ITライフハック

カップ

その数およそ200種類!日本全国の“ワンカップ”を集めた居酒屋「千酉足」(ちどりあし)が新宿に爆誕!

01

東京・新宿の歌舞伎町近辺。東京でも有数の飲み屋が集まる場所であるが、そこにほど近い場所に居酒屋「千酉足」(ちどりあし)がある。ここでは約200種類の“日本酒ワンカップ”を用意。自分の好みに合わせたお酒を取っ換え引っ換え飲めるという素晴らしい場所なのだ。2018年の11月30日からワンカップの提供は開始されているが、一足先に伺ったのでレポートをお届けしよう。

■酒好きのために徹底的にこだわった酒場
千酉足はお酒好きの人をターゲットに、ドリンクにとことんこだわった酒場。日本酒ワンカップだけでなく、バーボンや焼酎ショットグラスをビールに落として飲むカクテルも提供している。その中でも、ジョッキに浮かんだショットグラスへチャミスルを注ぐスタイルを「チャビする」と名付けた(これは商標出願中らしい)。

■酔っても計算しやすい明朗会計
料理についても明朗会計を心がけ、価格帯を350円、500円、650円、800円、950円に分け、回転寿司のようにお皿の色で会計が分かるという工夫も凝らされている。これは日本酒カップも同じで、価格帯別に600円、800円、900円、980円、1100円、1200円、1400円という値段で提供されている。キリのいい金額なので、多少酔っていても計算できる。

お店に入るとその左奥に日本酒たちが並んでいる。そのケースの壮観たるやこれまたなんとも。ケースいっぱいに所狭しと並んでいる。はっきり言って、何から飲んだらいいのか分からない。そのようなときは日本酒の先生がいるので、自分の好みを店員さんに思い切って伝えてみよう。スッキリした味、やっぱり辛口、女性だからマイルドになどなど。そのリクエストに応えて日本酒を出してくれる。

02

まずはとりあえずビールで1杯。チャビスルも気になるので注文してみた。おお。確かにビールに浮いたショットグラスへチャミスルを注いでいる。これ、結構強くね? それはその通りで、飲み干したあとはビール1杯以上の酔いが来た。キタコレっくぅ~~~~~っ!

03

04

つまみはお店の方におまかせしてみた。「オススメです!」といってでてきたのはモツ焼き。レバーにハチノス、フワ、コブクロ、ガツの串焼きだ。フワって初めて食べるかも。肺らしいですよこれ。でも超美味でありました。

05

続いてでたのがエイの肝(エイキモ)。アンコウかと思ったらエイ。口の中でとろっと溶けてこれまたおいしい!なんか、出てくるもの出てくるもの、みんな日本酒向けのつまみじゃないですか!じゃあ日本酒行くぞポン酒!

06

まずはケースを一通り物色。どんなのがいいかなあ。私はスッキリしたほうがいいのだが。相方はフルーティなお酒を求めて探す。どれにしたらいいのか師匠のアドバイスをもらって選択した。私がまず飲んだのは「ひやおろし来福」なかなかですなー。こらとても飲みやすい。

07

13

やばい、どれもこれもうまいぞ!と、そんな中で見つけたのが「るみ子の酒」。これは「夏子の酒」を描いたマンガ家・尾瀬あきらさんが題字とイラストを提供したもの。とても味わい深い酒だった。

09

そのあとも飲み進む2人。やべー。ワンカップの量が1合でしょ?え。4つだと4合瓶飲んだことになるの?と思っていたら、イイ感じに酔いが回ってきた。もうレポートにならないくらい酒がおいしいぞ!そしてつまみもどれもおいしい!

10
11
12


新宿にこんなお店があるとは思わなかった。また別の日に来て、ワンカップをガッツリ行ってやる。約200種類のワンカップを全制覇するまでは、通ってやると心に誓って店を後にした。

■居酒屋「千酉足」(ちどりあし)
住所:東京都新宿区新宿3-20-6 FSビル8F
アクセス:JR「新宿駅」東口より徒歩3分、丸ノ内線・副都心線・都営新宿線「新宿三丁目駅」B9出口より徒歩1分
営業時間:午後2時~午後11時45分(不定休)
座席数・店舗面積:70席・約30坪(約100平方メートル)


(モデル:水林香澄


千酉足

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「ときのそら」&「銀河アリス」によるライブ「TUBEOUT!」 LINE LIVEにて生配信が決定
トリップアドバイザー「旅好きが選ぶ!日帰り温泉&スパランキング 2018」を発表
AI環境を用意した「AI Smart Room」をアパマンショップが展開
LINE NEWS、2018年を彩る“話題の人”を表彰する「NEWS AWARDS 2018」を12月10日に初開催!
「愛知デスティネーションキャンペーン」~2日目、徳川歴代将軍の位牌がある「大樹寺」、「SNSでも話題の「水野教雄陶房」、源氏物語の世界も楽しめる「徳川美術館」~






ゲゲゲの鬼太郎アニメ放映50周年を記念した「明星チャルメラカップ」が登場

1_normal

明星食品は、同社のタテ型カップめん「明星チャルメラカップ ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎の香味醤油」と「明星チャルメラカップ ゲゲゲの鬼太郎 ねこ娘の旨辛味噌」の2品を、2018年10月22日(月)より全国で新発売する。

■50年経ってなお続く国民的アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」は、1968年にテレビ放送が始まってから今年で50周年を迎えた。2018年の4月から始まった今シリーズは豪華声優陣を起用するなど、時代に合わせて変化を続け、今なお幅広く支持されている国民的アニメだ。

この度、テレビアニメ放送50周年を記念して、同じくロングセラーの「明星 チャルメラ」とコラボした記念商品が発売される。

「明星チャルメラカップ ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎の香味醤油」は胡椒の効いたスープに鶏油で仕上げる醤油味、「ねこ娘の旨辛味噌」は香味野菜の効いたキレのある味噌味の2品だ。

パッケージは本商品のために書き下ろされたオリジナルデザイン。この商品でしか見ることができない鬼太郎やねこ娘が描かれ、ファンならずとも楽しめるパッケージだ。

「明星チャルメラカップ ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎の香味醤油」は、チャルメラおじさんの衣装を着用した鬼太郎が、おじさんさながらチャルメラを吹いている。いっぽう「ねこ娘の旨辛味噌」は、屋台でラーメンを食べている現シリーズのねこ娘と歴代の5人のねこ娘が描かれている。

2_normal


チャルメラシリーズ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
この泡は絶対にヤバい!「神泡」を持つ「ザ・プレミアム・モルツ」で勝負に出たサントリーのビール戦略
「ニコニコ超パーティー2018」総勢100組以上の出演者を発表
富士山の青さをリアルに再現した人気メニュー「青い富士山カレー」のレトルト版登場
東京メトロ、財布やケースに入れたままでチャージができる専用機を導入
初秋の京都でモシュ印とコケ寺リウムを楽しむ旅~2日目金戒光明寺、圓光寺、三千院~






置くだけで冷却や加熱が自在に!専用カップも付属する「デスクトップ冷熱カップ」

1_000000003033

サンコーは、「デスクトップ冷熱カップ」を2018年4月10日より発売する。価格は5,980円(税込)。

本製品は、卓上で飲み物を冷やす&温めることができるプレートと、熱伝導率の高いアルミカップがセットになった卓上冷熱プレート。

プレート直径は約6cmで缶ジュースや缶ビール、タンブラーなどを置いて使える。温度は冷却4~7度。加熱50度~55度の温度にコントロールが可能。電源ボタンを押すだけで簡単に切り替えられる。

さらに熱伝導率の高いアルミ合金製の専用マグカップが付属。卓上でビールを冷やしたり、ジュースを冷やしたり、温かいコーヒーなどを手軽に楽しむことができる。

■製品仕様
・サイズ/【本体】横幅236×奥行116×高さ45(mm)
   【マグカップ】口径82×高さ109
・重量/約1016g
・マグカップの容量/約380ml
・内容品/本体、マグカップ、AC電源ケーブル(ケーブル長143cm)、日本語取扱説明書
・素材/本体:ABS樹脂、プラスチック / マグカップ:アルミ合金、ポリカーボネート
・ファンの音量/約45db(図書館内程度)
・入力電圧/12V / 3A
・消費電力/36W
・温度/【冷】約4~7℃【熱】約50~55℃
   (※室内の温度によって前後します。)
・保証期間/6か月


6_000000003033


デスクトップ冷熱カップ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ソニー、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」対応機種を発売
切りずらいダンボールや布地を楽々カットできる充電式電動はさみ「スピードチョッキン」
inMusic Japan、ION AudioのBluetooth対応ベルトドライブ・レコードプレーヤーを発売
「ももいろクローバーZ」結成10周年記念モデルウォークマンAシリーズが登場
パナソニックからハイレゾ対応ステレオインサイドホン「RP-HDE1/HDE1M 」登場





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ