ITライフハック

スバル

京商エッグからエアロパーツ装着でカッコよくカスタムを楽しめる!R/C 1/16 ザ・軽トラ「スバルサンバー」発売

main

京商は、トイ製品を取り扱う「京商エッグブランド」から日本人に馴染み深い軽トラックの「スバルサンバー」をR/Cモデル化した。価格は3,980円(税別)。

本製品は、完成済みの車体+2.4GHzステアリングホイールタイプの送信機が付属されて、子供でも前後左右自由にフルファンクションを楽しめる。また、荷台の『後ろあおり』が開閉でき、かわいい『みかん箱3・無地箱1箱』が付属している。

さらに“ヤンチャ仕様”にカスタムできるエアロパーツ(フロントスポイラー・リアスカート・左右サイドスカート・トノカバー・ホイルカバー)が付属され、格好よく大変身!手軽なのに、ハイディティールに作られた軽トラに、大人も大満足だ(対象年齢6歳以上)。

なお、現在のサンバーはダイハツハイゼットのOEMとなっており、本製品もスバルロゴ以外はハイゼットと同じデザインとなっている。このフロントを「農道のポルシェ」と呼ばれた6代目サンバーに変えるパーツなども用意してくれるとなお良かった。むしろ6代目サンバーのデザイン版もリリースしてもらいたいところだ。京商さん一考をお願いしたい。

■商品概要
商品名:R/C 1/16 ザ・軽トラ スバルサンバー
品番:TU005
販売店 :京商エッグ製品を取り扱う全国のおもちゃ屋さん、デパート、スーパー玩具売、ホビーショップや模型専門店、インターネットショップほか
【キット内容】
本体、送信機、取扱説明
周波数:2.4GHz(10台同時走行、電波到達距離25m)
走行時間:約60分
(カスタムパーツ)
フロントスポイラー×1
リアスカート×1
左サイドスカート×1
右サイドスカート×1
トノカバー×1
ホイルカバー×1
クラフトペーパー×2
【テクニカルデータ】
本体サイズ:W215mm×D105mm×H112mm
本体重量:310g
パッケージサイズ:W330mm×D185mm×H180mm
【別途用意するもの】
本体:単3アルカリ電池4本(別売) 送信機:単3アルカリ電池2本(別売)


sub1

sub15

sub4

sub6


製品概要

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
サンワサプライからゲーミングチェアとの一体感抜群なゲーミングチェアマット「100-MAT018」が登場
もう遊べないとあきらめていた伝説のエレメカが令和になって復活!バンナムのアーケードゲーム「ワニワニパニックR」華麗に復活!
関東の梅雨入りで井の頭線線路わきの紫陽花(アジサイ)が超見頃!走行中の電車からの紫陽花動画も公開中
ローソンの「からあげクン」が宇宙に!「スペースからあげクン」正式に宇宙日本食を認証
汗の多くなる季節でも安心!TENGAから男性向けデリケートケア用洗浄シート「TENGA VIO MEN’s SHEET」発売

RC 1/16スケール ザ・軽トラ スバル サンバー
キョウショウ エッグ(Kyosho Egg)
2020-06-30


1/10 京商EGG レーシングトラック BULLDOG ラジオコントロール 27MHz
トイ・ステート・ジャパン(Toy State Japan)
2016-07-18

日本車による完全自動運転実現へ!国内最高ランクを獲得したスバルのアイサイト

言うまでもないことであるが、車を持つ、自動車を運転する、ということは道交法第70条にある“安全運転の義務を負う”ということである。この義務は、大まかに「安全操作の義務」と「安全確認の義務」に分かれる。そしてこの義務を怠ると、当然のことのように交通事故の発生確率が飛躍的に高まってしまう。

車には、人の移動、荷物運搬に対する高い利便性を持つ代わりに、常に事故の発生がつきまとう。そして車の安全性の保護の対象として見られてきたのは、その車を運転するドライバーたちである。歩行者や対象物に対しての安全性よりもドライバーの安全性を高める努力をメーカーは行ってきた。そのため軽佻な事故であれば、ドライバーの命の安全が保たれるようにまで自動車の(ドライバーへの)安全性は高くなった。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ