ITライフハック

カード

iPhoneの写真を手軽に保存!エレコム、バッテリー内蔵のWi-Fiカードリーダー「MR-WI03WH」を発売

エレコムは、バッテリー内蔵のWi-Fiカードリーダ「MR-WI03WH」を2016年1月下旬より発売する。価格は、1万3,320円(税別)。

本製品を使用すれば、iPhoneをはじめとするスマートフォンやタブレットのデータを、SD/MicroSDメモリカードやUSBメモリーにワイヤレスで保存することができる。

続きを読む

デジカメがより快適に!iPhoneやAndroidスマホと連携できる、東芝「FlashAir」が機能強化

東芝は、無線LAN機能を搭載したSDHCメモリカード「FlashAir」の新ラインアップを発売すると発表した。価格はすべてオープンプライスで、実売予想価格は8GBの「SD-WE008G」が4,600円前後、16GB「SD-WE016G」が6,500円前後、32GB「SD-WE032G」が8,600円前後(いずれも税込)。

続きを読む

ハロウィン時期のギフトにピッタリ!山陰信販「鬼太郎Edyカード」全6種類

今年もハロウィンの季節がやってきた。ハロウィンは毎年10月31日に行われるお祭りで、米国ではカボチャをくりぬいたランタンを作ったり、子供たちがお化けや魔女の姿に扮したりして、近所の家でお菓子をもらうイベントとして親しまれている。日本でも、近年仮装イベントが増えるなど徐々にハロウィンが定着していきているようだ。

そんなハロウィンの季節。日本のお化けと言えば、水木しげる氏の妖怪「鬼太郎」を知らない人はいないだろう。鬼太郎は、目玉のおやじや仲間たちと一緒に、妖怪で苦しめられている人間を救い、妖怪と人間が共存できる世界を目指している。そんなに鬼太郎が人間たちのためにまたまたひと肌脱いだ。

以前に『毎年神々が出雲に集まる「神有月」!2013年、特に注目の理由』『神在月に縁と縁の強力コラボ!出雲大社Edyカード×縁結び箸「縁づくし」限定発売』という記事で紹介したが、山陰信販が出雲大社とコラボしたEdyカードを出したことをお伝えした。神社とのコラボとはユニークだと思ったのだが、その山陰信販が、ゲゲゲの鬼太郎ともコラボをしているのをご存じだろうか。果たしてどんなコラボなのか、気になる人のために詳細を紹介しよう。

続きを読む

毎年神々が出雲に集まる「神有月」!2013年、特に注目の理由



古より日本では、旧暦10月(今年度は新暦の11月)を「神無月(かんなづき)」というのは知っていると思う。これは全国の八百万(やおよろず)の神々が国の始まりである出雲に集まるので、その土地の神様がいなくなるため神がいない月という意味で神無月と呼ぶからだ。これに対し出雲では旧暦10月は、神様が全国から集まってくるため「神有月(かみありづき)」と呼んでいる。

この神有月には、出雲にある各神社は「神迎祭(かみむかえさい)」にはじまり、「神在祭(かみありさい)」、そして神々をお見送りする「神等去出祭(からさでさい)」と、神々のための祭りを行う。そんな神の国である出雲に今年、注目が集まっているのをご存じだろうか。

その理由は、60年ぶりの出雲大社「平成の大遷宮」が実施されているからだ。

続きを読む

性格の異なるGTX 650 Tiカード リードテックよりGeForce GTX 650 Ti搭載モデル2製品



アスクは、同社が扱うLeatek製のグラフィックスボード2モデルを発売する。両製品ともNVIDIAの“GeForce GTX 650 Ti”を搭載しているが、それぞれ仕様が異なっており、性格の異なる製品になっている。

続きを読む

ロープロ対応で省スペースPCに喝! 手ごろなRadeon HD 7750搭載グラボ登場!



アスクは、AMDの最新アーキテクチャを採用したGPU“Radeon HD 7750”を搭載するSapphire製グラフィックスボード「HD7750 1G GDDR5 PCI-E MICRO HDMI / DVI-I / MINI DP LP」を8月9日に発売する。Radeon HD 7750は、512ユニットのストリームプロセッサを備えるAMDの最新GPUで28nmプロセス技術と「Graphics Core Next Architecture」、「PCI Express 3.0インターフェイス」を採用する。“AMD PowerTune Technology”と“AMD ZeroCore Power Technology”により、パフォーマンスあたりの電力効率を飛躍的に向上したため、最大消費電力55Wと消費電力が低いのも特徴だ。

続きを読む

microSDHCカードでスマートフォンを強化!microSDHCカードが今人気の理由



microSDカードを外部ストレージとして利用する。スマートフォンやタブレット端末の普及に伴い、大容量mircoSDカードに対する需要が大幅に増加している。

多くのスマートフォンやタブレット端末では、本体の内蔵メモリがアプリケーションの実行エリアとアプリのインストール先として利用されるため、音楽や写真、動画といった大容量のデータは外部ストレージ(mircoSDカード)に保存する仕様となっている。

しかし、近年、これらの大容量ファイルの保存に必要なストレージ容量が劇的に増加しており、2GBで足りていた時代はもはや過去のものとなり、4GB、8GBでも足りなくといった事態になってきている。

大容量microSDといえば気になるのが、microSDの速度と信頼性だ。大量のデータを保存しておくため、画像の呼び出しや動画再生が遅くなっては大容量にした甲斐がない。また、microSDの品質が悪ければ、膨大なデータが一瞬で消失してしまう危険性がある。

そうした市場に向けてキングストンは、ニーズに即した大容量・高速・高信頼性のmicroSDを提供しているのをご存じだろうか。今回はmicroSDカードの知識を深めつつ、キングストンのmicroSDラインナップを考察してみよう。

続きを読む

パフォーマンスが違う!オーバークロック版GeForce GTX 460ビデオカード



パソコンの性能は今や、プロセッサーとビデオカードで決まると言っても過言ではない。とくにゲームで遊ぶなら、ビデオカードの性能は高性能なほど良いだろう。

エルザジャパンは、ビデオカードの新製品として、オーバークロックモデル「ELSA AXERIZE GTX 460 1GB OC」を8月下旬より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ