ITライフハック

ガンプラー

こどもの成長に合わせたセキュリティ対策を【役立つセキュリティ】

Pew Internet & American Life Projectがアメリカの12歳~17歳を対象に行った調査によれば、10代のネットライフが変わってきているようです。

同調査によれば、ケータイで友達とおしゃべりするのを抑えて、ケータイメールがコミュニケーションのインフラになっており、12歳~17歳の75%が既にケータイを持っているそうです。2004年のケータイ所持率が45%だったことを考えると、飛躍的な伸び率です。また、12歳~17歳のおよそ25%が何かしらのSNSに参加しており、このような消費者動向は日本でも報告されています。

■こどもたちのネットライフも大人と同じ
こどもたちのネットライフは、ゲームやメールだけでなく、宿題や映画鑑賞、音楽鑑賞だけでなく、SNSなど、私たち大人と同じように、多岐にわたります。

こどもむけのウェブサイトは、パステルカラーや明るいポップな色やイラストがあふれ、着せ替えをしたり、ゲームをしたり、友達とチャットしたり、見るからに害のなさそうな風貌をしていますが、果たしてそうでしょうか?

■親としてできること
見かけだけではわからない、悪質なフィッシングサイトやマルウェア感染を促すサイトも潜んでいる可能性があります。

エフセキュアが提供している「エフセキュア インタネーット セキュリティ 2010」に搭載している「ペアレンタルコントロール」は、そんな悩みを解決してくれる優れものです。

「ブラウザ保護」機能による、有害サイトのブロックだけでなく、子どもの年齢や環境などの成長過程に合わせて設定をこまめに変更できたり、ネット接続時間を制限することもできるので、オススメです。

■先ずは体験してみたいという方に:

エフセキュア インターネット セキュリティ 2010 無料評価版


エフセキュアブログを読む
エフセキュア公式ページ

本当に役立つセキュリティの記事をもっとみる
ネットの匿名性を過信するな!
バーチャルではすまない?リアルで危険なオンラインゲームの世界
SNSで自分を守る10ヶ条
クレジットカードを安全に利用する心得 その3
クレジットカードを安全に利用する心得 その2

ウイルスセキュリティZERO 3台用 (CD版) 新パッケージ
ソースネクスト (2010-04-02)
売り上げランキング: 58

セキュリティで緊急が5件!マイクロソフト、月例パッチを予告

マイクロソフトは、2010年4月14日に公開を予定しているセキュリティ情報を明らかにした。
公開を予定しているセキュリティ情報は、Microsoft Windows関連が9件、Microsoft Office関連が2件の合計11件。最大深刻度および脆弱性の影響は、緊急が5件、重要が5件、警告が1件としている。

■最大深刻度って、なに?
マイクロソフトは、セキュリティの深刻度を下記の5段階で示している。
緊急 (Critical) この脆弱性が悪用された場合、インターネット ワームがユーザーの操作なしで蔓延する可能性がある。
重要 (Important) この脆弱性が悪用された場合、ユーザーのデータの機密性、完全性またはアベイラビリティが侵害される可能性がある。または、処理中のリソースの完全性またはアベイラビリティが侵害される可能性がある。
警告 (Moderate) この脆弱性が悪用された場合、既定の構成、監査または悪用が困難であることなどの要素により、悪用される可能性は大幅に緩和される。
注意 (Low) この脆弱性の悪用は非常に困難。または影響はわずか。

今回の月例パッチは、緊急が5件、重要が5件、警告が1件なので、かなり深刻な脆弱性が発見されたことがわかる。

マイクロソフト セキュリティ情報の事前通知 - 2010 年 4 月
マイクロソフト

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっとみる
卓上にそよ風を!レトロ調のUSB首振り扇風機
君もニュータイプか!ガンダムとエイリアンがコラボした高性能ノートパソコンが登場
3D映像をブルーレイ高画質で!万能型マルチメディアプレイヤーが登場
デュアルコアCPUを追加!好きなThinkPadを作れるCTOメニュー

ガンブラーの猛威か!Webサイト改ざんが大幅に増加

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2010年4月8日、2010年1月1日から2010年3月31日までの間に受け付けた報告のうちコンピュータセキュリティインシデント(以下、インシデント)に関する業務報告を公表した。

■JavaScript埋め込みのWEB改ざんが2倍超
今回の業務報告では、インシデント「報告の件数」と「インシデントの件数」の用語を使い分けている。「報告の件数」は報告者から寄せられたWebフォーム、メール、FAXによる報告の総通数のうち重複する(同一の事象に関する)ものを除いた数を示し、「インシデント件数」は報告に係るインシデントが関係している対象システムをIPアドレスベースで計上した数を示している。

報告によると、JPCERT/CCが国内外の関連するサイトとの調整を行った件数は1,005件だった。前四半期と比較して約7割増加している。ここでいう「調整」とは、インシデントの拡大防止のため、フィッシングサイトが設置されているサイトや、改ざんによりJavaScriptが埋め込まれているサイト、ウイルス等のマルウエアが設置されたサイト、「scan」のアクセス元等の管理者および関係協力組織に対し、現状の調査と問題解決のための対応を中立的な調整機関の立場から依頼する活動だ。

システムへの不正侵入に関するインシデントは、809件だった。前四半期の372件から大幅に増加した。本四半期の報告のすべてが、Webサイトで公開しているファイルに不審なJavaScriptが埋め込まれる改ざんに関するものだった。これらは、前四半期から続く改ざんと同様の事例となっている。


JPCERT/CCは、国際的な連携の元でインシデント対応の調整を行う日本の窓口組織として、インシデントの認知と解決、インシデントによる被害拡大の抑止に貢献しているとしている。


JPCERT/CC インシデントハンドリング業務報告(PDF形式)
JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■セキュリティ関連の記事をもっとみる
PCが乗っ取られる? PDF攻撃から身を守る8箇条
組織的なサイバー犯罪や、政治目的のハッキング活動に警鐘
WinもMac大規模アップデート 更新を忘れずに
スパイは007だけじゃない 意外と地味な国家・企業のサイバースパイ

ウイルスセキュリティZERO 3台用 (CD版) 新パッケージ
ソースネクスト (2010-04-02)
売り上げランキング: 105

攻撃の主流はガンプラーへ!ネットの脅威を報告

株式会社ラックは2010年3月17日、同社のセキュリティ監視センター「JSOC(Japan Security Operation Center、ジェイソック)」が収集・分析を行った、2009年通期(1月~12月)におけるインターネットの脅威傾向を「JSOC侵入傾向分析レポートVol.14」としてまとめた結果を発表した。

JSOCの調べでは、2009年は年間を通じてWebサイトの改ざんを狙った攻撃が多く発生していた。上半期は、SQLインジェクションなどの外部から直接Webサイトを改ざんする攻撃が多く検知された。下半期は、これらの検知件数が減少し、企業内部のコンピュータが悪性プログラムに感染させられるという攻撃に変化した。

つまり、Windowsアカウントを悪用するConficker(コンフィッカー)やWebサイト管理者のFTPアカウントを窃取するGumblar(ガンブラー)などの悪性プログラムが企業内部ネットワークに蔓延し、インシデントの発生につながった。特に下半期におけるGumblarは、複数企業のWebサイトが改ざんされるなどの被害を引きおこした。

検知件数は減少傾向にあるが、引き続きWebアプリケーションの脆弱性チェックを実施することに加えて、企業内コンピュータの脆弱性管理を徹底する必要がある。特にGumblarの窃取する対象が、FTPアカウント以外にも利用者の個人情報やクレジットカード情報などへ広がることが推測されるため、さらなる警戒が必要である、とレポートの中で述べている。

ラック、「JSOC侵入傾向分析レポートVol.14」で 2009年のインターネット脅威を総括
株式会社ラック

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■セキュリティ関連の記事をもっとみる
ますます巧妙化するSEOポイズニングにご注意を!
Windowsの偽造対策を強化!再生PCライセンスも拡大へ
セキュリティ会社の社員がユーザの質問に動画で答える
寄らば大樹の陰は危険?「人気=安全」はもう古い

ウイルスセキュリティZERO 1台用 2年連続No.1謝恩キャンペーン版
ソースネクスト (2009-05-22)
売り上げランキング: 114

セキュリティ会社の社員がユーザの質問に動画で答える

不正プログラムをはじめとして、ユーザを取り巻くインターネット上の脅威が複雑化するのに従い、それをブロックするセキュリティソフトの機能も複雑化している。このため、多くのユーザにとってセキュリティソフトの仕組みが分かりにくく、その必要性を理解することが難しいというのが現状だ。

また、セキュリティソフトの性能を測る指標として主に使用されてきた不正プログラムの「検知率」も、複雑化する不正プログラムの感染経路や亜種の増加により、性能を測る指標としては不十分となってきた。

セキュリティにあまり詳しくない人の中には、さまざまな不安を持っている人も多いだろう。そうした人に向けて、トレンドマイクロは、セキュリティソフトの性能や現在の脅威をニュース形式で解説するサイト「ウイルスバスターNEWS」を2010年3月12日より公開した。

「ウイルスバスターNEWS」では、セキュリティソフトの性能を測る新しい指標の1つ「防御力」を動画コンテンツで解説するほか、同日から8月末日までの期間、同社製品のユーザか否かに関わらず、セキュリティソフトの性能や現在の脅威に関する疑問・質問を広く受け付け、同社社員がサイトを通じて動画で回答するとしている。

「ウイルスバスターNEWS」
トレンドマイクロ株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■セキュリティ関連の記事をもっとみる
寄らば大樹の陰は危険?「人気=安全」はもう古い
Twitterが狙われている?サイバー犯罪者のフィッシング攻撃【
警察庁、サイバー犯罪の検挙状況を発表
mixiを偽った迷惑メールや偽サイトに注意

ウイルスバスター2010 1年版
トレンドマイクロ (2009-09-04)
売り上げランキング: 18

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ