ITライフハック

クリスマス

毎日を頑張るお父さんたちへ。クリスマスに灯り(笑顔)を点ける感動サプライズムービーを公開

_DearWorkingSANTA_main_B

ニトリは、「毎日を頑張る日本のサンタクロースたちへ」をテーマに、単身赴任の父親にクリスマスが結ぶ家族の絆を描いた動画「Dear Working SANTA」を2017年11月1日(水)より、公式YouTubeチャンネルにて公開した。

■クリスマスを一人で過ごす単身赴任のお父さんへのサプライズプレゼントとは?
本動画はクリスマスに家族に会えない単身赴任の父親に、母子がサプライズプレゼントを贈る物語。舞台は、仕事帰りの大人たちが乗る列車内。駅のホームで寒そうに最終電車を待つサラリーマンやOLの目の前に一台の特別列車が到着し、乗車すると車内がクリスマスグッズで飾り付けられ、まるでクリスマスパーティーのような空間が広がっている。不思議そうに車内を見渡す大人たちも、クリスマスグッズに触れたり、グリーンのサンタからプレゼントを貰う中で、次第に笑顔を見せていく。このサプライズは一体誰が、何のために仕掛けたのか、ムービーを観ていく内に明らかとなる。

現在、共働きや単身赴任世帯の増加によって家族のかたちが変化している。その中で、クリスマスを一緒に祝う家庭も減少している。

本動画には、クリスマスの準備を通して幸せな家族の時間を過ごして欲しいというニトリの想いが込められている。毎日遅くまで働き、家族との時間が十分にとれていない父親・母親が、今年は家族でクリスマスを過ごしたいと思えるような、心温まる感動サプライズムービーとなっている。

ムービーの最後には、クリスマスを通じて家族の愛が深まる感動のラストシーンが待っている。忙しい日常生活の中でも自分自身の大切な家族を思い出し、家族愛を思い出すことができる物語だ。

■ニトリ新動画(155秒ver.)『Dear Working SANTA』ストーリー詳細
単身赴任中の父親が、今年のクリスマスは仕事が忙しく家族の元に戻れないと電話で報告し、残念そうな顔をする母子。場面は変わり、父親は仕事帰りの寒い中、帰りの電車を待っていた。

Capture_1027173231

Capture_1027173251


「Dear Working SANTA」というタイトルが表示された後に列車が到着する。列車の中に入ると、車内はクリスマスグッズで飾られていた。乗客は不思議そうな顔をしながらも、クリスマスグッズに触れることで笑顔を見せ始める。

Capture_1027173416

Capture_1027173426

Capture_1027173444


隣の車両からグリーン色のサンタが登場し、乗客1人ひとりにプレゼントを渡していく。
最後にサンタが父親の前で立ち止まり、合図をした瞬間に車内が真っ暗になる。

Capture_1027173601

Capture_1027173820


突然スクリーンが現れ、妻と子どもたちからサプライズのビデオメッセージが映し出される。

「パパ、お仕事毎日お疲れさま。頑張っているパパへのプレゼントです。」というメッセージの後、父親の家族が用意したプレゼントをサンタが代わりに手渡す。

Capture_1027173856

Capture_1027174131


嬉しそうな父親の表情と共に「毎日を頑張る日本のサンタクロースたちへ」というメッセージが映し出される。父親が単身赴任先の家に帰宅し、サンタから貰ったプレゼントを眺めていると、インターフォンが鳴る。父親が立ち上がったと同時に「Happy Christmas!」のテロップでエンディング。そしてさらなるサプライズが……。

Capture_1027174145

Capture_1027174206




■ニトリのクリスマス商品情報
ニトリのクリスマスグッズは色、デザイン、スタイルいろいろ。子供と一緒のクリスマス、お友達とのホームパーティなど、シーンやお好みに合わせて選べるのが特徴だ。おしゃれに飾ってクリスマスを楽しむことができる。しかも、ニトリだけあって、もちろんお値段以上のクオリティ。

・輝くゴールドにターコイズブルーをアクセントにした、大人っぽいスタイル
⑦


・オールドアメリカンを感じさせる、レッド×チェック柄の伝統的なスタイル
④


・ホワイトの小物が雪降る森を連想させる、動物や自然をモチーフにしたナチュラルなスタイル
③


・きらきら輝くピンクのオーナメントに女心がときめくラブリーなスタイル
②


・ブロンズにブラックとブラウンを組み合わせた、都会的でモダンなスタイル
⑤


・ホワイト×グレーの優しい色合いが心地よい、北欧風のカジュアルなスタイル
⑥


・にぎやかに過ごすクリスマスにおすすめの、カラフルで楽しいポップなスタイル
⑧


・定番のレッド×グリーンのクリスマスカラーを使った、ベーシックなスタイル
⑨


単身赴任のお父さん方。今年は頑張って帰宅し、お好みのクリスマスグッズで、家族みんなで楽しいクリスマスを過ごせるといいですね。

ニトリ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
NVIDIA、「PUBG」から近日登場予定の「砂漠マップ」の未公開スクリーンショットを公開
映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」×「駅メモ!」タイアップキャンペーンを実施
「LINE レンジャー」でコラボ中の「ロックマン」の限定LINEスタンプをプレゼント
鳥取砂丘を舞台に日本ではめずらしいポケモンが出現「Pokemon GO Safari Zone in 鳥取砂丘」開催
「Shadowverse」の大会「RAGE Shadowverse World Grand Prix JCG予選大会」を開催





ブラックフライデーは定着する?マクロミル調べ

d6bb258e8c396a6ca39c67cd984d2bfb_s

クリスマス商戦の始まりとして、アメリカ人には「お祭り」のようなビッグイベントとして定着しているブラックフライデー。 近年日本でもブラックフライデーを導入する企業が増えているようだが、日本人にもお祭りイベントとして定着していくのだろうか。

■「ブラックフライデー」、言葉の認知率は84%、内容の認知率は31%。

ブラックフライデーを知っているかたずねたところ、 84%が「知っている」と回答した。知っている人の内訳は、「内容まで知っている」31%、「聞いたことがある」52%で、およそ3人に1人がブラックフライデーの内容を理解していることが分かった。

sub4

<図:『ブラックフライデー』の認知(ベース:全体/n=1,000)>

■知らない人には、ネガティブなイメージ。“ブラック企業”“ブラックリスト”などを想起?

sブラックフライデーに対するイメージは“ポジティブ”と“ネガティブ”のどちらに近いかを4段階評価で尋ね、ブラックフライデーの認知度合い別に比較した。ブラックフライデーを内容まで知っている人のうち、88%がポジティブなイメージ(ポジティブ46%+ややポジティブ42%)を持っていたが、知らない人ではわずか13%(ポジティブ4%+ややポジティブ9%)だった。

ブラックフライデーを知らない人に、「ブラックフライデー」と聞いて具体的にどのようなイメージを持っているのかを自由回答でたずねると、「悪い、暗い、不吉なことが起きそう」「金曜なのに残業」「週刊誌ネタ」となった(回答が多かった順に抜粋)。ブラックフライデーは、小売店が大きく黒字になることからこのように呼ばれていますが、ブラックフライデーを知らない人は、ネガティブなイメージを持っているようだ。背景には、ブラックという言葉が、 “ブラック企業” “ブラックリスト” など、ネガティブな話題で使われることが多いことも要因になっているのではないだろうか。

sub5

<図:『ブラックフライデー』のイメージ比較(認知の度合い別)(ベース:全体/n=1,000)>

■ブラックフライデーの消費実態。 セールで買い物をした?「YES」9%、「NO」91%。


今年、ブラックフライデーにちなんだセール等で買い物をした人はどのくらいいたのだろうか。ブラックフライデーを知らない人にも、その内容を説明した上で回答してもらった。すると、ブラックフライデーにちなんだセール等で今年買い物をした人は9%という結果になり、クリスマスやハロウィン、バレンタインのように、多くの人が買い物を楽しむようなイベントには、まだほど遠いようだ。

main

<図:『ブラックフライデー』にちなんだ買い物をしたか(ベース:全体/n=1,000)>

■日本での定着予想、「する」と「しない」が拮抗

最後に、ずばり“日本に定着すると思うか”をたずねると、「定着する」は52%、「定着しない」は48%で、差はあまりない(前の設問と同様に、ブラックフライデーを知らない人も内容を知った上で回答)。
それぞれの理由を自由回答でたずねると、「定着する」と思う人は、「お得だから、セールで安いから」、「お祭り・イベント好きだから」、「アメリカで流行ったものは日本でも流行るから」「ハロウィンやクリスマスも定着したから」など。一方、「定着しない」と思う人は、「ブラック(ネーミング)のイメージが悪いから」「まだあまり知られていないから」「一時的な流行りだと思うから」「ボーナス前だから」などが目立った(回答が多かった順に抜粋)。

sub3

<図:『ブラックフライデー』は今後、日本にも定着すると思うか(ベース:全体/n=1,000)>

調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
タブレットが取り付けられるスマホ天体望遠鏡に地上・天体兼用モデルが新登場
「人喰いの大鷲トリコ」、世界的陶芸家リサ・ラーソンとのコラボレーションも実現
AR・GPS・QRコードを活用してアニメの聖地巡礼を楽しむ。ふるさと納税「ガールズ&パンツァーうぉーく!」
ミニミニ、お部屋探しのための内見がバーチャルでできる「miniminiVRスコープ」を店頭で配布
「LINE レンジャー」×「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」のコラボを実施






東山奈央、加藤英美里ら声優陣が出演する「グランブルーファンタジー」聖夜のニコ生公開生放送が決定

加藤英美里

ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、ソーシャルゲーム「グランブルーファンタジー」の公開生放送を2016年12月25日(日)に放送する。

本番組は“グラブル”のキャラクターボイスを担当する声優・東山奈央さん、加藤英美里さんらが出演し、クリスマスにふさわしい豪華企画やゲームの最新情報を2時間にわたりお届けする特別公開生放送。さらにゲーム内で使用できるアイテムなどのクリスマスプレゼントを差しあげる企画のほか、本番組だけの特別ゲストも参加する予定だ。

■番組概要
タイトル :ぐらぶるちゃんねるっ!クリスマス生放送 シェロサンタとトナカイルリアからの贈り物編
放送日時 :12月25日(日)20:30~22:30(予定)
視聴URL : http://live.nicovideo.jp/watch/lv283660816
出演者  :東山奈央 / 加藤英美里 / 特別ゲストほか


東山奈央


グランブルーファンタジー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
「響け!ユーフォニアム2」全国大会出場決定の記念特番をニコ生で実施
ビジュアル系バンドが秘蔵写真を初公開!忘年会特番をニコ生独占でお届け
元乃木坂46・永島聖羅の「ほろ酔い姿」をニコ生で初公開
ニコ生がピクサー・スタジオに潜入生放送!「ファインディング・ドリー」の監督も出演予定
「日本アニメ(ーター)見本市」EXTRA 「機動警察パトレイバー」最新作をウェブ配信開始







楽天リサーチ、「クリスマスに関する調査」結果を発表。20代~30代男性の3割以上が「1人で過ごす」

d5a01529138ad75288224574e280988a_s

楽天リサーチは、「クリスマスに関する調査」をインターネットで実施した。今回の調査は、 2016年11月11日(金)から12日(土)の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に実施された。

■20代、30代男性の3割以上が今年のクリスマスを「1人で過ごす」予定。20代の約4人に1人が「1人で過ごす」と回答
今年のクリスマスの予定で、誰と過ごすかを聞いたところ、全体の6割以上(65.3%)が「パートナー(配偶者・恋人など)」と過ごす予定であり、続いて「子ども(36.5%)」という結果となった。一方、「1人で過ごす」という回答について見ると、 20.4%となっており、性年代別でみたところでは、 20代男性(33.3%)、 30代男性(32.1%)とともに、 3割以上が「1人で過ごす」予定である一方、 20代女性だと約2割(18.3%)、 30代女性になると約1割(9.5%)と、同世代でも男女で差が見られた。男女合計で見ると20代の約4人に1人(25.8%)が「1人で過ごす」と答え、他の年代に比べて最も1人でクリスマスを過ごす予定の割合が高いことが分かった。

■今年のクリスマス、休日にも関わらず「いつもと変わらずに過ごす」がトップに
平日だった昨年のクリスマスの過ごし方と休日である今年のクリスマスの過ごし方の予定を聞いたところ、その結果にはあまり大きな差はなく、どちらも「いつもと変わらずに過ごす」という項目が最も高い結果となった(昨年:45.6%、今年の予定:46.3%)。また、昨年と同様、 20代は他の年代と比べ、「レストランなどでの外食」、「ショッピング」、「イルミネーションを見に行く」という項目が高く、外出する予定が多い結果となった。

■女性のもらいたいプレゼント価格平均は 14,795 円、あげたいプレゼント価格平均は 10,815 円で差額は約 4,000 円
パートナー(配偶者や恋人など)にもらいたいプレゼントの価格と、あげたいプレゼントの価格について聞いたところ、女性のもらいたいプレゼントの価格平均は14,795円で、あげたいプレゼント価格平均の10,815円を上回り、その差額は約4,000円になった。一方で、男性はもらいたいプレゼント価格平均11,866円に対して、あげたいプレゼント価格平均のほうが1,582円上回り、 13,448円となった。

女性は全年代で、もらいたいプレゼント価格平均の方が上回り、特に30代(差額5,565円)と50代(差額6,760円)でその差が大きかった。 30代女性はもらいたい(21,319円)・あげたい(15,754円)プレゼント価格平均の両方が他の女性の年代と比べて最も高い結果となった。一方、男性は60代以外はあげたいプレゼント価格平均のほうが上回り、特に20代(差額3,743円)と50代(差額4,562円)でその差が大きかった。

男性だと、もらいたいプレゼント価格平均は最も低い50代以外の年代ではあまり差はなかったが、あげたいプレゼント価格平均は30代(14,901円)と40代(14,386円)を超えて20代(15,788円)が最も高い結果となった。

■クリスマスに食べたいものは「チキン」。飲みたいものは「シャンパン」
最後にクリスマスに食べたいものと飲みたいものを聞いたところ、食べ物では「チキン(フライドチキン、ローストチキンなど)(53.0%)」がトップとなり、「クリスマスケーキ(52.8%)」、「ビーフ(ローストビーフ、ステーキなど)(26.6%)」がそれに続いた。飲み物では、「シャンパン(39.9%)」が最も高く、それ以降の「ワイン(赤)(19.7%)」、「ビール(発泡酒・第3のビール含む)(18.9%)」、「ワイン(白)(17.5%)」と大きく差が開く結果となった。


調査レポート

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
今年も「おみくじのフチ子 パステル」を発売
「SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス」のWeb動画「はたらくモビルスーツ」篇公開
新宿南口高架下「にサナギ 新宿」がオープン
「LINE GAME」4周年を記念して総勢24タイトルによるビンゴイベント開催半数以上の妻が今の夫と離婚したい!? コミックシーモア調べ







au STAR会員を新感覚リアル脱出ゲームへご招待

『SANTA & SIX GIFT BOXES』会場イメージ

KDDIは、AndroidスマートフォンとGoogleサービスを使って謎を解く新感覚リアル脱出ゲーム「au STAR presents “SANTA & SIX GIFT BOXES”(サンタクロースと6つのプレゼント)(以下、SANTA & SIX GIFT BOXES)」を、2016年12月22日~12月25日の期間限定で六本木ヒルズにて開催し、「au STAR」会員1,600名を無料で招待する。

「SANTA & SIX GIFT BOXES」は、参加者がトナカイに扮し、サンタからプレゼントされた謎をGoogle検索やGmail やGoogle マップ、Google カレンダーなどの便利な各種Googleサービスを駆使して解く新感覚リアル脱出ゲーム。ストーリー体験型のイベントを通じて、スマートフォンを使う楽しさや、生活を豊かにする便利機能を体感できる。

なお、リアル脱出ゲームの企画構成はSCRAPが担当。また、ゲーム内で使用する Android スマートフォン・タブレットは、Xperiaの最新機種をソニーモバイルコミュニケーションズが提供している。

■名称:「au STAR presents “SANTA & SIX GIFT BOXES” (サンタクロースと6つのプレゼント)」
開催日時:
2016年12月22日(木)①11:00~②13:00~③15:00~④17:00~⑤19:00~
2016年12月23日(金)①11:00~②13:00~③15:00~④17:00~⑤19:00~
2016年12月24日(土)①11:00~②13:00~③15:00~④17:00~⑤19:00~
2016年12月25日(日)①11:00~②13:00~③15:00~④17:00~⑤19:00~
プレイ形式:回遊型。1チーム4人。各回80名/20組程度が同時に参加します。
参加人数:各回80名。合計1,600名を想定。
参加料金:無料
会場:六本木ヒルズ ヒルサイド2F ヒルズカフェスペース (東京都港区六本木6-10-1)
応募条件:
下記条件を全て満たすauのユーザー
(1)応募時及び、イベント当日にauのAndroid スマートフォンを契約している方
(2) 応募時及び、イベント当日にau STAR にご登録している方
(3)契約者様の年齢が18歳以上
応募方法:特設サイトより、1名、2名、もしくは4名で応募。
応募期間:2016年11月21日(月)~11月28日(月)まで
参加した人には、当イベントの限定アイテムである「オリジナルマグカップ」をプレゼント。


「SANTA & SIX GIFT BOXES」特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む

フォーカルポイント、iPhone 7とiPhone 7 Plusにそれぞれ対応したメタルバンパーを発売

マウスコンピューター、GeForce GTX 1050を搭載したゲーミングパソコンを販売開始
Synologyが同社製品向けのユーザーイベント「Synology 2017」を開催
知らない人は損している!何でもできる魔法の箱「QNAP」活用術第五回「HDDの増設」
ドスパラ、「War Thunder」のGALLERIA 推奨パソコンが登場





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ