A-E)に対応。その他機器は今後のアップデートにて対応予定となっている。

IO Navi

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ロジクール初、ゲーミングで培った技術を応用した一般向けメカニカルキーボードを発売
JAPANNEXT、28インチ 4K液晶ディスプレイを発売
プラネックス、様々な機器から安全に使えるVPNルータ・OpenVPN専用「かんたんOpenVPN」を発売
回線が混雑した都市環境でも最高のWi-Fi環境を提供するWi-Fi高機能化モジュール「Portal Boost」
ドスパラ限定でPC自作に最適なENERMAX製PCケース「BECITE -ビサイト-」を発売






アイ・オー・データ機器、秋葉原でプライベートフェアを開催

2017-04-11 (5)

アイ・オー・データ機器は、ユーザー向けのイベント「I-ODATAフェア2017」を2017年4月15日(土)、16日(日)の2日間にわたり、東京・秋葉原にあるベルサール秋葉原で開催する。

当日は最新および注目商品の体験コーナーを始め、開発担当の生トークや商品のお悩み相談コーナー、プログラミング教室など、フェア限定のスペシャル企画が行われることになっている。

I-ODATAFAエア2017

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
「COMPUTEX 2017」、ロボット&AIなど5つのメインテーマを発表
GlassViewのファウンダー兼CEOジェームズ・ブルックス・ジュニアが語るIoTやスマートウォッチへの広告戦略
国際産業技術、Synologyエンタープライズパートナー&カンファレンスを開催
グロービス、「グロービス学び放題」の個人向けサービスを開始。月額980円から
国内有数のデジタルマーケティングの広告賞「コードアワード 2017」を開催






アイ・オー・データ機器、新ブランド「PLANT」を立ち上げ。第1弾として無線LANルータ3製品を発売へ

m

アイ・オー・データ機器は2016年11月10日、新しいブランド「PLANT」を立ち上げ、無線LANルータ3製品を発表した。

PLANTは「これまでアイオーが培ったノウハウを土壌に、さらに違った新しい芽となるような商品をお客様に届けられたら……。そんな想いから新ブランド「PLANT」が誕生しました」と同社。最新技術のトレンド、新たな利用シーンの提案をいち早くユーザーに届け、それらを根付かせていきたいと抱負を語る。

第1弾として発売するのは802.11ac対応無線LAN(Wi-Fi)ルータ。1733Mbps(規格値)/1300Mbps(規格値)/867Mbps(規格値)となっている。11月下旬頃出荷予定で。市場想定価格は以下の通り。

WNPR2600G:1万3,800円(税抜)
WNPR1750G:8,800円(税抜)
WNPR1167F:5.980円(税抜)

PLANT

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
クリエイター向けPCブランド「raytrek」にGeForce GTX 1050搭載モデルを追加
マウスコンピューター、GeForce GTX 1050を搭載したゲーミングパソコンを販売開始
Synologyが同社製品向けのユーザーイベント「Synology 2017」を開催
知らない人は損している!何でもできる魔法の箱「QNAP」活用術第五回「HDDの増設」
ドスパラ、「War Thunder」のGALLERIA 推奨パソコンが登場





アイ・オー・データ機器、USB Type-C対応のマルチアダプターを発売へ

m

アイ・オー・データ機器は、次世代USB規格Type-C DisplayPort Alt Modeに対応し、さらに4つのインターフェイスに対応したマルチアダプター「US3C-UERGB/H」を2016年11月下旬より発売する。価格は7,800円(税別)。

「US3C-UERGB/H」はバスパワーで動作し、USB Type-Cのインターフェイスを持ったノートPCにケーブル1本でいろんな機器を接続することが可能。

DisplayPort Alt Modeに対応しているので、HDMIやアナログRGBなどの従来のコネクターをもつ機器へ映像出力ができ、4K対応の液晶ディスプレイやプロジェクターをHDMI接続することで、高精細な写真や動画を大画面で楽しむことも可能だ。

US3C-UERGB/H

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ドスパラ、GeForce GTX 1050 / 1050 Ti搭載パソコンの販売を開始
VRも楽々動作!自作パソコンセットの最高峰「パーツの犬モデル プレジデント」を発売
サードウェーブデジノス、買ってすぐに使える!「コミPo!」付属パソコンを発売
GALLERIA Loungeにプロゲーマーが常駐あなたのお悩みを解決します
スタイリッシュなデザインのボトル型PC「Diginnos DG-CANPC」が登場





今度は「怪獣娘~ウルトラ怪獣擬人化計画~」とコラボ。おしゃべりUSBメモリが登場

u2ultracw
アイ・オー・データ機器は、dアニメストアにて配信中の「怪獣娘(かいじゅうがーるず)~ウルトラ怪獣擬人化計画~」とコラボしたUSBメモリ「U2-ULTRAシリーズ」を10月中旬より発売する。価格はオープンプライスで、同社のオンライン通販価格は3,980円(税込)。

U2-ULTRAシリーズは、USB2.0に対応したUSBメモリ。容量は8GBとなっており、本体に用意されている切り替えスイッチで音声を3パターンから選択可能。音を出したくない場合のためのミュート機能も用意されている。

また本製品には、暗い場所でも光る蓄光シールを採用しており、暗い場所でもキャラクターが浮かび上がる仕様だ。蛍光灯の光を20分程度当てるだけで、6時間程度、暗闇の中で発光する。

本体はウルトラセブンのカプセル怪獣、アギラ(CV:飯田里穂)、ミクラス(CV:鈴木愛奈)、ウィンダム(CV:遠藤ゆりか)の3種類を用意。

u2ultracm

u2ultraca


製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
アスク、CORSAIR製のゲーミングヘッドセット「VOID Surround」シリーズの2製品を発表
ドスパラ、4万円台からのビジネス向け小型自作パソコンセット「パーツの犬モデル107」を発売
幅約14cmのスリム筐体にハイパフォーマンスなシステムを構築可能なスリムATXケース
Mini-ITXよりもさらに小さいMini-STXを採用した「Diginnos Mini DM110」シリーズを発売
アスク、GeForce GTX 1070を搭載する省スペースモデルのグラフィックスカードを発売


ウルトラセブン Blu-ray BOX I
中山昭二
バンダイビジュアル
2014-11-21

ウルトラセブン Blu-ray BOX II
中山昭二
バンダイビジュアル
2015-01-28




ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ