ITライフハック

アンドロイド

石黒研×ドワンゴ×パルコ、アンドロイドル「U」育成プロジェクトを開始

960テ・60

ドワンゴと大阪大学 石黒研究室(教授:石黒浩)、パルコは、2017年2月15日(水)、世界初となるアンドロイド(人間型ロボット)をアイドルに育てる共同企画「アンドロイド『U』育成プロジェクト」を開始すると発表した。

このプロジェクトでは、人と豊かにかかわるアンドロイドを創成するための社会実験として“アイドル育成”という手法を用い、石黒研究室が開発した女性型アンドロイド「U」をネットとリアルからのアプローチによって、これまでにない社会的存在感のあるアンドロイド+アイドル”アンドロイドル”へと育成することを目指すとのこと。

ドワンゴでは、「ニコニコ生放送」を通じてユーザーとの様々なインタラクティブな企画を提供し、スムーズで自律的な対話システムの構築をサポートするほか、未完成なアンドロイドルが、人とのコミュニケーションによって完成されていく様子をエンターテイメント化していく。

「U」がユーザーとコメントを介してコミュニケーションを取ることにより、それらのコメントは対話システムのデータとして収集される。ニコニコ生放送の特徴として、同時に複数のコメントを受けながら配信者が主導となって対話を進めていくので、アンドロイド側はコメントを選ぶことができ、難しい質問等をスルーしても不自然ではないので、円滑な対話が成立する。これにより、ユーザーが「U」との対話感を高め、豊かな関係を築いていくことが期待できる。また、ニコニコアンケートなど独自機能を使って、ユーザー参加型のアイドルプロデュースも行っていく予定だ。

パルコでは、店舗にて「U」のリアルな活動の場を提供する。「U」をインフォメーションスタッフや1日店長として池袋PARCOに登場させ、来店した人が「U」とコミュニケーションできる機会を提供したり、出店するファッションブランドとのコラボレーションなどを予定している。また、イメージビジュアルやプロモーションムービーを製作し、池袋PARCOでのポスタージャックや外壁大型ビジョンにて放映することにより、「U」の露出拡大を応援する。

 なお、今後のアンドロイドル「U」の活動の詳細は、公式サイトで随時公開される予定だ。

■アンドロイドル「U」の主な活動予定(※詳細は後日公開)
●ネットでの活動(ニコニコ生放送)
・ニコニコ本社(池袋PARCO内)のサテライトスタジオで公開生放送
・ニコニコ本社「ニコカフェ」の生放送バーカウンターでタッチパネルによる会話体験
・寝姿を定点生放送
・ニコニコ神社で巫女としてバイト活動 など
●リアルでの活動(池袋PARCO)
・インフォメーションスタッフ
・1日店長
・出店しているファッションブランドとのコラボレーション
・イメージガールとしてプロモーション活動 など


アンドロイド「U」育成プロジェクト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
プロ野球OBの古木克明、門倉健、岩崎哲也、原拓也がニコ生に出演して貴重なトークをお届け
ニコ生、聖なるバレンタインデーの夜に魅惑の深海“聖”物の写真を2時間スライドショ
闘会議2017にリアル「ポケストップ」が出現!ピカチュウも登場
本番はこれから! 闘会議2017、2日目間もなく開催
今年も闘会議でレトロゲームエリアを設置。巨大ファミコンコントローラーもあるよ






タブレットのカテゴリー分け 7インチのAndroidタブレットを大きく3種類に分類してみた【デジ通】



先日お知らせしたようにNexus 7の新型が日本でも発売される。スペックが向上するなど、ハイエンド志向の製品になり価格は3万円前後で従来モデルより高くなった。

一方で、1万円程度の製品や2万円弱のAndroidタブレットなどもあり、7型のAndroidタブレットは大きく分けると、3種類に分類できるようになっている。正式にどういうカテゴリーであるというようにきっちり決まっているわけではないが、価格やスペックから比較的簡単に分類わけできる。


続きを読む

PCとはちょっと違うAndroidにおけるROMとRAMの意味! Android端末の選び方【デジ通】

ドコモのスペック表より


パソコンに関する知識がある人がAndroidスマートフォンを選ぶときに、見慣れていなくて困惑するのはスペック表などに書かれているROMとRAMだ。

「RAMの量は性能に直結するので多い方がいいが、こっちのROMって何だろう?」と戸惑う人が多いのではなかろうか? 個人的にもこの表記をたまに見ると混乱するが、AndroidにおけるROMとRAMの意味を整理してみよう。

続きを読む

検出率9割超はごくわずか!Android用アンチウイルスソフトの比較テスト 【役立つセキュリティ】



セキュリティソフトの比較検証を行う独立機関の最大手であるドイツのAV-TESTが行った最新のAndroid向けセキュリティソフトの性能比較テストにおいて、「エフセキュア モバイル セキュリティ」が最優秀評価を獲得しました。

同性能比較テストは、2012 年2 月にAV-TEST が初めてAndroid 向けのセキュリティソフトに行ったもので、シマンテックやトレンドマイクロ、マカフィーやカスペルスキーなどの主要セキュリティベンダを含む41 製品のセキュリティ製品を対象に、618 種類に及ぶ既知のマルウェアを用いた検出成績をまとめています。

avtest_2012-02_android_anti-malware_report_english_1

(参照元: AV-Test.org 「Malware Protection for Android - March 2012」)

エフセキュアは、41 製品の中で最も高いスコアを獲得、検出率90%を超す最上位のグループに入っており、その最上位グループ6 製品中でも最も優秀な成績を示しました。
続きを読む

Androidを狙うウイルスが急増!スマホに迫る悪質なアプリ 【役立つセキュリティ】



フィンランドのセキュリティ企業、エフセキュアが初めて一般公開したモバイルセキュリティレポートが話題になっています。これは、2004年から2011年までのモバイルセキュリティ動向について分析したもので、スマートフォンなどのモバイル端末で動作するウイルスや悪質なアプリ、脅威の特徴や最新動向などがまとまっています。

続きを読む

Androidアプリの広告に潜むパーミッションの罠 【役立つセキュリティ】



Androidアプリケーションパッケージ(APK)はAndroid向けのアプリケーションを端末にインストールできる形式にパッケージにしたもので、複数のモジュールを含むことが可能です。

このようなモジュールは、広告用のソフトウェア開発キット(SDK)を含むことがあり、多くのAndroid開発者が自分達の製品を無料でユーザに提供するため、このような広告を含むモジュールを使用しています。

では、アプリ自体に問題がなくても、広告モジュールに悪意がある場合はどうでしょうか。

続きを読む

Androidアプリの開発者に聞く!livedoorニュースビューア誕生の経緯とアプリを作るコツ

livedoorニュースビューア


日本国内では、スマートフォンというとiPhoneを思い浮かべる人が多いかもしれないが、世界的にはOSにAndroidを採用した、いわゆるAndroid携帯も大きな注目を集めている。

そんなAndroid携帯向けにlivedoorニュースのビューアを開発した株式会社 MIUに、Androidアプリを開発するまでに至った経緯や今後の展開をお話しいただいた。

■携帯電話アプリからAndroidアプリへ
株式会社 MIUは、WebシステムやiPhoneアプリの開発を行ってきた。これまでAndroid端末向けアプリを制作してきたわけでないという。
では、なぜ、Android端末向けアプリケーションの開発に着手したのだろうか。

担当の加藤氏は、
「Androidは、オープンソースということもあり、モバイル市場で大きく飛躍する可能性が高いですね。また、既に海外ではAndroidマーケットというインターネット市場でユーザー作成のソフトウェアは多数公開されています。いち早くAndroidアプリケーションの開発に着手して、ノウハウとスキルを高めたかった。またiPhoneアプリ開発と同時に、Androidのニーズも高まるものと考えている」という。

そんなとき株式会社 MIUの門をモハメド氏が叩いたそうだ。
モハメド氏は、携帯電話向けのアプリケーション開発を得意とするプログラマー。日本への技術留学中に日本が好きになり、現在はMIUに就職し携帯電話向けのアプリケーションの開発を行っている。

モハメド氏は、livedoorニュースを閲覧できるAndroid向けのアプリケーションを開発したわけだが、そもそもAndroid端末に興味を持った理由は何だったのだろうか。
「だいぶ前から携帯の開発はしていたので、ナチュラル(自然)です。Androidアプリの開発は携帯に似ています。」という。

携帯電話アプリはJava言語がベースとなっているので、これまで携帯アプリを開発してきたモハメド氏にとってAndroidアプリの開発は取り組みやすかったそうだ。

ただ実際に開発してみると、Android OSの細かい仕様は、まだ世の中にあまり出回っていないことから、トラブル回避などで苦労したという。Android関連の情報源としては、Googleが提供している資料やインターネットのAndroid開発サイト、およびユーザーグループから得た情報も大きかったという。

Androidアプリを開発するにあたり苦労した点をうかがってみると、
「Androidらしいデザインにすることですね。」という答えが返ってきた。

AndroidはiPhoneとは違ってハードウェアキーもあるので、Androidオリジナルのインターフェイスを活かすアプリケーション作りに心掛けという。

■開発予想と実際は大違い
ライブドアからAndroid向けのビューア開発の話がきて、どれくらいで開発したのだろうか?

モハメド氏は、
「二ヶ月くらいです。話をいただいてから基本仕様が固まってベースとなるドラフト版ができるまで一ヶ月。そのあとにAndroid専用にカスタマイズしてブラッシュアップして仕上げたのに一ヶ月という流れです。」と答えてくれた。

意外とドラフト版までは、スムーズにいっていたそうだが、実際にフィードを取り込んでデータをパースしていく段階では、細かいバグフィックスやOSの仕様から、意外に苦戦したという。当初、プロダクトチームで考えたときには、およそ2週間でブラッシュアップも済ませて仕上がると推測したが、知られてない問題などが発生し、そのぶん時間が掛かってしまったという。初期バージョンの完成にこぎつけるまで、3回くらい大きな山があったそうだ。

実は、デザインや機能を変更すればクリアできたところもあったそうだが、そこはあえて変更はしなかったという。
その理由を担当の加藤氏は、
「妥協すれば回避できたのですが、当初提案したインターフェイスをネイティブなAndroidアプリケーションとして作成したかったのです。」

ところで、今回のビューアの最大の特徴は何だろうか。
その辺の話をモハメド氏にうかがってみると、
「複数のカテゴリーのフィードに対応している点と、リアルタイムに読み込んでいく点ですね。」という答えがかえってきた。

スマートフォンのアプリケーションの中には、機能よりも使い勝手を優先させるものも多々あるが、今回のAndroidアプリの場合には機能と使い勝手とを両立させたそうだ。

現在、日本国内のAndroid携帯としては、ドコモのHT-03Aがあり、AndroidのOSバージョンは1.5から1.6への移行時期にある。OSの仕様的には、すでに2.0まで公開されているので、今回のビューアでは最初から2.0へのバージョンアップを見込んでの開発をしているという。
livedoorニュースビューアの画面

■オープンソースであるが故の開発のしやすさ
プログラミングの知識に乏しい者からすると、先入観かもしれないが、アプリケーションの開発は難しそうに思える。
モハメド氏は、「(Androidアプリの開発について)オープンなので、自分が作らなくても良い部分がたくさんあります。

たとえば、既に公開されているソースを組み込むことで、作業を効率化できるのです。」と、オープンソースのメリットを教えてくれた。

世界中にあるオープンソースのプログラムを利用したり、参考にすることで、高機能なアプリケーションが早く作れるようになるという。

■アップデートなど、今後の展開は?
ところで、livedoorニュースビューアを入手するには、どうすれば良いのだろうか。

アプリケーションの配布についてモハメド氏にうかがってみると、
「今回はAndroidマーケットで配布予定です。」とのこと。

「livedoorニュースビューア」入手先※
http://market.android.com/search?q=pname:com.miu.android.ldreader
※Android携帯から上記URLを叩くことで、マーケットにリンクされる。それ以外はエラー表示となる。

アップデートなど、今後の展開をどのように考えているのだろうか。モハメド氏にうかがってみると、
「読み込み速度のさらなる向上や、バックグランドでのキャッシュなど、いくつかのバージョンアップは考えています。あと、今は内緒ですが、今、流行りのものにリンクできる面白い機能を入れ込む予定です。」と、うれしい答えが返ってきた。

日本国内では現在、Android携帯としてはドコモのHT03Aしかない状況だ。ただし、海外では新製品がすでに発表されていること、また先日もソフトバンクからAndroid携帯が来春リリースがアナウンスされたことからも、今後は爆発的に増えることが十分に考えられる。そういう意味で、Androidアプリケーションの今後は、明るいものと言えるであろう。

ポータルサイト「livedoor」
株式会社 MIU

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■もっとモバイル関連の記事をみる
ワークスタイルが変わる?「BlackBerryDay 2009」を開催へ
驚異の20枚/秒連写から世界最薄まで!これが個性派揃いのau 09年秋冬の新ケータイだ
海外のお供には旅行カバンとSIMカード【カリスマ店長の一押し】
ドコモ、女性向けに「BlackBerry Bold」の限定新色を追加

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ