ITライフハック

サイバーリンク

サイバーリンク、PowerDVD 15、PowerDirector 13など自社主力製品をWindows 10対応へ

動画再生やビデオ・写真編集などのマルチメディアソフトを主力製品としているサイバーリンクは、PowerDVDやPowerDirectorといった同社の定番ソフトについて、アップデートプログラムによるWindows 10への対応を進めていくことを発表した。

続きを読む

あのフォトショマジックが簡単にできる写真編集ソフト「PhotoDirector EXPERT」



ソースネクスト株式会社は、サイバーリンク製の写真編集ソフト「PhotoDirector EXPERT」のダウンロード版およびパッケージ版を発売する。「PhotoDirector EXPERT」は、プロが行なうような難しい写真補正を、誰でも簡単に使えるようにした本格写真編集ソフト。


続きを読む

スマートフォンの動画環境が変わる!動画変換が3ステップの「PowerDirector 9」



最近は、iPhoneやAndroid端末に代表されるスマートフォン、携帯電話、ポータブルゲーム機などのモバイル端末を使って動画を見ることが当たり前になってきた。インターネット上の動画コンテンツを楽しむのもよいが、どうせ見るなら高精細なハイビジョン動画(HD)で見たいものだ。

モバイル端末でHD動画が見られれば、仲間同士の遊びや恋人とのデートの思い出、子供の成長記録など、静止画とは比べものならないくらい感動を何度も楽しむことができる。

動画をスマートフォンや携帯電話などで持ち歩くためには、ビデオ編集ソフトを必要とするが、HD動画対応ソフトは高機能化した反面、誰でも簡単に使えるとは言い難かった。

そうしたなかで登場したビデオ編集ソフト64bit ネイティブ対応 HD編集ソフト「PowerDirector 9」は、前回の記事で紹介したように、単に高機能なだけでなく、直感的な操作で誰でもが手軽に動画編集できることツールでもあるが、モバイルと連携することで、もっと便利に使えるのだ。

そこで今回は、「PowerDirector 9」を使って、モバイル端末向けの動画の実力を作ってみよう。

続きを読む

Windows 7時代の映像革命!最大100トラックの直感編集「PowerDirector 9」



「PowerDirector 9」は、誰でも簡単に高精細な映像(HDビデオ)を編集できる画期的なソフトだ。前回は、64bit OSネイティブ対応のメリットとパフォーマンスの高さを紹介したが、「PowerDirector 9」は64bit OSネイティブ対応のほかにも、魅力的な機能を備えている。

高品位なビデオ作品を作成するには、誰でも簡単にビデオを編集し、補正できるツールが数多く必要だ。「PowerDirector 9」は、高精度な編集に必要なキーフレーム単位での操作が可能となっているのだ。動画編集を経験したことがない人の中には、何のことだか、サッパリわからない人もいるだろう。

というわけで、今回は手持ちの動画を使って、「PowerDirector 9」で動画編集がどれくらい簡単にできるのかを実際に試してみた。

続きを読む

64bit 対応のパフォーマンスに驚け!32bitと64bitではこれだけ違う「PowerDirector 9」



液晶テレビのハイビジョン化(HD化)とともにデジタルビデオカメラもHD化が進み、HDの波が家庭にも押し寄せている。デジタルカメラやスマートフォンでもHD対応のムービーを撮影できる機種があたりまえのように増えてきた。こうしたデジタル機器で撮影したハイビジョン動画は映像が綺麗な反面、動画の編集に時間が掛かってしまうのが大きなボトルネックだった。

というのも、最近の動画編集ソフトは多機能をうたったものが多いものの、64bit ネイティブのものがなく、64bit OS環境を最大限に活用できなかったからだ。そうしたなかで、ついに発売されたのが64bitネイティブ対応のHDビデオ編集ソフト「PowerDirector 9」だ。業界初の64bitネイティブ対応の製品であるだけに、気になっている人も多いだろう。

そこで今回から3回にわたって、「PowerDirector 9」の特長である64bitネイティブの圧倒的なパフォーマンスを中心に、その魅力に迫ってみよう。

続きを読む

64bit ネイティブ対応!「PowerDirector 9」を極める【新時代のHDビデオ編集】



最近は、個人向けのデジタルビデオカメラやデジタルカメラでも、HDビデオを撮影できる機種が増えてきた。

これまで高画質だがデータ量も膨大となったHDビデオ編集に利用する編集ソフトは、CPUやOSが64bit化しているにもかかわらず、64bit ネイティブ対応の個人向けのHD編集ソフトは今までなく、快適な環境とはいえなかった。

そんな中、サイバーリンク社から個人向けとしては業界初の64bit ネイティブ対応 HD編集ソフト「PowerDirector 9」が登場した。「PowerDirector 9」は、単に64bit環境に対応しているだけではなく、使いやすさも考慮されているのだ。そんな「PowerDirector 9」の魅力に迫ってみよう。

サイバーリンク楽天市場店 - 2月末まで送料無料・楽天ポイント10倍セール実施中
サイバーリンク

スマートフォンの動画環境が変わる!動画変換が3ステップの「PowerDirector 9」
ビデオ編集ソフト64bit ネイティブ対応 HD編集ソフト「PowerDirector 9」は、前回の記事で紹介したように、単に高機能なだけでなく、直感的な操作で誰でもが手軽に動画編集できることツールでもあるが、モバイルと連携することで、もっと便利に使えるのだ。そこで今回は、「PowerDirector 9」を使って、モバイル端末向けの動画の実力を作ってみよう。


Windows 7時代の映像革命!最大100トラックの直感編集「PowerDirector 9」
高品位なビデオ作品を作成するには、誰でも簡単にビデオを編集し、補正できるツールが数多く必要だ。「PowerDirector 9」は、高精度な編集に必要なキーフレーム単位での操作が可能となっているのだ。動画編集を経験したことがない人の中には、何のことだか、サッパリわからない人もいるだろう。というわけで、今回は手持ちの動画を使って、「PowerDirector 9」で動画編集がどれくらい簡単にできるのかを実際に試してみた。文


64bit 対応のパフォーマンスに驚け!32bitと64bitではこれだけ違う
「PowerDirector 9」は、ブルーレイディスクやAVCHDへの書き出し対応、キャプチャ、編集、オーサリングおよびディスクへの出力までをカバーするビデオ編集ソフト。最大の特長は、個人向けとしては初めて64bit OSにネイティブで対応した点だ。

3D映像をブルーレイ高画質で!万能型マルチメディアプレイヤーが登場



サイバーリンクは、動画再生ソフトウェア PowerDVD 10 シリーズのパッケージ版を2010年4月23日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。標準価格は、PowerDVD 10 Ultra 3Dが13,440円(税込み)、PowerDVD 10 Ultra 3D アップグレード版が11,340円(税込み)、PowerDVD 10 Standardが5,800円(税込み)。

同社は、
「Blu-ray 3D 規格への準拠により、PC にて Blu-ray 3D タイトルの再生を安心してお楽しみ頂けます。」と、コメントしている。

■3Dムービー再生に対応
PowerDVD 10 シリーズは、コンシューマ向けPCソフトウェアとしては業界で初めて3D関連機能を搭載し、ストリーム動画形式である flv(Flash動画) の再生などにも新たに対応した。

新しいPowerDVD 10 シリーズは、独自技術 TrueTheaterテクノロジーにより、再生環境に合わせてDVDのHDクオリティへのアップスケール、音響効果を自動・手動で調節することができる。さらにはブルーレイ、DVD映像ソフト以外にも、CPRM対応ディスク、AVCREC・AVCHDディスク、ホームビデオ、MPEG4やFLV、MKVフォーマットなどの動画ファイル、音楽ファイルなどあらゆるメディアの再生とHDMI1.3での出力をサポートしている。

なお、ブルーレイ・ディスク・アソシエーション (BDA) より正式に取得した Blu-ray 3D ロゴ対応プログラムを Mark-II として、PowerDVD 10 Ultra 3D パッケージ版/ダウンロード版ユーザーには後日無償配布する予定。

「PowerDVD 10」製品情報
サイバーリンク

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっとみる
デュアルコアCPUを追加!好きなThinkPadを作れるCTOメニュー
ベクターや楽天など、日本ダウンロードソフト振興協会を設立
ATOKからニコニコ大百科を調べられる機能を提供開始
電源のない場所でも安心!14.4時間駆動のネットブックが登場

PowerDVD 10 Ultra 3D
PowerDVD 10 Ultra 3D
posted with amazlet at 10.04.10
サイバーリンク トランスデジタル (2010-04-23)
売り上げランキング: 373

2DのDVD映画を3Dに変換!画期的なPCソフトが登場



3D映画や3Dテレビの登場で、一躍注目を浴びることになった3D技術だが、パソコンの世界でも、そうした3D環境にいち早く対応したソフトが登場した。サイバーリンクの動画再生ソフトウェア「PowerDVDシリーズ」の最新版となる「PowerDVD 10」だ。

サイバーリンク 最高経営責任者 アリス・チャン(Alice H.Chang)氏は、
「メディアエンタテイメント業界において3D技術はHDに続く新しいトレンドです。サイバーリンクはマルチメディア分野において常に最新の技術を供給して参りましたが、3D技術もその例外ではありません。この度のBlu-ray 3Dロゴ認証取得により、PowerDVDはPCにおける最高のメディアエンタテイメントをご提供できると確信しております。」と、コメントしている。

■今までのDVDの映像が3Dへ
「PowerDVD 10」は、ブルーレイディスクアソシエーションより、パソコン用び再生ソフトウェアとしては世界で初めて、Blu-ray3Dの正式認証を取得したソフトだ。Blu-ray 3D規格への準拠により、パソコンでBlu-ray 3Dタイトルの再生を安心して楽しめるだけでなく、メニューや字幕、BD-J等を幅広く活用したBlu-ray 3Dならではのコンテンツを満喫することができる。

目玉機能は、ブルーレイだけではなく、従来のDVDの2D映像も3Dへ変換できる点だ。新機能の「TurueTheater 3D」は、2D動画を3Dへと変換して3Dに対応するパソコン環境を整えておけば、3D動画をすぐさま鑑賞することができるのだ。画面内の奥行きが加わることで、お気に入りの映画が3D作品として生まれ変わるというわけだ。

「PowerDVD」製品情報
サイバーリンク

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっとみる
ワイヤレスで便利!テレビにパソコンの画面を映し出すマル秘アイテム
高速化だけじゃない!快適なパソコン環境を手軽に実現
右クリックメニューを自分仕様にカスタマイズ!ファイル操作をより快適に
iPadとの同期に対応!アップル、「iTunes 9.1」のダウンロードを開始

iPhoneやiPodで動画を持ち歩く!サイバーリンク、高速動画変換ソフトを発表

高速動画変換ソフトウェア「MediaShow Espresso 5.5」


サイバーリンクは2010年1月20日、高速動画変換ソフトウェア「MediaShow Espresso 5.5」を発表した。
価格は、ダウンロード版が3,980円 (税込み)。アップグレード版(ダウンロード版)が1,890円(税込み)

「MediaShow Espresso 5.5」は、iPhoneやAndroid搭載端末などのスマートフォン、Xbox 360、PlayStation 3など、動画再生端末を選択するだけで、最適な動画ファイルへ変換してくれる便利なソフトだ。

2010年の最新のインテンルチップセット、NVIDIA CUDA、ATI StreamなどのGPUに最適化されており、より高速な動画変換が可能。MKV/RM/RMVB/FLVファイルのインポート、DivXファイルへの出力にも対応している。

サイバーリンク社最高経営責任者(CEO)アリス・チャン(Alice H.Chang)氏は、
「スマートフォンや携帯ゲーム機など様々な携帯デバイスで動画コンテンツを簡単に楽しめる時代となりました。MediaShow Esporesso5.5はこうした様々なニーズに応える為あらゆる動画フォーマットに対応し、高速動画変換を実現します。」 と、コメントしている。

「MediaShow Espresso 5.5」製品情報
サイバーリンク

編集長も驚いた! 写真や動画を手軽に整理できる「MovieWriter」活用術【MovieWriterの快適ライフ】

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■PC関連の記事をもっとみる
軽くて速いPDFビューアで業務も効率化
春モデルは技術で勝負!NEC 渡邉氏が語るPC戦略
富士通 齋藤氏が語る!PC春モデルの特長とPC戦略
新VAIOはトラブルに強い!ソニー、PC春モデルを発表

動画はホームネットの時代へ!デジタル放送をPCで視聴

「Cyberlink SoftDMA 1.58」


サイバーリンク株式会社は2009年12月4日、DTCP-IP規格に対応したマルチメディアプレーヤー「Cyberlink SoftDMA 1.58」の発売を開始した。
価格は、ダウンロード版が4,980円(税込み)。

■様々な動画を再生できるプレーヤー
Cyberlink SoftDMA 1.58は、ホームネットワークを介してDLNA対応機器で録画されデジタル放送番組をパソコンで視聴できるDTCP-IP規格に対応したマルチメディアプレーヤー。H.264 AVCモードの録画再生にも対応しているため、ハイビジョンデジタル放送番組を劣化させることなくHD画質でパソコンで再生することも可能だ。
サーバーを選択して共有コンテンツを検索

また、ホームネットワーク上に接続されたデジタルメディアサーバーに保存されているビデオや写真、音楽を再生することもできる。バックグラウンドで音楽を聴きながら同時に写真を再生できるので、簡単にフォトスライドショーも楽しめるわけだ。
ファイルを選択することができる

Cyberlink SoftDMA 1.58は現在、家庭内ネットワークにてデジタル放送番組から各種プライベートメディアまで、総合的にコンテンツを楽しめるデジタルメディアホームネットワークプレーヤーとなっている。
録画したデジタル放送番組を再生することができる

■ホームネットワークサービスが広がることを期待 - Alice H. Changsi氏
サイバーリンク最高経営責任者(CEO) Alice H. Chang氏は、
「サイバーリンクはホームネットワーク配信のアプリケーション技術において重点的に開発投資して参りました。現在まで各OEMメーカー様に採用された実績をもとに、この度ダウンロード販売を開始できることを大変嬉しく思います。

より使い易く、楽しいサービスが提供できるものと確信しております。日本のマーケットにおいてホームネットワークサービスがより広がることを期待しています。」と、コメントしている。

■Cyberlink SoftDMA 1.58対応ファイル形式
動画:MPEG2 PS, MPEG2 TS, WMV, H.264 (MP4)
音楽:MP3, LPCM, WMA, AAC_ADTS_320 (3GP), AAC_ISO_320 (3GP)
写真:JPG, PNG, BMP

「Cyberlink SoftDMA 1.58」製品情報
サイバーリンク株式会社

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっとみる
ネットブックが高速化!パソコンが使いやすくなる技
1千万円分の豪華賞品が当たる!ASUS、体感キャンペーン
動画は何でもテレビで見る!多機能メディアプレーヤー
目からウロコ!USB機器をみんなで共有できる周辺機器
Windows 7の操作性をUP!スタートメニューをより快適に

ASUS 12.1型ワイドノートPC UL20A Windows7搭載モデル シルバー UL20A-2X044V
ASUSTek (2009-10-24)
売り上げランキング: 249
おすすめ度の平均: 5.0
5 大満足です!
5 今年のMVPノートPC?
5 Acer1410と迷いましたが。。。
5 なんという完成度
5 購入しました! 予想通りの逸品でした

ASUS Eee PC 901 main 1G SSD 16G 8.9インチ WHITE パールホワイト EEEPC901-WHI051X
ASUSTek (2008-11-29)
売り上げランキング: 1974
おすすめ度の平均: 4.5
5 便利です
3 モバイル用としてはGood。キーピッチは狭し。
5 起動は体感10秒
5 これぞネットブックの本流
5 スーパーサブ

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ