ITライフハック

アップル

Apple Designの20年を振り返る写真集「 Designed by Apple in California」【先週のまとめ】

s-Designed-by-Apple-in-California-4

先週1週間、ITライフハックでは、様々な記事を掲載した。面白い記事としては、Apple Designの20年を振り返る写真集「 Designed by Apple in California」が登場した。2016年11月16日(水)の記事を振り返ってみよう。

子どもに取り組ませたいスポーツ、「テニス」が「野球」を上回る。ジャストシステム調べ
株式会社ジャストシステムは2016年11月15日、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」において、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「スポーツに関する意識調査」の結果を発表した。なお、本調査は、20~40代の男女772名を対象に行われた。


キングジム、ぬりえ感覚でオリジナルシールを作れる「マスリエ」発売へ
株式会社キングジムは2016 年11 月15 日、マスキングテープを切り貼りしてオリジナルシールを作れる「マスリエ」を、2016 年12 月7 日より発売すると発表した。価格は、350円(税別)。初年度の販売目標は12 万冊としている。


AbemaTV、ピコ太郎が自身初のテレビCM出演で初のアレンジバージョンを披露
株式会社AbemaTVが運営するインターネットテレビ局「AbemaTV」は、2016年11月2日(水)時点で累計1,000万ダウンロードを突破したことを記念し、PV映像の「YouTube」動画再生回数が3週連続世界一(※1)となり、全米ビルボード・ソング・チャートトップ100に入った「世界最短曲」としてギネス世界記録に認定されるなど、世界中からの注目を集める楽曲「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」を歌うピコ太郎さんを初めて起用したテレビCMを、2016年11月16日(水)より一部地域を除く全国にて放送すると発表した。


旅行の最新スタイルは、海外で人気の「ステイケーション」、エクスペディア調べ
世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト「エクスペディア・ジャパン」は2016年11月15日、東京都23区内に住む20代~60代、計600名を対象として、海外で人気の「ステイケーション」に関する意識調査の結果を発表した。


Apple Designの20年を振り返る「 Designed by Apple in California」
アップルは2016年11月15日、Apple Designの過去20年の記録を450枚の製品写真で表現した、新しいハードカバー写真集「Designed by Apple in California」を2016年11月16日より発売すると発表した。価格は、小(10.20" x 12.75")が2万800円、大(13" x 16.25”)が3万800円。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「LINE BLOG」、一般ユーザーへブログ開設を開放。専用アプリも公開
全国主婦(主夫)の平均家事年収は約469万円。1日の家事労働時間は平均5.3時間。キリンビール調べ
上田文人氏による7年越し待望の最新作「人喰いの大鷲トリコ」を2016年12月6日に発売
指原莉乃、渡辺麻友、柏木由紀が秋の夜長に女子会トーク
ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン型デバイス「Pechat」の親子参加型ワークショップを開催へ







Apple Designの20年を振り返る「 Designed by Apple in California」

s-Designed-by-Apple-in-California-4

アップルは2016年11月15日、Apple Designの過去20年の記録を450枚の製品写真で表現した、新しいハードカバー写真集「Designed by Apple in California」を2016年11月16日より発売すると発表した。

価格は、小(10.20" x 12.75")が2万800円、大(13" x 16.25”)が3万800円。

■スティーブ・ジョブズの思い出に捧げる写真集
今回の写真集は、1998年のiMacから2015年のApple Pencilまでの製品を網羅するとともに、Appleのデザインチームが20年以上もの間、革新を続ける中で使用してきた材料や技術についても記録している。

「純粋に、人類にとって素晴らしいものを作ろうという考えが、スティーブを突き動かした最初のきっかけでした。そのことは、今でもAppleが未来を考える際に、私たちの理想と目標であり続けています。この写真集は、私たちのチームが何年にもわたってデザインしてきた多くの製品を丁寧に集めて紹介することを意図して作られました。各製品がどのようにして、そしてなぜできたのかということをご理解いただけたら、また、デザインを学ぶ生徒さんにとっては教材としても活用いただければと願っています」と、Appleの最高デザイン責任者、ジョニー・アイブは述べている。

この本にある製品は、どれも多くの異なるグループ間の緊密な連携の賜物といえる。写真家アンドリュー・ザッカーマンによってあえて簡素なスタイルで撮影された450枚の写真は、Appleのデザインプロセスと共に、製品の完成形も写し出している。

なお、この写真集はスティーブ・ジョブズの思い出に捧げるものだ。

アップル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「LINE BLOG」、一般ユーザーへブログ開設を開放。専用アプリも公開
全国主婦(主夫)の平均家事年収は約469万円。1日の家事労働時間は平均5.3時間。キリンビール調べ
上田文人氏による7年越し待望の最新作「人喰いの大鷲トリコ」を2016年12月6日に発売
指原莉乃、渡辺麻友、柏木由紀が秋の夜長に女子会トーク
ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン型デバイス「Pechat」の親子参加型ワークショップを開催へ






iPhone 7 Plusや東京ゲームショウ2016の最新情報をお届け【今週のまとめ】

iPhone 7 Plus


今週1週間、ITライフハックでは様々な記事を流した。面白い記事としては、写真で見る「iPhone 7 Plus」外観レポをお届けした。20日(火)の記事を振り返ってみよう。

「総務省指定」の刻印って、なに? 写真で見る「iPhone 7 Plus」外観レポ
2~3週間待ちのモデルもあり!今もっとも話題の新端末「iPhone 7 Plus」開封レポ」という記事でお伝えしたように、アップルは2016年9月16日、同社スマートフォン「iPhone」の新機種となる「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を発売した。


TGS注目のタイトル「仁王」
東京ゲームショウ2016で注目を集めていたタイトルの1つに、コーエーテクモゲームスから2017年2月9日に発売される予定のPlayStation 4タイトル「仁王」が挙げられる。仁王のストーリーは、戦国時代に日本にやってきた異国人ウィリアムがサムライへと成長していくというもの。アクションRPGだが、いわゆる「死にゲー」で、敵は圧倒的に強く、うまく戦っていかないとすぐに死んでしまう。強い敵とどんどん戦っていく中でキャラクターのパラメーターを上げつつゲームを進めてしていくことになる、かなり歯ごたえのあるゲームとなっている。


ドラゴンボールゲーム宣伝大使就任~メイプル超合金が東京ゲームショーでフュージョン
バンダイナムコエンターテインメントは、東京ゲームショウ2016のビジネスデイである2016年9月16日に、「ジャンプタイトルスペシャルステージ」を実施した。イベントにはお笑いコンビのメイプル超合金がドラゴンボールゲーム宣伝大使として登場。その意気込みを語ってくれた。


ドワンゴとJFNよる共同制作ラジオ帯番組「ニコラジパーク」を10月よりFM24局で放送開始
ドワンゴとジャパンエフエムネットワークは、4月より共同制作で始めたラジオ番組「ニコラジパラダイス」を10月より拡大リニューアルを行い、新たな番組「ニコラジパーク」として放送を開始する。ドワンゴが提供する動画サービス「niconico」で活躍するクリエイターをパーソナリティに迎え放送してきた「ニコラジパラダイス」が、10月より月曜日から木曜日の生放送枠で「ニコラジパーク」としてJFN系列FM24局にて放送することが決定した。


東京ゲームショウ2016は過去最高の27万1,224人を記録
2016年9月15日~9月18日の期間で開催されていた「東京ゲームショウ2016」だが、4日間の合計来場数が過去最高の27万1,224人を記録した。昨年の「東京ゲームショウ2015」では来場者数が26万8,446人。


動物写真家の前川貴行氏の写真展「MAEKAWA-- The world of animals --」を開催へ
歌舞伎座(東京・銀座)の真裏に佇むギャラリー「Art Gallery M84」は2016年9月26日(月)より写真展「MAEKAWA-- The world of animals --」を開催する。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
2~3週間待ちのモデルもあり!今もっとも話題の新端末「iPhone 7 Plus」開封レポ
iPhone 7のライバル登場!ファーウェイのAndroidスマホ「honor 8」が発売へ
iPhone 7/7 Plusの購入意向は33.7%、人気モデルは「iPhone7/ジェットブラック」。MMD研究所調べ
パソコンやタブレットを切り換えて使う! 最大3台と同時接続するBluetoothマウスが登場
3000円台のハイレゾ対応ヘッドセットが登場





「総務省指定」の刻印って、なに? 写真で見る「iPhone 7 Plus」外観レポ

iPhone 7 Plus


2~3週間待ちのモデルもあり!今もっとも話題の新端末「iPhone 7 Plus」開封レポ」という記事でお伝えしたように、アップルは2016年9月16日、同社スマートフォン「iPhone」の新機種となる「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を発売した。

上位機種となる「iPhone 7 Plus」はApple Storeでは2~3週間待ちであり、店頭でも予約扱いとなっているモデルもあるほどの人気ぶりだ。
筆者を含め発売日に入手することができた人は、本当にラッキーだったと言えるだろう。

さて、今回は、そんな人気機種「iPhone 7 Plus」を写真で見てみよう。

■カメラ機能が大幅に進化
早速、「iPhone 7 Plus」を写真で見てみよう。

正面から見た「iPhone 7 Plus」。画面は5.5インチのRetina HDディスプレイで、1,920×1,080ドットの解像度を備える。
正面


背面には、1200万画素のiSightカメラを搭載する。
背面


広角カメラと望遠カメラ、2つのカメラを搭載する。光学式手ぶれ補正を備え、2倍の光学ズーム機能に加えデジタルズームとの併用で最大10倍のズームが可能だ。
カメラ


よく見ると、「総務省指定」の刻印がある。iPhone 7からSuicaに対応した。近接無線技術「FeliCa」に対応した機器には、表記が義務付けられているのだ。
総務省指定


上面には、何もない。実にシンプルだ。
上面


底面には、スピーカーが左右に備わっている。Lightningコネクタは見えるが、ステレオミニジャックがなくなった。
底面


ステレオミニプラグのヘッドホンやスピーカーを使う場合には、付属のLightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタを使用する
アダプタ


左側面には、サイレントモードのスイッチと、ボリュームスイッチが見える。
左側面


右側面には、電源ボタンとSIMカードスロットを備える。
右側面


キャリア版のiPhone 7(ドコモ、ソフトバンク、au)はSIMロックが掛けられているが、SIMロック解除対応機種となっているため、一定の条件を満たせばSIMロック解除が可能だ。Apple Storeで購入した場合、最初からSIMロックフリーだ。
SIMカードスロット


「iPhone 7/Plus」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
2~3週間待ちのモデルもあり!今もっとも話題の新端末「iPhone 7 Plus」開封レポ
iPhone 7のライバル登場!ファーウェイのAndroidスマホ「honor 8」が発売へ
iPhone 7/7 Plusの購入意向は33.7%、人気モデルは「iPhone7/ジェットブラック」。MMD研究所調べ
パソコンやタブレットを切り換えて使う! 最大3台と同時接続するBluetoothマウスが登場
3000円台のハイレゾ対応ヘッドセットが登場




買わずにはいられない! 今もっとも話題の新端末「iPhone 7 Plus」開封レポ【先週のまとめ】

見出し


先週1週間、ITライフハックでは、様々な記事を流した。面白い記事としては、今もっとも話題の新端末「iPhone 7 Plus」開封レポをお届けした。16日(金)の記事を振り返ってみよう。

身だしなみチェックに最適なコンパクトミラーも備えたiPhone 7対応ポシェットタイプケース
フォーカルポイントは、Appleより発表された最新のiPhone 7に対応する、身だしなみチェックに最適なコンパクトミラーも備えた女性のためのポシェットタイプケース「Julia PhonePochette ポシェットケース for iPhone 7」を2016年9月下旬に発売する。価格はオープンプライスで、オンライン直販価格は4,480円(税別)。


光る黒軸ゲーミングキーボード。ボリューム調節機能あり
上海問屋は、ボリューム調節ダイヤルとLEDバックライトを搭載した、ゲーミング仕様の中華黒軸・USBキーボードを販売開始した。黒と白の2色があり、価格は各8,999円(税込)。本製品は、ボリューム調節ダイヤルとLEDバックライトを搭載した、ゲーミング仕様の中華黒軸・USBキーボード。音量のボリューム調節は、ダイヤルでスピーディーにできるため、PCゲームのプレイ中に効果音の大きさをこまめに変更したい、動画や音楽のボリュームを手軽に調節したい、周りから話しかけられたときにサッと音量を下げたい、といった場面で便利さを発揮してくれる。


PlayStation 4のプレイアブルが多数出展されたPlayStationブース【TGS 2016】
ソニー・インタラクティブエンタテインメントが出展する「PlayStationブース」では、PlayStation 4やPlayStation VRのタイトルなどが多数出展されていた。中でも注目したいのが、「Horizon Zero Dawn」「GRAVITY DAZE2」の2タイトル。「Horizon Zero Dawn」は、1000年前に襲われた大厄災により、動物の姿をした機械の生命に支配されている地球の物語だ。


2~3週間待ちのモデルもあり!今もっとも話題の新端末「iPhone 7 Plus」開封レポ
2016年9月16日、アップルのスマートフォン「iPhone」の新機種となる「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」がついに発売された。その中でも上位機種となる「iPhone 7 Plus」はかなりの品薄であり、Apple Storeでは2~3週間待ちのモデルもあるほどだ。


ドラゴンクエスト30周年プロジェクトが「日本ゲーム大賞 経済産業大臣賞」を受賞
スクウェア・エニックスと電通により組成された、ドラゴンクエスト30周年実行委員会(以下、30周年実行委員会)が運営する「ドラゴンクエスト30周年プロジェクト」の活動が、「東京ゲームショウ2016」内で行われた「Japan Game Awards:2016」において、「経済産業大臣賞」を受賞した。


東北の未来につなげる年賀状を作ろう。「チャリティー年賀状 学生デザインコンテスト」を開催
博報堂アイ・スタジオは、2016年9月15日(木)より、“東北の未来につなげる年賀状”全国の学生が参加できる「チャリティー年賀状 学生デザインコンテスト」の作品応募受付を開始した。本コンテストは、東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の小中学校の支援を目的とし、2016年9月15日より2016年11月4日まで、全国の学生を対象に来年の年賀状のテンプレートデザインを募集するというもの。応募作品の中から「チャリティー年賀状」として商品化し、2016年11月中旬より販売する。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
iPhone 7のライバル登場!ファーウェイのAndroidスマホ「honor 8」が発売へ
iPhone 7/7 Plusの購入意向は33.7%、人気モデルは「iPhone7/ジェットブラック」。MMD研究所調べ
パソコンやタブレットを切り換えて使う! 最大3台と同時接続するBluetoothマウスが登場
3000円台のハイレゾ対応ヘッドセットが登場
iPhone 7の国内販売開始に伴い、新プラン「U-mobile for iPhone」をリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
iPhone 7のライバル登場!ファーウェイのAndroidスマホ「honor 8」が発売へ
iPhone 7/7 Plusの購入意向は33.7%、人気モデルは「iPhone7/ジェットブラック」。MMD研究所調べ
パソコンやタブレットを切り換えて使う! 最大3台と同時接続するBluetoothマウスが登場
3000円台のハイレゾ対応ヘッドセットが登場
iPhone 7の国内販売開始に伴い、新プラン「U-mobile for iPhone」をリリース




ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ