ITライフハック

スヌーピー

東急田園都市線で10月1日に南町田駅から「南町田グランベリーパーク」駅へ改称し全急行列車が停車する駅へ!

img_190517_2

町田市、東京急行電鉄、ソニー・クリエイティブプロダクツの3者は、官民連携で開発を進める「南町田グランベリーパーク」(以下、本計画)について、2019年11月13日(水)にリニューアルした駅、商業施設、公園、パークライフ・サイトが「まちびらき」を迎えるとともに、12月14日(土)に「スヌーピーミュージアム」を開館することを決定した。

■官民連携で新しい暮らしの拠点を創出
本計画は、田園都市線南町田駅の南側に広がる鶴間公園と旧グランベリーモール跡地を中心とする約22ヘクタールのエリアについて、官民が連携して、郊外住宅地に魅力あふれる「新しい暮らしの拠点」を創り出す、まちづくりプロジェクト。全234店舗が出店する商業施設の開発、新しいまちの玄関口となる駅や、緑豊かな憩いの場の都市公園のリニューアルに加え、商業施設と公園の中間に位置する「パークライフ・サイト」には、スヌーピーミュージアムが開館する。

「まちびらき」に先駆け、2019年10月1日(火)に「南町田」駅から「南町田グランベリーパーク」駅へ駅名を改称する。さらに、同日実施のダイヤ改正により、これまで土休日のみだった急行列車の停車が平日にも拡大するとともに、日中毎時2本の大井町線急行列車が中央林間まで直通運転となることで、各方面からのアクセスが大幅に向上する。リニューアルした駅構内は、新しいまちの玄関口にふさわしく、自然を感じられる空間演出を施し、まちと駅とが一体となるように植栽エリアや水が流れるスペースを設ける予定だ。

また、「まちびらき」に合わせて新しく生まれ変わる鶴間公園は、指定管理者として「TSURUMAパークライフパートナーズ」(石勝エクステリア・東急スポーツシステム・日本体育施設)が選定された。町田市の公園としては初めて、約10年間に拡大した指定管理期間を活かして、南町田グランベリーパークの中心的なメンバーの一員としてパークマネジメントに取り組みんでいく。

そして、12月14日(土)に開館するスヌーピーミュージアムは、10月1日(火)からチケット販売を開始する。なお、隣接するPEANUTS Cafe(ピーナッツ カフェ)は、「まちびらき」に合わせて11月13日(水)に先行オープンする。

南町田拠点創出まちづくりプロジェクト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
期間限定!新宿歌舞伎町にニンニク料理とチーズ料理の楽園誕生!
猛暑を冷えたビールで乗り切れ!今年も渋谷にヒューガルテンのビアガーデンが登場!
丸善創業150周年記念で『いかにして問題をとくか』新デザインを丸善ジュンク堂書店限定で発売
DOD、初心者でも扱いやすいベーシックなヘキサタープ「いつかのタープ」発売
超絶にうまし!表参道に新しくオープンした「いしがまや」の絶品ハンバーガーを味わってきた






enish「ぼくのレストランⅡ」と「スヌーピー」が期間限定でコラボ中

株式会社enishは、株式会社テレビ東京コミュニケーションズと協同し、レストラン経営シミュレーションゲーム「ぼくのレストランⅡ」において、「スヌーピー」とのコラボレーションキャンペーンを行っている。期間は2016年1月3日(日)から1月31日(日)までの限定。

■3年ぶり2度目となるコラボ第2弾
世界中で60年以上にわたり愛され続けている人気キャラクター「スヌーピー」。2013年6月に実施したコラボでは大変好評を博し、このたび、第2弾コラボが決定した。

新アイテムは、第1弾で人気を博した復刻版アイテムも登場。スヌーピーの世界へ引き込まれるアイテムが入手できる。この機会に「ぼくのレストランⅡ」に入って行くのもおススメだ。

■「ぼくのレストランⅡ」×「スヌーピー」コラボキャンペーン概要
期間:2016年1月3日(日) 0:00~1月31日(日) 20:00(予定)
内容:『ぼくのレストランⅡ』×『スヌーピー』のコラボガチャが期間限定で登場。インテリア、洋服、ぬいぐるみ、料理などこの機会でしか入手できない限定アイテム。詳細は、アプリ内のキャンペーンページを参照。


20150104_02
20150104_03
20150104_04
© enish,inc.
©2015 Peanuts Worldwide LLC


■ぼくのレストランⅡとは?
ぼくのレストランⅡは、ソーシャルゲーム黎明期にあたる2010年7月に配信開始以降、5年以上もの長きに渡り、GREE、mixi、mobageなどのSNSで300万人超のユーザーに楽しまれているレストラン経営シミュレーションゲーム。

enishでは、Link with Funというスローガンのもと「世界中にenishファンを作り出す」ことをミッションに、より多くのユーザーに楽しんでもらえるよう魅力的なサービスの提供に取り組んでいる。

■アプリ概要
アプリ名:ぼくのレストランⅡ
ジャンル:レストラン経営シミュレーションゲーム
対応プラットホーム:GREE、mixi、mobage、ハンゲーム、entag!、Ameba、mobcast、dゲーム、ヤマダゲーム、コロプラ

※:利用には上記プラットフォームへの会員登録が必要。
対応端末:iPhone、Android、フィーチャーフォン(一部機種を除く)の各キャリアの端末において、Flash Lite1.1以上が利用できる端末に対応。

スマートフォン推奨環境:
・iOS 4.0 以上(タブレット、touchは推奨外)
・Android 2.3 以上(タブレットは推奨外)
利用料金:基本プレイ無料/アイテム課金制
著作権表記:© enish,inc.


ぼくのレストランⅡ(スマホサイト)
株式会社enish(エニッシュ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
フォーカルポイント、お財布とケースが一体化したiPhoneケースを発売
サードウェーブデジノス、Windows 10 Mobile搭載スマホ「Diginnos Mobile DG-W10M」発売
日本エイサー、1万2,000円のSIMロックフリースマホを楽天モバイルにて発売
世界最大級のQC対応モバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 26800」
3DTouchにも対応! オウルテックからiPhone 6s/ 6s Plus用の3D曲面対応全面強化ガラス







ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ