ITライフハック

ゲーム

サードウェーブデジノス、賞金総額500万円の「GALLERIA GAMEMASTER CUP」を開催

20170713_ガレリア_記者発表会フォトセッション

サードウェーブデジノスは、日本のeスポーツプレイヤー人口の裾野拡大を目指し「GALLERIA GAMEMASTER CUP」を開催することを決定した。

本大会では「チャレンジ部門」と「エントリー部門」を設け、「チャレンジ部門」では世界を目指すeスポーツ プレイヤーの育成支援することを目的に、アジア最大級のeスポーツ大会「eXTREMESLAND ZOWIE ASIA CS:GO 2017」の日本予選を主催運営する。

「eXTREAMSLAND ZOWIE ASIA」はBenQのゲーミングブランド「ZOWIE」が主催するeスポーツ大会で、今年3年目を迎える。昨年は招待枠として日本代表が出場したが、今年は初めて日本予選を勝ち抜いた日本代表をアジア決勝大会に送り出すことに。競技タイトルは昨年ロンドンで開催された「eSports Industry Awards」で”Game of the Year“を獲得したValveCorporationが贈る世界的に人気のFPS「Counter-Strike : Global Offensive」。賞金総額10万ドルが用意された本大会はアジア14地域を代表する16チームが出場する。

日本予選は本日7月13日(木)からエントリー受付し、8月のオンライン予選で上位4チームを選抜し、9月16日(土)~17日(日)に都内で開催される決勝大会で日本代表を決定し、各地域を勝ち抜いた代表が10月19日(木)~22日(日)に上海で開催されるアジア決勝大会に集結しアジア チャンピオンを決定する。

「エントリー部門」は国内だけで完結する大会で、eスポーツ コミュニティー活性化を目的に開催する。競技タイトルはWargaming.netのオンラインタンクバトル「World of Tanks」と、スクウェア・エニックスのロボット対戦ゲーム「フィギュアヘッズ」。7月13日(木)からエントリー受付し、8月のオンライン予選大会で各タイトルの上位2チームを選抜し、9月16日(土)~ 17日(日)に都内で開催される決勝大会でチャンピオンを決定する。大会の模様はTwitch、YouTube Liveで配信する。

また、本大会ではより多くのチームに参加してもらうために「チャレンジ部門」と「エントリー部門」を合わせ、賞金総額500万円を用意した。

GALLERIA GAMEMASTER CUP公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
シャノアール、今年の真夏日対策に「怖い話」を提供。過冷却を利用した氷点下アイスコーヒーの商品化も検討
仙台市に期間限定「ジョジョの奇妙な冒険」デザインの下水道マンホールを設置
あの幻のポケモン“ミュウ”がもらえる!セブン-イレブン「ポケモンラリー2017」を開催
“ガリガリ君”、“ガツン、と”、合計2,000本無料配布
音楽ストリーミングサービス「AWA」が、「音楽認識機能」の提供を開始






アスク、CORSAIR製のゲーミングキーボード「K68 Red LED」を発表

K68 Red LED_03

アスクは、CORSAIR製のゲーミングキーボード「K68 Red LED」を発表した。2017年7月22日に発売予定で、価格はオープンプライス。市場想定価格は1万5,000円前後(税別)。

「K68 Red LED」は、Cherry MX Redキースイッチを採用しIP32までのテストをクリアした防水・防塵機能を備えるゲーミングキーボード。全てのキーがRED LEDバックライトに対応、CORSAIR独自開発のソフトウェア「CORSAIR Utility Engine」を使用することによりカスタマイズ可能となっており、ダイナミックなライティング効果を実現する。

また、全てのキーがマクロ設定に対応するほか、キーボード上部に7つのマルチメディアキーを搭載しており、ゲームプレイ中でもスムーズなオーディオコントロールが可能だ。

さらに、Nキーロールオーバー、アンチゴースト機能に加え、最大1,000Hzの高速レポートレートに対応しており、複数キーの同時押しや連続入力などの動作にも少ない遅延で確実な信号伝達を実現。長時間の使用でも快適な入力をサポートするパームレストも付属しており、優れたゲーミングパフォーマンスを発揮する。

K68 Red LED_12


製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
Synology、Wi-Fiルータ「RT2600ac」および「VPN Plus」を発表
富士通、デスクトップパソコン「ESPRIMO FH90/B2」を新発売
歩けるVRお化け屋敷が登場「呪いのVR体験会」を開催
ドスパラ、自作パソコンセット「はじめてでも簡単に作れる!シリーズ」を発売
「Re:ゼロから始める異世界生活」コラボ第2弾!エミリアと2人きりのシーンをVRで体験






LINE、新会社「LINE GAMES」を設立

ogp

LINEは、ゲーム事業の一層の強化に向けて新会社「LINE GAMES」を韓国に設立し、また、ゲーム開発会社「NextFloor」の発行済株式総数の51%を取得する投資契約を2017年7月7日に締結した。

このたび設立した「LINE GAMES」は、ゲーム事業を専門とするLINEの100%連結子会社。「NextFloor」は、韓国に本社を置くゲーム開発会社で、ミドルコアゲームを中心とした多数のヒットタイトルをグローバルに展開しているとのこと。この度、「LINE GAMES」が
「NextFloor」の発行済株式総数の51%を取得し連結子会社化した。

LINEは、従来の強みであるパズルゲームを中心としたカジュアルゲームや自社IPを活用したゲームに加え、近年では日本国内を中心にミドルコアゲームの拡充に取り組んできた。今回の取組を通じて、ミドルコアを中心としたゲームコンテンツの開発・運用体制のさらなる強化を図るとともに、日本、韓国、タイ、台湾を中心としたグローバル展開を加速させ、ゲーム事業の成長およびLINEプラットフォーム全体の活性化を進めていくとのことだ。新会社の代表取締役には、ゲーム開発者出身で多数のヒット作を生み出してきたNextFloor代表取締役の金ミンギュ氏を迎える。

■LINE GAMESの概要
会社名:LINE GAMES株式会社
所在地:ソウル特別市瑞草区江南大路479、新論ヒョンタワー2階
代表取締役:金ミンギュ (NextFloor代表取締役)
設立:2017年6月14日
資本金:800,000,000ウォン
主な事業内容:グローバル展開に向けたゲームの開発・運営

■NextFloorの概要
会社名:NextFloor Corporation.
位置:ソウル特別市瑞草区江南大路479、新論ヒョンタワー5~10階
代表者:金ミンギュ
主な事業内容:モバイルやコンソールゲームソフトウェアの開発及び、国内外のゲームパブリッシングサービス
資本金:54,000,000ウォン(2016年12月末現在)

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
東京メトロ AR技術を活用した土木構造物の維持管理教育用アプリの使用を開始
藤岡弘、さんと鈴木奈々さんがITエンジニアにエール!「ワークスタイルリフォーム ビフォー・アフター大賞」発表会
LINEから簡単お得に買い物が楽しめるショッピングサービス「LINEショッピング」がスタート
サイバーエージェントとCygamesが共同でアニメファンドを組成
「COMPUTEX 2017」が大盛況のうちに閉幕






FPSで最高のパフォーマンスを発揮するUSB接続 エルゴノミクスゲーミングマウス

22952_IMBrqDgQgR

上海問屋は、握りやすさに定評があり、人気のデザインを採用した、USB接続のエルゴノミクスゲーミングマウスの販売を開始した。価格は2,999円(税込)。

スイッチの入力反応速度は、高速の1m/sから標準的な18m/sまでソフトウェアで設定が可能だ。スクロールホイール下の3つのボタンは、3つのショットモードを設定できるので、FPSで有利にプレイできる。マウス本体を手でかぶせるようにホールドする、かぶせ持ちに最適だ。

専用のソフトウェア(メーカーサイトよりダウンロード)は日本語に対応しており、マクロ設定を始め、ボタンの割り当て、入力反応速度やDPIなどもゲームや好みに合わせて設定ができる。4つのプリセットモード(CORE1~4)では、ゲームの種類やレベルに応じた設定でプレイを楽しむことができる。CORE1であれば、ロールプレイングやリアルタイムストラテジーゲームに適しており、CORE2~4は、FPSの初級、中級、上級に適した設定になっている。

マウスの底面は、耐久性があり滑りの良いメタルパッド仕様。

■製品仕様
対応OS・・・・・・・・Windows7/8/8.1/10
インターフェース・・・USB
読み取り方式・・・・・光学式(オプティカル)
DPI・・・・・・・・・ 800/1000/1200/1600/3200
キーレスポンス・・・・1~18m/s
スイッチ耐久回数・・・1000万回
ポーリングレート・・・125~1000Hz
内蔵メモリ・・・・・・160KB
LED・・・・・・・・・ マルチカラー
サイズ・・・・・・・・幅66×高さ42×奥行125mm
ケーブル長さ・・・・・1.8m
重量・・・・・・・・・約145g
付属品・・・・・・・・ダウンロードURLカード、ステッカー
製品保証・・・・・・・購入後 6か月間


22952_ZguHkLeRCp

22952_dBdelbPBng


DN-914834 上海問屋限定販売ページ

上海問屋に関連した記事を読む
スタイリッシュなデザインの強化ガラス製スタンド
コンマ1秒を競うゲームで威力を発揮する光赤軸搭載 RGBゲーミングキーボード
オリジナルメッセージを表示できる卓上扇風機
立体音響を聴けて録音もできるiPhone専用バイノーラル録音用マイク搭載VRイヤホン
スマホ画面のようにマウス操作ができるUSB高精度ジェスチャータッチパッド






左手でテンキーが打てる左利き用光スイッチ搭載RGBゲーミングキーボード

22952_vOvYjypmij

上海問屋は、キーボードの左側にテンキーを配置した、左利きの人のためのRGBゲーミングキーボードの販売を開始した。価格は9,999円(税込)。

今まで右側にあり不便であったテンキーが左側に配置されたことで、左利きの方の作業効率が格段にあがるだろう。キータッチは軽く、カチカチ音が心地良い青軸のような打鍵感だ。

入力反応速度0.2m/sの最速レスポンスの光スイッチ搭載。全てのキーがアンチゴースト対応で、快適にゲームを楽しめる。専用ソフトをダウンロードするとマクロ設定を始め、お好みでショートカットやホットキー(ショートカットキー)の設定ができ、ゲーム以外のビジネス用途としても効率よく作業ができる。

LEDバックライトは6種類のプリセットモードに加え、専用ソフトで全てのキーの色をカスタマイズ可能。交換用キートップとキートップ引抜工具、手首に優しい脱着可能なリストレストを付属している。

■製品仕様
対応OS・・・・・・・・Windows 10/8.1/8/7
インターフェース・・・USB
キースイッチ・・・・・光スイッチ
キー配列・・・・・・・左利き用 英語104キー
キーピッチ・・・・・・約19mm
キーストローク・・・・約3.5mm
LED・・・・・・・・・ RGB(9段階輝度調整 ※消灯可能)
アンチゴースト・・・・全キー
サイズ・・・・・・・・縦150×横455×高さ38mm
重量・・・・・・・・・約864g
ケーブル長さ・・・・・1.8m
付属品・・・・・・・・交換用キートップ(Q、W、E、R、A、S、D、F)、キートップ引抜工具、英語マニュアル
製品保証・・・・・・・購入後6か月間


22952_DHfOpHKAFH

22952_cKMJkMjAgh


DN-914831 上海問屋限定販売ページ

上海問屋に関連した記事を読む
スタイリッシュなデザインの強化ガラス製スタンド
コンマ1秒を競うゲームで威力を発揮する光赤軸搭載 RGBゲーミングキーボード
オリジナルメッセージを表示できる卓上扇風機
立体音響を聴けて録音もできるiPhone専用バイノーラル録音用マイク搭載VRイヤホン
スマホ画面のようにマウス操作ができるUSB高精度ジェスチャータッチパッド





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ