ITライフハック

カメラ

JAXAとリコー、宇宙空間で使用可能な小型全天球カメラを共同開発

main

宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)とリコーは、宇宙空間(宇宙船外)で360°の全方位を一度に撮影できる小型全天球カメラを共同開発した。

本カメラは、小型衛星光通信実験装置「SOLISS※1」の2軸ジンバル部の動作確認のためのモニタカメラとして採用されている。 2019年9月11日に打ち上げ予定の宇宙ステーション補給機「こうのとり」8号機で国際宇宙ステーション(ISS)へ送り届けられ、「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームから360°の全天球静止画・動画を撮影し、地上に送信する予定だ。

本カメラは民生品をベースに開発したもので、宇宙で使われる世界最小の360°カメラ。民生品の360°カメラが宇宙船外で全天球型の撮影を行うのは国内で初めてだ。

JAXAおよびリコーは、 2018年に相互連携に関する覚書を締結し、共同で本カメラの開発を行ってきた。開発したカメラは、リコーが市販する小型の全天球カメラ「RICOH THETA(シータ)」をベースに、宇宙空間の温度、放射線など、宇宙環境に耐えるための措置を行っている。また、 360°全方位の同時撮影が可能なため、カメラのサイズ・重量を抑えながら、多くの視覚情報を得ることができる。

プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
「懐かしいレトロデザインとアナログ音質にこだわる」SANSUI真空管ハイブリッドアンプ搭載CDステレオ2機種を発売
ソニーより広範囲に響く迫力の重低音とライブ会場のような臨場感を楽しめるスマートスピーカー
ワイシャツなら10枚洗え、使わない時は折りたたんで棚にしまえる!容量3kgの洗濯機
自宅を映画館に変える!ハイセンスジャパンの「シアターサウンドシステム」2機種が10月に登場
たった1週間で爆売れした大人気コラボ商品「真空管アンプ・キット」の追加予約を開始





小型でも本格仕様!カメラアクセサリーで有名なPeak Designが開発した本格的な三脚が登場

87caf7b4b398a9fc9bbf2ce32964681c_original

ヴェルテは、Peak Design(アメリカ・サンフランシスコ)製トラベル三脚「Travel Tripod」の予約受付を開始した。

クラウドファンディングサービスKickstarterで、開始後わずか2日間で4億円集めて商品化が決定され、現時点で5億円を集めている話題のPeak Design社製トラベル三脚「Travel Tripod」だ。

「Travel Tripod」は、軽量、コンパクトに折りたためる旅行用三脚。折りたたんだサイズは、直径8.3センチ、長さが39.4センチ。最大高は、センターポールを伸ばすと152.4cm、センターポールを伸ばさないと130.2cm。Arca Swiss(アルカスイス)互換プレートにより、カメラも素早く取り付けられる。

素材の違いにより、アルミニウムモデルと、カーボンファイバーモデルが用意される。重さは、アルミニウムモデルが1.56kg、カーボンファイバーモデルが1.27kgとなっている。

■製品概要
輸入:ヴェルテ
販売方法:完全事前予約制
予約受付期間:2019年5月28日~7月19日
出荷開始予定:2019年12月
お得価格アルミニウムモデル:3万1,800円(税送料込)、7月20日以降の市販価格予定:48,800円(税送料込)
お得価格カーボンファイバーモデル:5万2,800円(税送料込)、7月20日以降の市販価格予定:6万9,800円(税送料込)
特急便アルミニウムモデル:3万8,800円(税送料込)、7月20日以降の市販価格予定:5万8,800円(税送料込)
特急便カーボンファイバーモデル:6万3,800円(税送料込)、7月20日以降の市販価格予定:8万3,800円(税送料込)
決済方法:予約注文時に銀行送金のみ(PayPal社の方針により出荷前のクラウドファンディング商品にはPayPalは利用不可)
仕様:
モデル:アルミニウムモデル/カーボンファイバーモデル
折りたたみ最小サイズ:直径8.3センチ、長さ39.4センチ
重量:アルミニウムモデル:1.56kg、カーボンファイバーモデル:1.27kg
耐荷重:9.1kg
雲台:ボールヘッド式
機能:
片手でワンタッチでロック機構を解除できるレバー方式で、10秒もかからず足を伸ばして設置できる。
雲台はボールヘッド式で底部のリングを回す片手操作可能な形状で横構図と縦構図の切り替えも一瞬でできる。
センターポールの底部に雲台を取り付けて下方向の撮影に使ったり、脚を大きく広げてローアングルから撮影したりすることも可能。
センターポール内部にスマートフォン用ホルダーが格納されており、底部から取り出して雲台に装着して使える。

3f01d1d0835f6fccbf751f56ee715a28_original


通販サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
真上からの撮影でも影を作らずにキレイに撮影できる俯瞰(ふかん)撮影照明用LED付きスマホスタンド
いかしたサイコロ!亜鉛合金メタルダイスが登場
メカニカルスイッチ好きなら持っておくべきなKailh 純正キートップ引き抜き工具
ほぼほぼすべてのタブレットに使用可能な8~10インチタブレット用スタンドシリコンケース
気軽にイメージチェンジ(できそうな・・・)ヘルメットに装着可能なつけ毛






赤ちゃんやペットの見守り向け!プラネックスから月明かりでも撮影が可能なネットワークカメラ

スマカメ2 ローライトPoE「CS-QS20」

プラネックスコミュニケーションズは、かんたんネットワークカメラ「スマカメ」シリーズの新ラインアップとして、スマカメ2 ローライトPoE「CS-QS20」を発売する。本製品は防犯用の監視映像、赤ちゃん・ペットの見守り映像をスマホで簡単に設定することができる。価格はオープンプライス。1月下旬より発売予定。

■赤外線照射なしで夜間の監視ができる
本製品はソニー製高感度CMOSセンサー IMX323を搭載しており、0.1ルクス(月明かり程度)の照明下でカラー撮影が可能だ。赤外線暗視機能を使わなくても常夜灯(ナツメ球)程度の明るさでカラー撮影ができるため、夜間の赤ちゃんの様子やペットの行動を見守ることができる。また街灯のある夜の住宅街は約1ルクスの明るさがあるので、自宅やオフィス周りの夜間監視にも最適だ。

■動体検知機能で、録画開始やスマホへの通知が可能
本製品は映像に動きがあったときにmicroSDカードへの自動録画やスマートフォンに通知を行なう動体検知機能を搭載している。動体検知の設定は最高/高/中/低/オフの5段階の設定ができる。映像の録画は連続録画(常時録画)/動体検知と連動して録画/録画しないから選択が可能だ。microSDカードの容量がいっぱいになった場合は上書き録画され、最新の映像を残すことができる

●「CS-QS20」の特長
・夜間のカラー撮影ができるムーンライト機能を搭載
・暗視機能の切り替え可能
・最新のH.265を採用だから高効率で映像を伝送
・フルHDだから細部までくっきり見える
・有線LAN・PoE対応で設置の自由度が向上
・マイク&スピーカー内蔵でお声掛けも可能
・動体検知で映像に動きがあれば録画開始、スマホへ通知ができる
・常時録画と動体検知連動録画に対応
・手軽に本格的な監視・防犯システムを構築できる「スマカメPro」に対応
・カメラ接続用の管理サーバーは安心の国内運用
・最大転送速度150Mbpsなので高画質設定でも安心
・プラネックス・イフト・サービス対応しており、スマートスピーカーで操作ができる


「CS-QS20」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
Lightning&MicroUSB、Type-C&MicroUSBなど2種のケーブルを本体に収納できる大容量モバイルバッテリー
スマホと定期を一緒に持ち運べる!クール&シンプルなシリコン製の定期入れ兼スマホスタンド
スマホゲームを見やすくする画面拡大機能付きゲームコントローラー兼スタンド
タブレット端末の肩掛け&首掛けが簡単にできるストラップのような肩掛け式タブレット用ケース
バッチリとメモれる電子メモパッド機能付きのQi対応モバイルバッテリー







深水10M 動作検知機能付きの超ミニサイズのサイコロカメラ「指でつまめる防犯サイコロカメラ防水ケース付き」

2_000000003067

サンコーは、「指でつまめる防犯サイコロカメラ防水ケース付き」を2018年5月21日より発売する。価格は5,980円(税込)。

■さいころ型の小型・軽量アクションカム
本製品は、10m防水(防水ケース使用時)に対応する指でつまめるサイズの超コンパクトな防犯・アクションカメラ。サイズは約25mmの立方体。ミニミニサイズのサイコロ形で指でつまめるサイズ。重さは約12g。入れたままボタン操作が可能な専用の防水ケースが付属。防水ケース使用時には約10m8時間の耐水性を発揮する(独自テスト結果)。

■小さいけど性能は十分!
バッテリー充電式で最大約65分連続撮影。動画、静止画ともにハイビジョン(1280×720)画質にてmicroSDカードに記録される。

映像に動きがあった時にだけ自動で録画を行う、動作検知機能搭載。バッテリーの消費を抑え、長時間撮影の防犯カメラとして役立つだろう。

様々なシチュエーションに対応するマウント(クリップマウント、ハンドルバーマウント、ストラップマウント)が3種類付属。自転車などに取り付けてアクションカメラのように使うことも可能だ。

海や川などの水の中で使える防水カメラとして、雨でも使える防犯カメラとして、手軽に使えるアクションカメラとしても使える極小サイズのカメラだ。

■製品仕様
・サイズ/幅25×奥行き20.6×高さ27.5(mm)
・重量/12g
・電源/バッテリー充電式:USBより給電(DC 5V/1A)
   充電しながら使用可
・バッテリー/リチウムポリマー 700mAh
・充電時間/約1.8時間
・連続動作時間/通常時:約65分(映像環境により変動)
      赤外線ライト使用時:約15~20分
・記録ファイル
▼動画/形式:AVI
    コーデック:Motion-JPG
     解像度:1280×720
    フレームレート:30fps
    長さ:連続撮影時、最大5分ごとの動画ファイルを生成
    動作検知モード時:最大3分ごとの動画ファイルを生成
    容量:1ファイル5分 約750MB(目安)
▼写真/形式:JPG
    解像度:1280×720
・対応記録メディア/microSDカード~32GB(別売)
・画角/72°
・機能/明暗判別自動赤外線ライト照射(ライト1個)
   動作検知自動録画機能
・防水性能/防水ケース使用時:水深10m 8時間まで
    ※独自テスト結果
・内容品/本体、USBケーブル(長さ82.5cm)、クリップマウント、マグネットスタンド、microSD-USB変換アダプタ、リセットピン、防水ケース、ハンドルバーマウント、ストラップマウント、日本語取扱い説明書
・パッケージサイズ/幅120×奥行き70×高さ65(mm)
・パッケージ重量/97g(内容品含む)
・保証期間/6か月


1_000000003067


指でつまめる防犯サイコロカメラ防水ケース付き

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
静かな動作音で寝室でも卓上でも車でも大活躍するマイ冷温庫「自分専用おとしずか冷温庫 10L」
オプトスタイル、HDR10対応55インチ4K液晶テレビを5万円台で発売
タバコの煙をグングン吸い込み浄化・排出してくれる充電式スモークレス灰皿「ちょっと吸っトレイ2」
レノボ、スタンドアロン型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo with Daydream」を発売







スマホ画面で確認しながら耳掃除できる「カメラで見ながら耳掃除!爽快USBイヤースコープ」

9_000000003006

サンコーは、「カメラで見ながら耳掃除!爽快USBイヤースコープ」を2018年2月16日より発売する。価格は2,980円(税込)。

本製品は、耳の中をリアルタイムでモニターに映しながら、耳掃除ができるイヤースコープ。Anddoidスマートフォン・タブレット、パソコン(USB接続)に対応。大きな画面でリアルタイムに映し出される映像を見ることができる。

先端にLEDを6灯搭載し、耳の中を照らしながら作業が可能。焦点距離は1.5cm。ソファやベッドの上で、自分で耳の状態を確認しながら確実に耳掃除が可能だ。

■製品仕様
・カメラサイズ/直径5.5(mm)
・ケーブル長/1250mm(非形状記憶型)
・重量/55g
・付属品/本体、イヤーピック×2本、アダプタ、CD、日本語説明書
・電源/USB、microUSBより給電
・LEDライト/6灯(明るさ無段階調整)
・焦点距離/約15mm
・防水機能/なし
・対応機種/OTG機能(USBホスト)、UVC対応のAndroidスマートフォン・タブレット
    ※一部機種ではご利用いただけません。
    microUSB端子搭載のスマートフォン・タブレット
    ※USB Type-C搭載スマートフォンの場合は別途変換アダプタをご用意ください。
・対応OS/Windows 7/8/10
・重量(内容品含む)/100g
・保証期間/6カ月


1_000000003006


カメラで見ながら耳掃除!爽快USBイヤースコープ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
フォーカルポイント、お弁当箱をモチーフにしたAppleアクセサリの収納ケース「BENTO STACK」を発売
ベルキン、「Boost↑Up ワイヤレス充電パッド(7.5W)」を発売
ワコム、AndroidとiOS対応の極細スタイラスペン「Bamboo Tip」を発売
iPhoneX、iPhone8、iPhone8 Plusを高速充電できるモバイルバッテリー「世界超速 for スマホ」
YouTube動画をオフラインで見られるiOS用ストレージ「TubeDrive」、Makuakeでプロジェクトスタート






カメラに顔を向けるだけで高速ログイン。Windows Hello対応顔認証カメラ

22952_qFUUdKiQyw

上海問屋は、Windows 10に搭載されている生体認証Windows Helloで顔認証ができる、顔認証カメラの販売を開始した。価格は5,999円(税込)。

本製品は、カメラに顔を向けるだけで、約1秒の高速ログインが可能。会社で自分の席を立つ度にログオフして、パスワード入力といった面倒な手間が省ける上、安全なセキュリティ対策ができる。

家庭や学校、会社などの共有パソコンでも、セキュリティが保たれるマルチユーザー対応。どこでログインしてもパスワードを盗み見される心配がないので安心だ。付属のCD(ドライバ)をインストールして(ダウンロードも可能)、「Windows Hello」を起動すれば簡単に設定できる。

Webカメラと赤外線カメラと赤外線LEDを搭載。Webカメラは、Webカメラとして使う場合に使用。赤外線カメラは、登録した顔と一致しているかを認証する。赤外線LEDは、顔のおうとつを感知するセンサーだ。設置方法は、使用しているディスプレイにより2パターン。L字とフラットのマウントが付属しており、簡単に設置ができる。電源は、USBバスパワーを使用。

カメラはマグネットで簡単に取り外せるが、マウント部分は粘着テープで固定する。ノートPCを持ち運ぶことが多い場合は、閉じる時にマウントが干渉するので注意してほしい。また認証を行う際は、極端に明るい、または暗い環境だと認証精度が下がりるので注意しよう。本製品を接続すると、PCに付いているWebカメラは使用できなくなりるが、本製品をwebカメラとして利用できる。

■製品仕様
インターフェイス・・・USB 2.0
対応OS・・・・・・・・Windows 10(Home/Pro)
画素数・・・・・・・・赤外線カメラ:30万画素
           Webカメラ:1280×720(30fps)
webカメラ機能・・・・ 有
サイズ・・・・・・・・縦19×幅80×奥行13.5mm(カメラ本体のみ※突起部分除く)
重量・・・・・・・・・約15g
電源・・・・・・・・・USBバスパワー
付属品・・・・・・・・日本語マニュアル、ドライバCD、電源ケーブル(94cm)、
           延長ケーブル(94cm)、L字マウント、フラットマウント
製品保証・・・・・・・購入後 6か月間


22952_xiCPiJTaqH


DN-915077 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
癒やしと便利が夢のコラボしたハンドスピナー型3ポートUSBハブ
予想外の動きがカワイイてんとう虫型ラジコン
絶妙な装着感を実現したスマホ用 ヘッドホン一体型3DVRゴーグル
工事不要ですぐに使えるモーションセンサー搭載の超小型防犯カメラ
スマホで手軽に全方位360度撮影できるUSB Type-C接続360度カメラ






PCとAndroidスマートフォン対応のUSB接続の超望遠カメラ

1_000000002793

サンコーは、「スマホでもパソコンでも使えるUSB70倍望遠カメラ」を発売した。価格は5,980円(税込)。

本製品はPCとAndroidスマートフォン対応のUSB接続の超望遠70倍のカメラ。70倍の倍率の超望遠カメラなのに、わずか92gという軽さ。手の平に収まるコンパクトサイズで持ち運びが楽々。

パソコンはUSB接続、スマートフォンには、付属の変換コネクタを使いUSB接続。あとはカメラアプリから撮影することができる。

三脚穴があるので、お手持ちの三脚/一脚を使うことが可能。また、付属品としてミニ三脚が付き、三脚を持っていない場合でもすぐに使える。野生動物、スポーツ観戦、コンサートなど、遠くからでもこのパソコン/スマホ両対応の超望遠カメラを使えば、間近で見ているかのような映像が撮影できる。

■製品仕様
・サイズ/幅45×奥行き146×高さ61(mm)
・重量/92g
・USBケーブル(本体付属)/長さ:1445mm(コネクタ含む)
・倍率/70倍
・視野角/2°
・画素数/200万画素(2メガピクセル)
・出力解像度/640×480
・対応OS/パソコン:Windows 7/8/10
    スマートフォン/タブレット:Android 4.1以上
・対応機種/パソコン:UVC対応機種
     スマートフォン/タブレット:OTG機能(USBホスト)対応機種(一部機種では利用できない)
・内容品/本体、レンズキャップ、OTG USB-microUSB変換コネクタ、ミニ三脚、CD-R、日本語取扱い説明書
・保証期間/6か月

2_000000002793


スマホでもパソコンでも使えるUSB70倍望遠カメラ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
HDMI、コンポジット入力対応の「バッテリー内蔵10インチマルチメディアモニター」
Bluetooth接続でスポーツ仕様のヘッドホン一体型ウォークマン「WS620」シリーズを発売
Nintendo SwitchのJoy-Conだけを充電できるスタンド
ソニーがプロデュースする「Life Space Collection表参道」」が期間限定でオープン
テーブルモードで遊ぶ時や充電台としてもう1台自分の部屋に置けるNintendo Switch用充電スタンド




スクエアフォーマットで新たな展開へ!富士フイルムのインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」発表会レポ

トップ画像

富士フイルム株式会社は2017年4月19日、都内 同社ビルにおいて報道関係者向けにハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」(以下「SQ10」)の発表会を開催した。

■機能的な面で大幅に進化した「SQ10」
発表会は、主催者を代表して、富士フイルム株式会社イメージング事業部長武冨博信氏の挨拶、および新製品紹介から始まった。
これまでの“チェキ”を振り返ると、若年女性向けのinstax「mini 8+」から、20~30代男女向けのinstax「mini70」、男性・カメラ愛好家向けのinstax「mini90」、ファミリー向けのinstax「WIDE 300」、スマートフォンユーザー向けのチェキプリンター「SHARE SP-2」まで、さまざまなユーザーに合わせて、同社はラインナップを拡充してきた。

今回の「SQ10」では、instaxシリーズで初めてデジタルイメージセンサーとデジタル画像処理技術を搭載し、写真画質の大幅な向上およびプリント出力前の画像編集・加工を実現した。

製品コンセプトは「手軽にクリエイティブに楽しめるインスタントカメラ」だ。感度が高く、表現欲求の高いミレニアル世代を中心とした幅広い層をターゲットとしている。

富士フイルム株式会社イメージング事業部長武冨博信氏(富士フイルムinstax “チェキ”新製品発表会にて撮影)


製品の特長としては、下記の3点が挙げられる。

1.写真画質の大幅な向上
instaxシリーズとしては初めてデジタルイメージセンサーなどを搭載することによって、写真画質の大幅な向上を実現した。自動露出調整、人物検出、オートフォーカスといった新機能を備え、室内などの暗い場所や逆光下、10cmまでの近距離撮影でも簡単にイメージ通りの写真が撮影できる。

2.多彩な編集・加工機能の搭載
簡単操作で、オリジナルな写真表現ができる。10種類のフィルター、画像の周辺部分の光量を19段階に調整できるビネット、そして19段階の明るさ調整という3つの主要機能を、組み合わせることでさまざまな写真表現が可能だ。これらのエフェクトをあらかじめ設定して撮影したり、撮影後に画像を編集・加工したりできる。instaxシリーズとしては初めてLCDモニターを搭載しており、画面で確認しながら撮影やプリントを楽しめる。

3.シンプルで直観的な操作
使いやすさに徹底的にこだわったデザインも大きな魅力だ。編集、加工、プリントの操作ボタン・ダイヤルをカメラ背面の1か所に集約し、操作状況をLCDモニターと連動させることでシンプルで直感的な操作性を実現した。

ハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」(富士フイルムinstax “チェキ”新製品発表会にて撮影)


■なぜ、スクエアフォーマットなのか?
スクエアフォーマットは芸術的な写真表現に効果的なフォーマットとして、約90年前から写真愛好家に指示されてきた。

現在では、スクエアフォーマットはInstagramでも採用されているフォーマットであり、これまでの縦長写真に比べて画像サイズ拡大による被写体の拡がりによって、より多様な被写体・シーンで “チェキ”を楽しめるというのだ。

「スクエアフォーマットは、インスタント写真の新たな価値や魅力を生み出す可能性を秘めている。」と、武冨部長は発表会の中でスクエアフォーマットの優位性を強調した。

「instax SQUARE SQ10」で採用されたスクエアフォーマット(富士フイルムinstax “チェキ”新製品発表会にて撮影)


“チェキ”の愛称で知られる「instax」シリーズは1998年の発売以来、世界中のユーザーに愛用されており、全世界で累計出荷台数は2,500万台以上に達するなど、近年のインスタント写真市場をリードしてきた。新製品「SQ10」の登場は、新たなユーザー層を獲得し、今後も同市場を盛り上げていくだろう。

「instax SQUARE SQ10」製品情報
富士フイルム

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ニコニコ最大のライブイベント「ニコニコ超パーティー2017」開催決定
“キレキレダンス”再び!! JAL・岡本さんソロver.“踊ってみた動画”最新作公開
「LINEアカウントメディア プラットフォーム」に読売新聞、ananなど新たに22メディアが参画
ダイエットシーズン到来!2017年ダイエットの実態を大調査(マクロミル調べ)
位置情報ゲーム「ケータイ国盗り合戦」で期間限定スタンプラリー「姫の女子力UP大作戦!」がスタート






一足早く本物の桜をデジタル一眼カメラαで撮影できるイベント「桜 in Sony Store」を開催

SAKURA_in_Sony_Store_Main_OneColor_20170227_PIA0001014876

ソニーマーケティングは、一足早く本物の桜を、ソニーのデジタル一眼カメラα(アルファ)で撮影できるイベント「桜 in Sony Store」を2017年3月2日(木)~3月13日(月)まで、全国4か所のソニーストアにて実施する。

この「桜 in Sony Store」は、開花調節ができるプラントハンター西畠清順氏の「そら植物園」の協力のもと、ソニーストア各店舗に3月2日(木)からつぼみの状態の桜を設置し、3月10日(金)頃に満開となるよう調整、3月13日(月)まで店内にて、日々移り変わる桜の撮影を楽しめるイベント。

期間中、写真の専門知識を持つスタイリストが桜をきれいに撮影するテクニックのレクチャーを行う「タッチ&トライ」イベントを随時実施。実際にαやレンズを使って、さまざまなアングルで桜の撮影を楽しめる。ユーザーが撮影した写真はスマートフォンに転送し、持ち帰ることも可能だ。

なお、期間中は毎日、ソニーショールーム/ソニーストア 銀座 4Fに設置された桜をαで撮影し、つぼみから満開に至るまでの開花状況をTwitterアカウント@sonystoreginzaで発信していくとのことだ。

「桜 in Sony Store」Webサイト
ソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア名古屋、大阪、福岡天神

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
inMusic Japan、ワイドFM対応のPLLシンセサイザー・チューナー搭載デジタルAM/FMラジオチューナーを発売
サンコー、スタンド式の家庭用ハンドドライヤー「置くだけ温風ハンドドライヤー」を発売
パナソニック、4K60p動画記録が可能なミラーレス一眼カメラ LUMIX DC-GH5を発売
ゲーム好きの著名人、文化人、クリエーターがPlayStation VRの最新ニュースを発信
富士フイルムがミラーレス新モデル「X-T20デビューキャンペーン」を開始!





カメラアプリ「B612」“1秒自撮り”で、友だちと簡単に動画作成できる「Play機能」が新たにスタート

B612_play機能02

LINEは、自撮り専用カメラアプリ「B612」(iPhone・Android・Windows Phone対応/無料)において、全世界累計ダウンロード数が2億5,000万件を突破、さらに、“自撮り”と“メッセージ”を組み合わせて簡単に「コマ動画」を作成することができる「Play機能」を新たに追加した。

「B612」は、多彩なフィルターやアニメーションスタンプを使用して、自分好みの写真や動画を撮影することができる自撮り専用カメラアプリ。顔認識することで様々なエフェクトが楽しめる200種類以上の「アニメーションスタンプ」をはじめ、100種類以上の「フィルター」や多数の写真を組み合わせられる「コラージュ機能」など、自撮りを撮るために最適な機能を提供している。

今回サービス提供を開始した「Play機能」は、1秒の“自撮り”と“メッセージ”を組み合わせることで、トーク上のやりとりを使ったコマ動画を簡単に作成することができる機能だ。

友だちとB612のトーク上で、“自撮り”や“メッセージ”を送りあうことができ、そのトーク内容を「コマ動画」にしてSNSなどへシェアすることができる。友だちと送りあえる“自撮り”は1秒となっており、顔認識で遊べるアニメーションスタンプも使用可能だ。また、送ったメッセージはマンガの吹き出しのように表示されるので、“自撮り”と組み合わせることで、まるで動くマンガのような「コマ動画」を作成し、友だちと遊ぶことができる。

さらに、12月6日(火)からPlay機能のスタートを記念したキャンペーンを実施する。キャンペーン期間中にLINE IDからログインをしていただいた人を対象に、抽選で100名に1,000円分のLINEギフトコードをプレゼントされる。

■B612 Playキャンペーン概要
対象:B612のアカウントへLINE IDからログインしてくれた方
期間:2016年12月6日(火)~2016年12月11日(日)
賞品:抽選で100名様に1,000円分のLINEギフトコードをプレゼント


B612_play機能01


B612 Playキャンペーン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
AR・GPS・QRコードを活用してアニメの聖地巡礼を楽しむ。ふるさと納税「ガールズ&パンツァーうぉーく!」
ミニミニ、お部屋探しのための内見がバーチャルでできる「miniminiVRスコープ」を店頭で配布
「LINE レンジャー」×「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」のコラボを実施
元乃木坂46・永島聖羅の「ほろ酔い姿」をニコ生で初公開
「深夜食堂」の松岡錠司監督が発売を待ちわびる人々を描いた「人喰いの大鷲トリコ」WebCMを公開






デジタル一眼レフカメラのワイヤレス接続・ワイヤレス操作を可能にするコントローラー【今週のまとめ】

detail_2089_1471472165


今週1週間、ITライフハックでは、様々な記事を流した。面白い記事としては、デジタル一眼レフカメラのワイヤレス接続・ワイヤレス操作を可能にするコントローラーが登場した。6日(火)の記事を振り返ってみよう。

小学生向けプログラミングワークショップ「Tech Kids CAMP」をシルバーウィークに北海道にて開催
小学生向けプログラミング教育事業を行う株式会社CA Tech Kidsは、小学生向けプログラミングワークショップ「Tech Kids CAMP」を2016年9月17日(土)から9月19日(月祝)の期間中、北海道札幌市にて初めて開催する。「Tech Kids CAMP」は小学生のためのプログラミング入門ワークショップ。プログラミングやデジタルのものづくりに興味を持ってもらうきっかけとして、2時間の体験会から7日間にわたるワークショップまで幅広く開催しており、本ワークショップへの参加をきっかけとして継続的なプログラミング学習を始めている子ども達も数多くいるとのこと。


MVNO事業「LINEモバイル」2万契約限定で先行販売を開始
LINEは、同社子会社であるLINEモバイルを通じ、新たにMVNO(仮想移動体通信事業者)事業「LINEモバイル」を提供開始。2016年9月5日よりソフトローンチとして、「LINEモバイル」公式サイトにて2万契約限定で先行販売を開始した。「LINEモバイル」の特長は「コミュニケーションフリー」。App Annieによる「2015年月間アクティブユーザー数ランキング」のiOS/Androidそれぞれにおいて上位5位以内に入る「LINE」「Twitter」「Facebook」の主要な機能に関するデータ通信量をカウントしない”カウントフリー”を実現し、動画等の大容量コンテンツを利用したことによる低速制限などの心配なく、ユーザーはいつでもスマートフォンで快適なコミュニケーションを行うことが可能になるとのこと。


デジタル一眼レフカメラのワイヤレス接続・ワイヤレス操作を可能にするコントローラー
デジタルカメラ関連グッズの販売などを手がけているCTJは、一般的なデジタル一眼レフカメラに装着可能で、Wi-Fi接続をはじめPCやタブレット、スマートフォンなどのモバイル端末を外部ディスプレイとして活用しながら多機能な操作ができるコントローラーの最新モデル「CASE Remote Air」の先行販売を、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」を通じて2016年9月5日に開始した。


AntecとRazerコラボレーションPCケース「Cube-Designed by Razer」が登場
ハイエンドのPCケースブランドで知られているANTECは30週年を迎える2016年9月3日(北米時間)にMini-ITXのゲーミングPCケース「Cube-Designed by Razer」を発表した。「Cube-Designed by Razer」はComputex 2016で発表されたAntec PCケース「Cube」をベースに、世界的に有名なゲーミングデバイスメーカーであるRazer社の監修によりデザインされた特装モデルとなっている。


Android、PC、PS3のゲームがプレイできるUSBアーケードスティック
上海問屋は、Androidスマホやタブレット、パソコン、PS3で使えるアーケードスティックを販売開始した。価格は2,499円(税込)。本製品は、Androidスマートフォン/タブレット、パソコン、PS3で使える、アーケードスティック。各機種で手ごたえのある操作感で格闘ゲームなど楽しむことができる。本体裏には吸盤があり、デスク上で激しい操作をしてもズレずにゲームに集中することができる。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ワコム、次世代型デジタル文具「Bamboo Slate」および「Bamboo Folio」を発表
「First Flight」でクラウドファンディング中。デザインをコレクション・着せ替えられる「FES Watch U」を展示
家庭、小規模オフィス、店舗などに自分で設置できる高画質防犯カメラ・レコーダー
「ユピテル ドライブレコーダー ドーンと50台プレゼント!!」キャンペーンを実施
5種類のDisneyキャラクターのデザインから選べるウォークマンSシリーズをソニーストアにて販売開始



家庭、小規模オフィス、店舗などに自分で設置できる高画質防犯カメラ・レコーダー

aigle_img


レッツコーポレーションは、家庭や小規模オフィス、店舗などに低コストで導入ができる高画質防犯カメラ・レコーダー「見張隊(みはりたい)」シリーズを発売する。



フルハイビジョンに対応しLANケーブルからカメラへの電源供給が可能な「FHD見張隊pro」、4台のカメラとレコーダー・モニターをワンセットにした「見張隊エーグル04」、2台のワイヤレスカメラとレコーダー・モニターをワンセットにした「ワイヤレス見張隊」の3機種をラインナップ。

価格はオープンプライスで、参考価格は「FHD見張隊pro」が16万8,000円、「見張隊エーグル04」と「ワイヤレス見張隊」が6万9,800円。2016年8月19日より、同社代理店及び同社直販サイト「イークロス」などで販売を開始する。

見張隊シリーズは低価格ながらも、動体検知機能を搭載しており、映像内に動きがあった箇所のみをイベント映像として再生、保存することが可能。映像確認の際には撮影した全ての映像を確認する必要がなく、短時間で効率よく確認することができる。

さらに映像再生は撮影日時・カメラを選択して再生が可能。映像を保存するハードディスクの容量がいっぱいになった場合は古い映像から自動的に削除され、常に最新の映像を記録できる。また、見張隊シリーズのカメラは赤外線照射が可能で、夜間の屋外や照明のない倉庫などの暗所でも鮮明な映像が記録できる。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
「ユピテル ドライブレコーダー ドーンと50台プレゼント!!」キャンペーンを実施
5種類のDisneyキャラクターのデザインから選べるウォークマンSシリーズをソニーストアにて販売開始
エアコン使用時の風の向きを改善する後付け風向調整板「アシスト・ルーバー」を発売
アニメ「NARUTO-ナルト- 疾風伝」とコラボレーションしたハイレゾ対応ウォークマンとヘッドホンが登場
朝日新聞社、Android TVアプリ「オンデマンド高校野球」をリリース






光量調節も簡単!スマホ用のクリップ式NDフィルター

上海問屋は、スマホのレンズ部分を挟むだけで光量の調整ができるNDフィルターを販売開始した。価格は1,299円(税込)。
続きを読む

CP+2016で「CP+中古カメラフェア」を開催

カメラ映像機器工業会(CIPA)は、2016年2月26日(金)~28日(日)の3日間限定で、パシフィコ横浜にて開催される「CP+2016」で、CP+中古カメラフェアを開催する。

本企画は、中古カメラ検索サイト「カメラファン(http://camerafan.jp)」のプロデュース企画で、カメラファンの加盟店の中から16社が出店し、中古カメラ、レンズ、アクセサリーを販売するというもの。CP+の会場にてカメラ製品の販売は初となる。

会場では100年以上前に製造されたクラシックカメラから、最新のデジタルカメラまで、お得な中古カメラが一堂に会して販売される。ライカM型、バルナックライカ、ローライフレックス、ハッセルブラッド、コンタックスなどの往年のクラシックカメラから、人気のオールドレンズ。そして、フィルムカメラだけではなく、現行品のデジタル一眼レフカメラ、ミラーレス一眼カメラなどの最新のデジタル製品の中古品を、中古ショップが販売する。

また、同じフロアにて、フォトアクセサリーアウトレットも同時開催。カメラ用品メーカーが、お得なアウトレット品を販売する。

■CP+中古カメラフェア
開催日程:2016年2月26日(金)~28日(日)/3日間限定
2月26日(金) 10:00〜17:00
2月27日(土) 10:00〜17:00
2月28日(日) 10:00〜16:00

会場:パシフィコ横浜 アネックスホール
入場には、CP+2016の来場受付が必要。


■出店ショップ一覧
愛好堂カメラ(愛知)
大塚商会(愛知)
荻窪カメラのさくらや(東京)
カメラのゴゴ-商会(福岡)
カメラ修理・販売 ユー・シー・エス(東京)
カメラのヤマゲン(大阪)
カメラのロッコー(東京)
CAM-ALL タカナシ・カメラ・チェーン
スズキカメラ商会(東京)
鈴木特殊カメラ(大阪)
ステレオカメラ(福岡)
スリースター商会(東京)
フォトベルゼ(東京)
藤井商店/フジイカメラ(大阪)
ブレゲカメラ(東京)
レモン社/カメラのナニワ(東京/大阪)
(五十音順)


CP+2016

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ニコン、プレミアムコンパクトデジタルカメラの新ブランド「DLシリーズ」を発表
デンソーとドコモ、高度運転支援と自動運転技術の実現に向けた研究開発の協力に合意
複数のリモコンをひとつにまとめよう!ソニー、電子ペーパータイプの学習リモコンを発売
ウォーキングやジョギング時に役立つLEDアームバンド型スマホケース
散歩時の防犯対策も可能なLEDライト&サイレン付きの歩行用ステッキ







iPhone 6の発表間近か?! 9月は注目のIT関連イベントが盛りだくさん【デジ通】

毎年、この時期になるとiPhoneの新型、iPad、iPad miniといったアップル端末の新製品の発表について、何かしらの噂話が流れ始める。それ以前にWWDCで発表されることもあるが、最近のiPhoneやiPad系の新製品は9月発表が多かった。アップルだけでなく9月は海外を中心にIT関連の各種イベントが行われ、新製品に関する情報が多数登場することが予想されている。

特に今年ドイツで行われるIT関連の展示会のIFAが大注目だ。このように9月はIFA以外にも専門のIT系イベントが多数開催される予定となっているので紹介しよう。

続きを読む

4K動画時代に備えよう! 続・知らないと損をするSDカードの選び方【デジ通】

先日「4K動画時代に備えよう!知らないと損をするSDカードの選び方」で4K動画の記録が当たり前になった現在、メモリーカードの選択に気を使うべしという話をしたと思う。今回はさらに踏み込んでSD系メディアの転送規格について解説したい。

続きを読む

デジイチを上手に入手したいなら、型落ちレンズセットに注目しよう【デジ通】

写真は、スマホかコンデジで十分という人がいる。特に最近のスマホは下手なコンデジよりも機能が豊富で画質も向上してきており、それなりの写真が撮影できてしまうからだ。しかし、写真の楽しさ、または写真を撮ることにこだわりを感じてしまうと、コンデジやスマホでは、今一歩満足できなくなってしまう人が出てくる。もうちょっと思い通りの画を撮りたいという欲求が出てきてしまうと、あとはデジタル一眼レフことデジイチデビューへと突き進むしかないだろう。

続きを読む

スマホがあればコンデジ不要? コンデジレベルにまで到達したスマホの撮像素子【デジ通】



スマートフォンに搭載されるカメラ機能が急速に高機能&高画質化している。従来はコンパクトデジカメ(以下、コンデジ)よりは劣る画質や機能だったが、最近のスマホではコンデジと同等かそれ以上のレベルまで向上しているだ。これはコンパクトデジカメと同じサイズの撮像素子(イメージセンサー)、またはコンデジに搭載されているものと同じ撮像素子を搭載したスマートフォンが登場しているためだ。

続きを読む

慌てないで賢く買うべし!消費税アップ前に買ったほうがいいIT関連製品【デジ通】



ご存じの通り、現在価格に対して5%かかっている消費税が、2014年4月より8%に変更される。たとえば10万円の商品の場合、5,000円の消費税が、4月からは8,000円になる。3,000円も余計に支払うことになるわけで、これはかなり痛い出費となる。

こうしたこともあって増税前に買っておきたいと考える人もいるようだ。しかし、IT関連の商品の場合、登場直後は価格が高くても、しばらくすると急激に値段が落ちてくるといった感じで変動するため買い急ぐ必要がない製品も多かったりする。どうせ買うのであれば、消費税アップ前もアップ後も定価が変わらないような製品がいい。はたしてそういった製品があるのか、考えてみたい。


続きを読む

360度のビデオ撮影が可能なアクションカメラ360Fly【デジ通】



先日、飲料メーカーであるレッドブルがスポンサードするチャレンジとして成層圏からのフリーフォールを行った様子をGoProのアクションカメラでとらえた動画が話題になっていた。このようにアクションカメラは、通常では撮影が困難な映像を撮影できるため人気を博している。また各社から続々と新モデルが登場している。

1月のCES 2014では各社が様々なカメラを発表していた。この手のアクションカメラの一種で、これから多くの製品が登場してきそうなカテゴリーに、360度全方位撮影可能なカメラがある。例えば、国内でジワジワ人気が高まってきているRICHOの「THETA」などもそうだ。ほかにもEyeSee360の「360Fly」が要注目。テニスボール程度のサイズのカメラで、360度のビデオを撮影できる。


続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ