ITライフハック

カードゲーム

ハースストーン 新カードパック「妖の森ウィッチウッド」発表会を開催

main

BLIZZARD ENTERTAINMENTは、戦略カードゲーム「ハースストーン」の新カードパック「妖の森ウィッチウッド」のローンチに際し、2018年4月14日(土)に、秋葉原UDXシアターにて、新拡張版「妖の森ウィッチウッド」の発表会とファンイベントを開催した。

このイベントは、 2014年3月に誕生し、日本では2015年10月にローンチ、 2017年4月には世界で7,000万人を突破した戦略カードゲーム「ハースストーン」に、 4月に新拡張版「妖の森ウィッチウッド」が登場したことを記念し、開発チームによる発表会と、ハースストーンファン同士の交流を目的として開催した。当日は、応募で当選したハースストーンのプレイヤー・ファン138名が参加した。

第1部では、 BLIZZARD ENTERTAINMENT より、 Art Director の Ben Thompson(ベン・トンプソン)、 Associate Final Designer の Stephen Chang(ステファン・チャン)がプレゼンターとして登壇。 Thompson氏は、「妖の森ウィッチウッド」の概要や開発秘話を紹介し、新カードパックによってハースストーンのプレイがますます奥深く、面白くなることを強調した。

BLIZZARD ENTERTAINMENTは、大規模なeスポーツの大会「HCT (Hearthstone Championship Tour)世界選手権」の開催や、プロゲーマーを目指すプレイヤーへのサポート制度の導入などに取り組んでいる。Chang 氏は、日本のハースストーンのプレイヤーについて「このようにお会いできることをうれしく思います。日本の皆さんの反響は、開発チームのメンバーにも共有させていただきます。」と語った。

その後、イベントに参加したファンと開発チームとのエキシビジョンマッチを行い、開発チームの戦略やテクニックに、会場は大いに盛り上がった。

第2部では、イベントに参加したプレイヤー・ファンに、新カードパックを用いてプレイしていただく、ファン交流会(炉端の集い)をおこなった。参加者の方々は熱心にプレイや情報交換をおこない、交流を楽しんでいた。

sub7


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
バーチャルYouTuber富士葵の“New★葵ちゃん”が4月27日にデビュー
江戸東京博物館がリニューアル!記念に「EDO→TOKYO VISION」イベントを開催
西日本最大級のマンガ・アニメのイベント「京都国際マンガ・アニメフェア2018」の開催が決定
みやぞんが作ったダイドーの「ぷるっシュ!! ゼリー×スパークリング」CMソング「Only ぷるぷる」のMVが公開中
JRA×ゲゲゲの鬼太郎 SPコラボコンテンツ「ゲゲゲのケイバ」が登場

The Art of Hearthstone
Robert Brooks
Blizzard Entertainment
2018-12-30





ガンホー「クロノマギア」のクローズドβテスト(CBT)参加者の募集を開始

main

ガンホー・オンライン・エンターテイメントのスマートフォン向け本格対戦型カードゲーム「クロノマギア」において、動作確認およびゲームバランスの把握などを目的としたクローズドβテスト(CBT)を実施することが決定した。これに先駆け、 CBT参加者の募集を、2018年3月19日(月)より開始する。

「クロノマギア」は、手軽に遊べて奥深い戦略が楽しめる本格派対戦型カードゲーム。能力者、 “マギアスキル”、カードを組み合わせでデッキを構築し、日本のみならず、北米をはじめとする海外プレイヤーたちとリアルタイムで対戦を楽しめる。

この度のCBTでは、 Android端末およびiOS端末を持っている人それぞれ2,000名、合計4,000名の参加者を募集する。応募の際は、簡単なアンケートへの回答が必要。なお、応募者多数の際には厳選なる抽選の上、参加者を決定する。

また CBT終了後には、より良いサービス提供のために、プレイした感想など、ゲームに関するアンケートも実施する。

■「クローズドβテスト(CBT)」実施概要
募集期間:2018年3月19日(月)12:00 ~ 2018年3月26日(月)11:59
募集人数:
・Android版:2,000人
・iOS版  :2,000人
CBT実施期間:2018年3月30日(金)12:00 ~ 2018年4月2日(月)11:59 予定
応募方法:
・Android版:応募サイトから、利用可能なGmailアドレスを登録。
・iOS版:応募サイトから、利用可能なメールアドレスを登録。
 ※iOS版は、メールアドレスに規定はないが、 CBTはAppleの「TestFlight」を使用する。
当選発表:当選者にのみ、登録したメールアドレスに連絡。
その他:
・CBT実施期間は予定。
・CBT実施期間中、急遽メンテナンスを行う可能性がある。
・CBT実施期間が変更となる可能性がある。


特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
和製AI「DeepZenGo」最後の対局!「囲碁電王戦FINAL」niconicoで完全生中継
3月16日をもって約60年の歴史に終止符。JR根室本線・羽帯駅の“最後の1日”を現地よりニコ生で生中継
電撃文庫 × niconicoが贈る完全オリジナルゲーム~「エンゲージプリンセス」今夏配信予定
“競馬予測AI”を活用した新プロジェクト「人工知能募金 -あなたの募金を増やします-」が始動
ニコ生で東日本大震災の特集番組を3月9日より実施。「震災発生当時のniconicoコメント再現放送」など7番組を放送


パズドラクロス 龍の章 - 3DS
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
2016-07-28



初音ミクのカード育成型シミュレーションゲームが登場

7849_qgONjtxBmx

クリプトン・フューチャー・メディアは2017年3月28日(火)に、マイネットグループのマイネットエンターテイメントとモブキャスト両社が共同運営する「mobcast プラットフォーム」で、カード育成型シミュレーションゲーム「初音ミク ぐらふぃコレクション」のサービス提供を開始した。

「初音ミク ぐらふぃコレクション」は、様々なクリエイターの協力により実現したCGMソーシャルゲーム。様々なジャンルで活躍するイラストレーターが描き下ろした、「初音ミク」をはじめとするバーチャル・シンガー達のカードを集め、育成し、カードの成長を楽しみながら、カードライブラリの完成を目指すことを目的とするシミュレーションゲーム。

ゲームには1,000枚以上のカードイラストが登場。その中から10枚のカードでデッキを構築し、ソーシャルゲームならではのユーザー同士の対戦が楽しめる。カードにはステータスを強化する様々なスキルがあり、カードの組み合わせ次第で強い相手にも勝てることがこのゲームの特徴だ。

ゲーム内に登場するアバターキャラクターに様々な衣装を着せることで、ステータスをアップすることができる。登場する衣装は100種類以上あり、ゲームの攻略に欠かせない要素となっているとのこと。着せ替えをするとキャラクターの見た目も変わるため、たくさんの衣装を手に入れることも、ゲームを楽しむ要素の1つだ。

■サービス内容
料金:基本プレイ無料
対象:全年齢
ジャンル:カード育成型シミュレーションゲーム
対象プラットフォーム:mobcast プラットフォーム
PC版紹介サイト:http://www.crypton.co.jp/mikucolle/


7849_dYWmTbevxT

7849_xMCpjbxHoc


初音ミク ぐらふぃコレクション

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
定年退職を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ企画「THE LAST TRAIN」を実施
Yahoo! JAPAN、「Yahoo!検索」で“音”を検索できる新機能「♪(おんぷ)検索」を開始
“渋谷らしさ”とソニーのテクノロジー・製品・コンテンツが融合した“Sony Square Shibuya Project”
賞金総額700万円、シャドウバースの国内最強プレイヤーを決めるイベントを開催
音楽ゲームのルーツ「パラッパラッパー」が20年の時を経てPS4に復活!

初音ミク V4X
クリプトン・フューチャー・メディア
2016-08-31




ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ