ITライフハック

カドカワ

世界ゲームコンテンツ市場規模発表。2016年は8兆9977億円に~「ファミ通ゲーム白書2017」発刊~

d7006-3343-479167-3

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、「ファミ通ゲーム白書2017」を2017年6月8日に発刊する。

本書は、国内をはじめ、北米・欧州・アジア・中東・南米を含む海外主要地域別のゲーム市場や、ユーザーマーケティング調査など、豊富な最新データや大規模アンケート結果をもとに、国内外ゲーム・エンターテイメント市場の最新動向をさまざまな角度から分析したデータ年鑑となっている。

「ファミ通ゲーム白書2017」では、 2016年の世界ゲームコンテンツ市場について、 8兆9977億円と推定。この市場規模は、家庭用及びPC向けパッケージゲーム市場の1兆1531億円と、デジタル配信ゲーム市場(モバイルゲーム、 PC配信ゲーム、家庭用ゲームデジタル配信)の7兆8445億円を合算したもの。

パッケージゲーム市場は微減したものの、モバイルゲームを中心にゲーム内課金の収益が増加したこと、また、家庭用ゲームデジタル配信が欧米を中心に増えたことから、デジタル配信ゲーム市場は前年より10%以上拡大し、市場全体が伸長する結果となった。

■成長が続く国内ゲーム市場。 2016年は過去最高の1兆3801億円に。

2016年の国内家庭用ゲーム市場規模は、ハード・ソフト(オンライン含む)合計で3440億円となりました。一方、オンラインプラットフォーム市場は1兆361億円に達し、国内ゲーム市場全体の約75%を占めている。国内のゲーム市場は伸長し続け、 2016年は過去最高の1兆3801億円となった。

d7006-3343-110942-0


■「ポケモンGO」が大きな話題。 2016年の国内ゲームアプリ市場規模は9690億円に。

「ポケモンGO」が大きな話題となった2016年の国内ゲームアプリ市場規模は、前年比4.4%増の9690億円となった。

d7006-3343-339607-1


■2016年の国内ゲームユーザーは4446万人。約半数が、アプリゲームのみをプレイ。

本書では、弊社が運営する国内26万人規模のエンターテイメント分野ユーザーリサーチシステム「eb-i」を用いて、ゲームユーザーの実態を調査している。その1つとして、国内のメインゲーム環境別ゲームユーザー数を算出し、その分布状況を推計した。

2016年のゲーム人口は4446万人。そのうち、アプリゲームのみをプレイするユーザーは、前年より190万人増え、国内ゲーム人口全体の半数に迫る、 2024万人となっている。今後も、同ユーザーの動向がゲーム人口全体に大きな影響を与えると考えられる。

d7006-3343-417663-2


「ファミ通ゲーム白書2017」では、 Nintendo Switchの登場によって新たな局面を迎えた家庭用ゲーム市場と、「ポケモンGO」の大ヒットで激変したゲームアプリ市場を中心に、さまざまな角度から国内外のゲーム市場を分析。多方面で普及が始まったVRや、世界的な盛り上がりをみせるeスポーツなど、未来のマーケットを見通す業界の最新事情を網羅している。

■「ファミ通ゲーム白書2017」概要◇
書名:ファミ通ゲーム白書2017
編集:カドカワ マーケティングセクション
編集長:藤池隆司
発売日:2017年6月8日
価格:PDF(CD-ROM)+書籍セット版: 6万1,000円(税別)
書籍版: 3万7,000円(税別)
PDF版(CD-ROM)版: 3万4,000円(税別)
総頁数:462頁


ファミ通ゲーム白書2017

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「オランジーナ フレンチスパークリング」新発売
夏期限定の黄色いモンスター日本上陸。「モンスター ロッシ」6月27日新発売
第10回「FANTASTIC BATTLE」は「PUBG」バトルロワイヤルで実施
ハイレゾ音源配信6サイト連合企画「ハイレゾ音源大賞」2017年5月度大賞候補6作品発表
きゃりーぱみゅぱみゅがJAXAとコラボ。最新テクノロジーを駆使したバーチャル宇宙空間ライブを披露




カドカワ、N高関連書籍「高校生からはじめる プログラミング」を発売

高校生からはじめるプログラミング

カドカワは、子会社のKADOKAWAから、学校法人角川ドワンゴ学園 「N高等学校」(以下、N高)が展開するプログラミング教育メソッドを網羅したプログラミング入門書「高校生からはじめる プログラミング」を発売した。価格は2,000円(税別)。

本書は、プログラミングをまったく経験したことがないN高生が、社会で役立つプログラミングの入り口として最初に学ぶ内容で、高校生や初心者が一からプログラミングを学ぶのに最適な一冊となっている。

“ネットの高校”N高校で、「ニコニコ生放送」を支えるトップエンジニアが教えるプログラミング教育メソッドを大公開。これからの時代に必須のスキル「Webプログラミング」の基礎を、名物エンジニアがていねいに解説している。読むだけでなく、実際に手を動かすことで実戦的な知識をインプットでき、テーマごとの課題をクリアしながら最後まで進めると、ひと通りのスキルが身につく内容となっている。

■書誌情報
書名:高校生からはじめる プログラミング
著者名:吉村 総一郎
判型:B5判 224ページ
カバーイラスト:「ソードアート・オンライン」
発売日:2017年4月14日(金)
定価:本体2,000円(税別)
ISBN:978-4-04-601955-4
発行:KADOKAWA ※電子書籍同時発売


N高公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
JAL客室乗務員の“CA踊ってみた動画”最新作を公開
ニコニコ超会議2017「超ゲームエリア」 任天堂が協賛に決定
ニコニコ超会議2017「向谷実Produce! 超鉄道」参加鉄道全10社の出展詳細を公開
「ネットユーザーが本気で選ぶアニメ総選挙」に4万3千人回答。最も面白かったのは「けものフレンズ」
「ニコニコ超会議2017」前売り入場券を東日本エリアのNewDays 489店舗にて発売




大塚英志による”ものがたり創作”の授業を「N高等学校」で実施、N予備校のほかニコ生でも公開

大塚 英志

カドカワが開校した学校法人角川ドワンゴ学園 「N高等学校」 (以下、N高)は、ネットで課外授業を受けることができる双方向学習アプリ 『N予備校』にて、2017年2月21日(火)より、小説作家・批評家・漫画原作者として知られる大塚英志氏による「ものがたり創作授業」を特別授業として全3回にわたり実施する。


N高では、高校卒業資格取得のための授業やレポート提出をネットで行うことで、自分がやりたい勉強の時間を増やせるため、生徒が空いた時間に受けることができるネット課外授業を『N予備校』で提供している。N予備校は、各業界のプロフェッショナル講師陣による大学受験コース、プログラミング、文芸小説、ゲーム、アニメ、ファッション、美容など、多種多様なカリキュラムを、リアルタイムで双方向の授業として受けることができるのが特長だ。

今回、新たに設けた特別授業は、ものがたりの創作を教える数々の実用書の著者でもある大塚英志氏を講師に迎え、オリジナルストーリーの作り方を授業する。アプリ『N予備校』ではスマホ・PCでの学習に適した教材を新規に作成し、アプリから添削用の回答送信も行うことができる。本授業は公開授業として全3回にわたって行われ、「ニコニコ生放送」でも視聴可能。なお、回答の投稿や添削などの独自機能は、N予備校のみで利用できる。

■公開授業 概要
タイトル : N高等学校 公開授業 大塚英志「ものがたり創作」
放送日時 : 第1回…2月21日(火)20:00~21:30
      第2回…2月28日(火)20:00~21:30
      第3回…3月 7日(火)20:00~21:30
視聴URL :
【N予備校】
第1回: http://www.nnn.ed.nico/lessons/482526067
第2回: http://www.nnn.ed.nico/lessons/482526068
第3回: http://www.nnn.ed.nico/lessons/482526069
【ニコニコ生放送】
第1回: http://live.nicovideo.jp/watch/lv287955808
第2回: http://live.nicovideo.jp/watch/lv288196710
第3回: http://live.nicovideo.jp/watch/lv288196905

■授業概要
多くの物語、古来から伝わる英雄譚やおとぎ話には共通の「物語の構造」がある。授業では、物語の歴史と構造について学び、創作者としてのテクニックを身につけていく。授業の課題に回答していくだけで、自分のオリジナルストーリーを作り上げていくことが可能だ。


N予備校

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
生誕30周年を記念して「モンスターストライク」と「ファイナルファンタジー」がコラボ
「闘会議GP2017」会場にて「レインボーシックス シージ」「オーバーウォッチ」の国内最強決定戦を開催
旅人・石塚英彦が銘酒を巡る新シリーズAmazonオリジナル「石ちゃんのSAKE旅」がスタート
マピオン季節特集で「梅まつり 梅の名所特集2017」を公開
崩壊学園の最新作「崩壊3rd」広告イメージキャラクターオーディション開催

大塚 英志
KADOKAWA
2017-03-04








センター試験当日に「N予備校」で6科目をライブ解説。学力自慢のタレントもセンター試験問題に挑戦

fb8456015d89b9f35d45c9edaac3544e_s

カドカワが開校した角川ドワンゴ学園 「N高等学校」(以下、N高)は、ネットで課外授業を受けることができる双方向学習アプリ「N予備校」にて、センター試験当日の2017年1月14日(土)・15日(日)の両日、センター試験の解説を行う。

N高では、高校卒業資格取得のための授業やレポート提出をネットで行うことで、自分がやりたい勉強の時間を増やせるため、生徒が空いた時間に受けることができるネット課外授業を「N予備校」で提供している。N予備校は、各業界のプロフェッショナル講師陣による大学受験コース、プログラミング、文芸小説、ゲーム、アニメ、ファッション、美容など、多種多様なカリキュラムを、リアルタイムで双方向の授業として受けることができるのが特長だ。「大学受験コース」と「プログラミング」は、一般向けにも提供している。

今回、「大学受験コース」では、センター試験当日に、N予備校の講師がセンター試験の解説を実施する。初日は「世界史B・国語・英語(筆記)」の文系科目、2日目は「数学IA・化学・生物」の理系科目を解説する。講師が解説している間、学力自慢のタレントが実際のセンター試験問題に挑戦し、点数を競う学習バラエティ番組としても楽める。

本授業は、アプリ「N予備校」のほか、「ニコニコ生放送」でも視聴可能。先生への質問や挙手(回答添削)といった独自機能は、N予備校のみで利用できる。

■番組概要
・番組タイトル:センター試験解いてみた2017
・放送日時・視聴URL:
【1日目・英国社】 1月14日(土)21:00 ~ http://live.nicovideo.jp/watch/lv284899241
【2日目・数化生】 1月15日(日)21:00 ~ http://live.nicovideo.jp/watch/lv284962162
※アプリからの視聴方法:アプリを起動し、メニューから「授業」→「すべてのコース」
・タイムスケジュール・出演者 :
【1日目】 MC:たかまつなな
 21:00~ 世界史B   解答者:藤本淳史(田畑藤本)、久保田雅人 /講師:茂木誠
 22:20~ 国語     解答者:藤本淳史(田畑藤本)、寺嶋由芙 /講師:佐藤敏弘
 24:00~ 英語(筆記)解答者:藤本淳史(田畑藤本)、REINA /講師:中久喜匠太郎
【2日目】 MC:たかまつなな
21:00~ 数学IA   解答者:黒田有彩、もえのあずき(バクステ外神田一丁目) / 講師:坂田アキラ
22:20~ 化学    解答者:黒田有彩、木村美紀 / 講師:節田佑介
23:40~ 生物    解答者:黒田有彩、ハマカーン神田 / 講師:森田亮一朗


N予備校

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
サケの受精卵が孵化する様子を71時間観察生中継。生イクラ丼と一緒に新年を迎えよう
「N予備校」で年越しのセンター対策特別授業企画。除夜の鐘にちなみ108問の問題演習、お年玉企画も
日ロ首脳会談での合意は「期待通り」18.5%「裏切られた」37.6%。ニコニコアンケート
AKB48島崎遥香の卒業公演をニコ生で生中継
2016年のニュースを振り返るニコニコ年末特番!東浩紀・夏野剛らと雑談配信者が大激論






カドカワ、ネット教育の拠点「Nセンター」を鹿児島県長島町、群馬県南牧村、佐賀県武雄市(予定)に開設

カドカワは、各地にネット教育を活用した教育拠点をつくる「Nセンター」プロジェクトを開始。鹿児島県長島町、群馬県南牧村、佐賀県武雄市(予定)にNセンターを開設することが決定したと発表した。
続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ