ITライフハック

グラフィックスカード

GIGABYTE製GeForce RTX 2070内蔵の外付けGPU BOXが登場

main

CFD販売は、GIGABYTEブランドの新製品として、NVIDIA GeForce RTX 2070グラフィックスカードを内蔵した外付けGPU BOX「GV-N2070IXEB-8GC」を3月下旬から発売する。価格は9万9,980円前後(税別)。

本製品は、NVIDIAのGeForce RTX 2070グラフィックスカードを内蔵した、外付けGPU BOX。Thunderbolt 3でPCと接続し、ノート型などの限られた性能のPCのグラフィックス性能を高めることができる。

カスタムファンや、ヒートパイプダイレクトタッチなど、GIGABYTEの冷却システムが盛り込まれており、性能の安定性と静音を両立。外付けUSBデバイスを接続可能なUSBポートや、高速充電専用USBポートも搭載しており、ゲームプレイをガッチリサポートする。

GV-N2070IXEB-8GC

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
iiyama PC「LEVEL∞」より「PUBG JAPAN SERIES season2 推奨ゲーミングPC」新モデル発売
働くあなた必見!タイピングが楽しくなるマイ・キーボード!超薄型ワイヤレスメカニカルTaptek
企画・監督・主演・主題歌まで現役大学生たちが携わった富士通のWeb動画「Wednesday Girlfriend」が公開中
薄型軽量で持ち運べるハイエンドゲーミングノートにGeForce RTX 2070 Max-Q / 2060 搭載マシンが登場
ミドルレンジ最強クラスのGeForce GTX 1660 Tiが新登場!価格は279ドルから






ミドルレンジ最強クラスのGeForce GTX 1660 Tiが新登場!価格は279ドルから

GEFORCE-GTX-1660-Ti-KV-No-Copy

NVIDIAは、性能と電力効率が大幅に向上した、今日の人気ゲーム向けの新しいゲーミングGPU、GeForce GTX 1660 Ti の発売を開始した。価格は279ドルから。

■最強じゃなければ普通を選ぶしかなかったGPU選択に待望のミドルレンジが登場
第12世代の Turing GPU アーキテクチャをベースとした GTX 1660 Tiには、前世代のPascalアーキテクチャの2倍の TOPS性能 を実現する、Turing のシェーダー テクノロジがフルに搭載されている。浮動小数点演算と整数演算の同時実行、および3倍の L1キャッシュを持つ統合キャッシュ アーキテクチャをサポートし、アダプティブ シェーディング テクノロジによってパフォーマンスの向上を実現する。

Turing アーキテクチャにより、Pascal に比べてクロックあたりの命令実行数が1.5倍、電力効率が1.4倍向上した。そのため、消費電力がわずか120ワットであるGTX 1660 Tiの 1 ワット当たりの性能は、クラス最高となっている。

GeForce GTX 1660 Ti は、前世代のGPUを性能で凌駕しており、複雑なシェーダーを駆使した、最新のゲームで強みを発揮する。GeForce GTX 1660 は、GTX 1060 6GB より1.5倍速いため、ゲーマーは、フォートナイトや PUBG、Apex Legends といった人気のオンライン ゲームにおいて、1080p で120 FPSのフレーム レートを体感することができる。

GeForce GTX 1660 Tiには、1,536 の CUDAR コア、12Gbps で作動する 6GB の新しい GDDR6 メモリを搭載し、約 1.8 GHz のブースト クロックで動作する。さらに、簡単にオーバークロックすることができ、性能をより向上させることができる。

GeForce GTX 1660 Ti カスタム ボードは、ASUS や Colorful、EVGA, Gainward、Galaxy、Gigabyte、Innovision 3D、MSI、Palit、PNY、Zotac などの主要アドイン カード プロバイダーを通じて入手できる。価格は、279 ドルからとなっているが、パートナーの設計、機構および地域によって価格は異なる。

NVIDIA

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ユニットコム、iiyama PC「LEVEL∞」よりRadeon VIIを搭載したBTOパソコンを発売
ドスパラの3万円のモバイルノート登場! 14インチフルHD液晶に指紋認証センサーを搭載「Diginnos Note Altair VH-AD3S」
ムーンライトモードにより月明かりでカラー撮影が可能な「スマカメ2 アウトドア CS-QS30」フォーカルポイント、USB-Cポートを持つPC、Mac、スマートフォンなどに対応したHDMI変換アダプタを発売
これは困った!消失したデータを復活させるMac用復元アプリ「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 11.8」






アスク、AMD最新のGPU、RADEON RX VEGA 64を搭載するSAPPHIRE製グラフィックスカードを発表

21275-00_RX_VEGA_Watercooled_8GB_HDMI_3DP_C01B_28Jul17

アスクは、AMD社最新のハイパフォーマンスGPU、RADEON RX VEGA 64を搭載するSapphire Technology社製グラフィックスボード「RADEON RX VEGA 64 8G HBM2」、「RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIMITED EDITION」、「RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIQUID COOLING」の3製品を発表した。

3製品共に、64基のコンピュートユニットを搭載し、4,096ユニットのストリームプロセッサを備える次世代のハイパフォーマンスGPU「RADEON RX VEGA 64」を搭載。第2世代となる広帯域の大容量キャッシュメモリ HBM2 8GBを新たに採用しており、VR環境をはじめ、高解像度でのゲーミングにおいて優れたパフォーマンスを発揮してくれるだろう。

製品ラインナップは、標準モデルとなる「RADEON RX VEGA 64 8G HBM2」と、メタルボディの限定デザインモデル「RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIMITED EDITION」の空冷2製品に加え、水冷冷却ユニットを搭載する「RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIQUID COOLING」を用意した。

■製品概要
製品名:RADEON RX VEGA 64 8G HBM2
発売時期: 8月18日
予想市場価格:7万3,800円前後(税別)

製品名:RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIMITED EDITION
発売時期: 8月18日
予想市場価格: 7万3,800円前後(税別)

製品名:RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIQUID COOLING
発売時期: 8月18日
予想市場価格: 8万5,800円前後(税別)


21275-01_RX_Vega_LIMITED_EDITION_8GB_HDMI_3DP_C01

21275-02_RX_Vega_8GB_HDMI_3DP_C01


RADEON RX VEGA 64 8G HBM2
RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIMITED EDITION
RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIQUID COOLING

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ドスパラ、Windows Hello の認証機能に対応したUSB指紋認証リーダーを発売
VAIOが中国市場へ進出! 経営方針説明会でVR事業も明らかに
「オルタナティブガールズ」のVR体験「女の子達とカラオケパーティ♪ -VRライブ特別編-」がドスパラに登場
COUGAR、軽量なアルミフレーム構造のゲーミングマウス「COUGAR 700M Superior」を発売
COUGAR、7.1chバーチャルサラウンド対応のゲーミングヘッドセット「COUGAR IMMERSA PRO」を発売



深夜じゃないぞ!ドスパラ、最新グラフィックカード「NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti」を早朝販売

dos_20170308

ドスパラは、2017年3月11日(土)朝7:00より、ドスパラ秋葉原本店にて、最新グラフィックスカード「NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti」の早朝販売会を開催する。

販売会は、ドスパラモバイル会員を対象とした抽選方式となる。販売スケジュールの詳細は以下の通り。

■「NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti」早朝販売会概要
◆販売スケジュール
・2017年3月11日(土) 7:00AM~8:00AM 抽選券配布
 ドスパラ秋葉原本店前にて抽選券を配布。希望する人は店頭に並ぶ。
 ※スマートフォンにてモバイル会員証の提示が必要。

・2017年3月11日(土) 9:00AM~ 抽選発表+販売会
 ドスパラ秋葉原本店前にて抽選発表。当選者様には購入券が渡される。
 ドスパラパーツ館にて会計。

※注意※
・抽選時間に抽選会場にいない場合、当選は無効。
・商品の購入は、当日9:00AM~10:00AMのみ可能。
・ご購入は1人1点まで。
・複数当選した場合でも1点のみ有効。
・代理での購入は不可。

◆対象のお客様と抽選券について
・ドスパラモバイル会員:抽選券 1枚配布
・モバイル会員+プレミアムサービス加入者:抽選券 2枚配布

当販売会への参加にはドスパラモバイル会員(無料)の登録が必要。
当日の登録も可能。新規のご登録は下記を参照のこと。
http://www.dospara.co.jp/5info/cts_lp_members_apps

※プレミアムサービスに加入する場合は、事前に登録が必要・。
http://www.dospara.co.jp/5info/cts_premium_member

◆会場
・抽選権配布会場 ドスパラ秋葉原本店
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-11-2 ロック2ビル1,2F
http://www.dospara.co.jp/5info/cts_shop-akb_honten

・販売会場 ドスパラパーツ館
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-10-8 中澤ビル
http://www.dospara.co.jp/5info/cts_shop-parts

イベント詳細ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
LIVA(Windows10)にHDMIケーブルと無線マウス/キーボードを同梱したセットモデルを発売
リンクスインターナショナル、Steamコントローラー、Steamリンクの取り扱いを開始
ドスパラ、ZBrushのための専用モデル 2機種を発売
レノボ、ゲーミングPCラインナップを一新。新ブランド「Lenovo Legion Y520」など4モデルを新発売
充電式で電源不要&接続不要なサイコロ型の超コンパクトプロジェクター






アスク、NVIDIA社製GPU搭載グラフィックカードを水冷化できるCorsair製のキット

アスクは、Corsair製、グラフィックスカード用の水冷化キット製品「HG10」シリーズの2製品を発表した。価格はオープンプライスで、市場想定価格は6,340円前後(税別)。
続きを読む

アスク、独自クーラー「IceStorm」を装備するGeForce GTX 980 Ti搭載グラフィックスカードを発表

アスクは、独自クーラー「IceStorm」を装備するGeForce GTX 980 Ti搭載グラフィックスカード、ZOTAC製「ZOTAC GeForce GTX 980 Ti AMP Edition」を発表した。

続きを読む

GIGABYTEからNVIDIA GEFORCE GTX 980Ti搭載グラフィックスカードを発売

CFD販売は、GIGABYTE TECHNOLOGYのグラフィックスカード「GV-N98TG1 GAMING-6GD」の取扱を開始すると発表した。
続きを読む

ギガバイトエンブレムの流しそうめん機が当たるキャンペーンを開催(4月1日特集)

日本ギガバイトは、2015年のイベントやキャンペーン「G活」の第4段として、SNS上で毎月豪華景品が当たる「G活キャンペーン」を2015年4月1日(水)より開催する。

続きを読む

ドスパラ、GeForce GTX TITAN Xを搭載したPalit製 グラフィックカードの販売を開始

2015年3月27日(金)より、「NVIDIA GeForce GTX TITAN X」を搭載したPalit製 グラフィックカード「<a href="http://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_parts.php?ic=430640&lf=0" target="_blank>Palit NE5XTIX015KB-PG600F</a>」の販売を、ドスパラ通販サイト及びドスパラ パーツ館にて開始された。

続きを読む

本日登場が噂されていた無印Radeon R9 290搭載グラボが玄人志向より販売開始



コード名Hawaii(ハワイ)と呼ばれ「Graphics Core Next」アーキテクチャーを採用したAMDの新型GPU「Radeon R9 290」シリーズにはNVIDIAの「GeForce GTX TITAN」対抗となるRadeon R9 290XとGeForce GTX 780対抗となる無印のRadeon R9 290がある。

この2番目のハイエンドモデル「無印Radeon R9 290」を搭載するグラフィックスカードの登場が本日11月5日ではないかとされていたが予定通り玄人志向より、無印Radeon R9 290を搭載する「RD-R9-290-E4GB」が本日より販売される。

続きを読む

AMDのRadeon Rシリーズを搭載するSapphire製グラフィックスボード7製品



アスクは、AMDの最新GPUであるRadeon Rシリーズを搭載するSapphire Technology製グラフィックスボードを7製品発売する。

Radeon R9 270Xを搭載するのがスタンダードモデルの「R9 270X 2G GDDR5」、4GBメモリーを搭載する「R9 270X 4G GDDR5」、ベイパーチャンバーを組み合わせたVAPOR-Xクーリング採用のオーバークロックモデル「VAPOR-X R9 270X 2G GDDR5」、トリプルファン仕様のオーバークロックモデル「TOXIC R9 270X 2G GDDR」の4製品だ。

これにRadeon R7 260Xを搭載する「R7 260X 2G GDDR5」が1製品、そしてるエントリークラスの最新GPU「Radeon R7 250」を搭載する2GB DDR3メモリーを搭載する「R7 250 2G DDR3」、および1GB GDDR5メモリーを搭載する「R7 250 1G GDDR5」の2製品で、合計7製品をラインナップする。



.続きを読む

あえてFermiを狙う! KeplerではなくFermiで幸せになる!



先週紹介したNVIDIAの新型GPU“Kepler”こと「GeFoece GTX 680」が今後のPCの3Dグラフィックスの中心となっていくことは確実だ。すでに3Dゲーム向けPCのハイエンドモデルではKeplerが搭載され始めているが、かといってパーツ市場でハイエンドからローエンドまでがKeplerで埋め尽くされるわけではない。徐々にKeplerが広がって行く間に値段が下がってくるFermiをあえて選択する方法もある。続きを読む

リミッター解除のグラボ登場!MSIよりクロックアップの制限を解除したRadeon HD 7970搭載カード



先日発売が開始されたAMDのRadeon HD 7870とRadeon HD 7850によってAMDのグラフィックスチップ(GPU)のラインアップは、ローエンドからミドルレンジ、そしてハイエンドまで細かく対応できるようになった。

市場的にはひと段落付いたと思われたがハイエンドGPUにテコ入れするべくMSIがRadeon HD 7970搭載カード「R7970 Lightning」をリリースした。現状ではAMD製GPUの中で最高峰とされるRadeon HD 7970だが、その性能を限界まで引き出せるオーバークロック無制限仕様となっているのがポイントだ。続きを読む

待ってましたのGPUが発売!新型Radeon HD搭載カードが続々登場中



バリバリな3D性能を必要とするケースって、FPSやTPSといったフレーム単位で勝負が分かれるようなことでもないかぎり、そうそう必要ない。そうした特殊な状況は除外したとしても、大規模MMORPGを高解像度でなおかつ各種効果をガンガンに効かしてプレイするとなると、それなりの3D描画性能は必要だ。

パーツ市場を見まわしてみると2万円台半ばのグラフィックスカードでは、いまいち性能的に物足りない。かといってその上を狙うとなると一気に5万円を超えてしまう。というアンバランスな状況があった。5万円超のカードは性能は良くても高すぎる。性能的にハイエンドのちょっと下、ミドルレンジよりは上くらいのカードが欲しいというニーズに合う製品がなかったわけだ。

続きを読む

長時間のゲームにぴったり!強力な冷却機能を持つグラフィックスカード



PCケースなど、さまざまな周辺機器を提供してきたリンクスインターナショナルが、長時間のゲームプレイに最適なグラフィックスカード「R6950 AC Extreme」を4月2日から発売することを発表した。価格は2万9800円前後の予定だ。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ