ITライフハック

アイ・オー・データ機器

アイ・オー・データ機器、目に優しいディスプレイ「LCD-AD173SEシリーズ」登場

アイ・オー・データ機器は、バックライトのちらつきをなくした「フリッカーレス」設計やディスプレイ本体でブルーライトを低減させる「ブルーリダクション」など、目に優しい機能を搭載した17型のスクエア液晶ディスプレイ「LCD-AD173SEシリーズ」を発表した。ホワイトとブラックの2モデルが用意されており、価格はオープンプライスで、想定売価は1万5,500円(税抜)。
続きを読む

電波の死角を作らない新技術「360コネクト」搭載の無線LAN(Wi-Fi)ルーター2機種登場

アイ・オー・データ機器は、上下・左右・奥行き全方向360度に電波の死角を作らないという同社が開発した新しい技術「360コネクト」を搭載する無線LAN(Wi-Fi)ルーター「WN-AX1167GR」および「WN-GX300GR」を発表した。

「WN-AX1167GR」は、IEEE802.11ac対応で最大867Mbpsの転送速度、「WN-GX300GR」は、IEEE802.11n対応で最大300Mbpsの転送速度となる。価格は「WN-AX1167GR」が8,900円で2月下旬発売、「WN-GX300GR」が7,200円で3月中旬発売となる。

続きを読む

「ギガクリア・エンジンII」を搭載した液晶ディスプレイの新モデルが登場!

アイ・オー・データ機器から、超解像技術「ギガクリア・エンジンII」を搭載した「GigaCrysta(ギガクリスタ)シリーズ」が新しく発売された。23.8型ワイド液晶ディスプレイと27型ワイド液晶ディスプレイの2種類があり、価格はオープンプライスで、同社の直販価格では、23.8型ワイド液晶モデルが4万8,384円、27型ワイド液晶モデルが6万4,584円。
続きを読む

アイ・オー・データ機器、ケーブル一本で接続できるUSB 3.0対応ポータブルBDドライブ「BRP-UT6S」シリーズ

最近では、メモリーカードが大容量になってきており、アプリもCD-ROMやDVD-ROMでの配布だけでなく、ダウンロード販売が増えてきたため、パソコンで光学ドライブを利用する機会がめっきり減ったという人は多いだろう。

また、ノートPCをメインに使っている人の中には、光学ドライブレス、HDDレスの0スピンドル仕様で、作業時はほぼ無音なんていう人もいるだろう。特に光学ドライブレスで困るのが、光学メディア(CD-ROM、DVD-ROM、BD-ROM)で配布されたデータの読み込みが必要になるケース。

続きを読む

アイ・オー・データ機器からハイエンドオーディオ向けNASが登場

アイ・オー・データ機器は、ハイエンドオーディオ向けのNAS「HFAS1-S10」と「HFAS1-H40」を発売すると発表した。価格はHFAS1-S10が37万円、HFAS1-H40が32万円(いずれも税別)。
続きを読む

アイ・オーから「Compute Stick」を購入するとMcAfee AntiVirus Plusが1年ライセンス付きに

アイ・オー・データ機器は、同社から販売される「インテル Compute Stick」について、購入特典として「McAfee AntiVirus Plus」(1年ライセンス)が付くことが発表された。
元々ある半年間の利用権を含めて、1年半の間はセキュリティ対策ソフトとして利用可能だ。

続きを読む

アイ・オー・データ機器よりコンパクトな20.7型フルHDディスプレイ「LCD-MF211E」シリーズ

アイ・オー・データ機器は、フルHD解像度に対応したコンパクトな20.7型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-MF211Eシリーズ」を発表した。オープン価格で、直販価格は2万952円(税込)。

本製品は、バックライトのちらつきをなくした「フリッカーレス」設計や、ディスプレイ本体でブルーライトを低減させる「ブルーリダクション」機能といった、目に優しい機能を搭載した液晶ディスプレイ。HDMI端子とスピーカーが搭載されており、ノートパソコンやAV機器との接続が可能だ。

続きを読む

アイ・オー・データ機器、Western Digital傘下のWDと販売代理店契約を締結。外付けHDDを販売

アイ・オー・データ機器は2015年4月15日、都内の会場で発表会を開催し、米Western Digital傘下のWDと販売代理店契約を締結したと発表した。今後はWDの外付けハードディスクを販売していくこととなる。

続きを読む

これ買いまっし! アイ・オー・データ機器が北陸新幹線開業を記念しオリジナルの「かなざわメモリー」を発売

北陸にはアイ・オー・データ機器とEIZO、PFUなどIT関連企業が多い。その北陸のIT企業であるアイ・オー・データ機器は、北陸新幹線の開業に合わせて、USBメモリー「かなざわメモリー」を2015年3月下旬から発売する。

プレミアムモデルとスタンダードモデルがあり、カラーバリエーションはホワイトとブラックの2種。アイオープラザでの価格は、プレミアムモデルが2、970円(税込)。スタンダードモデルが1、998円(税込)。

続きを読む

最大2Tバイトを持ち出せるUSB3.0対応ポータブルHDD「カクうす」登場

最近ではメモリーカードの大容量化によって、かなりの大容量データーを持ち歩くことができるようになった。5~6万円の出費ができるなら2.5インチSSDの1TBを買ってきてポータブル外付けケースに入れて持ち運ぶなんてことも可能だ。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ