ITライフハック

キーボード

iPhoneの入力環境を改善!コンパクトに折り畳めるBluetoothキーボードが便利

OWL-BTKB6401シリーズ

株式会社オウルテックはコンパクトに折りたためて持ち運びに便利なBluetoothキーボード「OWL-BTKB6401シリーズ」「OWL-BTKB7801シリーズ」「OWL-BTKB6402-BK」3種を1月下旬より発売する。

■OWL-BTKB6401・OWL-BTKB7801シリーズ
3つ折り式アルミボディ採用Bluetoothキーボード。両側から折り畳めてコンパクトに収納することができる。バッグに入るコンパクトサイズなので持ち運びに便利だ。

ABSとアルミニウム合金により、耐久性に優れている。キータッチには、光沢を抑えたマットな仕上がりで柔らかく静かな打ち心地に仕上がっている。
k01

k02


■OWL-BTKB6402-BK
人間工学に基づいた二つ折りBluetoothキーボード。使いやすさにこだわったエルゴノミクス配列で入力操作をサポートし、厚さ13mmで170gと薄くて軽いので、ポケットやバッグに入れても外出時の負担を軽減する。また、スタンド機能搭載のケース付で、スマートフォンやタブレットの視聴をサポートする。
K03


いずれもキーボードを開くだけで電源がオンになり、使い終わったら折りたたむと、電源がオフになる。手動で電源を切り替える手間もない。また、電源OFFを忘れる可能性が減るため、無駄なバッテリー消費を抑える。 手動で電源を切り替える手間がないわけだ。


株式会社オウルテック

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
置くだけでiPhoneを充電できるバッテリーケース
冷却ファン+モバイルバッテリー+スタンドにもなるグリップ
フォーカルポイント、Apple AirPodsやBluetoothイヤホンに対応したキャリングケースを発売
ソフトバンクの広告新キャラクターにジャスティン・ビーバーを起用
ユピテル「霧島レイ」シリーズに腕時計型ウェアラブル「Lei Watch」が登場






モバイル用キーボード選びの外せないポイントを全て投入したというBluetooth接続二つ折キーボード

22952_caNjVNBqMk

上海問屋は、極薄・超軽量のポケットサイズの二つ折Bluetoothキーボードの販売を開始した。価格は3,999円(税込)。

本製品は、モバイル用キーボードに必要なポイントを全て盛り込んだ、ポケットサイズの二つ折Bluetoothキーボード。わずか13mmで170gと極薄・超軽量のため、ポケットやバッグに入れて持ち運びができる。

18mmのキーピッチに、手の自然なポジショニングでタイピングできるV字設計は、小さいながらも打ちやすさまでこだわったデザイン。スタンドにもなるケースも付いているので、スマホやタブレットを立てて使うことができ、どこでも長文入力が可能だ。使い終わって折り畳むと、自動で電源がOFFになる省電力設計。約2時間の充電で、約40時間(使用環境により異なる)の連続使用が可能だ。

Android、Windows、iOSに対応。切り替えボタン1つで、様々なモバイル用品に使える。

■製品仕様
通信方式・・・・・Bluetooth v3.0
本体サイズ・・・・使用時:縦 330 × 横 130 × 厚み 6mm 折り畳み時:縦 165 ×横 130 ×厚み 13mm
重量・・・・・・・約170g
キーピッチ・・・・18mm
キー配列・・・・・英語配列 (64キー)
キー耐久回数・・・約300万回 (1キー)
充電用インターフェイス・・・・microUSB
充電時間・・・・・約2時間
連続使用時間・・・約40時間 ※使用環境により異なります。
連続待受時間・・・約30日間
対応OS・・・・・・Android4.0以上 / iOS6.0以上 / Windows7、8、8.1、10
動作距離・・・・・約10m
付属品・・・・・・充電用USB⇔microUSBケーブル(約75cm)、専用ケース(スタンド機能付き)、英語マニュアル
製品保証・・・・・購入後 6か月間


22952_cSkZeNtGhn


DN-914246 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
これ1つでお出かけOK。カード収納つきの女性に人気なiPhone7/iPhone7 Plus用スマホケース
あらゆる形になるスマホ・コンデジ・タブレットスタンド
スケルトンのビッグフェイスな腕時計を自作しよう
低中域~高音域まで忠実に再現するハイレゾ対応のカナル型イヤホン
お花で加湿!? 一輪挿し風 USB加湿器







ハイブリット・キースイッチ採用した光るゲーミングキーボードが登場【今週のまとめ】

22952_vKLQPIgrIN

今週1週間、ITライフハックでは、様々な記事を流した。面白い記事としては、ハイブリット・キースイッチ採用した光るゲーミングキーボードを紹介した。2016年9月26日(月)の記事を振り返ってみよう。

iiyama 「Alliance of Valiant Arms」推奨ゲーミングディスプレイが登場
マウスコンピューターは、ゲームオンが運営する大人気オンラインFPS「Alliance of Valiant Arms(以下、AVA)の推奨ゲーミングディスプレイとして144Hzリフレッシュレート対応の24型「ProLite GB2488UHS-2」と27型「ProLite GB2788HS」を発売する。


ハイブリット・キースイッチ採用した光るゲーミングキーボード
上海問屋は、ゲームに役立つ機能を満載したハイブリッド・キースイッチを採用したゲーミングキーボードを販売開始した。価格は3,999円(税込)。本製品は、メンブレン+パンタグラフ構造のハイブリッドなキースイッチを取り入れたゲーミングキーボード。USBとPS/2接続の両方に対応しており、素早いボタン入力が求められるゲームに必須の最大24キー対応のアンチゴースト機能や、3段階に切り替えられるターボ入力など、ゲームのプレイに役立つ機能も充実している上、LEDバックライトも付いたコストパフォーマンスに優れた製品だ。


富山県南砺市でニコニコ町会議を開催。南砺市市長・田中幹夫氏、民謡歌手・林道美有紀さんも登場
ドワンゴは、同社が運営する動画サービス「niconico」のユーザーイベント「ニコニコ町会議全国ツアー2016」を2016年9月18日(日)に富山県南砺市で開催した。イベントでは、ニコニコの様々なジャンルで活躍するユーザーと地元ユーザーとの交流をはじめ、地方ならではの文化や特産品の紹介などを行い、ニコニコ生放送を通じて富山県南砺市の魅力を全国に発信。ニコニコ生放送の視聴者数は17万7千人、会場来場者は5万4千人(「城端むぎや祭」との合算)となった。


自作PCセット「パーツの犬モデル」にVR対応の新モデルが登場
ドスパラは、VRに対応した自作パソコンセットの新モデル「VR-003」を発売した。今回発売する製品は、ドスパラの製品検証ブログ「パーツの犬」にて動作検証を行い、パーツの相性問題が発生しないことを確認した「パーツの犬モデル」シリーズ。


沸き立つような感情を呼び覚ます作品! 藤田 修展「select」を開催へ
歌舞伎座(東京・銀座)の真裏に佇むギャラリー「Art Gallery M84」は2016年10月24日(月)より田保橋淳展「曼陀羅妖華」を開催する。今回の作品展は、Art Gallery M84の第56回目の展示として実施する個展だ。藤田自身が撮影した画像データをリスフイルムに変換し、それを感光性樹脂版に密着露光させ、いくつかの行程を経て凹版に仕上げる。完成した版に銅版画と同じ行程で版にインクを詰め、エッチングプレス機で紙に刷りあげる。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
釣り人に最適。50mまでの水中を撮影できる小型カメラ
マグネット装着型VRゴーグルが登場
LEGOブロックでデコれるUSB接続のゲーミング向け英語キーボード
iPhoneと連携して電話やメールの着信がわかる!100灯のLEDライトで色々遊べるBluetoothスピーカー
液晶ディスプレイの上に小物を乗せられる取付用メディアプレーヤー設置トレイ



ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ