ハリケーン「サンディ」の被害は、かなり北米に打撃を与えた模様だ。Googleのニューヨークでの発表会が延期されたりするなど、ニューヨークの周囲はかなりの被害のようで、停電がまだ復旧していないなどの情報もある。開催予定だった「ニューヨーク・シティ・マラソン」も取りやめになるなど、被害が広がっているようだ。その被害額が推計で300億~500億ドルになるなどとも言われており、かなり深刻であることを示している。

このハリケーン被害に対してソフトバンクの孫社長が、会社として50万ドルを寄付することをTwitterで発表した。

そのツイートに対して「寄付は普通善意でするもの。いちいち公表するアホはこの世の中でお前以外に存在しない。寄付まで商利用すんなクズ!」と噛みついた人がいたようで、孫社長は「色々な思いが有って公表しましたが、今後は公表を控えるベキなのかなあ...。」とツイート。それにさらに噛みつくと言う流れで炎上したようだ。

続きを読む