ITライフハック

ギガバイト

最強のグラフィックPCへ!メモリー不足とは言わせないクリエイター待望の「GA-X79-UD5」をチェック



今やWebサイト、イラスト、マンガの制作などにパソコンは欠かせない。クリエイターにとって快適に作業できるパソコン環境は特に重要だが、日頃から使っているパソコンのパフォーマンスに満足できないという人も案外多い。

グラフィックス系のアプリケーションは、大量のメモリーを消費するものが多い。そうしたアプリケーションを一度に複数も起動しての作業となると、メモリー不足でパソコンの動作が遅くなってしまう場合があるからだ。

最強のグラフィックPCへ!メモリー不足とは言わせないクリエイター待望の「GA-X79-UD5」をチェック」で紹介している、常に最新技術を盛り込んだマザーボードを提供するギガバイトが、まさにクリエイターのためのマザーボードというべき「GA-X79-UD5」を発売した。

いったい、どんな技術が盛り込まれているのだろうか。

実機写真とともに、「GA-X79-UD5」の魅力をさぐってみよう。

続きを読む

30分でパソコンを組み立てよう!GIGABYTE「A75N-USB3」で作る簡単自作PC



大画面テレビがリビングにある人の中には、大きな画面でPC内のコンテンツが楽しめるリビングPCが欲しいと思っている人はいないだろうか。その中には、場所をとらない小型のPCを組み立てたい人、年末年始の長い休みを利用してパソコンの組み立てに初挑戦したい人などがいることだろう。リビングPCのようにあらかじめ用途が決まっているPCであれば、必要なスペックのパーツを集めて、パソコンを組み立ててみるのもいいかもしれない。

「パソコンの組み立て」と聞くと難しいと思われがちだ。しかし最近では、PCパーツやケーブルを挿し込むだけで、パソコンを組み立てられる。極端な話、細かいパーツがあるプラモデルよりも簡単にパソコンを組み立てられる時代になってきているのだ。

パソコンの組み立てで、一番重要になるのはマザーボード選びだ。マザーボードは、CPUやメモリー、ハードドライブなどを接続する、パソコンのコアとなる部分だ。
今回は、簡単にパソコンを組み立てたい人にお勧めのマザーボードを紹介しよう。「ギガバイトPC道場」でお馴染みのギガバイト(GIGABYTE)製「A75N-USB3」だ。「A75N-USB3」は、AMD Aシリーズ APUに対応したAMD A75チップセット搭載のmini-ITXマザーボードだ。

本製品は実売価格が9,000円台と低価格であるにも関わらず、USB3.0が4ポート、eSATA、DVI-D、HDMIなど、豊富なインターフェースを備えている。しかも、グラフィックスカードを必要としないので、パソコンを初めて組み立てる人にも最適なマザーボードといえる。

早速、「A75N-USB3」を使ってパソコンを組み立ててみよう。

続きを読む

最新スペックでコスパの高いPCをお探しの方必見!GIGABYTE、X79マザーボード「GA-X79-UD3」を徹底検証



3D POWER、3D BIOSなど最新機能を満載!X79シリーズ・マザーボードをチェック」で紹介したように、ギガバイト(GIGABYTE)は最新の79 シリーズ・マザーボードを発表し、日本市場に対して発売を開始した。

X79シリーズは、LGA2011ソケット、4 チャンネルDDR3メモリーに対応した第2世代Intel Core i7プロセッサー用の最新マザーボードだ。最新プロセッサーに対応したマザーボードであるだけに、自作PCユーザーの中には、X79シリーズでパソコンを組み立てたいと考えている人もいるだろう。

GIGABYTEのX79シリーズ・マザーボードは4製品あるが、その中で廉価版モデルとなる「GA-X79-UD3」は、原稿執筆時で2万2,000円前後と、2万5,000円~3万円が相場のX79搭載モデルとしてはリーズナブルな価格で販売されている。

とはいえ、X79シリーズ対応の製品としては破格の安さなので、性能面が気になる人もいるだろう。

そこで今回は、X79マザーボード「GA-X79-UD3」がどれくらいの可能性を秘めた製品なのかを、写真を交えながら検証してみた。

続きを読む

ワンプッシュでクロックアップ!オーバークロッカーのために設計されたGA-X79-UD7をチェック



パソコンの性能を極限にまで高めることができるオーバークロック(OC)は、パソコン好きには憧れのテクニックである反面、パソコンを壊す危険性もある「禁断の裏技」でもある。

オーバークロックは、リスクを伴うが オーバークロック大会などでチャンピオンになれば有名になれるなど、メリットもあることから、多くのPCユーザーを魅了してきた。

オーバークロックは、ユーザーの技術も必要だが、オーバークロックに強いマザーボード性能も求められる。マザーボードが優秀でなければ、より高い記録をたたきだすことはできないからだ。

ギガバイトPC道場」で紹介しているオーバークロック耐性の高いマザーボードを提供するギガバイトが、まさにオーバークロックのためのマザーボードというべき「GA-X79-UD7」を発売した。

いったい、オーバークロックのためのどんな技術が盛り込まれているのだろうか。

実機写真とともに、「GA-X79-UD7」の魅力をさぐってみよう。

続きを読む

待望のIntel X79チップセットが登場!これがギガバイトの最新ゲーミングマザーボード「G1.Assassin 2」だ



次世代CPU「Sandy Bridge-Eシリーズ」に対応したIntel X79 Express チップセットがついに解禁となった。同チップセットを備えたギガバイト製マザーボードを使えば、ゲーマーやオーバークロッカーに最適なハイエンドPCを簡単に作ることができる。パワーユーザーには、まさに夢のような製品なのだ。

3D POWER、3D BIOSなど最新機能を満載!X79シリーズ・マザーボードをチェック」で紹介したように、「ギガバイトのPC道場」でお馴染みのギガバイトは、早くもIntel X79 Expressチップセット対応のマザーボード製品4製品を投入してきた。

そこで今回は、ゲームユーザーに注目されている「G1.Assassin 2」について、実機写真を交えながら詳しくレポートしよう。

続きを読む

5万円台で17.3型BD内蔵ノートPC!激動の時代とも言えるPC業界【ITフラッシュバック】



日本エイサーが7インチのAndroidタブレットを発売したかと思えば、マウスコンピューターは安くても高性能ノートPCを発表するなど、各社はこぞって様々な製品を投入している。激動の時代とも言えるPC業界の1週間を振り返ってみよう。

続きを読む

3D POWER、3D BIOSなど最新機能を満載!X79シリーズ・マザーボードをチェック



ギガバイトのPC道場」でお馴染みのギガバイトは、常に最新の技術を投入するマザーボードメーカーとして、世界的に定評がある。そんなギガバイト(GIGABYTE)が、2011年11月14日、最新の79 シリーズ・マザーボード4製品を発表した。

続きを読む

日本ギガバイト 呂社長が語るPCとマザーボードの歴史!信頼性の高い製品でPC業界を牽引



インターネット時代の今、仕事やネット通販から、ブログ更新、ネット閲覧などを利用するのに欠かせない道具のひとつがパソコンだ。最近ではスマートフォンでもネット利用ができるようになったが、使い勝手はまだまだパソコンのほうが便利なシーンが多い。

パソコンというと、高速なプロセッサー(CPU)や高性能なグラフィックス・カードに注目が集まりがちだが、それらの性能を最大限に引き出せるか否かは、マザーボード性能に掛かっていると言っても過言ではない。

パソコンの性能を陰で支えるマザーボードだが、その性能を十分に活用してもらうため、マザーボード・メーカーは、ユーザーに向けた情報提供とサポートに努力を続けている。「ギガバイトのPC道場」も大手マザーボード・メーカーのGIGABYTEが情報を提供・協力により最新情報や活用方法をお届けできている。

GIGABYTEは世界的なマザーボード・メーカーであることは多くの人が知っているが、会社としてのギガバイトを知る人はそれほど多くない。そこで今回は、日本ギガバイト 代表取締役社長 呂 正民 氏に、GIGABYTEのマザーボードの歴史を振り返りつつ、今後の展開についてのお話をうかがった。

続きを読む

ギガバイトの独自ユーティリティに注目!次世代マザーボード「GA-Z68XP-UD4/G3」の魅力



パソコンのパーツの中でも、マザーボードは重要なパーツのひとつだ。マザーボードは、様々な部品で構成されているため、部品ひとつひとつの品質が耐久性に大きく影響する。

そうしたマザーボード業界において、いち早く日本製の耐久性に優れたコンデンサーを使用するなど、高品質な製品で定評のあるメーカーが「ギガバイトのPC道場」でお馴染みのGIGABYTEだ。

そんなGIGABYTEは、独自ユーティリティが充実しているメーカーでもあるのをご存じだろうか。

今回はギガバイトから発表されたばかりの「GA-Z68XP-UD4/G3」の情報に加え、独自ユーティリティについても紹介しよう。

続きを読む

省電力アプリケーションや未発表製品を紹介!ユーザーとの交流を深めたGIGABYTEワークショップ



プロセッサやビデオカードとともに、マザーボードはPCパーツの中でもパソコンの性能を決めるのに重要なポイントとなる。パソコンを自分で組み立てる自作PCユーザーは、マザーボード選びに余念がない。そうしたマザーボードを供給しているメーカーのひとつが、「ギガバイトのPC道場」でお馴染みのギガバイトだ。

同社は「パソコンなんて難しくない!ドクター・ラビットで今さら聞けないPC技術をガッチリ学ぼう」でお伝えしたように、ユーザーサービスの面でもユーザーを大切にするメーカーでもある。

そのギガバイトが2011年9月17日、「第3回クラブギガバイトワークショップ」を開催したので、ここで紹介しよう。

続きを読む

パソコンのトラブル回避はマザーボードを選ぶ時点から始まっている!「Ultra Durable 4 Classic」がH61向けに登場



パソコンを自分で組み立てるユーザーにとって、マザーボード選びは重要だ。「ギガバイトPC道場」でも、同じチップセットのマザーボードながら、エントリーモデルからゲーム専用マザーボードまで、様々な種類がある。

各種あるマザーボードのすべてで常に最新技術を盛り込んでいるギガバイトが、最新マザーボード向けの新技術「Ultra Durable 4 Classic」を2011年9月5日に発表した。

Ultra Durable 4 Classicは、Intel H61 Expressチップセット向けに提供される新機能である。機能の特徴は、これまで困難だった、湿気、静電気、突然の電断や稼働時の発熱など、多方面からの要因により発生する不具合からマザーボードを保護するものだ。

自作PCユーザーには、外因による不安定な要素を排除できる興味深い規格と思われるので、ここで詳しく説明しよう。

続きを読む

パソコンなんて難しくない!ドクター・ラビットで今さら聞けないPC技術をガッチリ学ぼう【ギガバイトのPC道場】



ギガバイトのPC道場」でお馴染みのギガバイトは、世界的なマザーボードメーカーだ。常に最新技術を盛り込んだ新製品でユーザーを驚かせてくれているだけでなく、ユーザーサービスの面でもユーザーを大切にするメーカーだ。同社のサイトでは、最新ドライバーだけでなく、テクニカルサポートやFAQなどのテクニカルな情報も得ることができる。

もちろん、こうしたサービスは他社でもサポートしているが、ギガバイトは、それだけにとどまらない点がギガバイトらしい、素晴らしいところだ。オリジナル壁紙のダウンロードやPC DIYガイドブック、ビデオ、テクノロジーガイドなど、ユーザーにとっては、様々な役立つ情報が提供されているのだ。

今回は、硬派なギガバイトが提供しているユーザー向け情報の中でも、珍しい見て楽しい、思わず笑みがこぼれる、Flashデモ「ドクター・ラビット」を紹介しよう。

続きを読む

指先のタッチでオーバークロックもできる!「Touch BIOS」をGIGABYTE Z68XP-UD3Rで体感してみた



この夏、自分でパソコンを組み立てたいと考えている人の中には、どこのメーカーのマザーボードを購入するのかを検討している人もいるだろう。マザーボードは、PCパーツの中で個性を出せるだけでなく、そのパソコンの性能や使い勝手にまで影響してくるからだ。

そうしたマザーボードを提供している世界的なメーカーであるGIGABYTEは、これまで数々のマザーボードを発表してきたが、最近、ユニークな技術を盛り込んだマザーボードを発表しているのをご存じだろうか。

そのユニークな新技術というのは、「GIGABYTE Touch BIOS(以下、Touch BIOS)」だ。

「Touch BIOS」というのは、いったいどういうものなのか。早速、見てみることにしよう。

続きを読む

待ちに待ったIntel Z68チップセット版!ギガバイト製ゲーミングマザーボード「G1.Sniper2」が解禁へ



パソコンを自分で組み立てるユーザーの中には、ネットワークを使った対戦ゲームが好きな人(ゲーマー)もいるだろう。PCの対戦ゲームは、家庭用ゲーム機では味わえないリアリティあふれる世界を体感することができる。対戦ゲームともなれば、コンマ1秒が勝敗を分けると言っても過言ではないのだ。

過酷な環境だからこそ、ゲーマーはひとつひとつのPCパーツを吟味して少しでも対戦相手よりも有利にゲームを展開できるパソコンを組み上げるのが勝利の秘訣だ。そうしたゲームPCで重要なPCパーツがマザーボードだ。

高速なプロセッサーや、高性能なビデオカードを揃えても、それらのパフォーマンスを引き出せるマザーボードでなければ、ゲームの世界で生き残れない。ゲームPCのパフォーマンスはマザーボードで決まると言っても過言ではないのだ。

そうしたゲーマー向けにゲーミングマザーボードを提供しているGIGABYTEは2011年8月5日、最新モデル「G1.Sniper 2」を日本市場向けに発表したので、詳細な情報をお届けしよう。

続きを読む

ハードディスクをカンタンに高速化! 小型SSD搭載マザーボードを試す



「COMPUTEX TAIPEI 2011」のGIGABYTEブースで注目を集めていたmSATA搭載Z68マザーボード「GA-Z68XP-UD3-iSSD」が日本国内でも発売された。

このマザーの最大の魅力は、mSATAコネクターに対応した小型SSDをオンボードしている点だ。これを使えば、SSDキャッシュを利用することによって、既存のハードディスクでもSSD並みに高速化できる「インテルSmart Response Technology」の構築も手間いらずだ。

「インテルSmart Response Technology」は、SSDをキャッシュとして用いることによって、ハードディスク(HDD)の性能を高速化することのできる便利な機能だ。これにより、SSD並みの高速性を安価で大容量なHDDで享受することができるのである。

まさに夢のような技術だが、ひとつだけ問題がある。

この、SSDキャッシュを利用するには、BIOSとOSの両方で設定を行う必要があるため、すでにOSをインストール済みのパソコンの場合、OSを再インストールしなければ、「インテルSmart Response Technology」を使えないというところだ。OSの再インストールは、アプリケーションも再設定し直さなければならないので、手間もかなり掛かる。

このやっかいな問題をあっさり解決してくれるのが、GIGABYTEのEZ SRユーティリティだ。このユーティリティは、今回紹介するmSATA SSD搭載マザーボード以外にも、GIGABYTEのZ68チップセット搭載の全てのマザーボードに対応する。この独自ユーティリティを実行するだけで、「インテルSmart Response Technology」を有効にできるというのだ。

そんな都合のよいことが本当にできるのだろうか?
自作PCユーザーの中には、にわかには信じがたい人もいると思うので、早速、テストしてみた。

続きを読む

高性能グラフィックスは本当か!内蔵グラフィックスだけでもゲームPCが作れる「A75シリーズ」の実力をさぐる



グラボ時代の終焉か?AMD最新APUに対応したGIGABYTE 「A75シリーズ」』でお伝えしたように、GIGABYTE 「A75シリーズ」は、AMD A75チップセットを搭載したマザーボードとして、4製品が2011年6月27日に発売された。

最大の特長は、最新プロセッサー「AMD Aシリーズ APU」をサポートした点であり、同プロセッサーは外付けのグラフィックスカードと同様の3Dゲームやマルチメディアを体験できるDirectX 11対応の高性能グラフィックスを搭載した初のプロセッサーとなっている。

GIGABYTE「A75シリーズ」と「AMD Aシリーズ APU」を組み合わせることで、ゲームPCのシステム構築が非常に安価に実現できるわけだが、実際のパフォーマンスが如何ほどであるのかが気になる人もいるだろう。

そこで今回は「A75シリーズ」の、ベンチマークを測定し、その実力を検証してみた。

続きを読む

グラボ時代の終焉か?AMD最新APUに対応したGIGABYTE 「A75シリーズ」



「自作PC」の良さは、PCパーツを組み合わせて自分だけの高性能なオリジナルPCを作れる点にある。そんな自作PCの性能を左右するのがプロセッサ(CPU)だが、選択肢はIntel系とAMD系の2つとなる。

現在、IntelはSandyBridgeと呼ばれる第2世代 Core i プロセッサを市場に投入しており、各社からもSandyBridgeに対応したマザーボードが発売された。

一方、Intelに押され気味のAMDだが、新プロセッサ「AMD Aシリーズ APU」が明日から発売となる。AMDを愛するユーザーにとっては、新プロセッサ「AMD Aシリーズ APU」の発売は、さぞかし待ち望んでいたことだろう。

こうした状況の中、どこよりも早く最新技術を盛り込んだマザーボードを投入しているGIGABYTEでは、-業界をリードする最新技術を満載!GIGABYTE マザーボードの責任者が新製品の魅力を語る- の中でも触れたが、AMD A75チップセットを搭載したマザーボード4製品を2011年6月27日より順次発売を開始した。

AMDユーザー待望の「AMD Aシリーズ APU」対応マザーボードがついにお目見えしたというわけだ。そこで今回は、GIGABYTEから得た情報をもとに、AMD A75チップセット対応マザーボードの特長を紹介しよう。

続きを読む

業界をリードする最新技術を満載!GIGABYTE マザーボードの責任者が新製品の魅力を語る



パソコンを自作するユーザーにとって、CPUやビデオカードとともに重要なPCパーツがマザーボードだ。いくら高性能なCPUを用意したとしても、その性能を遺憾なく引き出せるマザーボードでなければ、CPU本来のパフォーマンスを発揮することができない。

自作、メーカー製を問わず、デスクトップPCの世界では、まさにマザーボードの善し悪しがパソコンの性能を左右すると言っても過言ではないのだ。それほど重要なマザーボードを提供するメーカーのひとつが「ギガバイトのPC道場」でも紹介している大手マザーボードメーカーであるGIGABYTEだ。

同社は常に最新技術を盛り込んだマザーボードを提供しており、つい最近もAMD A75チップセットを搭載したマザーボード を、AMDの解禁日に合わせて発売したばかりだ。

マザーボードは、どのようなタイミングで開発・提供しているのだろうか。またGIGABYTEのマザーボードには、一貫した特徴があるのだろうか。

アジア地域においてマザーボードとセールス&マーケティング部門を統括する、GIGABYTE マザーボード事業部 セールス及びマーケティング部門 アソシエイト バイスプレジデント ビンセント・リュウ(Vincent Liu)氏にお話をうかがうことができた。

続きを読む

未解禁のマザボもチラ見せ!ユーザー同士が交流を深めた、GIGABYTEワークショップ



ギガバイトPC道場」でお馴染みのGIGABYTEは、常に革新的なマザーボードを提供している世界的なマザーボードメーカーだが、ユーザーとの交流も大事にしているメーカーでもある。

同社は最新のマザーボードについて知ってもらうだけなく、ユーザー同士が交流できる場として、「GIGABYTEワークショップ」も開催している。

そんな「GIGABYTEワークショップ」の第2回が、2011年6月11日(土)に開催された。今回のテーマは、「コンピューテックス台北レポート」だ。台北で開催された「COMPUTEX TAIPEI 2011」のGIGABYTEブースで発表された、発売前を控えた話題の新製品も実際に見る機会があった。
特に『未解禁のマザーボード』が紹介されるなど、来場者にはうれしいサプライズ満載だ。

続きを読む

未解禁のマザーボードを初披露!「COMPUTEX TAIPEI 2011」GIGABYTEブースレポート



2011年5月31日から6月4日までの5日間、台湾 台北市において、アジア最大級のコンピューター見本市の視察ツアー「COMPUTEX TAIPEI 2011」が開催された。

「COMPUTEX TAIPEI 2011」では、毎年、ディスプレイ、デジタル製品、PC周辺機器、アクセサリー、ソフトウェア、IT関連製品など、各メーカーの様々な新製品が出展されており、パソコンを自分で組み立てる(自作PC)ユーザーには注目のイベントとなっている。

ギガバイトのPC道場」でも紹介している大手マザーボードメーカーであるGIGABYTEでは、AMD900マザーボードをはじめ、注目のmSATA搭載マザーボード、そして未解禁のマザーボードまで展示されていたので、ここで紹介しよう。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ