ITライフハック

コントローラー

パソコンの音量操作をオーディオ機器の様にスタイリッシュにしてくれる「USBボリュームコントロールノブ」

czMjYXJ0aWNsZSMyMjk1MiMyMTExNjkjMjI5NTJfZWtVWXNxa0lkcy5qcGc

上海問屋は、USBボリュームコントロールノブを発売した。価格は2,999円(税別)。

本製品は、パソコンの音量コントロールを、手元のノブで操作可能にする、USBボリュームコントロールノブ。

パソコンで音楽や映画などを鑑賞するとき、音量のコントロールをマウス操作で行うのは少し味気ないうえ、細かい音量調節ができない。本製品を使用することで、オーディオ機器を操作するようにかっこよく簡単に音量調節ができるようになる。

使い方は簡単です。PCにUSBケーブルで繋ぐだけ。専用のドライバは必要ない。また、ケーブルは約1.7メートル。PCから離れた場所で音量調節ができるのは、大変便利だ。

コントロールノブと台座の間に青色LEDライトを搭載しており、暗い部屋でも操作可能。ノブを押しこむと、ミュートにできるようになっている。

■製品仕様
対応OS・・・・・Windows7/8/10、MacOS X
サイズ・・・・・縦65 × 横50 × 奥行39(mm)
重量・・・・・・約64g
材質・・・・・・アルミ合金
付属品・・・・・Micro USBケーブル(約170cm)
製品保証・・・・購入後 初期不良2週間


czMjYXJ0aWNsZSMyMjk1MiMyMTExNjkjMjI5NTJfbmJZck9SelVXWS5qcGc


上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
暗闇でカラフルダンシングや夜間のウォーキングにも使える?LED搭載カラフルダンシング手袋
4インチから6インチサイズのスマホに対応するユニバーサルシリコンスマホケース
ホテルのトイレなんかにある手をかざすと自動で洗剤が出てくるアレ「オートソープディスペンサー」
ハッキングによる盗撮からプライバシーを守る ワンコインWebカメラ用シールカバー
普段はマグネットでくっついていて、取り外すとスマホスタンドになる「マグネティックスマホスタンド」






あの人気のバトルロワイヤルゲームをもっともっと楽しむ第2弾スマホ用ゲームコントローラー2

01

上海問屋は、人気のバトルロワイヤルゲームをもっと楽しめるスマホ用コントローラー第2弾を発売した。価格は799円(税別)。

本製品は、人気のバトルロワイヤルゲームで素早く攻撃ができる、スマホ用ゲームコントローラーの第2弾。通常は親指だけで全てのボタンを操作するが、コントローラーを付ければ射撃や打撃を、人差し指で操作するこができる。操作する指が増えることで、照準を合わせてから素早く攻撃ができるようになるため、まさに、勝つための必須アイテムだ。

さらに第2弾は、スイッチを押すと心地良いカチカチ音がする仕様になっており、押したときの感覚がわかりやすくなっている。このコントローラーで対戦相手にもっと差をつけよう。

■製品仕様
サイズ・・・・縦25 × 横32 × 奥行24(mm)
重量・・・・・約4g×2
材質・・・・・プラスチック等
製品保証・・・購入後 初期不良2週間


上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
こういうのが欲しかった!引き出しの中を自分好みにレイアウトできる「引き出し整理用仕切り板」
アウトドアや防災グッズの必需品。鋭利な刃物から手を守るスマホ操作対応耐切創手袋
これぞ「ごろ寝マウス」の決定版!タッチパッド搭載「ミニワイヤレスキーボード」
3台のHDMI入出力がワンタッチで切り替え可能なHDMI切り替え機
見た目、フィーリング、サイズと三拍子が揃ったメカニカルキーボード






ラトックシステム、外出先からの操作やAmazon Alexaに対応したに対応した超小型スマート家電コントローラを発売

main

ラトックシステムは、 AIスピーカー対応、手のひらサイズの超小型スマート家電コントローラ「RS-WFIREX3」を2017年12月1日に発売する。価格は7,560円(税込)。

「スマート家電コントローラ」は、 Wi-Fi経由でスマートフォンアプリから赤外線リモコン対応の家電製品を操作する製品。おもなリモコンデータは登録済みですぐに使え、増え続ける赤外線リモコンをスマホ1台にまとめられる。外出先から家電のリモート操作も可能で、本体に搭載の温度・湿度・照度センサーで状況を確認しながら、帰宅前の部屋や、在宅中の高齢者やペットのいる空間のエアコンを適切にコントロールできる。

新製品のRS-WFIREX3は、 REX-WFIREX2の後継機種となる。最長部がわずか約63.5mmと、前機種から体積比1/5以下の小型化を実現し、テレビ台やリビングテーブルの上など置く場所に困らないサイズに設計した。

その他の機能向上ポイントとして、赤外線の有効距離は従来比2倍の20mにアップ。また従来モデルよりWi-Fi設定が簡単になった。セットアップ時、(iOSでは本体に貼付のQRコードを読み取ったあと)接続しているWi-Fiルーターのパスワードを入力するだけで、本製品をそのルーターに接続する。

さらにスマホでの操作に加えて、 AIスピーカーと組み合わせた新たなスマートホーム化を提案します。 AIスピーカーに「エアコンをつけて」など話しかけることで、声による家電の操作が可能となる。

■製品概要
対応スマートフォン・タブレット:Wi-Fi接続に対応した下記のスマートフォンまたはタブレット iOS 8.4以降、 Android 4.4以降
対応環境:Wi-Fiルーターが設置され、使用可能なこと
対応リモコン赤外線フォーマット:各種赤外線リモコン(SONYフォーマット、 NECフォーマット、家電製品協会フォーマット、その他メーカー独自フォーマットなど)
対応AIスピーカー:Amazon Alexa対応スピーカー(Amazon Echoなど)
※今後、順次各種AIスピーカーに対応予定。
※登録できるリモコンは、テレビ1台、エアコン1台、照明2台までとなる。(2017年12月現在)


sub1

sub3


RS-WFIREX3

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
Anker、音質に加え、防水・防汗性能も進化した、カナル型Bluetoothイヤホンのプレミアムモデルを発売
寒い冬に大活躍!フワッと軽いUSBで即暖ヒーターライトジャケット
サンコー、パーソナル加湿&空気清浄機「エアクリーンネックバンド」を発売
軽量&小型でも機能は十分。乾電池でも動き、返し縫いができる「返し縫いできるコンパクトミシン」
テレビから離れていても大迫力サウンドを楽しめる「音を楽しむUSBサウンドバースピーカー」







Nintendo Switchをじっくり家でプレイできる「Nintendo Switch用 有線軽快コントローラー」

2_000000002905

サンコーは、「Nintendo Switch用 有線軽快コントローラー」を2017年10月2日より発売する。価格は1,980円(税込)。

本製品は、Nintendo Switch用 有線接続でバッテリーも気にせず遊べる約150gの軽いコントローラー。

Nintendo SwitchドックのUSBポートに、コントローラーのUSBケーブルを接続して使用する。ワイヤレスやJoy-Conのようにバッテリー切れする心配がなく、じっくり長時間プレイを堪能できる。

基本的な操作のみができるように、他の機能をそぎ落として「シンプルに」「お手頃価格に」「軽量に」快適を追求したコントローラーだ。

長時間プレイしても疲れにくい、約150gの軽量設計。ちょうど良いふくらみ形状でグリップもしっかり握れる。接続ケーブルは約2mで長すぎず短すぎず邪魔にならない長さ。家でNintendo SwitchをTVモードでプレイ持、しっかりとしたコントローラーでプレイしたい。友人が来たとき、2人用で遊べるようにもう1つコントローラーがあるとよい。といった方にお勧めだ。

■製品仕様
・サイズ/幅146×奥行き107×高さ64(mm)
・ケーブル長/約2m
・重量/約210g(ケーブル含む)、約150g(ケーブル含まず)
・搭載していない機能/ジャイロセンサー、モーションIRカメラ、加速度センサー、プレイヤーランプ、HD振動、おしらせランプ、NFC(近距離無線通信)
・内容品/本体、日本語取扱い説明書
・保証期間/6か月

12_000000002905


Nintendo Switch用 有線軽快コントローラー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
卒業生・植木等さんの生誕90周年記念 展覧会を東洋大学で開催
石原さとみさん出演・東京メトロ「Find my Tokyo.」9月29日(金)からCM「日比谷 歴史と文化が色づく」篇を先行公開
「アトリエ オンライン ~ブレセイルの錬金術士~」の新プロモーションビデオを公開
ウルトラマンが、エヴァンゲリオンが、ゴジラが来襲する都市から生き延びろ!――「巨影都市」
「CMイメージキャスト選抜総選挙」で咲坂柚衣さんが1位に――レジーナエンタテインメント・グリーゲームスブースイベント




SIEJA、PS4のカラバリコントローラーを発売

DUALSHOCK4_2_SteelBlack_01

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、ワイヤレスコントローラー「DUALSHOCK4」(CUH-ZCT2シリーズ)の新しいカラーバリエーションとして、「クリスタル」「レッド・クリスタル」「ブルー・クリスタル」「スチール・ブラック」「ミッドナイト・ブルー」の5色を、日本国内に向けて2017年11月3日(金・祝)より発売する。価格はクリスタル、レッド・クリスタル、ブルー・クリスタルが5,980円、スチール・ブラックが6,480円、ミッドナイト・ブルーが5,980円(いずれも税別)。


これまでも好評だったスケルトンモデルの「クリスタル」は、CUH-ZCT2シリーズでは新色の「レッド・クリスタル」「ブルー・クリスタル」とともに数量限定で発売する。

「スチール・ブラック」は、メタリックで高級感のあるカラーリングを施したモデル。2015年にCUH-ZCT1シリーズで発売しており、好評のためCUH-ZCT2シリーズでも数量限定モデルとして発売する。

「ミッドナイト・ブルー」はあらゆるインテリアにマッチする落ち着いた色合いが特徴的なモデル。ユーザーから要望の多い青系統の新色として、定番カラーラインアップに加わる。

DUALSHOCK4_2_MidnightBlue_01

DUALSHOCK4_2_RedCrystal_01

DUALSHOCK4_2_Crystal_01

DUALSHOCK4_2_BlueCrystal_01


プレイステーションカスタマーサポート

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
PCやタブレットなどの持ち運びに便利な大容量バックパック
声優・藤田茜と稲川英里がユーザーと一緒に肝試しを体験
ニコニコアンケート「月例ネット世論調査」を実施。内閣支持率54.0% 前月比2.3ポイント増
「クリエイター奨励プログラム」がニコニコ生放送に対応。生放送の人気度に応じてユーザーが収益化可能に
最初で最後のファン感謝祭「勇者ヨシヒコ ダイブイキタクナルツアー」をニコ生で独占生中継

ワイヤレスコントローラー (DUALSHOCK 4) クリスタル
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2017-11-03

ワイヤレスコントローラー (DUALSHOCK 4) ブルー・クリスタル
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2017-11-03

ワイヤレスコントローラー (DUALSHOCK 4) スチール・ブラック
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2017-11-03



Nintendo SwitchのJoy-Conを充電しながら使える! 握りやすいコントローラー「Nintendo Switch用Joy-Con充電握りやすいグリップ」を発売

Nintendo Switch用Joy-Con充電握りやすいグリップ

サンコー株式会社は、「Nintendo Switch用Joy-Con充電握りやすいグリップ」を2017年8月7日より発売した。
価格は、1,480 円(税込み)。

■Joy-Conを充電しながら使える
本製品はNintendo SwitchのJoy-Conを充電しながら使える、握りやすいグリップ型のコントローラーだ。Joy-Conを取り外さずそのままグリップにUSB充電ケーブルを挿せば、充電ができる。

重さは80gと軽量で、グリップが手にしっかりと密着する膨らみがあり、長時間のプレイでも疲れにくい形状だ。
さらに充電ランプがコントローラー正面にあり、充電状況が一目でわかるようになっている。

テレビモードでSwitchをとことん遊びたい人にとって、持ちやすくてそのまま充電できる本製品は魅力的だ。

「Nintendo Switch用Joy-Con充電握りやすいグリップ」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
RPGアツマール×電撃文庫、5作品をツクラーがゲーム化
感情や感覚を揺れ動かす作品に出合えるチャンス!飾りたいと思う写真展「アートの競演 2017葉月」を開催【Art Gallery M84】
「AKB48グループ じゃんけん大会2017」予備戦の模様を独占生中継
「電ファミニコゲームマガジン」のiOS/Android対応アプリ「ゲーマガ」を提供開始
ヤマハのFM音源LSIを搭載した電子工作用基板がウダデンシから登場。スイッチサイエンスと秋月電子通商から発売







ゲームコントローラー感覚で操作できるタッチパッド搭載ワイヤレスミニキーボード

2017-0428-2801-b

上海問屋は、ゲームコントローラー感覚で操作できる、タッチパッド搭載のワイヤレスミニキーボードの販売を開始した。価格は2,999円(税込)。

本製品は、ゲームコントローラー感覚で操作できる、タッチパッド搭載のワイヤレスミニキーボード。マウス機能搭載で、ファイルの選択や文字入力まで楽に行える。左クリックと右クリックのボタンは、左右2か所ずつに配置されており、人差し指、または、親指で押せるので、使いやすい指でクリック操作が可能だ。

タッチパッドは、ポインター操作、及びジェスチャー操作にも対応。また、キーボードは、モバイル端末のソフト上のキーボードよりも早く文字を入力できる。

接続は2.4GHz帯ワイヤレス。面倒なペアリングも必要なく、ドングルレシーバーを接続すればすぐに使用可能(動作範囲:約10m)。Bluetooth非対応のパソコンをはじめ、USBポート搭載の機器で利用できる。約4~6時間の充電で、約10時間の連続動作が可能だ。

■製品仕様
キー配列・・・・・英語配列(92キー)
通信方式・・・・・2.4GHz帯ワイヤレス
対応OS・・・・・・Android、Windows10/8.1/8/7
動作範囲・・・・・約10m ※ご使用環境により異なります。
充電時間・・・・・約4~6時間
連続動作時間・・・約10時間
電源・・・・・・・リチウムバッテリー(型番BL-5C)
サイズ・・・・・・縦96×横162×厚さ20mm
重量・・・・・・・約117g
付属品・・・・・・充電用ケーブル(USB-microUSB)、ドングルレシーバー、英語マニュアル
製品保証・・・・・購入後 6か月間


2017-0428-2801-e


DN-914731 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
最小限の視線の動きでスピードを確認できる車載 OBD2接続 ヘッドアップディスプレイ
立体3Dサウンドを体感できるHDSS技術搭載 3Dイヤホン
スマホをワンタッチ装着できる車載用強力吸盤 ワンタッチスマホホルダー
鍵と一緒に持ち歩くMFi認証ライトニングケーブル・マイクロUSBケーブル
デスク周りを美しくするディスプレイスタンド。MacBookにも似合う2カラー






リンクスインターナショナル、Steamコントローラー、Steamリンクの取り扱いを開始

Steam_Controller

リンクスインターナショナルは、デジカより、PCを中心に全世界で利用されている世界最大級のゲーミングプラットフォーム「Steam」の公式ハードウェア、「Steamコントローラー」「Steamリンク」の取り扱いを2017年3月上旬より開始すると発表した。価格はSteamコントローラーが7,344円(税込)、Steamリンクが7,344円(税別)で、取り扱うのはビックカメラ、TSUKUMO、ARKの店舗。

従来のコントローラーではプレイを想定していなかったFPSやシミュレーションゲーム、MOBAをはじめとした全てのSteamゲームのプレイが可能になり、個々のカスタマイズ設定にも優れたSteamコントローラーと、テレビと家庭内ネットワークにつなくだけで、ご家庭内のどの場所でもテレビを通してSteamタイトルを楽しめるSteamリンクは、発売以来世界中で人気を博しています。日本国内でも昨年11月に発売して以来、多くのユーザーに受け入れられている。

これらSteamハードウェアは組み合わせて使うことで、従来のPCの傍でキーボードとマウスを使ってゲームをするというスタイルから、リビングルームや寝室などにあるテレビでコンソールゲームのように気軽に、そして多人数でPCゲームをたのしめるようになる、ゲーマー必須のアイテムとなっている。

Steam_Link


Steam コントローラー
Steam リンク

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ドスパラ、ZBrushのための専用モデル 2機種を発売
レノボ、ゲーミングPCラインナップを一新。新ブランド「Lenovo Legion Y520」など4モデルを新発売
充電式で電源不要&接続不要なサイコロ型の超コンパクトプロジェクター
最大解像度16,000dpiのMOBA/MMO特化型ゲーミングマウスが登場
Steamコントローラー、Steamリンクをドスパラ・パソコン工房・グッドウィルで販売





Steamコントローラー、Steamリンクをドスパラ・パソコン工房・グッドウィルで販売

steam01

デジカは、PCを中心に全世界で利用されている世界最大級のゲーミングプラットフォーム「Steam」の公式ハードウェア「Steam コントローラー」「Steamリンク」の店頭販売を2017年2月り開始する。

これにより、従来のコントローラーではプレイを想定していなかったFPSやシミュレーションゲーム、MOBAをはじめとした全てのSteamゲームのプレイが可能になり、個々のカスタマイズ設定にも優れたSteamコントローラーと、テレビと家庭内ネットワークにつなくだけで、家庭内のどの場所でもテレビを通してSteamタイトルを楽しむことができる。日本国内でも昨年11月に発売して以来、好評を得ているとのこと。

これらSteamハードウェアは組み合わせて使うことで、従来のPCのそばでキーボードとマウスを使ってゲームをするというスタイルから、リビングルームや寝室などにあるテレビでコンソールゲームの様に気軽に、そして多人数でPCゲームを楽しめるようになる。

Steamコントローラー、Steamリンクだが、まずはパソコン専門店「ドスパラ」「パソコン工房」「グッドウィル」各店での取り扱いを開始。今後、取り扱う販売店を順次拡大していくとのことだ。

■製品情報
■Steam コントローラー
価格 : 7,344円(税込)
概要 : ・デュアルトラックパッド ・HDハプティクス ・アナログスティック ・デュアルステージトリガー、それぞれ10度の傾き角度 、磁束センサー、触覚スイッチ ・ジャイロスコープと加速度センサーがチルトステアリング機能とその他のモーションコントロール入力を可能にします。 ・設定可能なコントロール ・ゲームがサポートしていればローカルマルチプレイヤーが可能 ・有線あるいは無線(デュアルモード) ・Micro USB ポート経由のUSB 2.0 (ケーブルは別売り) ・およそ5メートルの無線通信範囲。(結果に誤差がある場合があります。) ・同梱のテスト用AA電池(単3電池)で最大80時間の標準ゲームプレイが可能。 ※電池の寿命は使用や電池の種類などその他の要素に基づき異なる場合があります。
同梱 : Steam コントローラ AA 電池(単3形電池)2つ USB ワイヤレスペアリングドングル
要件 : Steam コントローラマッピングの表示、編集、保存と共有にはSteam Big Picture モードを実行できるコンピューターが必要です。

■Steam リンク
価格 : 7,344円(税込)
概要 : ・解像度・フレームレートは1080p・60 FPS ・有線 100 Mbit/s ファーストイーサーネットと無線802.11ac 2x2 (MIMO) ネットワーク機能 ・USB 2.0 ポート3つ ・内蔵無線 Steam コントローラペアリング機能 ・Bluetooth 4.0 ・HDMI 出力 ・Steam コントローラ (別売り) Xbox One あるいは 360 有線コントローラ、Windows 用 Xbox 360 無線コントローラ、Logitech 無線ゲームパッド F710あるいはキーボードとマウスに対応
同梱 : ・Steam リンク 本体 ・電源ケーブルとアダプタ ・HDMI 2.0 ケーブル ・イーサーネットケーブル
要件 : ・SteamOS あるいはWindows Vista 以降、Mac OS X 10.10 (Yosemite) 以降、 あるいはLinux Ubuntu 12.04以降搭載のホストコンピュータ。 ・720p あるいは1080p 解像度のテレビあるいはモニター ・上記の入力デバイスのいずれか ・Steam リンクとホストコンピュータへの家庭内ネットワーク接続。(有線接続を強く推奨します。)


ste


Steam コントローラー
Steam リンク

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
JAPANNEXT、4K対応の55型曲面液晶ディスプレイ「JN-VC550UHD」を発表
人気の14インチハイコスパノートがApollo Lakeにアップグレードして再登場
GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント
レバー操作でフルフラットに!極厚クッションで座り心地も寝心地も抜群なチェア
マイルストーン、COUGARブランドのゲーミングチェア「COUGAR Armor Gaming Chair」を発売





IT HEADLINE 2011年1月26日朝刊

昨日の主要ニュースがひと目で分かるIT HEADLINE。PCから順に最新ニュースをピックアップしよう。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ