ITライフハック

アクションカム

親指サイズのアクションカムで知られるInsta360から小型モジュール式のアクションカメラ「Insta360 ONE R」シリーズ3モデルが登場

One R 4K Wide Angle Build - frontview

アスクは、Shenzhen Arashi Visionが展開するカメラブランド「Insta360」製の小型アクションカメラ「Insta360 ONE R Twin Edition」、「Insta360 ONE R 1-Inch Edition」、「Insta360 ONE R 4K Edition」の3製品を2020年1月下旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はInsta360 ONE R Twin Editionが5万9,400円、Insta360 ONE R 1-Inch Editionが6万8,200円、Insta360 ONE R 4K Editionが3万9,600円(いずれも税込)。

■モジュールを組み合わせるユニークな形式を採用
「Insta360 ONE R」シリーズは、バッテリーベース、タッチスクリーンを備えたコアモジュール、レンズモジュールで構成されたモジュール式のアクションカメラ。さまざまな撮影シーンに対応する3つのレンズモジュールをラインナップしており、360度レンズモジュールと4K広角レンズモジュールを同封した「Insta360 ONE R Twin Edition」、4K広角レンズモジュールを同封した「Insta360 ONE R 4K Edition」のほか、Leica社共同開発のレンズを搭載する1インチ広角レンズモジュールを同封した「Insta360 ONE R 1-Inch Edition」の計3製品がラインアップされている。

また、滑らかなビデオキャプチャを実現する6軸ジャイロスコープとFlowState技術に加え、IPX8防水規格に準拠しており、水深5mまで対応。さらに、AIアルゴリズムによる被写体の自動追跡機能や自動編集機能、色彩鮮やかなHDR撮影モード、ナイトショットモードを備えるほか、タッチスクリーンで撮影した映像を直接編集し、編集後にWi-Fi経由でファイル転送することも可能だ。

Insta360 ONE R 1-Inch Edition- Frontview

One R Dual-Lens 360 Build - backview


Insta360 ONE R

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook
デジタル家電に関連した記事を読む
一度に歯の表と裏側の両側を磨けちゃうので2倍便利な倍磨きできる電動歯ブラシ!その名も「デュアルクリーン」
動画はフルHD、静止画16Mとオモチャの域を超えたのキッズデジカメ!Oaxis JapanからLEDフラッシュ付きのキッズ向けデジタルカメラ「myFirst Camera III」を発売
真冬の屋外作業や自転車&バイクツーリングなどにおススメで大柄な体型でも着られるフリーサイズ!ヒーター内蔵の「USBぽかぽか電熱インナーベスト」
令和二年をおめでたく迎えることができる腕時計!カシオから招き猫をモチーフにした幸福を呼ぶ”G-SHOCK”が登場
人感センサーが反応しセットしたフレーズや好きな音声を再生!繰り返し勉強にも使える「人感センサー付きおしゃべりスピーカー」





映像制作のプロも唸るソニーのアクションカム最上位機種「HDR-AS100V」



ソニーは、カメラ本体を身体やヘルメット、自転車などに取り付けて、アクティブなスポーツシーンやアウトドアでも迫力ある体感映像を撮影できるデジタルHDビデオカメラレコーダーアクションカム「HDR-AS100V」を3月14日(金)に発売する。

本体防滴による使用シーンの広がりや手ブレ補正機能の更なる強化による高画質性能など、プロの映像制作現場のニーズにも対応した機能を搭載。高度なアクティブシーンでも、滑らかで美しい映像撮影が可能だ。


続きを読む

1200万画素のソニーExmor RSセンサーを搭載するアクションカム「ISAWエクストリーム」



肩や頭部に装着してマリンスポーツやウィンタースポーツ、自転車やバイク、車といった車載などで高画質で、かつ迫力ある動画が一般の人々でも撮影できるとあってアクションカムが人気だ。そのアクションカムの新製品が登場した。

続きを読む

4K動画も撮影できるアクションカメラ! 「GoPro HERO3」がいよいよ日本で登場【デジ通】



先日「超小型のビデオカメラ! カメラ目線の迫力ある動画が撮れるアクションカムで紹介したようにアクションカメラの分野で「GoPro」はトップを走っている。ただし、最近はソニーなどの大手企業も参入してきており、それらを引き離すために低価格ながら高機能なモデルを発表した。

10月にアメリカ市場に投入された「GoPro HERO3」シリーズは、4K解像度に対応するモデル、本体内にWi-Fi機能を搭載するモデルなど、基本機能が強化され、次世代モデルとなっている。


続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ