ITライフハック

クロネコヤマト

ヤマト運輸、宅急便がスマホで便利に・おトクに送れるサービスを開始。匿名配送やオンラインでの事前決済も

宅急便+SMART

ヤマト運輸は、2019年9月3日より、宅急便の発送手続きをスマートフォン(スマホ)で完結できる新サービスをスタートした。

■キャッシュレスでスマートに荷物を送れる
ユーザーは専用サイトで住所など必要事項を入力し、全国約4,000か所のヤマト運輸直営店に荷物を持ち込むだけで、簡単に発送できる。ApplePayやキャリア決済などのオンライン決済を利用すれば、受付時に現金をやり取りする必要なくさらに便利に。近日中に、LINEの友だちリストからもお届け先を選択でき、住所を知らない相手にも荷物を送れるようになるなど、宅急便をよりスマートに利用できる。

また、今後全国のセブン-イレブン、ファミリーマート約39,000か所の店頭にサービスを順次拡大する予定だ。

アドレスから選択

直接入力

サービス利用の流れ


ヤマト運輸の専用サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
CEプラットフォームのリプロが海外事業の本格展開を開始!国外初の拠点としてシンガポールに子会社を設立
楽天とアルペンが各種サービス連携を強化!提携カードを発行し、アルペン全店舗で共通ポイントサービスを開始
リゾートワークの魅力をたっぷり紹介!「信州リゾートテレワークフォーラム IN 東京」
もくもく会の進化版。自習形式とプリント学習でPython、AIのプログラミングを学べるテックジムが本格スタート
AIによる革新および生産性の向上が3年以内に2倍以上に加速する!? マイクロソフトとIDC Asia/Pacificによる共同調査結果を公表






「東京オリンピック・パラリンピック競技大会」への応援メッセージを小・中学生から募集!上位入賞作品はクロネコヤマトのトラックのデザインに採用

1_large

ヤマトホールディングスは、全国の小・中学生を対象に「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)」に集うすべてのアスリートへ向けた応援メッセージを募集するキャンペーンを実施する。

審査員により選ばれた上位入賞作品は、クロネコヤマトのトラックにメッセージを日本語と英語で掲出し、特別デザインのトラックとして東京の街を走る。さらに、入賞者(100組200名)には東京2020大会のペアチケットがプレゼントされる。

東京2020大会のオフィシャル荷物輸送サービスパートナーとして大会物流を担う同社は、社会的な大会機運の醸成を目的として本キャンペーンを実施する。また、今回のキャンペーンで寄せられる応援メッセージをトラックに掲出することを通じて、物を運ぶだけでなく、アスリートへ向けた人の想いもお届けしたいと考えているとのことだ。

■キャンペーン詳細
キャンペーン名称:ヤマトホールディングス 東京2020大会 応援メッセージ募集キャンペーン
応募資格:国内在住の小学生・中学生
応募期間:2019年6月14日(金)~ 2019年 9月8日(日)
応募方法:キャンペーンサイトから応募
http://www.yamato-hd.co.jp/tokyo2020/campaign/
募集テーマ:東京2020大会に集うすべてのアスリートへ向けた、パワーを発揮できる応援メッセージ
(日本語または英語で50文字以内)
メッセージ掲出トラック走行エリア:東京都内
メッセージ掲出トラック台数:
メッセージを掲出した特別デザインのトラック約100台のほか、数百台のトラックにメッセージステッカーを貼付予定
メッセージ掲出期間:2020年1月下旬~2020年9月(予定)
受賞作品発表:2019年11月下旬
各賞・賞品
※学校単位での応募も受け付けます。応募をご検討いただける小・中学校様は「ヤマトホールディングス 東京2020大会 応援メッセージ募集キャンペーン事務局」へお問い合わせ下さい。

■審査員 :  
齋藤 孝(明治大学教授)
寺川 綾(スポーツキャスター)
中西 哲生(スポーツジャーナリスト)
藤井 郁美(車いすバスケットボール選手)
宮崎 大輔(ハンドボール選手)  ※50音順、敬称略 
※審査員の略歴についてはキャンペーンサイトをご参照ください。


キャンペーンサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
UK発!カジュアルから本格派まで楽しめる「ハブテント」がCINCH!より登場
ノートPCもトラベルグッズもゲームグッズも!中身に合わせて形が変わる衝撃吸収ポーチ「The Pouch」 が登場
ゴルフ場までたった0ヤード!自室でできるリアルで爽快なゴルフ体験ができる「みんなのGOLF VR」が登場
Nepps「プログラミングサマースクール」開催~ロボットもVRゲームも自分で作って楽しもう~
車両洗車を列車内から体験!精進料理を味わい、茶摘みも楽しんだJR東海「静岡デスティネーションキャンペーン」(後編)



ふたつのオリンピック 東京1964/2020
ロバート・ホワイティング
KADOKAWA
2018-09-21



ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ