ITライフハック

ストリートファイター

大会賞金総額“1,200万円”超えのe-sports大会「RAGE vol.4 GRAND FINALS」を開催

sub8

CyberZは、2017年6月10日(土)にe-sports大会「RAGE vol.4 GRAND FINALS(決勝大会)」をベルサール高田馬場にて開催する。複数ジャンルのゲーム最強王者を決める“次世代型e-sports大会”「RAGE」では、毎回複数のゲームタイトルを採用し、年間を通した大会の運営をエイベックス・エンタテインメントと実施している。

「RAGE vol.4」では、本格スマホカードバトル「Shadowverse」(Cygames)、対戦型格闘ゲーム「ストリートファイターV」(カプコン)、サッカーゲーム「ウイニングイレブン 2017」(コナミデジタルエンタテインメント)のそれぞれの予選大会を勝ち進んできたプレイヤー総勢24名が一堂に会し、各タイトルの王者を目指し熱い闘いを繰り広げる。「Shadowverse」は総額700万円超え、「ストリートファイターV」は総額300万円、「ウイニングイレブン 2017」は総額200万円となり、本大会の総賞金総額は過去最高となる1,200万円超えとなった。

また、本大会のMCはShadowverseステージでは、武井壮と荒井レイラが、ウイニングイレブン 2017& ストリートファイターVステージでは、 UZIと宮崎瑠依が、さらに、魔裟斗と松木安太郎がゲスト解説としてRAGEを盛り上げる。来場及び視聴するユーザーが大会をより一層楽しめるような様々な企画・演出を用意しているとのこと。さらに、会場では本大会会場でしか購入することができない大会オリジナルグッズの販売も実施する(詳細はRAGE公式サイトにて公開)。

■武井壮コメント
「地球上に生まれた新しい戦いの場、それがesports。今、ものすごい勢いで世界に広まるこの戦いをこの目に焼き付けて、いつかは自分自身もその場に立つべくRAGEに参戦します!最強の戦士達の戦いを見逃すな!!」

■荒井レイラコメント

「ゲームの格闘技!熱い戦いを盛り上げられるように頑張ります!」

■UZIコメント
「RAGE!最強の称号、最高の栄誉を手にするのは一体誰なのか?うぇいよー!」

■宮崎瑠依コメント
「はじめてのesports!目の前でどんな戦いが繰り広げられるのか…皆さんと歴史的瞬間の目撃者になれることを今から楽しみにしています!」

■「RAGE vol.4 GRAND FINALS(決勝大会)」概要
タイトル:「RAGE vol.4 GRAND FINALS(決勝大会)」
日時:2017年6月10日(土) 開場9:00/開演10:00/終演19:30(予定)
会場:ベルサール高田馬場(https://www.bellesalle.co.jp/shisetsu/shinjuku/bs_takadanobaba/access )
競技タイトル:
・Shadowverse
・ストリートファイターV
・ウイニングイレブン 2017
■賞金
「Shadowverse」:700万円超え(優勝400万円、準優勝100万円、 3位50万円、 4位30万、 5位タイ各15万、 9位タイ各7.5万
オフライン予選プレイオフ準決勝戦までの敗退者(6勝0敗~5勝1敗)各3万円、
オフライン予選day2にて4勝2敗の選手 各1万円)
「ストリートファイターV」:300万円 (1位200万円、 2位50万円、 3位・4位各15万円、 5位~8位各5万円)
「ウイニングイレブン 2017」:200万円 (1位100万円、 2位50万円、 3位30万円、 4位20万円)


公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「LINEギフト」で、“肩たたき券”を贈ろう
世界ゲームコンテンツ市場規模発表。2016年は8兆9977億円に~「ファミ通ゲーム白書2017」発刊~
「オランジーナ フレンチスパークリング」新発売
夏期限定の黄色いモンスター日本上陸。「モンスター ロッシ」6月27日新発売
第10回「FANTASTIC BATTLE」は「PUBG」バトルロワイヤルで実施






「ストリートファイター」のニコニコチャンネルを開設

YOUDEAL STREET FIGHTER ALLBATTLE

ドワンゴとYOUDEALは、ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の「ニコニコチャ
ンネル」にて、2017年3月20日(月)に、「YOUDEAL STREET FIGHTER ALL BATTLE」を開設した。また、3月26日(日)に開設を記念した公式生放送特番を放送する。

本チャンネルは、「ストリートファイターII」から最新タイトル「ストリートファイターV」までを網羅し、エキシビジョンマッチやオープン参加の大会、長期リーグ戦などを発信。また、各対戦の情報発表や感想戦などを行う番組を定期的に生放送する。

さらに、3月26日(日)には、チャンネル開設記念特番として、トッププレイヤーらによるエキシビションマッチを開催する。

■番組概要
 番組タイトル:「YOUDEAL STREET FIGHTER ALL BATTLE-SUPER EXHIBITON-」
 放 送 日 時 :3月26日(日)16:00 ~
 視 聴 U R L : http://live.nicovideo.jp/watch/lv293344340

■「YOUDEAL STREET FIGHTER ALL BATTLE」概要
 利用料金   :月額864円(税込)
 チャンネルURL: http://ch.nicovideo.jp/youdeal-sf
 実施予定内容 :・エキシビジョンマッチの実施
         ・各タイトルごとのオープン参加含む大会や長期リーグ戦の発信
         ・各対戦の情報、感想戦などをお伝えする番組を定期的に生放送


©CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ストリートファイターシリーズ 公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
ニコ生で「翻刻の基礎」を学べる生放送実施
エヴァの高橋洋子「ニコニコ超会議2017」の「超音楽祭」で新曲初披露
「今月のいきもの」×「けものフレンズ」サーバルキャットを2日連続で計14時間生中継
ニコ生、春分の日の3連休に心温まるアニメ5作品を全話一挙放送
ニコ生、東日本大震災の特集番組を3日連続放送。東北へ行ってみたくなる素材10時間放送など計5番組をお届け






モンスターエナジーが「ストリートファイターV - Evil Geniuses 勝ち抜きバトル」を開催

メインTGS2016
モンスターエナジーは、2016年9月15日(木)~9月18日 (日)で開催される東京ゲームショウにてモンスターエナジーブースを出展。今年は、日本人プロゲーマーのももちやチョコブランカが所属するEvil Geniuses(イービル・ジーニアス)の5名の格闘ゲームプレイヤーが初集結し、「ストリートファイターV ? Evil Geniuses 勝ち抜きバトル」を開催する。

会場の中から選ばれた参加者が、Evil Geniusesのプロゲーマーと対戦。さらに、17日(土) 限定で、対戦相手全員を勝ち抜くと、モンスターエナジードリンク1年分を獲得できる特別企画を開催する。勝ち抜きに成功しなかった場合でも、勝ち抜いた人数によって、様々なモンスターグッズをプレゼントされる。

■「STREET FIGHTER V - Evil Geniuses 勝ち抜きバトル」イベント概要
タイトル : 忍ism presents“ストリートファイターV ? Evil Geniuses 勝ち抜きバトル”
日程:2016年9月17日~9月18日 ※一般公開日のみ1日1回実施
時間:9月17日11:30~、9月18日11:00~ (両日1時間程度を予定)
※17日限定で対戦プレイヤー全員に勝てばモンスターエナジードリンク1年分の賞品
場所:幕張メッセ2ホール モンスターエナジーブース内
参加プレイヤー:【MC】ももち、チョコブランカ
【対戦プレイヤー】Justin Wong(ジャスティン・ウォン)、K-Brad(ケイ・ブラッド)、Ricki Ortiz(リッキー・オーティス)


特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「人工知能演奏システム」でリヒテルの演奏が蘇る。ベルリンフィルメンバーとの息のあった共演を披露
ポケモンGOのプレイ経験は37.7%、現在プレイしている人は24.2%。MMD研究所調べ
小学生向けプログラミングワークショップ「Tech Kids CAMP」をシルバーウィークに北海道にて開催
「LINE FRIENDS STORE」が関西に初上陸。ポップアップストアが9/5より梅田ロフトにオープン
LINE、より安全にユーザーの通信を守る取り組みとして暗号化通信方式「Letter Sealing」の対応を拡大






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ