ITライフハック

ギフト

もうすぐバレンタイン!義理チョコの面倒くささの正体は?~LINEギフト調査で判明~

【LINEギフト】義理チョコ_02

LINEは、2月14日に「バレンタインデー」が間近に控えていることを受け、同社が運営するソーシャルギフトサービス「LINEギフト」における義理チョコに関する意識調査を公表した。

調査結果によると「今年、職場で“義理チョコ”を渡す予定ですか?」の女性向けの質問には「渡す」派が32%、「渡さない」派は42%で、3?4割がバレンタインの義理チョコを想定していることがわかった。また、「“義理チョコ”で面倒だと思うことは?」という質問においては、具体的な意見として「買い出しや商品選びの手間」が25%、「渡すところを周囲に見られること」が11%、「集金などの手間とわずらわしさ」が10%というように、義理チョコのために時間や手間などの労力をかける必要があること、そして職場だけに不特定多数の目を気にしなければならないことが、義理チョコの面倒くささである結果が明らかになった。

しかし、男性側へのアンケート結果からは、「普段疎遠な相手からLINE経由で義理チョコをもらったら?」という質問に、「うれしい」と答えた男性が68%、そのうち46%が「相手のことが気になり始める」という結果となったという。

【LINEギフト】アンケート

【LINEギフト】義理チョコ_01


バレンタイン特集ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「TopEye 全国高校生写真サミット2018」の受賞校が決定。グランプリは、香川県立坂出商業高等学校!
あの「桔梗信玄餅」の桔梗屋が監修した、ガリガリ君の新商品が今年も復活
今年の恵方「およそ南南東」はどっち?恵方巻きを食べる方角を調べるアプリ「恵方マピオン」
Amazon、RPG「アトリエ」シリーズの20周年を記念し、シリーズ楽曲のストリーミング先行独占配信を開始
ひと足先に体験!音響空間に泊まれる!椿山荘から専用リスニングルームのステイプランが登場!






一杯の「ありがとう」を届けよう!AGF、春のサンタ・しゃべるギフトを開始



都心ではもう散り始めているが先週末くらいに花見を楽しんだという人は多いのではないだろうか。また4月は、新入学や就職といった新生活を始める季節でもある。新しく何かを始めた人たちに向けて、味の素ゼネラルフーヅ株式会社(以下、AGF)が面白いキャンペーンを開始した。

AGFは、同社のギフトブランドである「AGF GIFT」において、「春のサンタに、なろう。一杯の「ありがとう」を、とどけよう。」キャンペーンを2014年4月7日(月)より開始した。本キャンペーンは、この春限定である。

南半球を除き、サンタといえば冬と相場が決まっているが春にサンタとは、どういったキャンペーンなのか気になる人もいると思うので説明しよう。

続きを読む

結婚祝いに何あげる? みんなの悩みの種「ブライダルギフト」の実態が明らかに



最近では、6月の花嫁ことジューンブライドだけでなく、10~11月のオータムシーズンも結婚式シーズンとしてすっかり定着した感がある。「あの人に先を越された!」「え? ついこの間、付き合いだしたとか言ってなかったっけ?」などという感じで、友人・知人の結婚の知らせが舞い込んでくるのもこの季節だ。

そうした結婚シーズンの悩みの種は、結婚祝いことブライダルギフトだろう。新たな生活の門出を祝って何を贈ればいいのだろう? そんな悩みを抱えている人にオススメの情報があるので紹介しよう。

シヤチハタ株式会社は、20~30代の女性計500名(結婚に関心がある未婚女性ならびに結婚1年以内の既婚女性)を対象にインターネットによる「ブライダルギフトに関する意識調査」を実施し、その結果を発表した(実施月は2013年8月)。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ