ITライフハック

ゲーム

東京ゲームショウ2017、332社が出展。TGS公式動画チャンネルを7月8日に開設

TGS2017_main_visual_JP

東京ゲームショウ2017(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会[略称:CESA、会長:岡村秀樹]、共催:日経BP社 [代表取締役社長:新実 傑]、会期9月21日~24日、会場:幕張メッセ/以下、TGS2017)は、2017年7月4日現在の出展企業・団体数、および本年のチケット販売情報を発表した。

7月4日時点の出展社数は332社。614社が出展した昨年同時期の301社を上回る規模となっているとのこと。昨年新設したVRコーナーは、今年「VR/AR」コーナーに改称し、MR(複合現実)も出展対象に加わったが、昨年の出展規模を3割以上上回る42社が現時点で決定している。海外からの参加国・地域は、現時点で計27カ国・地域となっており、これからさらに増える見込みとのこと。

一般公開日の「前売券」(1,000円税込)の発売は7月8日(土)午前10時から開始される。また、毎年好評となっている「TGS2017サポーターズクラブチケット」(特典付き3,000円税込)は、一次販売を7月23日(日)正午から、二次販売を7月29日(土)正午から、それぞれインターネットにて先着順での販売を行う。なお、ゲーム業界関係者に限定したビジネスデイ事前登録は、7月下旬から開始する予定だ。

「niconico」を展開するドワンゴの特別協力により、TGS公式動画チャンネルを今年も開設。事前番組は7月より昨年の倍となる月2回ペースで、週末の夜間帯に配信する。初回は7月8日(土)21時より配信予定。東京ゲームショウ2017の最新情報をお届けする。

東京ゲームショウ2017

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「タツノコプロ55周年 GO!GO!記念展」を東武百貨店で開催
LINE、デジタルとリアルが融合した新たな七夕の楽しみ方を提案する「みんなの七夕プロジェクト2017」を開始
LINE LIVE」、新たにPCからの配信に対応。LINE GAMEを始め、ゲーム配信の取り組みを強化
LINEバイト、オファーでつくる海の家「OFFER HOUSE by LINEバイト」を三浦海岸にオープン
元ジャイアンツ宮本も惚れ込むリアルに野球を楽しめる「レジェンドベースボール」

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-11-10

PlayStation 4 ジェット・ブラック 1TB(CUH-2000BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-09-15




9つのキーパッドを実装するUSB接続 レーザーゲーミングマウス

22952_msTIYJUmvY

上海問屋は、右クリック部分に9個のキーパッドを実装した、合計17ボタンのレーザーゲーミングマウスの販売を開始した。価格は4,999円(税込)。

スイッチとホイールには光スイッチを採用。0.2msの高速キーレスポンスで、光の接点で認識するので耐久性にも優れている。また、キーパッドでマクロ設定を素早く実行できるのでMMORPGやFPSに最適だ。

日本語選択が可能な専用ソフトウェアで、各種設定が可能。ゲームに合わせた4つのプリセットモードが用意されている。モードごとに武器やボタンの設定項目、マクロ設定の有無などを変えることができ、自分に合った好みのモードを選べる。

また、各キーにはキーボードのショートカットキーや、マルチメディアキー、ジェスチャー操作等を設定できるので、普段使いとしても作業の効率アップが可能だ。

レーザーポインターのように使える、ラインポインター機能、ボタンを押すと画面にラインを引ける機能などが付属し、ゲーム以外でも、プレゼンの場面でも利用することができる。

■製品仕様
対応OS・・・・・・・・Windows7/8/8.1/10
インターフェース・・・USB
センサー・・・・・・・AVAGO製 A9800レーザーセンサー
CPI・・・・・・・・・800/1000/1200/1600/8200
フレーム速度・・・・ 12,000fps
キーレスポンス・・・・0.2ms以下
スイッチ耐久回数・・・2,000万回
ポーリングレート・・・125~1000Hz
内蔵メモリ・・・・・・160KB
LED・・・・・・・・・ マルチカラー
サイズ・・・・・・・・幅80×高さ40×奥行125mm
重量・・・・・・・・・約156g
付属品・・・・・・・・ダウンロードURLカード、ステッカー
製品保証・・・・・・・購入後 6か月間


22952_MSnEaUwYwQ


DN-914833 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
オリジナルメッセージを表示できる卓上扇風機
立体音響を聴けて録音もできるiPhone専用バイノーラル録音用マイク搭載VRイヤホン
スマホ画面のようにマウス操作ができるUSB高精度ジェスチャータッチパッド
PCなしでiPhoneやiPadの画面を録画できるMFiライトニング接続対応HDMIビデオ・ゲームキャプチャー
5基のファンでノートPCの熱暴走対策。6段階の風量調節可能なUSBノートPCクーラー






LINE LIVE」、新たにPCからの配信に対応。LINE GAMEを始め、ゲーム配信の取り組みを強化

LINE LIVE_0622_News1

LINEが運営するライブ配信サービス「LINE LIVE(ラインライブ)」において、2017年6月14日(水)より、PC Webブラウザ版から、配信ソフトウェアを使用し、ライブ配信することが可能となった。

これまでLINE LIVEでは、アプリからのみ配信が可能だったが、PC WEBブラウザ版のメニューに「PCから配信」という項目を追加し、配信ソフトウェアを使って、ライブ動画配信を行えるように改善したとのこと。これにより、配信ソフトウェアを使うことで、様々な配信ができるようになる。

例えば、ゲームの実況において、プレイ画面も同時に映すことや画面上にグラフィックを組み込むこと、複数プラットフォームからの同時配信ライブも可能となる。また、横型・縦型を選択して、ライブ配信を行うことができる。そして、配信時間は、PC Webブラウザ版からの場合は最長3時間となり、最長1時間のアプリからの配信に比べると、長時間の配信が可能だ。

今回の機能追加にあたり、ゲーム配信が行いやすくなったことから、LINE LIVEでは、社内外でのゲーム配信を強化していくとのこと。その一例として、6月19日(月)には、でんぱ組.incの古川未鈴さんがLINE GAMEから配信中の「LINE レンジャー」の実況に初挑戦し、LINE GAME、LINE レンジャー、でんぱ組.incの三つの公式アカウントから生配信を実施した。配信では、視聴者から寄せられるコメントのアドバイスを受けながら難関ステージをクリアし、一体感ある実況配信となった。

LINE LIVE_0622_News3


LINE LIVE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
LINEバイト、オファーでつくる海の家「OFFER HOUSE by LINEバイト」を三浦海岸にオープン
元ジャイアンツ宮本も惚れ込むリアルに野球を楽しめる「レジェンドベースボール」
PlayStation4の累計販売台数が6000万台を突破
「ファイナルファンタジー30周年×横浜」夢のコラボレーション企画を開催
賞金総額1,000万円!マンガコンテスト「comicoチャレンジGP 2017」開催






PCなしでiPhoneやiPadの画面を録画できるMFiライトニング接続対応HDMIビデオ・ゲームキャプチャー

22952_KQHXdSCLjj

上海問屋は、ライトニングケーブル接続対応のHDMIビデオ・ゲームキャプチャーの販売を開始した。価格は15,999円(税込)。

本製品は、ライトニングケーブル接続対応のHDMIビデオ・ゲームキャプチャー。従来のゲーム機等の映像のキャプチャー機能に加え、フルHD(1080p/30fps)でiPhoneやiPadの画面も簡単に高画質録画ができる。

PCへの録画はもちろん、PCなしでもmicroSDカードやUSBメモリ、外付けHDDなどへ手軽に保存可能だ。HDMI、ライトニング接続以外に、コンポジット出力の機器にも対応しており、古いビデオデッキやビデオカメラなどの映像も録画できる。撮影した動画はMP4形式で保存され、動画再生ソフトがインストールされたPCや、動画再生アプリがインストールされたスマホなどで観ることができる。

使い方は簡単で、iPhoneであればライトニングケーブル、PCはmicroUSBケーブル、テレビやDVD/Blu-rayプレーヤー、ゲーム機等はHDMIケーブルをそれぞれ接続するだけで使用できる。付属の専用リモコンを使えば、離れた場所からの録画も可能だ。

■製品仕様
解像度・・・・・・・・・入力:1920×1080(60fps)、1280×780(60fps)
            出力:1920×1080(60fps)、1280×780(60fps)
            録画:1920×1080(30fps)、1280×780(60fps)
※マニュアルにはフルHD以上の解像度も対応となっているが、出力と録画解像度は最大フルHDまで。
動画保存形式・・・・・・MP4(H.246)
ビデオ規格(入力)・・・64GB
対応フォーマット・・・・FAT32、NTFS
入力機器・・・・・・・・HDMI、AV(コンポジット/音声)、MIC(3.5mm)、USB(Lightning接続用)
出力機器・・・・・・・・HDMI、USB2.0(外部ストレージ)、microSD、MicroUSB(PC接続用)、イヤホン(3.5mm)
ビットレート・・・・・・最大16Mbps
記録容量・・・・・・・・FAT32:1ファイルあたり最大2GB
            NTFS:無制限
最大ストレージ容量・・・HDD:2TB
            USBフラッシュドライブ:32GB
電力・・・・・・・・・・DC 12V、1A
サイズ・・・・・・・・・高さ25×幅110×奥行き110mm
重量・・・・・・・・・・約128g ※本体のみ
付属品・・・・・・・・・日本語/英語マニュアル、リモコン、ACアダプター、HDMIケーブル(約110cm)、3.5mmコンポジットケーブル(約140cm)、PC接続用USB⇔microUSBケーブル(約75cm)、ソフトウェア(Windows用)
製品保証・・・・・・・・購入後6か月間


22952_DnDcWTycNx

22952_qfziqZHouj


DN-914641 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
5基のファンでノートPCの熱暴走対策。6段階の風量調節可能なUSBノートPCクーラー
ディスプレイの上に小物を置ける液晶ディスプレイ・テレビ固定用 小物収納トレイ
点描画を描くための電動ドットペン
スピーカーごとクルクル巻けるキーボード
全てのキーを好みの色にカスタマイズできるキーボード






メンブレン方式を採用したクールなホワイトLED搭載のゲーミングキーボード

22952_MWOYOzFPWN

上海問屋は、バックライトにホワイトLEDを搭載したゲーミングキーボードの販売を開始した。価格は3,499円(税込)。

本製品は、バックライトにホワイトLEDを搭載したゲーミングキーボード。ボディは赤を基調とした個性的なデザインで、バックライトは3段階に輝度調節、消灯が可能だ。

キースイッチは、軽快なキータッチで音の静かなメンブレン方式を採用。キーストロークは約4mmと長く、打ち心地の良いしっかりとした打鍵感を得られる。

素早いボタン入力が求められるゲームなどで誤動作を防止するWindowsキーロック機能と、複数のキーを同時に押しても正しく認識される、ロールオーバーアンチゴースト機能を搭載している。104キーのフルサイズキーボードで、ゲームはもちろん、通常の使用にもおすすめだ。

■製品仕様
対応OS・・・・・・・・・・・・・・Windows 10/8.1/8/7
インターフェース・・・・・・・・・USB
キー配列・・・・・・・・・・・・・英語104キー
キースイッチ・・・・・・・・・・・メンブレン
キーピッチ・・・・・・・・・・・・約19mm
キーストローク・・・・・・・・・・約4mm
LED・・・・・・・・・・・・・・・ ホワイト(3段階輝度調整 ※消灯可能)
ロールオーバーアンチゴースト・・・19キー[Tab、Left Shift、Left Ctrl/F、Left Alt/V、Q、W、E、A、S、D、Z、X、C、B、Space、←、↑、→、↓]
Winキーロック・・・・・・・・・・ 有り
サイズ・・・・・・・・・・・・・・縦134×横443×高さ38mm
重量・・・・・・・・・・・・・・・約978g
ケーブル長さ・・・・・・・・・・・1.7m
製品保証・・・・・・・・・・・・・購入後 6か月間


22952_IwxvnvfKJV


DN-914821 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
ディスプレイの上に小物を置ける液晶ディスプレイ・テレビ固定用 小物収納トレイ
点描画を描くための電動ドットペン
スピーカーごとクルクル巻けるキーボード
全てのキーを好みの色にカスタマイズできるキーボード
スマホでカラオケの練習ができるエコー付カラオケイヤホン






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ