ITライフハック

ゲーミングPC

最新の第10世代Core i7とグラフィックスにGeForce RTX2070を搭載したハイエンド向けの15.6型ゲーミングノート登場

GCL2070RGF001_g

サードウェーブは、新型ゲーミングノートパソコン『GALLERIA GCL2070RGF』の販売を開始した。価格は21万9,980円から(税別)。

本製品は最新の第10世代インテルCore i7-10750Hプロセッサーと、リアルタイムレイトレーシングを手軽に楽しめるNVIDIA GeForce RTX 2070グラフィックチップを搭載した、ハイエンドモデルのゲーミングノートパソコンだ。

リフレッシュレート144Hzのスリムベゼルディスプレイを搭載し、ゲームユーザーに人気が高いSteelSeries製の日本語キーボードを搭載している。

ストレージにはデータ読み込み/書き込みの高速処理が可能なNVMe SSDを搭載し、リードタイムを短縮してストレスなくゲームを楽しむことができる。また、1TBの大容量ストレージにより、データ量の多いゲームタイトルも安心して保存が可能だ。

また、安定した高速無線通信を可能にする最新規格IEEE802.11ax(Wi-Fi6)に標準対応し、有線LANと同等の無線通信速度を実現。オンラインゲームにアクセスする際も安定したインターネット環境が維持できる。

コネクタ類は、USB3.2 Gen2 Type-C x1※/ Gen2 Type-A x1/Gen1 Type-A x2、HDMI2.0 x1、miniDP1.2 x1を搭載しており、複数のゲーミングデバイスを繋いでも余裕のある豊富なI/Oを装備している。
※USB Type-Cはデータ転送のみ対応。

■製品仕様
製品名 GALLERIA GCL2070RGF
OS・・・Windows 10 Home 64ビット
CPU・・・インテルCore i7-10750H (2.60-5.00GHz/6コア/12スレッド)
液晶ディスプレイ・・・144Hz スリムベゼル 15.6インチ 非光沢FHD液晶(1920×1080ドット表示)
メインメモリ・・・16GB DDR4 SO-DIMM (PC4-21300/8GBx2)
グラフィックス・・・NVIDIA GeForce RTX 2070 GDDR8GB + インテル UHDグラフィックス
ストレージ・・・1TB NVMe SSD
LAN・・・有線:ギガビットLANポート x1
無線:intel Wi-Fi 6 AX201 (IEEE802.11 ax/ac/a/b/g/n 2x2 Max2.4Gbps)
入出力ポート・・・USB3.2 Gen2 Type-C x1、USB3.2 Gen1 Type-A ×2、USB3.2 Gen2 Type-A×1、マイク入力 x1、ヘッドフォン出力 x1、HDMI2.0 x1、miniDP1.2 x1、SDカードリーダー x1 (SDXC/MSXC対応)
※USB Type-Cはデータ転送のみ対応
サイズ・・・357(幅) × 248(奥行き) × 28(高さ) mm(突起部含まず)
重量※1・・・約2.3kg
バッテリー※2・・・リチウムイオンバッテリー (約 5.5 時間)
保障・・・1年間無償保証・24時間電話サポート対応(年中無休)


GALLERIA GCL2070RGF (Core i7-10750H / GeForce RTX 2070

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
最新Wi-Fi規格「Wi-Fi 6」対応のスマホ端末を利用している人におすすめなルーターが登場

モバイルバッテリー&スマホスタンドとしても使える注目度抜群のレーザー投影式キーボード「Serafim Keybo」
金属筐体で安定設置でき2台のPCでUSB機器を4台まで共有できるUSB2.0対応切替器「DN-915984」
MSIから第10世代Intel Core i7 プロセッサーにGeForce RTX 2070と240Hz駆動対応液晶を搭載するハイエンドゲーミングノートPC「GE66 Raider」
プラネックスからネットワーク機器を雷のサージ電流から守るギガビット/PoE対応サージプロテクター「SP-OD10」&「SP-ID10」






TSUKUMO×MSIのコンセプトストアーが大阪日本橋に登場!「ツクモ×MSIコンセプトストア」

main

エムエスアイコンピュータージャパンは、 TSUKUMO(ツクモ)ブランドでパソコンおよびパソコン周辺機器を販売するProject Whiteの、ツクモ×MSIコンセプトストアをオープンした。

ツクモ×MSIコンセプトストアはMSI製ゲーミングノートPC・クリエイターノートPCやゲーミングモニター、ゲーミングデスクトップPCに加え、自作PCユーザーに人気のゲーミングマザーボードやビデオカード、ゲーミングデバイスなど品揃えが充実したPCショップとなる。7月(予定)からはMSIとTSUKUMOが共同で開発したゲーミングデスクトップパソコン、「G-GEAR Powered By MSI」の取扱いを開始する。

「G-GEAR Powered By MSI」は、MSIとTSUKUMOの高い技術力を1台のPCに凝縮し、ゲーム等の高負荷時でも快適に動作し、安心して使えるゲーミングデスクトップPCとなっている。

また、ツクモ×MSIコンセプトストアはMSI公認サポート店として、 MSIノートPCシリーズのカスタマイズサービスを提供する。 MSIゲーミングノートPC・クリエイターノートPCのメモリやストレージを好みの構成にカスタマイズして購入できる。さらに、手元にあるMSIノートPCの製品保証を維持したまま、メモリやストレージを増設したいという相談も受け付ける。

ツクモ×MSIコンセプトストアの店頭では、自作PC市場で高い評価を得ているグラフィックスカードやマザーボード各種を展示している。また、キーボードやマウスなどのゲーミングデバイスを実際に触って試せるコーナーも用意。最新製品から人気の製品まで幅広い品揃えの中から、自分に最適な製品を選べるようになっている。ゲーミングPCやクリエイターPCを購入する際や、自作PCパーツやゲーミングデバイスを探している際はツクモ×MSIコンセプトストアに行ってみてはいかがだろうか。

■ツクモ×MSIコンセプトストア概要
住所:大阪府大阪市浪速区日本橋3丁目7番3号
電話番号:06-6556-9109
営業時間:11:00~20:00
定休日:元日
店舗情報: https://tenpo.tsukumo.co.jp/stores/view/namba
地図: https://goo.gl/maps/GzvNpiPKdtQhrCVg9 (Googleマップ)


sub1

sub2

sub3

sub4


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
モバイルバッテリー&スマホスタンドとしても使える注目度抜群のレーザー投影式キーボード「Serafim Keybo」
金属筐体で安定設置でき2台のPCでUSB機器を4台まで共有できるUSB2.0対応切替器「DN-915984」
MSIから第10世代Intel Core i7 プロセッサーにGeForce RTX 2070と240Hz駆動対応液晶を搭載するハイエンドゲーミングノートPC「GE66 Raider」
プラネックスからネットワーク機器を雷のサージ電流から守るギガビット/PoE対応サージプロテクター「SP-OD10」&「SP-ID10」
エッジニティから世界最小クラス手のひらサイズのWindows 10搭載PCがクラウドファンディングCAMPFIREに登場!






日本エイサーからゲーミング向けデスクトップPC「Nitro 50 シリーズ」の新モデルを発売

4515777593588_4515777559454_02

日本エイサーは、ゲーミングデスクトップパソコン「Nitro(ニトロ) 50 シリーズ」より、最新のテクノロジーとグラフィックス性能を搭載した「N50-600-A78UG/G66T」、「N50-600-A58QG/G65」を2019年7月18日より発売する。価格はN50-600-A78UG/G66Tが17万円前後、N50-600-A58QG/G65が12万円前後(いずれも税別)。

本製品は、最大4.70GHz/4.10GHz のトップクラスのスピードで高速処理を行う、第9世代インテル Core i7/Core i5 プロセッサーを搭載。ゲームをしながら同時にライブ配信を行うなど、負荷の大きい作業もスムーズにストレスなく楽しめる。

また高性能なグラフィックスカードNVIDIAR GeForceR GTX 1660Ti(6GB)または、GTX 1650(4GB)を搭載。ゲームプレイ中のキャラクターの表情や背景はもちろん、水たまりや窓に反射する影も鮮明に映し出し、圧倒的な描画力でプレイヤーをゲームの世界に惹きつけるだろう。

ストレージはゲーミングデスクトップにふさわしく、超高速処理を可能にするSSD(NVMe 256GB/128GB)を搭載。ゲームの起動やプレイ中のローディングもスムーズで、快適なプレイ環境をサポートする。さらに、起動ドライブとは別にデータドライブとして1TB の大容量HDD も備えているため、ゲームのインストールも容量を心配することなく可能だ。メモリは高速DDR4 8GBで、拡張は64GBまで可能だ。

黒を基調とした甲冑型ボディに赤のアクセントをあしらったデザインは、シンプルながら強さを感じさせるスタイリッシュなボディ。フロント部のアロー型LED ライトは、本体を起動すると赤く点灯し、プレイヤーをゲーミングの世界へいざなう。

またフルハイビジョンの4 倍の解像度を持つ超高精細な4K(3840×2160)モニターへの出力が可能。キャラクターや背景のディテールまで鮮明に映し出し、ゲームの世界を最大限に楽しめる。

プレイ中の会話や敵が近づいてくるときの足音をより聞き取りやすくするなど、シーンに合わせたサウンド効果に自動調整するCreative Sound Blaster X 360°を搭載。まるでゲームの世界に入り込んだかのような臨場感と奥行きを体感できるサウンド出力を可能にした。

このほか高速無線LAN 規格IEEE 802.11ac に対応。ルーターから離れたところにPC を設置する際でも配線を気にすることなく、好きな場所に設置して、オンラインゲームを楽しめる。

「N50-600-A78UG/G66T」製品ページ
「N50-600-A58QG/G65」製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ZOTAC製GeForce RTX 2070 SUPER&GeForce RTX 2060 SUPERグラフィックスカードを購入するとゲーミングデバイスをプレゼント
サードウェーブ、GeForce RTX2060 Super / 2070 Super 搭載パソコンを発売
VAIOからA4よりも小さい12.5型モバイルPC「VAIO SX12」を発表
iiyama PC「LEVEL∞」よりGeForce GTX 1650を搭載した15インチのゲーミングノート
リンクス、プロ向けに設計されたハイパフォーマンスマウスパッドを発売





マウスコンピューターからYouTuber「さよドラ」がおすすめするゲーミングパソコンを発売

YouTuber「さよドラ」お勧めゲーミングPC

マウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-Tune」で2019年6月20日(木)より、YouTuber「さよドラ」がおすすめするゲーミングパソコンの販売を開始した。

さよドラとは、ゲーム情報メディア「GameWith」屈指のゲーマーおちゃと、プロの格ゲーマーえいたがコンビを組んだYouTuber。おちゃは本気で攻略しながらもユーモアを忘れないエンターテイナーで、TPS、DCGなど幅広いジャンルで活躍している。えいたは格闘ゲーム界では知らない人はいないプロゲーマーで、「魅せる」が信条の華麗なプレイで世界中のファンを魅了している。その才能は格ゲーにとどまらず、さよドラでは様々なジャンルのゲームにチャレンジしているとのこと。

■さよドラ おすすめゲーミングパソコン ラインアップ
・NEXTGEAR i690PA4-SP
インテル Core i7-9700K プロセッサー、GeForce RTX 2080搭載
Web販売価格:25万9800円(税別)

動作が重くなりがちな最新ゲームを快適にプレイできるだけでなく、フレームレートを落とさずゲーム実況配信ができ、動画のエンコードを高速かつ安定して行うことができる。

YouTuber「さよドラ」お勧めゲーミングPC_NEXTGEARシリーズ


・MASTERPIECE i1640PA2-SP2
インテル Core i9-9900K プロセッサー、GeForce RTX 2080 Ti搭載
Web販売価格:35万9800円(税別)

さらに上のゲームプレイ環境、配信・編集環境を求める方におすすめ。

YouTuber「さよドラ」お勧めゲーミングPC_MASTERPIECEシリーズ


さよドラ おすすめゲーミングPC 特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
サードウェーブからGeForce RTX 2070 Max-Q/2060 搭載の薄型ゲーミングノートPC
マウスコンピューター、最新の第9世代CPUとGeForce GTX 1650搭載17.3型大画面ノートPCを発売
ENERMAX製のドスパラ限定PCケース「CoreIcer」を発売
ドスパラ会員を対象にAMD最新X570チップセット搭載マザーボードが当たる来店チェックインキャンペーンを開始
ユニットコム、パソコン工房 Webサイトでお買い得アイテムがたっぷり詰まった「プレミアムフライデー特集」を開催






G-Tuneから「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」推奨パソコンが登場

SEKIRO SHADOWS DIE TWICE画像

マウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-Tune」から、フロム・ソフトウェアの注目タイトル「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」推奨パソコン3機種が発売される。

「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」とは、フロム・ソフトウェアがActivision Publishing, Inc.と共同開発した戦国を舞台に孤独な忍びの戦いを描くアクション・アドベンチャータイトル。多彩なアクションなどが特徴で、2018年9月に開催された日本ゲーム大賞2018ではフューチャー賞を受賞。同年8月に開催された欧州最大規模のゲームイベント・gamescom2018 では、最優秀賞にあたるBest of gamescomを受賞している。

G-Tuneの「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」推奨モデルでは、パソコンの性能によってフレームレートが安定。ゲーム内の品質設定(グラフィックス設定)を「最高」にしても、60FPSを維持できる。

■「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」推奨パソコン ラインアップ一例
・NEXTGEAR-MICRO im620SA2-SP

19万9800円(税別)
インテル Core i7-9700K、GeForce RTX 2060、メモリ16GB PC4-19200、512GB NVMe対応 M.2 SSD、2TB ハードディスク
インテル最新世代のCPU プロセッサーを搭載、高速なM.2 SSDとハードディスクを搭載しながら20万円をきるコストパフォーマンスに優れたモデルです。

・NEXTGEAR i690PA4-SP
25万9800円(税別)
インテル Core i7-9700K、GeForce RTX 2080、メモリ16GB PC4-19200、512GB インテル SSD 660P NVMe対応、1TB ハードディスク
高い拡張性を持つNEXTGEARに、GeForce RTX世代2080と、インテルSSD 660P NVMe対応M.2 SSDを搭載したモデルです。

NEXTGEARシリーズ_製品画像

NEXTGEAR-MICROシリーズ_製品画像


©2019 FromSoftware, Inc. All rights reserved. ACTIVISION is a trademark of Activision Publishing Inc.
All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」推奨パソコン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
アスク、CORSAIR製のワイヤレスキーボード「K83 Wireless」をAmazon様限定モデルとして発表
VAIO史上最高のパフォーマンスを実現する15.6型ノートPC「VAIO S15」を発表
ユニットコム、第9世代のCore i7-9700KFを搭載したBTOパソコンを発売
G-Tune、最新グラフィックス「GeForce RTX 2080」と第9世代 インテルCPUを搭載したゲーミングノートパソコン最上位モデルを発売
ASUS JAPAN、薄さわずか16.15mmを実現したGeForce RTX 2080/2070 Max-Q搭載15.6型スリムゲーミングノートPCを発表

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE - PS4
フロム・ソフトウェア
2019-03-22





片手で運べる究極のミニPC「HiGame」を「Makuake」で発売

mqdefault

CHUWI(ツーウェイ)は2018年10月12日(金)より、クラウドファンディングサービスMakuakeにて、片手で運べる、究極の万能ミニPC「HiGame(ハイゲーム)」の先行販売を開始した。

プロジェクト開始から18日目の2018年10月29日(月)に当初目標金額の約21倍となる1,000万円の資金調達を達成。12月25日(火)までの期間中、引き続き予約販売を受け付ける。

超小型ミニPC「HiGame」は、さまざまな最新機能と充実なハードウェアを網羅しながら、サイズがわずか2リットルと、片手で持ち運べる驚きのコンパクトさを実現した。

最新型第8世代インテルCore i5/i7プロセッサーとAMD Radeon RX Vega Mグラフィックスを搭載し、3Dプリンターや、VR/ARとの連携、高画質な映画再生など、プロ仕事からオフタイムまで、HiGameであらゆる場面で快適なPCライフを楽しめる。

8GBのDDR4メモリと128GB / 256GBのSSDストレージにより、マルチタスク処理をスムーズに実行できる。メモリやストレージ容量を柔軟に拡張でき、ニーズに応じて簡単にグレードアップ可能だ。

czMjYXJ0aWNsZSM1ODU3OCMyMTA0NjUjNTg1NzhfWVlQcGdOcW9BbS5qcGc




HiGame

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
もしもの場合への備えはもちろん、ドライブ換装時にも活用できる!EaseUS Todo Backup Home
間違ってフォーマットしても大丈夫!簡単操作でファイルを復元できる「EaseUS Data Recovery Wizard Professional 12.0」
サードウェーブ、GeForce RTX 2080 / 2080 Ti を搭載したゲーミングPC4機種を発表
映像出力を既存の各出力端子に変換できるUSB Type-Cにも対応するマルチ変換ビデオアダプター
デル、第8世代Core i9プロセッサーを搭載した「XPS 15」を発売






ゲーミングPCの無償レンタルも!毎日新聞社とサードウェーブ、「第1回 全国高校eスポーツ選手権」を開催

ddafebd6ef3b064a025028fd033cb5e8_s

毎日新聞社とサードウェーブは、全国の高校生を対象に、「全国高校eスポーツ選手権」を開催する。

■先着100校に3年間ゲーミングPCを無償でレンタル
本大会の開催に併せて、サードウェーブは、「eスポーツ部 発足支援プログラム※1」を発表した。「全国高校eスポーツ選手権」初年度は、本大会へのエントリーを条件に、同社のゲーミングブランドPC“GALLERIA”を先着申し込み100校に対して3年間無償レンタルする。高校の部活動での機器導入を容易にし、eスポーツを楽しむ高校生の裾野拡大を後押しするとしている。

エントリー方法については8月頃の発表を予定している。大会の最新情報はTwitter大会公式アカウントを通して随時発表される。

■大会概要
開催目的 : eスポーツを楽しむ高校生を応援し、新しい文化として発展させていくこと
大会名称 : 第1回 全国高校 eスポーツ選手権
ALL JAPAN HIGH SCHOOL esports CHAMPIONSHIP
主   催: 毎日新聞社
共   催: 株式会社サードウェーブ
開催時期 : エントリー受付  2018年 9月~12月上旬(予定)
オンライン予選  2018年12月下旬 ※試合はインターネット上のみで開催
オフライン決勝  2019年 3月下旬 ※試合は都内会場で開催予定
タイトル :「リーグ・オブ・レジェンド」(PC) ※その他のタイトルは後日発表予定
参加費用 : 無料
参加資格 :
・日本在住の高校生、高等専門学校生、定時制高校生、通信制高校生(15歳~18歳)
・予選大会と決勝大会に参加できること
・同じ高校からチームを組んで参加できること
※但し例外を認める場合もあります。


Twitter「全国高校eスポーツ選手権」公式アカウント

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
空間演出だけに!手軽に幻想的な空間を作り出せるLEDカラーライト付き小型スモークマシン「煙出」」
イメージピッタリ!じょうろ型の小型USB加湿器「ハダウル」が登場
Nintendo Switchを寝ながら120インチの画面で楽しめるHMD「EYE THEATER Type-C to HDMI変換アダプタ付きセット」
「スパゲッティーのパンチョ」全店で先着5,000名に「トッピング無料定期券」をプレゼントをする「ナポの日」イベントを開催
「妖怪ウォッチ ワールド」App Store&Google Playストアランキング1位獲得を記念してイベントを開催






G-Tune、ゲーマーへのアンケートをもとに新シャーシを設計したパソコンを発売

180614_G-Tune_NEXTGEAR-MICRO新シャーシ_正面

マウスコンピューターは、ゲーミングパソコンブランド「G-Tune」より、ゲーマーの意見を取り入れてデザインを刷新した「NEXTGEAR-MICRO im610シリーズ」を発売する。

本シリーズのフラグシップモデルとして、通常のサイドパネルから強化ガラスサイドパネルと、パソコンを鮮やかに彩るLEDケースファンを搭載した「NEXTGEAR-MICRO im610PA1-SP」が用意されている。

本シリーズをリニューアルするにあたり、最も重要視したのはゲーミングパソコンをさまざまなシーンで使用するゲーマーの声。ゲーマーに新シャーシデザインのアンケートを行い、要望をまとめた結果生まれたのが今回のモデルになる。

外観はシンプルなシルエットに、マット仕上げを施した落ち着いたデザインを採用した。天板はゲーミングデバイスを気軽に置けるよう平面に仕上げている。また、フロントインターフェースにHDMIを用意することで、外付けキャプチャーボードやVRデバイスなどの周辺機器の接続がしやすくなり、容易にゲーム配信やVR環境を整えられる。

「NEXTGEAR-MICRO im610シリーズ」は8万9,800円(税別)より、複数のラインアップを揃えている。代表例として、強化ガラスサイドパネルとLEDファンを搭載したフラグシップモデル「NEXTGEAR-MICRO im610PA1-SP」を、28万9,800円(税別)にて販売する。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ユニットコム、インテル40周年記念プロセッサーCore i7-8086K Limited Editionを搭載したBTOパソコンと単品パーツを発売
インバースネット、高性能・超小型ゲーミングパソコン「GCシリーズ」を新発売
ロジクールからシンプルなプレゼンテーション用ツール「R500」を発売
iiyama PC「LEVEL∞」よりツインドライブ構成の15型ゲーミングノートパソコンを発売
大人気コスプレイヤーえなこさんによるイベントも!サードウェーブが「C4 LAN」にブース出展




インバースネット、高性能・超小型ゲーミングパソコン「GCシリーズ」を新発売

sub1

インバースネットは、コンパクトな筺体でありながらGeForce GTX 1060(6GB)×第8世代のCore i7-8700を搭載した、高性能かつ超小型ゲーミングPC「GCシリーズ」を発売する。

■パワフルな超小型ゲーミングPC
今回発表された新製品は、幅81.9mm×奥行き154.5mm×高さ216.0mmのコンパクトな筐体ながら、 PCゲームを快適に楽しめる性能を持つパワフルな超小型ゲーミングPC。グラフィックスには、滑らかな映像を素早く描画する「NVIDIA GeForce GTX1060 (6GB)」 を標準搭載し、デスクトップ向け第8世代のCore i7-8700を採用。高負荷の3Dオンラインゲームも快適に楽しめる。

■エアフローに優れるメッシュデザイン採用でクーリング性能にも優れる
狭いスペース内にパーツが詰め込まれている小型PCによく見られる熱問題だが、「GCシリーズ」は内部に熱がこもりにくくエアフローに優れた「メッシュデザイン」を採用し、グラフィックスとCPUを2つのファンで効率よく冷却するため熱対策も万全だ。動作の安定性において気になる電源は、本体小型化のため専用ACアダプターを採用した。

メモリは最大32GB、ストレージは最大3基まで搭載できる拡張性の高さも魅力のひとつとなっている。

小型ゲーミングPC「GCシリーズ」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ロジクールからシンプルなプレゼンテーション用ツール「R500」を発売
iiyama PC「LEVEL∞」よりツインドライブ構成の15型ゲーミングノートパソコンを発売
大人気コスプレイヤーえなこさんによるイベントも!サードウェーブが「C4 LAN」にブース出展
通気性抜群!汗っかきゲーマーでも快適な吹き抜けメッシュの快適ゲーミングチェア
ロジクール、名刺より小さい超小型「ワイヤレスミニマウスM187r」を発売



ユニットコム、容積わずか1.2リットルで3Dゲーム・VRに対応する小型ゲーミングPCを発売

img_157416_5

ユニットコムは、「iiyama PC」ブランド「LEVEL∞(レベル インフィニティ)」より、スリムな超小型ゲーミングパソコンを発売した。価格は144,980円から(税別)。

■わずか1.2リットルの小型PC
容積わずか1.2リットルの本体サイズとなる「LEVEL∞ I-Class」は、NUCというカテゴライズに縛られることのないハイスペックゲーミングパソコン。約幅221mm × 奥行142mm × 高さ39mmと、ゲーミングパソコンとしては異例となるコンパクトな外観に、第8世代Core i7とRadeon RX Vega M Graphicsを搭載することで、3Dゲームをはじめ、Windows MRなどのVR/MRコンテンツを動作させる、強力なパフォーマンスを実現している。

■見かけによらずパワフル
第8世代Core i7-8809G / Core i7-8705Gを搭載する小型ゲーミングパソコンは、デスクトップ向けCPUに迫る強力な処理性能を備えている。3DゲームプレイやWindows MRなどのVRコンテンツ、動画編集やCGレンダリングなど、シングルスレッド・マルチスレッドを問わず優れたパフォーマンスを発揮する。

■ゲームだけでなくVRや4K動画なども楽しめるハイスペック仕様
Radeon RX Vega M Graphics は、広帯域メモリの「HBM2」をVRAMに採用し、これまで不足していたCPUとグラフィックス機能とのデータ転送速度が大幅に改善され、演算処理性能が劇的に向上した。フルHD解像度でのゲームプレイ、VRコンテンツを楽しめるのはもちろん、4K動画の再生やコンテンツ制作にも利用できる。

NUCサイズという小型パソコンにおいて高性能を追求するにあたり、M.2 SSD(NVMe 接続)を標準で搭載している。M.2 SSDは、大容量のフラッシュメモリを使ったハードディスクの代わりとなる記憶デバイスのSSDを、さらに省スペース化した最先端の記憶デバイスであり、圧倒的な読込・書込性能でWindows OSやゲームソフトの起動速度の向上、一眼レフカメラで撮影した4K/8Kに及ぶ高解像度データの編集など、様々な作業を快適にこなせる。また、M.2 SSDの搭載数はカスタマイズで最大2枚まで搭載することができ、OSやソフトウェアのインストール用と、画像や動画データなどの保存用に分けて使用することも可能だ。

高速かつ小型であるDDR4 SO-DIMMメモリを2枚まで使用でき、カスタマイズにより最大で32GB(16GB×2)まで搭載することができる。広帯域幅により、ゲームソフトや複数のアプリケーションにおけるマルチタスキングも快適・高速に動作する。

■小型ながらもマルチディスプレイにも対応
コンパクトなサイズながら、映像出力端子はHDMI(2.0a)×2ポート、Mini DisplayPort1.2×2ポート、Thunderbolt3×2ポートの計6ポートを搭載しており、非常に充実している。さらに本体前面にはVRヘッドマウントディスプレイに対応する接続ポートを集約しているので、VR環境に最適な構成となっている。

また汎用性が高く、使い勝手に優れるUSB端子としてはUSB 3.0を5ポート、さらに高速となるUSB 3.1を2ポート(Type-A×1、Type-C×1)と多数備えており、マウスやキーボードをはじめとしたUSBデバイスや周辺機器との接続にも余裕をもって対応できる。

img_157416_2


小型ゲーミングパソコン LEVEL∞ I-Class

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ロジクールからシンプルなプレゼンテーション用ツール「R500」を発売
iiyama PC「LEVEL∞」よりツインドライブ構成の15型ゲーミングノートパソコンを発売
大人気コスプレイヤーえなこさんによるイベントも!サードウェーブが「C4 LAN」にブース出展
通気性抜群!汗っかきゲーマーでも快適な吹き抜けメッシュの快適ゲーミングチェア
ロジクール、名刺より小さい超小型「ワイヤレスミニマウスM187r」を発売






「GALLERIA」薄型サイズに性能を詰め込んだゲーミングノートパソコン2モデルをリリース

01

サードウェーブは2018年5月11日(金)より、薄型サイズのゲーミングノートPC筐体に高性能を詰め込んだゲーミングノートパソコン「GALLERIA GCF1060GF-E」および「GALLERIA GCF1050TGF-E」の2モデルを販売開始した。

ゲーミングノートは大きくて厚いを払拭する超薄型設計。各部の冷却性と強度を適切に高め、液晶を閉じた状態で最薄部 約20mmまで削り込んだ筐体に、最新世代のスペックを詰め込んだ。

■キーボードはメカニカルタッチで光学スイッチを全面採用
薄型筐体に備えたキーボードはメカニカルタッチの光学式スイッチを全面採用。従来のメンブレン方式に対して電気接点を持たない光学式を採用し、応答性と耐久性が飛躍的に向上した。また、RGB LEDを搭載し鮮やかな光が視認性と操作性を高いレベルで確保し、耐久性から操作性まで高い次元で実現したキーボードだ。

■狭額ベゼル採用でよりコンパクトに
両サイドの幅が7mmの狭額ベゼル液晶を採用。狭額ベゼルデザインを採用することで、一般的なモデルよりも1周り小さなサイズで15.6インチ液晶搭載を実現した。また、筐体や液晶フレーム部分に適切な補強を施すことで剛性感を損なうことなく小型化を果たしたとのことだ。

■製品情報
《GALLERIA GCF1060GF-E 製品情報》
CPU: インテル Core i7-8750H プロセッサー(ヘキサコア, HT対応, 定格2.20GHz, TB時最大4.10GHz, L3キャッシュ9MB)
チップセット: モバイル インテル HM370 チップセット搭載
メインメモリ: 8GB PC4-21300(DDR4 SO-DIMM, 最大 32GB)
ディスプレイ: 15.6インチ 非光沢ワイド液晶(1920×1080ドット表示)
グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB
SSD: 250GB (SATA 3)
ハードディスク: 1TB (SATA 3)
LAN: IEEE 802.11 ac/a/b/g/n 無線LAN, 1000BASE-T LAN
Bluetooth: Bluetooth 5.0
サイズ: 360(幅)×245(奥行き)×27(高さ) mm ※突起部含まず
重量: 約 2.0 kg (バッテリー含む)
バッテリー: リチウムイオンバッテリー (約4.6時間)
OS: Windows 10 Home インストール済み
価格:16万9,980円(税別)

《GALLERIA GCF1050TGF-E 製品情報》
CPU: インテル Core i5-8300H プロセッサー(クアッドコア, HT対応, 定格2.30GHz, TB時最大4.00GHz, L3キャッシュ8MB)
チップセット: モバイル インテル HM370 チップセット搭載
メインメモリ: 8GB PC4-21300(DDR4 SO-DIMM, 最大 32GB)
ディスプレイ: 15.6インチ 非光沢ワイド液晶(1920×1080ドット表示)
グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti 4GB
SSD: 250GB (SATA 3)
ハードディスク: 1TB (SATA 3)
LAN: IEEE 802.11 ac/a/b/g/n 無線LAN, 1000BASE-T LAN
Bluetooth: Bluetooth 5.0
サイズ: 360(幅)×245(奥行き)×27(高さ) mm ※突起部含まず
重量: 約 2.0 kg (バッテリー含む)
バッテリー: リチウムイオンバッテリー (約4.6時間)
OS: Windows 10 Home インストール済み
価格:14万9,980円(税別)


GALLERIA GCF1060GF-E
GALLERIA GCF1050TGF-E

ITライフハック

ITライフハック Twitter

ITライフハック Facebook



パソコンに関連した記事を読む

大人気コスプレイヤーえなこさんによるイベントも!サードウェーブが「C4 LAN」にブース出展

通気性抜群!汗っかきゲーマーでも快適な吹き抜けメッシュの快適ゲーミングチェア

ロジクール、名刺より小さい超小型「ワイヤレスミニマウスM187r」を発売

リンクスから日産フェアレディ240Z形状のモバイルバッテリー

ユニットコム、Radeon Vega 11グラフィックス内蔵のRyzen 5プロセッサーを搭載したミニタワーPCを発売









BenQ ZOWIE / GALLERIA共催「PUBG 東京VS上海対抗戦」オフラインイベント開催

visual_main

ゲーミングPCブランドのGALLERIA(ガレリア)は、バトルロワイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(以下PUBG)をタイトルに、アジアの2大都市、東京VS上海でのオフライン対戦を2018年4月21日(土)、ベンキュージャパンと共同開催する。

本イベントは、日本(東京)、中国(上海)の2か国、それぞれでeスポーツスタジアムに参加者が集まり対抗戦を実施するというもの。各国40名の選手(SQUAD×10チーム)で参加し、3ラウンド対戦の総合得点に応じて勝敗を決める。同じ都市の選手はオフラインでプレイすることにより、通常のバトルロワイヤルゲームでは味わえない面白さが期待される。

東京を代表して戦う10チームは、PUBGのプロリーグ「PUBG JAPAN SERIES」αリーグ「フェイズ2」の上位チーム、話題のコミュニティ大会「PUBG DONKATSU CUP」推薦の人気チームと別途選出の優秀チームを中心に構成する予定だ。

対戦会場は、2018年 4月15日(日)にオープンする予定の都内最大級e-Sports施設「LFS(ルフス) 池袋 esports Arena」。10チーム40名の選手は、会場に設置されるゲーミングPC「GALLERIA GAMEMASTER」最新2018年モデルと、「BenQ ZOWIE」のディスプレイXL2546で対戦する。

■PUBG 東京VS上海対抗戦 開催概要
【大会名】「PUBG 東京VS上海対抗戦」
【日時】2018年4月21日(土) 午後
【会場】LFS(ルフス) 池袋 esports Arena
    東京都豊島区東池袋一丁目43番6号D-BOX ビル地下1階 
【タイトル】PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS

【共催】ゲーミングPC GALLERIA
    ベンキュージャパン
【ゲームモード】各国 SQUAD 10チーム
【参加選手】プロゲーマーチーム×3チーム・・・PJS αリーグ「フェイズ2」上位チーム
      アマチュアチーム×6チーム ・・・DONCUP推薦及びSpecial DONCUP成績優秀者
      ストリーマーチーム×1チーム
【実況】 ShoboSuke (https://twitter.com/shobolinco)
【解説】 abara (https://twitter.com/abaranche)
【配信】 Twitch「LFS池袋」チャンネル (https://www.twitch.tv/lfs_ikebukuro)
※当日現地での観戦はできません


GALLERIAサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
Qi対応のワイヤレス充電器を内蔵するゲーミングマウスパッド「MM1000 Qi Wireless Charging」
ユニットコム、パソコン工房「Webピックアップサポートサービス」を提供開始
マウスコンピューター「世界級リゾートへ、ようこそ。山の信州」フォトコンテスト春を開催
マウスコンピューターより新開発スリムシャーシを採用した省スペースで最新CPU搭載のPCを発売
ラトックシステム、コンパクトなサイズに 8入力・8出力を搭載した Raspberry Pi用 デジタル入出力ボードを発売


PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS - XboxOne
日本マイクロソフト
2017-12-12



プロゲーマーVS.一般ゲーマーの新たなeスポーツ番組「BOSS RUSH」を放送。挑戦者募集中

pubg

Gzブレインは、プロゲーマーと一般ゲームプレイヤーが対戦するeスポーツ番組「BOSS RUSH」(協賛:ALIENWARE、NVIDIA)を、2017年12月29日(金)にニコニコ生放送にて配信する。今回のタイトルは、「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(以下、「PUBG」)。番組では、生放送内でプロゲーマーに挑む一般ゲームプレイヤーを募集する。

12月29日放送のeスポーツ番組「BOSS RUSH」では、PC向けバトルロワイヤルゲーム「PUBG」を使用し、一般ゲームプレイヤーがプロゲーマーに挑戦する。今回参戦するプロゲーマーは、eスポーツ大会で数多くの実績を残すプロチーム“父ノ背中”より、「PUBG」の大会でもおなじみの、あどみん選手とBEE_SUN選手だ。

番組では、両選手と“オフライン”対戦するデュオチーム(2人1組)を募集。参加者は、プロゲーマーと実際に間近で対戦することができる。さらに、プロゲーマーに勝つと、「PUBG」や「ALIENWARE」の限定グッズがプレゼントされる。

■「BOSS RUSH」 番組概要
放送日時:2017年12月29日(金) 19:00~22:00
出演者:MC:こくじん 他  解説:ブンブン丸、プロゲーマー:あどみん、BEE_SUN(父ノ背中所属)※敬称略・順不同
協賛:ALIENWARE、NVIDIA
番組URL:http://ch.nicovideo.jp/boss-rush

※放送時間や内容、出演者などは、予告なく変更となる場合があります。
※一般視聴者の方も、生放送中、「BOSS RUSH」専用のカスタムサーバーにアクセスすることで、“オンライン”での参加が可能です。

■「BOSS RUSH」一般ゲームプレイヤー参加募集について
参加募集詳細ページ: http://ch.nicovideo.jp/boss-rush/blomaga/ar1376318
参加申込み締切: 2017年12月22日(金) 23時59分

※デュオ3~4戦、スクワッド1~2戦を予定しています。
※定員は、4チーム(計8名)です。応募数が定員を超えた場合は、当日参加いただくチームを厳正なる審査の上、決定します。
※収録場所は、ALIENWARESTORE AKIBA(東京都・秋葉原)となります。当日は店舗の一部を一般のお客様向けに開放していますが、観覧はできませんのでご注意ください。
その他注意事項につきましては、上記の参加募集詳細ページをご確認ください。


Gzブレイン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「メルカリトレンドワード2017」を発表
ソニーのロボット・プログラミング学習キット「KOOV」の体験会を開催
「フィギュアヘッズ」のオフラインゲームイベントを実施する「GALLERIA GAMEMASTER キャラバンin名古屋」の参加受付を開始
「AbemaTV」にて大晦日に特別番組 「朝青龍を押し出したら1000万円」の放送が決定
トリップアドバイザー、「日本人に人気のハワイ観光スポットランキング」を発表






ドスパラ、GALLERIA Mini発売記念キャンペーンを開始

GALLERIA Mini 発売記念

ドスパラは、2017年12月7日(木)より、「GALLERIA Mini発売記念キャンペーン」を、全国のドスパラ店舗及びドスパラ通販サイトにて開始した。2017年12月15日(金)まで。

GALLERIA Miniは、手のひらに乗るサイズを実現した、超小型のハイスペックゲーミングPC。キャンペーンではGALLERIA Miniを購入した人にもれなく、ゲームの購入にも使えるドスパラポイント3,000円分をプレゼントするというもの。

また、ドスパラ公式Twitterでは、抽選で5名に2,000円分のWebマネーが当たるキャンペーンを開始した。ドスパラ公式アカウントをフォロー、及び対象のつぶやきをリツイートすることで応募できる。

GALLERIA Mini 1060 Core i7-7700搭載
GALLERIA Mini 1060 Core i5-7500搭載

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
「パソコン工房」のイメージガールに最強の地下アイドル「仮面女子」が就任
ユニットコム、iiyama PC「LEVEL∞」よりCore i9-7980XEを搭載したゲームパソコンを発売
マウスコンピューター、広視野角でIPSパネル方式採用の23.8型ワイド液晶ディスプレイ2モデルを発売
iiyama PC、「STYLE∞(スタイル インフィニティ)」より第8世代Core i5搭載の15型フルHDノートパソコンを発売
NECパーソナルコンピュータ、LINEを使ってAIを駆使した24時間チャットサポートサービスを開始





「LEVEL∞」、アーケードコントローラーがセットになった「鉄拳7」推奨パソコンを発売

img_139455_4

ユニットコムは、「iiyama PC」ブランド「LEVEL∞(レベル インフィニティ)」より、アーケードコントローラーがセットになった「鉄拳7」推奨パソコンを発売した。価格は15万9,818円~(税込)。

「LEVEL-R027-i7-RNR-TK7 RAPSET」はインテルCore i7-7700とNVIDIA GeForce GTX 1060を搭載したデスクトップモデル。拡張性の高いミドルタワーケースを使用しており、ハードディスクややPCI-Expressカードの増設がしやすい設計となっている。なお、各種カスタマイズが可能な「BTO(Build to Order=受注後生産方式)」に対応している。

またゲームセンターに近い環境でプレイすることが可能になるアーケードコントローラーが標準でセットに。「HORI リアルアーケードPro.N HAYABUSA」はバンダイナムコのアーケード筐体と同様「ノアール配置」で設計されており、独自に開発したHAYABUSAユニットを搭載し、優れた応答速度と入力精度を実現した。

■LEVEL-R027-i7-RNR-TK7 RAPSET [Windows 10 Home]
OS:Windows 10 Home 64ビット
プロセッサー:インテルCore i7-7700
チップセット:インテルZ270 Express
メモリ:DDR4-2400 DIMM 4GB×2(計8GB)
SSD:240GB SSD / 2.5 インチ Serial-ATA
HDD:1TB HDD / 3.5 インチ Serial-ATA
光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
電源:500W 80PLUS SILVER認証 ATX電源
コントローラー:HORI リアルアーケードPro.N HAYABUSA


img_139455_3


「鉄拳7」推奨パソコン販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
15.6インチのノートPCやA4書類が折れずに入る、USBが2ポート搭載のPCバックパック
DAIV、4K動画の編集時間を短縮する、最新10コア20スレッドCPU搭載クリエイター向け水冷PCを発売
ユニットコム、主要メーカー1,000種以上のノートPCに対応した小型ACアダプターを発売
ロジクール、クリエイティブ&オフィス系ソフトやアプリを操作できるキーボードを発売
AMDのハイパフォーマンスGPUを搭載!アスク、「RADEON RX VEGA 56 8G HBM2」を発表

鉄拳7
バンダイナムコエンターテインメント
2017-06-01

鉄拳7 サウンドトラック
ゲームミュージック?(アーティスト)
スーパースィープ
2016-05-21




マウスコンピューター、VRにも対応できる高性能グラフィックスを搭載した小型ゲーミングPCを発売

NEXTGEARシリーズ(使用イメージ)

マウスコンピューターは、持ち運びに便利なVR向けグラフィックス搭載の小型ゲーミングパソコン「NEXTGEAR-C」を2017年9月13日(水)よりG-Tuneホームページ、電話通販窓口、マウスコンピューター各ダイレクトショップ、G-Tune:Garage秋葉原店にて発売する。

「NEXTGEAR-C」は、「G-Tune NEXTGEARシリーズ」の新たなセグメントとなる、小型のゲーミングパソコンで、VRにも対応可能なグラフィックス性能を有した、シリーズ内で最もコンパクトな新モデル。

本体重量は、同シリーズ既存のデスクトップパソコン「NEXTGEAR-MICRO im570SA10」の1/6となる約1.6kgで、片手で持てるほど軽量。コンパクトでありながら、ゲーミングパソコンにはかかせないグラフィックス性能も搭載し、2D、3D映像・動画はもちろんVRにも対応可能な仕様となっている。

欧米で盛んに行われているLANパーティーは、ゲーム大国である日本でも浸透しはじめ、ゲーミングパソコンの需要は年々増加傾向にあると同社。しかし、メインの移動手段が自動車である欧米に対し、日本は公共交通機関を利用することが多く、ゲーミングパソコンを家から会場へ持ち運ぶことが物理的に難しい一面もある。

マウスコンピューターはイベントへ機材協力をする中で、会場のユーザ-から「キーボードやマウスは自分のものを使いたい!」「小さくて持ち運びできるものがいい」という声を拾い、現場の声を製品に反映したのが「NEXTGEAR-C」となるとのこと。

LANパーティーはもちろん、旅行先にも手軽に持ち運ぶことが可能な「NEXTGEAR-C」で快適なパソコンライフを楽しんでみてはいかがだろうか。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
DAIV、4K動画の編集時間を短縮する、最新10コア20スレッドCPU搭載クリエイター向け水冷PCを発売
ユニットコム、主要メーカー1,000種以上のノートPCに対応した小型ACアダプターを発売
ロジクール、クリエイティブ&オフィス系ソフトやアプリを操作できるキーボードを発売
AMDのハイパフォーマンスGPUを搭載!アスク、「RADEON RX VEGA 56 8G HBM2」を発表
ワンコインのUSB3.0対応メモリカードリーダー






「LEVEL∞」より第7世代 Core i7とGeForce GTX 10シリーズを搭載したコンパクトゲームパソコンが登場

js_img_133551_2

ユニットコムは、「iiyama PC」ブランド「LEVEL∞(レベル インフィニティ)」C-Classより、第7世代インテル Core i7プロセッサーとNVIDIA GeForce GTX 10シリーズグラフィックスカードを搭載したコンパクトゲームパソコンの販売を開始した。

GeForce GTX 1060[6GB]とインテル Core i7-7700を搭載したコストパフォーマンスに優れる「 LEVEL-C122-i7-RNS」や、GeForce GTXシリーズの中でも最上位となるGeForce GTX 1080 Tiとインテル Core i7-7700Kを搭載したハイエンドモデルである「LEVEL-C122-i7K-XNA」など3つのモデルをご用意。最高設定でのゲームプレイや、複数モニター・VR・4K等の高解像度でのゲームプレイなど、ゲームのプレイ環境に合わせたモデルの選択・カスタマイズが可能となっている。

メインドライブにはSSDを採用。OSやアプリケーションの起動が高速になり、HDDと違って非常に軽快な動作で利用できる。また、SSDは480GBと、OSだけでなくゲームをインストールするのにも十分なデータ保存領域を持つものを採用している。

LEVEL∞ C-Classはコンパクトなデザインに、カスタマイズを幅広く行うことが可能なコンパクトケースを採用。ハイエンドグラフィックボードの搭載・カスタマイズを可能にし、コンパクトながらパワフルなゲーミングパソコンを構築できる。

各種カスタマイズが可能な「BTO」に対応している。

■LEVEL-C122-i7-RNS [Windows 10 Home]
販売価格:13万6,980円~(税別)

OS:Windows 10 Home 64ビット
プロセッサー:インテル Core i7-7700
チップセット:インテル H110 Express
メモリ:DDR4-2400 DIMM 8GB×2(計16GB)
SSD:480GB SSD / 2.5 インチ Serial-ATA
光学ドライブ:非搭載
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
電源:500W 80PLUS SILVER認証 ATX電源

■EVEL-C122-i7K-VNA [Windows 10 Home]
販売価格:18万9,980円~(税別)

OS:Windows 10 Home 64ビット
プロセッサー:インテル Core) i7-7700K
チップセット:インテル H110 Express
メモリ:DDR4-2400 DIMM 8GB×2(計16GB)
SSD:480GB SSD / 2.5 インチ Serial-ATA
HDD:2TB HDD / 3.5 インチ Serial-ATA
光学ドライブ:非搭載
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1080 8GB GDDR5X
電源:700W 80PLUS GOLD認証 ATX電源

■LEVEL-C122-i7K-XNA [Windows 10 Home]
販売価格:20万9,980円~(税別)

OS:Windows 10 Home 64ビット
プロセッサー:インテル Core i7-7700K
チップセット:インテル H110 Express
メモリ:DDR4-2400 DIMM 8GB×2(計16GB)
SSD:480GB SSD / 2.5 インチ Serial-ATA
HDD:3TB HDD / 3.5 インチ Serial-ATA
光学ドライブ:非搭載
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti 11GB GDDR5X
電源:700W 80PLUS GOLD認証 ATX電源


コンパクトゲームパソコン LEVEL∞ C-Class

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
アスク、CORSAIR製のゲーミングキーボード「K68 Red LED」を発表
Synology、Wi-Fiルータ「RT2600ac」および「VPN Plus」を発表
富士通、デスクトップパソコン「ESPRIMO FH90/B2」を新発売
歩けるVRお化け屋敷が登場「呪いのVR体験会」を開催
ドスパラ、自作パソコンセット「はじめてでも簡単に作れる!シリーズ」を発売






G-TuneでRampageのe-Sports大会優勝記念セール開催

Rampage_900x500

G-Tuneがスポンサードを行うRampageが、先日行われたe-Sports大会において、強豪チームを倒して優勝を飾ったのを記念して、「Rampage優勝記念セール」が実施される。

対象は販売開始時から人気モデルとなっている、Rampageメンバーがe-Sportsを楽しみたい方へおすすめするスタンダードモデル「NEXTGEAR-MICRO im570BA7-RP」。

インテル Core i5-7500 プロセッサー、GeForce GTX1050を搭載した、MOBAなどのジャンルに最適なモデルとなっている。

また今回の優勝を記念し、期間限定で9万9,800円が3,000円オフの9万6,800円で購入が可能(いずれも税別)。さらにCPU、メモリ、ストレージなどはBTOが可能で、自分好みの構成に仕上げることもできる。

■Rampage優勝記念セール概要
2017年4月3日(月)午後3時開始~4月13日(木)午前11時までの期間限定
【対象モデル】NEXTGEAR-MICRO im570BA7-RP
・Windows 10 Home 64ビット
・インテル Core i5-7500 プロセッサー
・GeForce GTX 1050 (2GB)
・8GB メモリ (8GB×1)
・240GB SerialATAIII SSD
・1TB SerialATAIII HDD 7200rpm
・電源 500W(80PLUS SILVER)


製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
Microsoft、Windows 10 Creators Update を4月11日より順次提供開始
パソコンのUSBポートから映像出力を可能にするUSB3.0(2.0)-HDMI変換アダプタ
VRに便利な背負えるバックパック型PC「GALLERIA VR WEAR」を発売
COUGAR、8色バックライト搭載の薄型ゲーミングキーボード「COUGAR VANTAR Gaming Keyboard」を発売
GALLERIA「ファイナルファンタジーXIV」推奨パソコンに「KabyLake」搭載モデルを追加





ASUS、取り外し可能な水冷ユニットを装備するハイエンドゲーミングノートPCなどを発表

1_NB-GX800VH

ASUS JAPANは2017年3月30日、、ASUS ROG(アールオージー:Republic of Gamers)シリーズをはじめとしたゲーミング向けノートPC6製品、デスクトップPC 2製品3モデルの計9モデルを春のゲーミングラインナップとして発表した。2017年4月1日(土)より順次発売する。

極限のオーバークロックを実現する、取り外し可能な水冷ユニットを付属する超高性能なゲーミングノートPC「ROG GX800VH」は、前モデルよりも一回り大きく大画面18.4型の迫力ある筐体に、最新世代のIntel Core i7-7820HKプロセッサーとNVIDIA SLI技術に対応したNVIDIA(R) GeForce(R) GTX1080を2枚、NVMe接続の512GB SSDを3枚 RAID 0で搭載する。

そのほか、120Hzの高リフレッシュレートで圧倒的ハイスペックの「ROG G701VIK」、4K UHD液晶搭載の「ROG G752VS」、ゲームをどこでも思い切り楽しめる15.6型のハイパフォーマンスゲーミングノートPC「ROG STRIX GL502VS」、ゲームパッドが付属するカジュアルゲーミングノートPC「FX502VM」、ゲームも動画編集もクリエイティブに楽しむカジュアルゲーミングノートPC「FX553VD」の6製品を発売する。

デスクトップPCには、最高4.5GHzで動作する最新世代のIntel Core i7-7700Kプロセッサーと、ROG GX800VHと同様、NVIDIA SLI技術に対応したNVIDIA GeForce GTX1080を2枚搭載し、筐体側面からのぞく基盤を好みのイルミネーションカラーに設定できるASUS Aura機能に対応したモンスター級のハイパフォーマンスデスクトップPC「ROG GT51CH」と、筐体はコンパクトながら妥協のない性能を誇る「ROG G20CI」、NVIDIA GeForce GTX1080を搭載したハイエンドモデル「G20CI-K7P1080」とNVIDIA GeForce GTX1070搭載したミドルレンジモデル「G20CI-K7P1070」の計3モデルが用意される。

■ゲーミングノートPC
取り外し可能な水冷ユニットでオーバークロックが可能な18.4型ゲーミングノートPC
(ASUS Aura機能搭載 英語キーボード)
------------------------------------------------------------
製品名:ROG GX800VH
型番 :GX800VH-GY004T
    発売予定日:2017年4日7日(金)
    価格:オープン価格(予想実売価格:73万9,800円(税別))
------------------------------------------------------------

圧倒的ハイスペックの17.3型高性能ゲーミングノートPC(英語キーボード)
------------------------------------------------------------
製品名:ROG G701VIK
型番 :G701VIK-BA045T
    発売予定日:2017年4日1日(土)
    価格:オープン価格(予想実売価格:40万9,800円(税別))
------------------------------------------------------------

驚愕の高精細さで映し出す4K UHD液晶搭載17.3型ゲーミングノートPC
------------------------------------------------------------
製品名:ROG G752VS
型番 :G752VS-GB387T
    発売予定日:2017年4日1日(土)
    価格:オープン価格(予想実売価格:34万9,800円(税別))
------------------------------------------------------------

ゲームをいつでもどこでも、思いっきり楽しむ、15.6型のハイパフォーマンスゲーミン
グノートPC
------------------------------------------------------------
製品名:ROG STRIX GL502VS
型番 :GL502VS-FY353T
    発売予定日:2017年4日1日(土)
    価格:オープン価格(予想実売価格:22万9,800円(税別))
------------------------------------------------------------

PCゲームがもっと身近に、ワンランク上の15.6型カジュアルゲーミングノートPC
------------------------------------------------------------
製品名:FX502VM
型番 :FX502VM-FY324T
    発売予定日:2017年4日1日(土)
    価格:オープン価格(予想実売価格:16万9,800円(税別))
------------------------------------------------------------

ゲームも動画編集もクリエイティブに楽しむ、ワンランク上の新世代15.6型カジュアル
ゲーミングノートPC
------------------------------------------------------------
製品名:FX553VD
型番 :FX553VD-FY381T
    発売予定日:2017年4日1日(土)
    価格:オープン価格(予想実売価格:11万9,800円(税別))
------------------------------------------------------------

2_NB-ROG

3_NB-FX


■ゲーミングデスクトップPC
すべてがモンスター級、デュアルGPU搭載オーバークロック対応水冷ゲーミングデスク
トップPC
------------------------------------------------------------
製品名:ROG GT51CH
型番 :GT51CH-1080SLI
    発売予定日:2017年5月中旬以降
    価格:オープン価格(希望小売価格:69万9,800円(税別))
------------------------------------------------------------

ゲーミングデスクトップPCに小型化の革命を。サイズに妥協のないパワフルマシン
------------------------------------------------------------
製品名:ROG G20CI (GeForce GTX 1080、SSD512GBモデル)
型番 :G20CI-K7P1080
    発売予定日:2017年5月中旬以降
    価格:オープン価格(希望小売価格:30万9,800円(税別))
------------------------------------------------------------
製品名:ROG G20CI  (GeForce GTX 1070、SSD256GBモデル)
型番 :G20CI-K7P1070
    発売予定日:2017年5月中旬以降
    価格:オープン価格(希望小売価格:22万9,800円(税別))
------------------------------------------------------------


4_DT-ROG


ASUSゲーミング全国イベント~最強で最高のゲーミング新製品を体験~

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
パソコンのUSBポートから映像出力を可能にするUSB3.0(2.0)-HDMI変換アダプタ
VRに便利な背負えるバックパック型PC「GALLERIA VR WEAR」を発売
COUGAR、8色バックライト搭載の薄型ゲーミングキーボード「COUGAR VANTAR Gaming Keyboard」を発売
GALLERIA「ファイナルファンタジーXIV」推奨パソコンに「KabyLake」搭載モデルを追加
日本エイサー、ゲーム初心者にも持ち運べるゲーミングPCとしても最適な15.6型ゲーミングノートPCを発売






レノボ、ゲーミングPCラインナップを一新。新ブランド「Lenovo Legion Y520」など4モデルを新発売

ideacentre-y720-cube-1920x1080-1

レノボ・ジャパンは2017年2月21日、ゲーミングPCとしてノートブックタイプの「Lenovo Legion Y520」、「ideapad Y910」2モデル、デスクトップタイプの「ideacentre Y720 Cube」、「ideacentre Y700」(追加モデル)の2モデル、合計4モデルを発表した。発売は2月24日から。

近年、PCを使ったゲームをスポーツとして楽しむe-Sports盛り上がりを見せるなど、ゲーム専用に設計された高性能な「ゲーミングPC」の需要が高まっている。

グローバルに製品展開をするレノボでは、デスクトップ、ノートブックそれぞれに競技用にも使用できるパワフルな製品を提供している。本年2017年初めには「Lenovo Legion(レノボ・レギオン)」というゲーミングブランドを立ち上げ、ゲーミングPCへのコミットメントを示すとともに、特設サイトを立ち上げるなど、ゲームの世界でファンにさらにゲームを楽しんでもらえるための様々な活動を強化しているとのこと。日本においても、本日発表の「Lenovo Legion Y520」以降ゲーミングPCのラインナップは順次Lenovo Legionブランドへと切り替えをおこなっていくことになる。

■Lenovo Legion Y520
15.5インチ、フルHDIPS液晶画面のノートブックタイプのLenovo Legion Y520は、PCゲームをカジュアルに楽しみたいという方をターゲットとしたエントリークラスマシン。13万500円(税別)からと求めやすい価格ながら、CPUには第7世代のインテル Core i5-7300HQまたはCore i7-7700HQを搭載、ゲームをサクサクと楽しむキモとなるグラフィックカードにはNVIDIA GeForce GTX 1050またはNVIDIA GeForce GTX 1050 Tiを搭載。メモリーも16GB(8GBx2)と、十分なパフォーマンスを誇っている。バッテリー駆動は約6.6時間、本体質量は約2.4kgとなっている。発売日は2017年2月24日。

Lenovo-legion-y520-1920x1080-1


■ideapad Y910
17.3インチ・フルHDのIPS液晶画面のノートブックタイプのideapad Y910は、ノートブックタイプのフラッグシップとなるモデル。CPUはオーバークロックにも対応した クアッドコア搭載のインテル Core i7-6820HK プロセッサーを採用。グラフィックカードにはHTC ViveなどのVRコンテンツも楽しめる最新のNVIDIA Pascal アーキテクチャを採用した NVIDIA GeForce GTX 1070を搭載する。さらにネットワークにはプロゲーマーにも定評のあるKillerを有線、無線LAN両方に採用し、サウンドにはサブウーファー付きJBLステレスピーカー を搭載している。また、ゲームの勝敗を左右するとまで言われるキーボードには、マクロキーのみならず、全てのキーがプログラマブルな、こだわりのメカニカルキーボードを採用している。

ideapad-y910-1920x1080-2



■ideacentre Y720 Cube

分離型デスクトップのideacentre Y720 Cubeは、ユニークなキューブ型のゲーミングPC。最上位の構成では第7世代のインテル Core i7-7700 プロセッサー、グラフィックスカードはNVIDIA GeForce GTX 1080を搭載するなど、コンパクトな筐体ながらゲーミングPCとしてトップクラスの戦闘力を備えている。筐体上部には持ち運びのためのハンドルがあり、自分のPCを持ち込んで友人宅でゲーム大会を楽しむ「LANパーティー」にも最適な一台だ。

■ideacentre Y700
豊富な拡張性を誇る分離型デスクトップのideacentre Y700に追加モデルが登場。最上位の構成では第7世代のインテル Core i7-7700 プロセッサー、グラフィックスカードはNVIDIA GeForce GTX 1070をそれぞれ搭載するなど、さらに戦闘力の高いゲーミングPCとなっている。

Lenovo ゲーミングPC情報サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
充電式で電源不要&接続不要なサイコロ型の超コンパクトプロジェクター
最大解像度16,000dpiのMOBA/MMO特化型ゲーミングマウスが登場
Steamコントローラー、Steamリンクをドスパラ・パソコン工房・グッドウィルで販売
JAPANNEXT、4K対応の55型曲面液晶ディスプレイ「JN-VC550UHD」を発表
人気の14インチハイコスパノートがApollo Lakeにアップグレードして再登場







ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ