ITライフハック

アクオス

4K時代がいよいよ到来 60型が65万円からシャープが4K AQUOSを発表【デジ通】



シャープが4Kパネル(3840×2160ドット)を採用した液晶テレビ「AQUOS」を発表した。2月にホームシアター向けの「ICC PURIOS」を発表していたが、今回発表したのは家庭用の一般向けモデルとなる。60型と70型の2モデルで、70型はTHX 4Kディスプレイの認証も取得している。発売日と市場想定価格は、70型が6月15日発売予定で85万円、60型が8月10日発売予定で約65万円だ。


続きを読む

【速報】シャープ、裏番組が録画できるテレビを発表!長時間録画の新AQUOSが凄い



シャープは2012年1月19日、地上デジタルチューナーを2基搭載し、接続した外付けUSBハードディスクで地上デジタル放送の裏番組が録画できるLED AQUOSのスタンダードモデル“V7シリーズ”6機種(46V/40V/32V/26V型)を発売すると発表した。

続きを読む

AQUOS第2章の幕開け!シャープ、60型の壁掛けTVの驚くべき機能



シャープは、2001年にAQUOSを発売して以来、テレビをブラウン管から液晶に置き換えてきた。いまや、テレビは放送を視聴するだけではなく、インターネット動画をはじめ多彩なコンテンツを楽しむディスプレイとしての役割を担っていると言っても過言ではないだろう。そうした状況の中で、同社は新製品を投入する。

シャープは2011年8月25日、置き場所を自在に変えて※1視聴スタイルを広げる“フリースタイル AQUOS”20V型から60V型まで計8機種を9月15日より順次発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

同社は、「常にテレビを進化させてきたシャープが、AQUOS第二章の幕開けとして、リビングに据え置き、放送を見るだけの、これまでのテレビから、「フリースタイル」という新しい価値を創造してまいります。」と、コメントしている。

続きを読む

シャープの新しい提案!持ち運べる液晶TV"AQUOS"の狙い



放送のデジタル化や家庭内でのワイヤレスインターネット環境が進展し、テレビの視聴スタイルが多様化している。そうしたテレビ市場に対して、シャープが新しい商品を投入する。

シャープは、家の中の見たい場所に持ち歩いて、デジタル放送やインターネットが楽しめる液晶テレビ「フリースタイル AQUOS」FE1シリーズ(20V型)を2011年6月1日より発売することを明らかにした。
価格はオープンプライス。ボディカラーは、ブラックとホワイト、ピンクの3色。

続きを読む

【シャープ 特集】



4原色革命!シャープ、3Dテレビ「AQUOS クアトロン 3D」を発表
シャープは2010年5月31日、ザ・プリンス パークタワー東京において、報道関係者向けに新製品発表会を開催した。今回発表された新製品は、4原色技術を採用した3D対応の液晶テレビ「AQUOS クアトロン 3D」LVシリーズ4機種に加え、2D映像を色鮮やかに表現する高画質モデル「AQUOS クアトロン」LXシリーズ4機種、XFシリーズ2機種も合わせて発売する。3D映像も2D映像も、4原色技術で豊かな色表現の液晶テレビのラインナップがそろった。


続きを読む

ブルーレイ内蔵!シャープ、液晶テレビに新モデルを投入



シャープは、ブルーレイディスクレコーダーを内蔵した液晶テレビ「LED AQUOS」DXシリーズの新製品として、画面サイズの異なる8機種を2010年5月20日より順次発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

■録画機能も一層充実
最大の特長は、本体にブルーレイディスクレコーダーを内蔵しいた点だ。ブルーレイディスクへの録画やBD/DVDソフトの再生が簡単に行えるなど、オールインワンスタイルならではの使いやすさに加え、1枚のブルーレイディスクにフルハイビジョンで最長約36時間の長時間録画ができるなど、録画機能も一層充実した製品となっている。

液晶パネルには、UV2A技術を採用した次世代液晶パネルを採用し、高精度の発光制御が可能なLEDバックライトシステムを搭載することで、コントラスト比500万:1の高画質を実現した。加えて、年間消費電力量を従来機比30%以上削減し、業界No.1の省エネを達成した。

■5秒でわかる!主な特長
・録画・再生が1台で可能な「ブルーレイディスクレコーダー内蔵」、ブルーレイディスク1枚にフルハイビジョンで最長約36時間の長時間録画が可能
・UV2A技術とLEDバックライトにより、高画質(シネマコントラスト 500万:1)と業界No.1の省エネ※6(年間消費電力量 従来機比30%以上削減※5)を実現
・「AQUOS高画質マスターエンジン」とユーザーの好みに自動で画質調整する「好画質センサー」を搭載
・ 別室のAQUOSブルーレイで録画した番組を再生できる「ホームネットワーク」機能
・ 周辺機器とのHDMI接続により機能と用途が広がる「AQUOSファミリンク」に対応

シャープ

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
ソニー次世代3D映像への挑戦!体験イベントを開催へ
カプセルをイメージ!Pod nano/touch専用マイク
フラワーロック復活!iPhoneとコラボ?GWはロボット三昧
ケーブルなんて不要!iPhoneの音楽をFMラジオで聞く

I-O DATA HDMI搭載 21.5型ワイド液晶ディスプレイ 黒 LCD-MF221XBR
アイ・オー・データ (2008-11-10)
売り上げランキング: 964

シャープ、液晶テレビ「LED AQUOS」第2弾を発売へ

シャープの液晶テレビ「LED AQUOS」

- 次世代液晶パネルで高画質!高い省エネ性能も実現 -

シャープは2010年1月28日、「UV2A技術」を採用した次世代液晶パネルと、高精度の発光制御が可能なLEDバックライトシステムの搭載で、高画質と高い省エネ性能を実現した液晶テレビ「LED AQUOS」の第2弾、「Sシリーズ」10機種(52V/46V/40V/32V型)を順次発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

同社は、
「次世代液晶パネルとLEDバックライトシステムを搭載した新機種を順次展開し、「LED AQUOS」のラインアップをより一層充実させて参ります。」と、コメントしている。

■業界No.1の省エネ性能
「Sシリーズ」は、「LED AQUOS」LX1ラインで実現したテレビコントラスト 4200万:1の高画質に加え、バックライトシステムの高効率化などにより、業界No.1の省エネ性能を実現した。

テレビの前に人がいるかどうかを感知し、自動的に節電モードに切り換える「ムーブセンサー」機能や、テレビの前に人がいない状態で室内照明が消えると、自動的に電源を切る「照明オフ連動」機能など、人の動きや照明の状態に応じて消費電力をセーブする機能を新たに搭載し、省エネ機能がさらに進化している。

このほか、いつも見る番組/番組ジャンルの視聴履歴を分析・記憶し、ワンタッチでいつも見る番組を選局する「常連番組ボタン」など、番組視聴に便利な機能を搭載している。

■1.2秒でわかる!主な特長
1.次世代液晶パネル、高効率LEDバックライトシステムの搭載で、高画質と業界No.1の省エネ性能を実現
2.人の動きを感知し、自動的に節電モードに切り換える「ムーブセンサー」など、省エネ機能を搭載
3.いつも見る番組/番組ジャンルをテレビが分析・記憶し、ワンタッチでいつも見る番組を選局する「常連番組ボタン」を搭載

「Sシリーズ」製品情報
シャープ

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
やっちゃいました!犬・猫の顔検出するデジカメが登場
日立、液晶テレビで逆襲か!その名は「録画テレビ」
実質2万円以下に? 激安の地デジ液晶テレビが登場
ソニー 粂川部長に直撃取材!液晶テレビ「ブラビア」の戦略

【エコポイント対象商品】 SHARP AQUOS 32V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ LC-32E5-B ブラック
シャープ (2008-12-15)
売り上げランキング: 16867
おすすめ度の平均: 4.0
5 喜んでもらいました
1 最悪です
4 パネルがいいですね~♪
4 コード不足について.
5 コストパフォーマンス高し!

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ