ITライフハック

クリエイター奨励プログラム

「クリエイター奨励プログラム」がニコニコ生放送に対応。生放送の人気度に応じてユーザーが収益化可能に

01

ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」において、クリエイターの創作活動やコラボレーションを支援する制度「クリエイター奨励プログラム」が、2017年10月1日(日)からニコニコ生放送内の「ユーザー生放送」に対応すると発表した。

niconicoでは2011年12月13日より、クリエイターの創作活動とコラボレーションおよび二次創作文化の推進を支援する取り組みとして「クリエイター奨励プログラム」を実施している。同プログラムに作品を登録したユーザーには、その作品の人気度などに応じて奨励金が支払われる。

これまで、ユーザーがニコニコ生放送を実施することで受け取れる奨励金は、自身の生放送にコンテンツツリーで紐づけられた子作品からの「子ども手当」のみだった。今回、「クリエイター奨励プログラム」に自身が実施した生放送を登録できるようになることで、ユーザーが生放送自体の人気度に応じた奨励金を受け取ることができるようになる。

■奨励金の種類/算出方法
・作品奨励金:その作品自体の人気度に応じて算出される奨励金
・子ども手当:その作品に影響を受けた子作品の人気度に応じて算出される奨励金
(子ども手当はコンテンツツリーを元に算出、子作品自体がクリエイター奨励
プログラムに登録していなくても支払われる)


クリエイター奨励プログラム

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
福岡県久留米市でニコニコ町会議を開催。和田ラジヲ、おほしんたろう、田中光、原田ちあきが参戦
初音ミク生誕10周年でニコニコ本社とコラボレーション「初音ミク10th Anniversary×nicocafe」を開催
「リアルダービースタリオン」即戦力となる2歳馬の名前が正式決定
長崎・五島列島沖に沈む旧日本海軍・潜水艦「伊58」特定プロジェクトをニコ生で独占生中継
「AKB48グループ じゃんけん大会2017」予備戦の模様を独占生中継


『歌ってみた』で歌い手デビュー! (シンコー・ミュージックMOOK)
シンコーミュージック・エンタテイメント
2012-03-22



「クリエイター奨励プログラム」の登録が30万超を達成、支払総額は何と13億6927万4737円

株式会社ドワンゴ及び株式会社ニワンゴは、両社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」において、クリエイターの創作活動やコラボレーションを支援する制度「クリエイター奨励プログラム」の2014年度の登録作品数、支払額などの数値が確定し、その内容を公開した。

支払金額も1,000万円以上という人が17名と急増。先日紹介したニコニコチャンネルの有料登録会員数の増加も含め「ニコニコだけで食える」人たちが増加してきたことを示す。niconico全体が一攫千金も夢じゃない魅力的なプラットフォームに成長してきたと言っていいだろう。

続きを読む

食えないクリエイター卒業! 「クリエイター奨励プログラム」にニコニコ静画全面対応



株式会社ドワンゴ及び株式会社ニワンゴは、両社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」において、クリエイターの創作活動やコラボレーションを支援する制度「クリエイター奨励プログラム」が、2月19日(火)よりニコニコ静画に全面対応したことを発表した。また、2013年4月には複数アカウントへ奨励金の分配が可能になる。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ