ITライフハック

スノーピーク

Snow Peakプロデュース「FIELD SUITE HAKUBA」を「一休.comバケーションレンタル」で限定販売

1候補-min

一休は、「一休.comバケーションレンタル」でグランピング施設「FIELD SUITE HAKUBA Produced by Snow Peak」に限定で宿泊できるプランを販売する。

■日本最高峰に位置するグランピング施設
「FIELD SUITE HAKUBA Produced by Snow Peak」は、日本最高峰のラグジュアリー&オールインクルーシブなグランピング施設として白馬・八方尾根内北尾根高原に開発された。標高1,200メートルに位置しており、自然の静寂が包む国内最高級のグランピングフィールドとなる。八方尾根開発とスノーピークのコレボレーションによる開発で、2019年春より宿泊可能なグランピング施設として正式オープン予定だ。

食事は、テントの中に創られたスペシャルダイニングでワインと合わせたコースディナーや、テラス・森の中などフィールド内の好きな場所にテーブルを設置して楽しめる朝食を用意している。

夜は通称「カモシカラウンジ」と呼ばれるフリードリンクのラウンジスペースで焚き火バーがオープンする。

■ありとあらゆるサービスを受けられる
その他にも、貸切温泉露天風呂や何でも聞いてくれるコンシェルジュなど、快適に大自然を満喫できるサポート体制が整っているとのこと。テントはすべてスノーピーク製で快適な空間をプロデュースする。

なお、オールインクルーシブスタイルであることから、食事の他、バーで提供されるドリンクや送迎サービスもすべて料金に含んでいる。

■販売内容
2018年10月12日からの1泊限定プラン/2名1室 16万円(2名分)/販売中
※販売数が限られているため、販売終了となる可能性があることに注意
※詳細は施設紹介ページにてご確認すること


3-min


FIELD SUITE HAKUBA Produced by Snow Peak

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

アウトドアに関連した記事を読む
ビーズから特殊だったり小さ目の自転車フレームに装着可能な「DOPPELGANGER」ブランドのフレームバッグ&サドルバッグ
絶叫×BBQで美味しさ倍増!「デジキューBBQ&STEAK」を期間限定で富士急ハイランドにオープン
アラジンがアウトドアグッズのグローバル向け新ブランド「Sengoku Aladdin」を発表
白馬観光開発、スノーピークと共同で白馬村の地域活性化を推進する「スノーピーク白馬」を設立
BE-SからDOPPELGANGERブランドの伸縮自在なソフト背負子「大容量サイドバックパック」発売





白馬観光開発、スノーピークと共同で白馬村の地域活性化を推進する「スノーピーク白馬」を設立

main

白馬観光開発は、スノーピークと共同で、長野県白馬村の地域活性化を推進するため、白馬村を中心とした事業展開を行う「株式会社スノーピーク白馬」を2018年9月3日(予定)に設立する。

スノーピーク白馬では、地域との連携をさらに強化し、新業態の店舗開発や物販・体験事業等の事業を実施。グリーンシーズンを含め1年を通して、新たなアウトドア体験の開発・提供を行うことを計画しており、今後さらに白馬村がもつ自然資源や地域の魅力を発信していく。

sub1

sub2


プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

アウトドアに関連した記事を読む
DODからワンポールテントを“二股化”して見た目そのままでデッドスペースをなくす「フタマタノキワミ」発売
火起こし不要!10秒で「キャンプファイヤー」!一瞬で着火&消火できる「持ち運べる焚き火」
アウトドアに!屋外フェスに!あると便利な「アウトドアグッズ」売れ筋商品紹介
スノーピークとの共同開発商品第4弾「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」
アウトドアで大活躍するUSB充電式のコンパクトエアポンプ






スノーピークとの共同開発商品第4弾「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」

l_sbf0716-1

サントリー食品インターナショナルは、「サントリー 南アルプス PEAKER(ピーカー) ビターエナジー」を2018年8月21日(火)から1都10県(※1)で新発売する(10月より全国で発売予定)。

※1 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、新潟県、山梨県、静岡県

今回発売する「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」は、自然が育んだ素材と、苦味・強炭酸の刺激に着目して生まれたエナジードリンク。再栓可能なペットボトル容器の採用により、自分のペースで楽しむという新しい飲用スタイルを提案し、より多くの頑張りたい方々を応援していく。

本製品には、独特な味わいがあり、カフェインを含む茶葉である“グアユサ”を使用。また、コクがあり後キレの良い爽快な辛みのジンジャー、クリアな清涼感のミントを使用し、自然が育んだ素材の、エナジー感のある味わいに仕上げた。

さらに、ホップと有機グレープフルーツ果汁が持つクセになる苦味と、喉にグッとくる強炭酸の刺激を掛け合わせることで、これまでになかったエナジー感を生み出した。

カフェイン量は、従来のエナジードリンクよりも少ない1本あたり45mg。525mlの緑茶飲料1本分とほぼ同等の量だ。また、てんさいを原料とした糖類であり、持続性エネルギー源であるパラチノースを使用している。

サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

アウトドアに関連した記事を読む
アウトドアで大活躍するUSB充電式のコンパクトエアポンプ
湘南アロハフェス supported by 「HONEY」 「Blue.」でVRとキャンピングカーを体験
BBQやキャンプ利用に最適!軽量・コンパクトで手軽に持ち運べる「折り畳み式アルミフレームテーブル」
MERRELL(メレル)がアートとアウトドアが融合した一夜限りのイベントを開催
アウトドア利用で快適&便利な「軽量・コンパクト 折り畳み式アルミフレームチェアー」






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ