ITライフハック

サンコー

無音部分を自動的にデータカット!ライン入力でカセットなどのアナログ音源をMP3に変換できるプレイヤー

seprtpl3-007

サンコーは、「PC不要!自動で曲間分割するMP3変換プレイヤー」を2017年1月19日より発売致する。価格は4,980円(税込)。

本製品は自動的に曲の間を区切る事ができる、レコーダー/プレイヤー。昔のカセットやレコードなどを、デジタルデータに変換しても、1つの大きな音楽ファイルができてしまい、曲のスキップなどが不可能で、再生時には不便だった。本製品は、録音時に曲と曲の間の無音状態を感知し、オートで1曲目、2曲目と切り分けて録音され、自動的にデータを区切りながらMP3のデジタルデータに変換してくれる。

使い方もとっても簡単。ケーブルを繋いで録音ボタンを押すだけ。すでに持っている音楽データを入れて再生することもでき、録音後のデータの確認や普段の音楽プレイヤーとしても使える。

さらに本体にマイクが内蔵されており、ボイスメモとしても使用可能。本体のキャップを外せばパソコンにそのままさせるUSBタイプなので、データのやり取りなどもとっても簡単。昔の貴重なデータ、なつかしい思い出の音楽など、曲間区切り付きのデジタルデータに簡単に変換することで、CDと同じ感覚で今でも楽しむことができるようになる。

■製品仕様
・サイズ/幅85×高さ12×奥行28 (mm)
・重量/26g
・付属品/本体、microSDカード(4GB)、オーディオケーブル(80cm)、イヤフォン(100cm)、日本語説明書
・電源/USBより給電・充電
・入力/5V/500mA
・充電時間/約1時間
・稼働時間/約5時間
・データ形式/MP3,WAV
・ビットレート/MP3(48,64,96,128,160kbps)
・サンプリングレート/MP3(24KHz/32KHz) WAV(12KHz/16KHz)
・録音データ容量/128kbps、MP3で録音の場合1分間で約1MB。4GBで4000曲以上保存可能。(録音設定により異なる)
・対応OS/Windows 7/8/10 MacOS 10
・パッケージサイズ/幅148×高さ38×奥行73 (mm)
・パッケージ重量/91g(内容品含む)
・保証期間/6か月


PC不要!自動で曲間分割するMP3変換プレイヤー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
サンコー、場所を取らないコンパクト「ミニ洗濯機」を発売
65年型マスタングのインパネとロゴをデザインしたメディアプレイヤー「Mustang LP BK」
新型PS4のカラーバリエーションとして「グレイシャー・ホワイト」が登場
ワコム、Bambooスマートパッドの新製品「Bamboo Folio small」を発売
パナソニック、ベルリン・フィルと技術開発協業契約を締結




冷却ファン+モバイルバッテリー+スタンドにもなるグリップ

pclpdgr4-001

サンコーは、スマゲー快適グリップ「スマクール」を2017年1月17日より発売する。価格は1,980円(税込)。

本製品はスマホゲームを快適にプレイできる冷却ファン機能とモバイルバッテリー機能を搭載した多機能グリップ。

スマートフォンでできるゲームってたくさんあって夢中になってしまいがち。でもすぐにスマホが発熱して熱くなってしまったり、バッテリーがなくなってしまう。長時間プレイしていると、手が疲れるし、ちょっと持ちづらいなあと感じることも。熱暴走でアプリが落ちてしまったり、故障の原因にもなることもあるので心配だ。

そんなヘビーユーザーの方におすすめなのがスマゲー快適グリップ「スマクール」。冷却ファン・モバイルバッテリー・スタンドにもなるグリップがひとつになったスマホ用多機能グリップだ。

スマートフォンの取り付けはとても簡単で、ホルダー部にはめ込むだけ。そして、ホルダー部の2つのファンでスマホを冷却。バッテリーが少なくなった時は手持ちの充電ケーブルを接続して充電が可能だ。

またゲーム用コントローラーのような持ちやすいグリップで快適にプレイできる。スタンド付きなので、動画を見る時にはスタンドとしても使える。より快適にスマホゲームがプレイできる、スマホゲームユーザーのための多機能グリップだ。

■製品仕様
・サイズ/幅155×高さ30×奥行120(mm)
・重量/155g
・ケーブル長/755(mm)※コネクタ含まず
・電源/USBより充電
・充電時間/約2時間(環境により異なります)
・稼働時間/ファンのみの使用で約8時間(※環境により異なります)
・内蔵バッテリー/2000mAh(iPhone 6を約2時間で35%→100%充電)
・出力/5V/1A
・内容品/本体、USBケーブル、日本語取扱説明書
・パッケージサイズ/幅180×奥行140×高さ40(mm)
・パッケージ重量/240g(内容品含む)
・保証期間/6か月


pclpdgr4-007


スマゲー快適グリップ「スマクール」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ソフトバンクの広告新キャラクターにジャスティン・ビーバーを起用
ユピテル「霧島レイ」シリーズに腕時計型ウェアラブル「Lei Watch」が登場
東京電力、停電・雨雲・地震情報などを配信するアプリ「TEPCO速報」のサービスを開始
頑丈に固定でき取り付けも簡単な360°回転式バイクマウントホルダー「A250」
ソフトバンク、防水・防じんに対応し、耐衝撃性能を備えたコンパクトサイズの衛星電話を発売





LINEやSkype等の着信をブルっとふるえて教えてくれるk型デバイス

wcbtu150-002

サンコーは、「お気に入りの時計がスマートウォッチに!『ウォッチブル』」を2017年1月13日より発売する。価格は2,980円(税込)。

本製品は腕時計に取付し、iPhoneの通知を振動でお知らせする極小のデバイス。腕時計に付けることで、iPhoneを見なくても、LINEやメール、電話などの着信を振動で知ることができ、愛用している腕時計がスマートウォッチのように使える。

iPhoneとの接続はBluetoothでペアリングし、iPhoneを置き忘れてしまった時も、本製品がブルブルっと震えて教えてくれる。1回の充電で最長約2週間使用可能。スマートウォッチの機能はアプリ通知だけでいい。と思っている方にオススメの商品だ。

■製品仕様
・サイズ/幅25×奥行き15×高さ8.5(mm)
・重量/4g
・接続方式/Bluetooth 4.0
・対応機種/iOS10.1.1以降
・電波到達距離/約10m(環境によって異なります。)
・電池容量/55mAh
・充電時間/約2時間
・連続利用時間/約1500回振動可能
1日あたり:着信:20秒、LINE:30回、Skype:10回、SMS・その他:5回で約2週間利用可能
・内容品/本体、固定用シリコンバンド×3本、専用充電ケーブル、日本語取扱い説明書
・パッケージサイズ/幅95×奥行き127×高さ38(mm)
・パッケージ重量/40g(内容品含む)
・保証期間/6か月


お気に入りの時計がスマートウォッチに!「ウォッチブル」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
東京電力、停電・雨雲・地震情報などを配信するアプリ「TEPCO速報」のサービスを開始
頑丈に固定でき取り付けも簡単な360°回転式バイクマウントホルダー「A250」
ソフトバンク、防水・防じんに対応し、耐衝撃性能を備えたコンパクトサイズの衛星電話を発売
GPS搭載によりアウトドアでの活動シーンを広げるSmart Outdoor Watch「WSD-F20」を発売
絶対夢に出る! はいだしょうこが歌・作画・声優を担当した期待を裏切らない電報スペシャルムービー





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ