ITライフハック

アーム

USBと音声入出力のポートが土台にある「USBポート&オーディオコネクタ付き 4軸式ガスショックモニターアーム(デュアル)」

8_000000002911

サンコーは、「USBポート&オーディオコネクタ付き 4軸式ガスショックモニターアーム(デュアル)」を2017年10月10日より発売する。価格は1万2,800円(税込)。

本製品は、ガス圧でモニター位置の調節が可能。USBとオーディオ入出力のポートが土台にある15~27インチ対応 VESA規格の2面ディスプレイアーム。4軸の可動範囲が広く、設置位置の自由度が高いモニターアームに、プラスして、楽々高さを調節できるガス圧が内蔵され、モニターを好みの位置に動かして手を離すだけで固定できる。

ガス圧の強さも調整が可能。ねじ式タイプのようにねじを緩めて、モニターを支えながら、ねじを締めるといったことがなく、簡単に位置調整が行える。

アームの土台部分には、USBポート1つとオーディオコネクタ(マイク入力とライン出力)があり、使っているパソコンにケーブルをさせば、デスク上で利用することができる。

■製品仕様
・サイズ/幅440×奥行き240×高さ410(mm)(収納時)
・重量/6.2kg(ケーブル含む)
・ケーブル長/USBケーブル:約150cm
     音声入力ケーブル:約150cm
     音声出力ケーブル:約150cm
・耐荷重/8kg(1面)
・対応モニターサイズ/15?27インチ
・モニターマウント/VESA規格 75×75/100×100
・設置天板サイズ/厚み5.5cmまで
        奥行き12cm以上
・内容品/アーム(本体)、クランプ部品、VESAマウント、各種取付用ネジ、六角レンチ、日本語取扱い説明書
・保証期間/12か月


10_000000002911

11_000000002911


USBポート&オーディオコネクタ付き 4軸式ガスショックモニターアーム(デュアル)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
JAPANNEXT、WQHD 144Hz 1ms FreeSync 27型ゲーミングディスプレイ「JN-IPS27144WQHD」を発表
マウスコンピューター、秋葉原で仮装清掃パレード「HALLOWEEN CLEANUP PROJECT by mouse」を開催
NVIDIA、「軍隊を鍛え上げろ」キャンペーンを発表――GeForce をご購入すると「Middle-earth: Shadow of War」を期間限定で無料提供
「LEVEL∞」、アーケードコントローラーがセットになった「鉄拳7」推奨パソコンを発売
15.6インチのノートPCやA4書類が折れずに入る、USBが2ポート搭載のPCバックパック




ガス圧式で動きもスムーズなモニターアーム

22952_NHvfslBUbR

上海問屋は、モニターを上下左右に手軽に移動できる、ガススプリングのモニターアームの販売を開始した。価格は4,999円(税込)。

本製品は、ディスプレイを上下左右に手軽に移動できる、ガススプリングのモニターアーム。重量6kg(目安:27インチ)の液晶ディスプレイまで対応。ガス圧式のため、動きが大変スムーズなのが特徴だ。

隣の人に画面を見せるのに、指1本でモニターの向きを変えられたり、デスクで少し荷物を広げたい時など、手軽にスペースを確保できるので、常に自分に最適なポジションに保つことができる。

取り付け方は簡単。天板に挟んで取り付けるクランプ式と、天板の穴を利用して取り付けるグロメット式の2パターン。配線はアーム内にすっきり収納ができ、見た目もきれいだ。

■製品仕様
対応ディスプレイサイズ・・・13?27インチ
耐荷重・・・・・・・・・6kg
対応VESA規格・・・・・ 100mm×100mm/75mm×75mm
対応天板・・・・・・・・クランプ対応天板厚:10~85mm、
グロメット対応穴直径:8~60mm
可動域・・・・・・・・・高さ:85~405mm
左:360度回転 左右各380mm
重量・・・・・・・・・・約1.6kg
付属品・・・・・・・・・取付マニュアル
製品保証・・・・・・・・購入後 6か月間


22952_KYTAGdhZfJ


DN-914414 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
モバイル用キーボード選びの外せないポイントを全て投入したというBluetooth接続二つ折キーボード
これ1つでお出かけOK。カード収納つきの女性に人気なiPhone7/iPhone7 Plus用スマホケース
あらゆる形になるスマホ・コンデジ・タブレットスタンド
スケルトンのビッグフェイスな腕時計を自作しよう
低中域~高音域まで忠実に再現するハイレゾ対応のカナル型イヤホン






鉄腕アトムの腕だけなら! 「ロボットアーム」は手軽で最先端【ロボマニア】

ロボットアーム(メカ工作キット) MR-999


ロボマニアでは、工作感覚で作れるロボットを紹介してきたが、鉄腕アトムのように人間に近いロボットが誕生する日はまだまだ先のようだ。しかし、モノをつかむことができる「ロボットアーム」の世界は着実に進化を続けている。

そこで今回は、秋葉原のロボット専門店「テクノロジア」の荒井店長に、手軽に体験できる「ロボットアーム」を紹介してもらうことにしよう。

■昔から如何にもロボットアーム - テクノロジア 荒井店長
25 年以上前、大学の研究室で三菱電機のロボットアームMOVE MASTERが動いているのを思い出しました。その側には、沖電気のパソコンif800 model50もあった記憶があります。16ビットCPUを採用し、プリンター内蔵のマシンでした。……ちと、話が脱線しましたね。
そのMOVE MASTERを思い出させるようなデザインのロボットアームがEK Japanから発売されている「MR-999」です。
ロボットアーム(メカ工作キット) MR-999

5つの関節(モーター)で構成されており、専用コントローラーで「ウィ~ン」と動かして物体を持ち上げたり、ピンポン球を移動させる競技などもできるので面白いですね。

実は、このロボットアームは手動ではなく、パソコンからプログラム制御で動かすこともできるんです。MOVIT-LAB II(IF-100)という専用のロボット制御インターフェイスボードを使い、アイコンを多様した簡単なアプリケーションでプログラム制御できます。
MOVIT-LAB?(ロボット制御インターフェイスボード) IF-100

写真:MOVIT-LAB?(ロボット制御インターフェイスボード) IF-100

このインターフェイスがセットになった商品「MR-999CP」も発売されています。ちょっとお買い得です。
それと純正以外の制御ボードもあって、好きなプログラミング言語でのプログラミングも可能です。共立電子から発売されているリレーボードRBIOシリーズです。このボードは、前回ご紹介したプチロボシリーズと同様な方法で、シリアルポートにコマンドを送る方法で制御できる方式を採用しています。
リレーボード RBIO-1

リレーボード RBIO-2U

これらのボードは、ロボットアームだけでなく10個のリレー(スイッチ)を制御できるので、プログラム次第で、イロイロな機器の電源をパソコンからON/OFF可能と、結構いろいろな用途にも使えますよ。

それからプログラミングは出来ませんが、同じくコントローラーのレバー操作で動く「グリッパーアームロボット」という商品も発売されています。見た目もそれなりにカッコイイデザインです。これも、100gぐらいの重さまでなら持ち上げられます。
グリッパーアームロボット 40320C

今回紹介した商品はDCモータを使って動いていますが、ロボット用サーボモータを利用して自作することも無理ではありません。とはいっても、まともに動かそうとすると10倍ぐらいの費用が掛かるでしょうけどね。動きだけなら、前回の変形・拡張自在ロボットベースキット「プチロボMS5」でも作る事が出来るんですよ。ユーザーのかたは、是非、チャレンジしてみてください。

主な仕様
消費電流(パワーユニット1コ当たり):300mA(無負荷)
最大定格荷重:130g
重量:本体約1050g(電池含まず)、コントローラ約150g(ケーブル含む)
サイズ:最大地上高510mm、アーム伸直時半径360mm
使用乾電池(別売):単1×4本

テクノロジア価格  5,140円(税込み)
ロボットアーム(メカ工作キット) MR-999
テクノロジア価格 5,000円(税込み)
MOVIT-LAB?(ロボット制御インターフェイスボード) IF-100
テクノロジア価格 10,290円(税込み)
リレーボード RBIO-1
テクノロジア価格 11,760円(税込み)
リレーボード RBIO-2U
テクノロジア価格 5,200円円(税込み)
グリッパーアームロボット 40320C

テクノロジア
ツクモロボット王国の店長を務めた荒井貞博店長が独立して開店する。
テクノロジアの店長ブログ

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

もっとロボットマニアを見る
工作感覚で作ろう!お手軽なロボット教材キット
究極の癒しを求めて!自分だけの恐竜型ペット「PLEO」
お菓子みたいな名前のボードでロボコンを目指せ!
買ってすぐに空中散歩!人型ヘリ「ロボホッパー」

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ