ITライフハック

ゲーム

ニコニコ超会議2017「超ゲームエリア」 任天堂が協賛に決定

_F1_0419

ドワンゴは、2017年4月29日(土)、30日(日)に幕張メッセで開催されるイベント「ニコニコ超会議 2017」のゲーム関連ブース「超ゲームエリア」の新企画や60名以上にのぼる新規出演者を発表した。

今年も多種多様なゲームが集まる超会議の「超ゲームエリア」。2月に開催された「闘会議2017」でも登場したNintendo Switch「ARMS」が今回も発売前に先行体験できるほか、各日展開されるエリア・ステージでは、様々なゲーム大会や新作ゲームの試遊、ゲーム実況者出演による特別ステージなどを開催する。

【超プレイエリア】
アナログ、デジタルの様々なゲームで遊ぶことができる。ラインナップは今後も増える予定だ。

●アナログエリア 使用ゲームタイトル(五十音順)
いかさまゴキブリ / えげつな7 / エセ芸術家ニューヨークへ行く/ コヨーテ / 素数大富豪 / ニムト / ピクテル / ペンギンパーティー / ワードバスケット/ 私の世界の味方 / ワンナイト人狼

●デジタルエリア
PICO PARK / Goat Punks / Rocket League /

【超ゲーム制作体験】
●青鬼ツクール
超会議限定の特別なバージョンのフリーゲーム「青鬼」を作成することができる。来場者がその場で顔を撮影、声を録音し、自身を「青鬼」としてゲームに登場させることができる。作成したゲームは「RPGアツマール」から投稿し、公開することができる。

【アーケードエリア】
●「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT」(※正しくはKの後のEはアクサンテギュ付き) ニコニコ超選手権2017(アーケード)
同タイトルのアーケード版を使用したゲーム大会を実施する。本大会の優勝ペア2名には2017年8月にアメリカのカリフォルニア州アナハイムにて開催される「ポケモンワールドチャンピオンシップス2017」「ポッ拳」部門に特別枠で出場できる招待出場権(「Travel Award」付招待券)がプレゼントされる。

そのほか、エリア内ではゲームセンターなどに設置されている以下4タイトルが試遊可能。
他にもタイトルが追加される予定だ。
「頭文字D ARCADE STAGE Zero」/「ドラゴンボール ゼンカイバトル」/「マジシャンズデッド」/「らくがきカードバトル撃墜王」ほか

【激闘!超スマホブース by AppBank】
●麻雀ツモツモ
マックスむらいと豪華ゲストが麻雀で対戦する。

●マックスむらいの「パズドラやろうぜ!」超会議出張版
マックスむらいをはじめとするAppBankメンバーとパズドラをマルチプレイする。

●モンスト“ソロ”トーナメント超選手権
「モンスターストライク」で活躍する強豪プレーヤーたちがモンストスタジアムのソロ
プレイで激突する。
出演者:タイガー桜井(ファミ通App) / 宮坊(ファミ通App) / ターザン馬場園(ファミ通App) / ぺんぺん / ありすぅ / なんとかキララEL(今池壁ドンズ) / そふぁ。(今池壁ドンズ) / べーこん(今池壁ドンズ) / ナウ・ピロ(GameWith) / しろ(GameWith)
解説:S嶋

●「デュエル エクス マキナ」愛の戦士・タラチオが実況プレイ!
スマホのトレーディングカードゲーム「デュエル エクス マキナ」を愛の戦士・タラチオが実況プレイ。さらに来場者との対戦企画も実施予定で、リアルカードのプレゼントも予定している。

【超Lステージ】
●ゲーム実況者のど自慢
ゲーム実況者が自慢の歌を披露するステージ。
出演者:タイチョー / タラチオ / まお / なな湖 / 湯毛 / Ash / M.K.R / recog

●超ボンバーマン神(ゴッド)ステージ
ドグマ風見とタイチョーが総勢16名の出演者を引き連れ、罰ゲームを賭けて「スーパーボンバーマン R」でチーム対決する。
出演者:汗だく / 稲野 / カフェイン / 栗御飯 / KeiTo / 小間川東次郎 / サントス / ZeLL / バケゆか / P(ピー)/ B!KZO / ムラタ / MOTTY / ゆうりょうboy / リョウティー / Refu

●ゲーム実況者人狼
ゲーム実況者たちが人狼ゲームに挑戦。
出演者:牛沢 / わいわい / SIGUMA / towaco / そでやま / テラゾー / オスマン / タイチョー ほか

●超アイドルマスターステージ
アイドルマスターのTHREE STARS!!!が紅組、白組にわかれて対決。
出演者:中村繪里子(天海春香 役)/ 下田麻美(双海亜美・真美 役)/佳村はるか(城ヶ崎美嘉 役)/ 藍原ことみ(一ノ瀬志希 役) Machico(伊吹翼 役)/郁原ゆう(エミリー スチュアート 役)
スペシャルゲスト:滝田樹里(音無小鳥 役)

また、アイドルマスターは「超チャンネル万博」ブースにも新企画を展示。レギュラーラジオ番組の合同企画として出演キャストが描いた番組広告「5番組合同!キャストによる手描き巨大広告!」を展示する。

【超Rステージ】
●シャドバスアカデミー出張版
ゲーム実況者によるエキシビションマッチを実施。
出演者:山口慧(MC) / 天野さとし(解説) / もこう ほか

●ドラゴンクエストXTV 出張版ニコニコ超会議2017SP
ニコ生番組レギュラー陣が登場し、番組を盛り上げる。
出演者:椿姫彩菜(MC) / 齊藤陽介 / 安西崇 / 阿見201 / 梨衣名 / サイトーブイ

●最新スマホ情報ステージ
株式会社LogicLinks代表の春田康一に加え、声優界を代表するゲーマーとして加藤英美里が出演するステージ。


超ゲームエリア

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
ニコニコ超会議2017「向谷実Produce! 超鉄道」参加鉄道全10社の出展詳細を公開
「ネットユーザーが本気で選ぶアニメ総選挙」に4万3千人回答。最も面白かったのは「けものフレンズ」
「ニコニコ超会議2017」前売り入場券を東日本エリアのNewDays 489店舗にて発売
「第2期電王戦」二番勝負第1局で「PONANZA」が佐藤天彦叡王に勝利。第2局は姫路城で開催
KEKで建設中の「BelleII測定器」が世界最強加速器とついに合体!ニコ生で8時間独占生中継





テーブルモードで遊ぶ時や充電台としてもう1台自分の部屋に置けるNintendo Switch用充電スタンド

1_000000002778

サンコーは、「Nintendo Switch用充電スタンド USB Type-C to Aケーブル付き」を2017年4月10日より発売する。価格は1,280円(税込)。

本製品はNintendo Switchを充電しながら置けるスタンド。付属のUSB Type-C to Aケーブルを接続してバスパワーで給電。画面が見える状態でスタンドに立てかけられ充電できるので、充電する際にNintendo Switchドックを、使う場所に持ち運ぶこともなくテーブルモードでも充電しながら楽しむことができる。

テーブルモードで遊ぶ時や、充電台としてもう1台置きたい方におすすめ。USB Type-C to Aケーブルを直接Nintendo Switchに繋げて使うこともできるので、いざという時、外でもモバイルバッテリーから充電することができる。

■製品仕様
・サイズ/幅140×奥行き67×高さ49(mm)
・重量/55g
・充電ケーブル/USB-C to USB-Aケーブル(充電用)
・充電ケーブル長さ/812mm(コネクタ含む)
・入力/5V 1.5A/15V 2.6A
・出力/5V 1.5A/15V 2.6A
・充電時間/フル充電にかかる時間
    純正ACアダプター使用時:約3時間
    5V 1.5AのUSBチャージャー使用時:約6時間
・内容品/本体、充電ケーブル(USB Type-C to A)、日本語取扱い説明書
・パッケージサイズ/幅72×奥行き56×高さ187(mm)
・パッケージ重量/93g(内容品含む)
・保証期間/3か月


Nintendo Switch用充電スタンド USB Type-C to Aケーブル付き

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
パナソニック、ハイレゾを簡単に楽しめるCDステレオシステムを発売
コンパクトながらダイナミックな低音を実現したデスクトップ・サイズのスピーカー「Elevate 3 MKII」
「視覚」×「聴覚」で楽しむ、音で読む新感覚マンガ「SHIORI SOUND EXPERIENCE -Noise-」を公開
サンコー、「デジタル一眼対応 3軸電動カメラスタビライザーPro」を発売
こぼした飲み物も窓ガラス掃除もホコリやチリも。水が吸える掃除機「スイトリーナー」





アナログとデジタルが融合した新感覚知育玩具「ブロクセル」を4月上旬より発売

main

マテル・インターナショナルは、ゲームに登場するキャラクターや背景をブロックで作り、端末で撮影して実際にゲーム全体をデザインし、自分だけのオリジナルゲームを作ることができる新感覚ブロック玩具「ブロクセル」を、Amazonにて2017年4月上旬より発売する。価格は5,400円(税抜)。

「ブロクセル」は、ゲームのデザイン、ストーリー、プログラムを自由にカンタンに作ることができるキット。持っているタブレット又はスマートフォンに本製品を購入したあと、無料でダウンロードできる「Bloxels Builder app」をダウンロードし、アプリの指示に従って進めていく。

ボード上に8色のブロックをはめこみながら、自分で考えついたゲームのキャラクターやステージを構築し、作成したアートをゲームボードが全部入るようにタブレットを持ち、ボードをキャプチャする。

その後、敵のアクションやパワーアップアイテム、ストーリーの設定を行えば、自分だけのオリジナルのゲームが完成する。キャラクターや背景も静止しているものだけでなく、歩くときやジャンプするときのアートをつくることで、動きの変化をつけることも可能だ。

また、ブロクセルのアプリにはすでに約1万2000ユーザーが世界中で登録されているため、アプリ内で自分が作成したキャラクターをオンライン上で他のユーザーと共有することが可能で、ブロクセルのコミュニティも楽しめる。

■「ブロクセル」概要
発売日: 4月上旬よりAmazonにて数量限定販売
対象年齢: 8歳以上
サイズ(cm): W28.6×D5.1×H28.6
発売元/販売元: マテル・インターナショナル

sub3

sub5

sub9


ブロクセル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
2017年度も石原さとみさんが出演! 東京メトロ「Find my Tokyo.」の新CMを発表
どこでも眠れるあなたにぴったりな快眠姿勢が見つかるトラベルピローを発売
位置ゲーム「駅メモ!」のカメラアプリが登場
定年退職を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ企画「THE LAST TRAIN」を実施
Yahoo! JAPAN、「Yahoo!検索」で“音”を検索できる新機能「♪(おんぷ)検索」を開始




G-TuneでRampageのe-Sports大会優勝記念セール開催

Rampage_900x500

G-Tuneがスポンサードを行うRampageが、先日行われたe-Sports大会において、強豪チームを倒して優勝を飾ったのを記念して、「Rampage優勝記念セール」が実施される。

対象は販売開始時から人気モデルとなっている、Rampageメンバーがe-Sportsを楽しみたい方へおすすめするスタンダードモデル「NEXTGEAR-MICRO im570BA7-RP」。

インテル Core i5-7500 プロセッサー、GeForce GTX1050を搭載した、MOBAなどのジャンルに最適なモデルとなっている。

また今回の優勝を記念し、期間限定で9万9,800円が3,000円オフの9万6,800円で購入が可能(いずれも税別)。さらにCPU、メモリ、ストレージなどはBTOが可能で、自分好みの構成に仕上げることもできる。

■Rampage優勝記念セール概要
2017年4月3日(月)午後3時開始~4月13日(木)午前11時までの期間限定
【対象モデル】NEXTGEAR-MICRO im570BA7-RP
・Windows 10 Home 64ビット
・インテル Core i5-7500 プロセッサー
・GeForce GTX 1050 (2GB)
・8GB メモリ (8GB×1)
・240GB SerialATAIII SSD
・1TB SerialATAIII HDD 7200rpm
・電源 500W(80PLUS SILVER)


製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
Microsoft、Windows 10 Creators Update を4月11日より順次提供開始
パソコンのUSBポートから映像出力を可能にするUSB3.0(2.0)-HDMI変換アダプタ
VRに便利な背負えるバックパック型PC「GALLERIA VR WEAR」を発売
COUGAR、8色バックライト搭載の薄型ゲーミングキーボード「COUGAR VANTAR Gaming Keyboard」を発売
GALLERIA「ファイナルファンタジーXIV」推奨パソコンに「KabyLake」搭載モデルを追加





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ