ITライフハック

アップル

iPhone 6を契約するなら、どこが一番おススメ? キャリアの料金を徹底比較

噂の答え合わせ! アップルが「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」を発表』で紹介したように、2014年9月9日に正式に発表された「iPhone 6」「iPhone 6 plus」(以下、iPhone6に統一)が明日(2014年6月19日)発売される。

製品名の末尾数字が「5」から「6」に上がっていることからも容易に理解できると思うが、今回はデザイン変更を含めた大規模モデルチェンジであり、あらゆる面で従来のiPhoneとは一線を画す製品に仕上がっている。既存のiPhoneユーザーだけでなく、Androidユーザーの中にも買い替え、または買い増しを検討している人も多いのではないだろうか。

iPhoneシリーズは現在、回線業者として3大キャリアが選択できる唯一の端末だ。そのためiPhone 5s/5cシリーズと同様にiPhone 6は、ドコモとau、ソフトバンクモバイル(以下、ソフトバンク)の3キャリアが一斉に発売する。

ほかにもアップルストアでSIMフリー版のiPhone 6を購入する人もいるかもしれないが、それは一部のパワーユーザーだけで、いずれかのキャリアのショップに足を運び機種変更や買い増ししようと考えている人が大半だろう。

やはり気になるのが「どこのキャリアで契約するといちばんお得か?」だ。前回のiPhone 5s/5cのときのように各社こぞって様々なキャンペーンを打ち出しており、何がどうなっているのかさっぱりわからないという人も多いだろう。

そこで編集部では、3キャリアで料金比較表を作って、iPhone 6で一番お得なキャリアがどこになるのか調べてみた。

続きを読む

キャリアごとの差別化にもつながる? iPhone 6で注目したい強化ポイントはLTE関連【デジ通】

昨日アップルが正式に発表したiPhone 6とiPhone 6 Plusだが、通信関係の機能の強化で特に注目されるのが、LTE関連の強化だ。一口にLTEと言っても、使用する周波数は地域や通信キャリアによって異なるし、サービス内容も各キャリア毎に異なる。iPhone 6とiPhone 6 Plusは従来に比べて使用できる周波数バンドが2倍近くなり、LTE関連の各種サービスに対応することで、使い勝手は従来以上に向上しそうだ。

続きを読む

Xデーは9月9日? 新型iPhoneネットの噂をまとめてみた

iPhone 6の発表間近か?! 9月は注目のIT関連イベントが盛りだくさん」と言う記事でも紹介しているように、9月9日にアップルは発表会を開催する。iPhoneユーザーの中には、9月を心待ちにしている人も多いだろう。アップルの新製品は多くは、9月に発表されているからだ。そういった事情からネット上では、かなり早い時期から新iPhoneの噂で持ちきりだった。

そのような状況の中、先日、Appleが2014年9月9日にスペシャルイベントを開催するとの招待状をプレス向けに送付したことで、iPhone 6正式発表の可能性がより高まったと言える。

スマホの機種変更の時期を控えている人にとっても、常に最新のiPhoneに乗り換えてきた人にとっても
iPhoneユーザーに限らず、モバイルユーザーの中にもiPhone6を気に掛けている人がいるだろう。そこで、ネット上で散らばっているiPhone6の噂をまとめてみた。なお、すでに登場がアナウンスされているのにiOS 8がある。9月の発表会は、iPhone 6とiOS 8の内容紹介が中心になると見られている。

続きを読む

iPhone 6の発表間近か?! 9月は注目のIT関連イベントが盛りだくさん【デジ通】

毎年、この時期になるとiPhoneの新型、iPad、iPad miniといったアップル端末の新製品の発表について、何かしらの噂話が流れ始める。それ以前にWWDCで発表されることもあるが、最近のiPhoneやiPad系の新製品は9月発表が多かった。アップルだけでなく9月は海外を中心にIT関連の各種イベントが行われ、新製品に関する情報が多数登場することが予想されている。

特に今年ドイツで行われるIT関連の展示会のIFAが大注目だ。このように9月はIFA以外にも専門のIT系イベントが多数開催される予定となっているので紹介しよう。

続きを読む

MacBook Proがアップデート! 新型CPU搭載でさらにお買い得に進化【デジ通】

アップルのノートパソコン型Macの上位モデルMacBook Proがアップデートされ最新版が登場した。元は2013年10月に発表された製品をベースにして新しいCPUを搭載するなど、スペックの改良、さらに価格が改正されたことが大きな変更ポイントとなる。

続きを読む

iPhone 6は? Yosemiteは姿を見せるか? 2014年アップルのWWDCを日本語で解説

アップルは2014年6月3日午前2時(現地時間2日午前10時)、サンフランシスコにあるMoscone Center Westにおいて、Worldwide Developers Conference(WWDC)を開催する。WWDCは、文字通りに世界の開発者向けの会議であり、毎年、新製品や新サービスが発表される。

続きを読む

IT関連イベントが目白押しの6月! 注目の新製品や新サービスは?【デジ通】

今年2014年は1月のCES以降、IT関連の大きなイベントは2月後半の「Mobile World Congress 2014(スペイン、バルセロナ)」が目立った程度だった。だが6月は、IT系のイベントが世界各地で多数開催される。大きなところではコンピュータ関連の展示会「COMPUTEX TAIPEI 2014」、アップルの開発者会議「WWDC」、ゲーム関連の見本市「E3」、Googleの開発者向けカンファレンス「Google I/O」といったように世界中いたるところで多くのイベントが開催される。

続きを読む

8インチWindowsタブレットの人気の陰でiPadの伸びが沈静化、2014年のタブレット市場はどうなる?【デジ通】

アップルが2014年第2四半期の業績を発表した。iPhoneの売れ行きが強烈でサービス事業からの収益が過去最高になったことなど、会社自体の業績は好調のようだ。しかし、ここ数年急速に伸びていたiPadの販売数は従来の伸びはみられなくなっている。特に昨年暮れから8インチのWindows 8.1タブレットに注目が集まり、爆発的なヒットとなった・またマイクロソフトのSurfaceシリーズも生産調整が入るなど、iPadシリーズ以外でも売り上げが伸びてきている。はてさてタブレット市場全体で見た場合、2014年の動向はどうなるのだろうか。

続きを読む

内蔵バッテリーの膨張で本体修理が必要になってしまったMacBook Air【デジ通】



Ultrabookなどの薄型パソコンやiPhoneシリーズ、7インチ以上のタブレットや小型のデジタルデバイスの多くはバッテリーが本体に内蔵されておりユーザーが自分で交換することができないようになっている。そして一般的な利用方法では2年から3年程度でバッテリーに寿命がきてしまう。その後も十分なバッテリー駆動時間が必要であるのなら、メーカーに依頼してバッテリーを交換してもらう必要が出てくるのだ。バッテリー駆動時間を気にしないなら、そのまま使い続ける事もできるが、経年変化でリチウムイオン電池が膨らんでしまう場合があり、その影響で利用できなくなってしまう可能性がある。

続きを読む

たとえ家族でも横からの覗き見はイヤ! iPad Air用の覗き見防止フィルム

※画像の備品は商品に含まれません。

Appleの10インチタブレット端末「iPad Air」は、重量は500gを切っているが、さすがに10インチタブレットを持ち歩くというより、自宅でくつろいでいる際に使い倒すという人が多いのではないだろうか。もちろん持ち歩いている人もいるだろう。

iPad Airは、そのデザインから人の注目を集めることは間違いない。そのため人通りの多い場所や公共の交通機関の中などで、メール、アプリ操作といったことをしていると、興味深く覗き込んでくる人もいる。




続きを読む

登場から3か月経っても変わらず人気のiPhone 5s/5向けアクセサリーまとめ



スマホ&タブレットの普及では世界的に見るとAndroid陣営が優勢だという。端末単体の売り上げ台数では世界一のiPhoneシリーズもスマートフォン全体のシェアではAndroidの後塵を拝しているということになるようだ。これに対してドコモ、au、ソフトバンクでiPhoneを利用できる日本はかなり特殊な市場らしく、iPhoneのシェアは他を圧倒している。それなりのシェアを獲得しつつあるWindows PhoneやFirefox OSなど、海外向け端末の並行輸入モデルくらいしか見かけないのも日本市場の特殊性を表してると言えるかもしれない。

続きを読む

またまたアップデート!iPhone 5s/5c向け「iOS 7.0.4」を提供開始



またまたアップデート!iPhone 5s/5c向け「iOS 7.0.2」を提供開始」でも紹介したがアップルは、迅速なアップデートを行うことで定評がある。

iPhone 5s&5cやiPod touch、iPad mini、あるいはiPadシリーズを所有して活用している人にとってOSの不具合は困りごとの種だ。その不具合を解消してくれるiOSのバージョンアップ、そのバージョンアップによる機能強化はうれしいニュースとなる。アップルは、iOSの最新バージョンとなる「iOS 7.0.4」の提供を開始した。

続きを読む

3割の軽量化は体感できる! iPad Airは、軽量化ゆえの優れた使い勝手【デジ通】



11月12日にアップルのiPad Airと、iPad mini Retinaディスプレイモデルが正式に発売開始された。筆者は旧iPadシリーズを利用してきたが第4世代iPadの購入は見送った。

これまでの性能の進化を考えるとそろそろ買い換え時ということで今回は、サイズ以外で基本性能(CPUやメモリー等のスペック)は同じになった小型版のiPad mini Retinaモデルを選んでもいいかなと思い悩んだが、最終的には画面サイズが大きいという理由でiPad Airに決定した。

このiPad Airを使い始めてみて、メリットを肌で感じるのは、何より軽くなった重量だ。従来モデルよりも30%程度軽くなった重量は、あらゆる場面でその軽さを実感できるのだ。

続きを読む

触ると欲しくなる!実機写真で見るアップルの「iPad Air」と「iPad mini Retina」



アップルがiPad新モデル発表 薄くて軽量なiPad AirおよびiPad miniがRetina化」で紹介したように、アップルは2013年10月23日、報道関係者向けに新製品のイベントを開催した。イベントは、前半が米国でのメディアイベントの動画、後半がタッチ&トライであった。

今回の目玉ともいえる「iPad Air」と「iPad mini Retina」を実機写真で見てみよう。

続きを読む

アップルがiPad新モデル発表 薄くて軽量なiPad AirおよびiPad miniがRetina化



10月23日、アップルは画面サイズが9.7インチで2048×1536ドット(264ppi)の解像度を持つ新型タブレットの「iPad Air」および、既存のiPad miniをRetinaディスプレイ化し7.9インチで2048×1536ドット(326ppi)の解像度へと進化したiPad mini Retinaディスプレイモデルを発表した。発売は11月中。


続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ